仮想通貨取引所Yobitを利用する上で、知っておくべきメリット、デメリット徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Yobit取引所についてお調べでしょうか?

Yobitはロシアの仮想通貨取引所で、草コインの多さや手数料が安いという特徴があります。

しかしながら、取引所自体の情報があまり少ないことや、悪い口コミがあるので要チェックです。

ここでは、Yobitを取引するの上で知っておくべきメリット、デメリットや気になる口コミについてご説明します。

また、取引所の登録方法や取引方法も併せてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.Yobitとは

Yobitはロシアの取引所で、多数の通貨を扱っている取引所です。

手数料も安いという反面で、セキュリティ面でも不満があるので使用する上で注意する点もあります。

これさえ見ればわかるYobit取引所

Yobitはこんな人におすすめ!

結論からいってYobit取引所はこんな人におすすめです。

他の取引所にはないようなギャンブル機能を楽しみたい!
Yobitでしか扱っていない草コインを取引したい!

逆に、仮想通貨取引を始めたばかりの人にはあまりおすすめしません

2.Yobitを使う上で知っておくべき3つのメリット

Yobitを使う上で知っておくべきメリットを3つにわけでご説明します。

メリット1:注目を浴びていない通貨を扱っている

Yobitは取り扱い通貨が1000種類以上と言われているので、その中には今後伸びる可能性のある「草コイン」がたくさん眠っている可能性があります。

  • トロン(Tron / TRX)
  • ジーキャッシュ(Zcash Coin/ZEC)
  • PACコイン(Pac)

トロン(Tron / TRX)

TRON(トロン)を購入できるおすすめの取引所はココ!買い方まで詳しく解説」でご紹介しました。おすすめの取引所はバイナンスです。

ジーキャッシュ(Zcash Coin/ZEC)

Zcashを購入できるおすすめの取引所はココ!買い方まで詳しく解説」でご紹介しました。おすすめの取引所はバイナンスです。

PACコイン(Pac)

 

理由2:取引ペアが多い

取引ペアとは、取引したい通貨を何を基軸に取引できるかを表しています。

例えば、日本国内でのお店では基本的に日本円を使って決済します。アメリカならドルのように、国や場所によって使える通貨は異なりますね。

実は、これは取引所によって異なっており、事前に知っておくことが大切です。

その理由は、いま自分がどの通貨をもっているのかによって利便性が変わるからです。

イーサリアムをたくさん持ってるから、イーサリアム建てのある取引所を選んだり、ライトコインはあまりもっていないのでそれ以外の取引所を使う、など意思決定が変わってきます。

Yobitは取引所の中でも比較的取引可能なペアが多いと言えるでしょう。

ビットコインはもちろん、イーサリアムドージコインと他の取引所でも使われている通貨や、Wavesマーケットがある点はかなり珍しいです。

法定通貨でいうと、米ドルロシアルーブルが使えます。

理由3:他の取引所にはない面白い機能がある。

世界に200近く仮想通貨取引所 /販売所があると言われていますが、その中でどの取引所を使うのかを決める点で、他にはない面白い機能があるかどうかは大切です。

Yobitの場合は、FreecoinDiseという面白みがあります。

Free Coin

なお、現在Free Coinサービスを中止しています。

こちらは、フリーコインということで24時間に1度無料で少額の通貨がもらえるというサービスでした。

いまはやっていないみたいなのでまだ復活したらお知らせしたいと思います。

Dise(ダイス)

ダイスは、いわゆるギャンブル的な機能になっています。

ルールは非常に簡単で、コンピュータで自動的に乱数が発生します。

その乱数が48より上なのか、52より下かどちらかにベットするといういたって簡単なギャンブルですね。

ギャンブルに勝てば、ベット額が2倍に、負ければ0になるという非常にリスキーな遊びができます。

3.Yobitを利用する上で知っておくべきデメリット

一方でYobitを利用する上でのデメリットを2つご紹介します。

デメリット1:英語のみ、アプリ非対応

取引所を選ぶ観点の1つに使いやすさがあげられます。

Yobitは英語のみの対応なので、あまり英語が得意でない方や、初心者には向いていないかもしれません。

また、同様にアプリが非搭載なので使いづらいといえるでしょう。

 

デメリット2:セキュリティ面が不安

コインチェックのXEM流出事件もあり、取引所に対するセキュリティ面が気になる方も多いと思います。

そもそも取引所選びの際には次の2つのリスクを注意する必要があります。

 

カントリーリスク

まず、国自体に依存するカントリーリスクですが、中国の仮想通貨規制などがその代表例でしょう。

ここに関してはいくら、取引所ががんばってもなかなか避けることができないリスクなので難しい部分があります。

Yobitの場合、ロシアですが、仮想通貨取引を規制するなどの動きもでているので安心とはいえません。

また、逐一ロシアのニュースを調べるのは面倒だといえるでしょう。

取引所リスク

取引所に関するリスクですが、これはコインチェックが例にあげられるように、取引所内での通貨の取引方法が「ホットウォレット管理」なのか「マルチシグ」を行っているかなどになります。

Yobitに関してはこのどちらもが不明なので、信頼することは難しいかもしれません。

4.Yobitの口コミ評判

Yobitの口コミに関して見ていきましょう。

基本的に悪い評判が多いようです。

良い口コミ

良い口コミとしては、やはり新しいコインの上場が多いようです。

 

悪い口コミ

悪い口コミがかなり多いように見受けられます。例えば、送金に時間がかる、メンテナンスが長いなど運営の懸念点やGoxや、トラブルなどの話があります。かなり注意したほうが良さそうですね。

5.Yobitを1番お得に申し込む方法

基本的にYobitはおすすめはしませんが、Diseゲームなどを楽しみたい、Yobitのみで扱われている通貨を取引したい人は使ってみてください。

ここからは、以下の流れでYobitを使うまでの流れについて解説していきます。

Step1:サイトから新規登録

Step2:メールアドレスの認証

Step3:二段階認証設定

ちなみに、Yobitに仮想通貨を送金するとにおすすめなのは、手数料が安いZaifかビットバンクです。詳しくは、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で解説しているので、まだZaifやビットバンクを開設していない人は参考にしてください。

Step1:サイトから新規登録

①Login
②メールアドレス
③パスワード
④パスワードの確認

パスワードは普段よく使うものは選ばずに、取引所によって変えましょう。
不規則なパスワードは生成サイトで作成して、忘れないようにメモしておくことをおすすめします。

Step2:メールアドレスの認証

上記の画面の確認が終われば、次にメールアドレスの入力になります。

この認証が終わった時点でユーザー登録完了です。

Step3:二段階認証設定

ログイン後右上の設定画面から「Setting」を選択

Settingから二段階認証を行いましょう。

二段階認証には、スマートフォンアプリを登録する必要があります。

iPhoneの方は、AppStore
Androidの方は、GooglePlayからダウンロードします。

インストールして起動後、QRコードを読み取ることで認証することができます。

6.Yobitで取引を行う方法

Step1:取引所に移動する。

  

 

ホーム画面の左にある「Market」にコインを検索します。

その後、下からマーケットを選択できます。

Step2:取引を行う。

購入する場合

通貨を購入する場合はまず①に購入したい数量②に購入価格を打ち込みます。③が実際に支払わなければならない価格になります。

購入価格を決める際は、下の現在売値の最安値を参考にしながら決めると、取引は成立しやすくなります。

売却する場合

通貨を売却する場合はまず④に売却したい数量⑤に売却価格を打ち込みます。⑥が実際に支払われる価格になります。

売却価格を決める際は、下の現在買値の最高値を参考にしながら決めると、取引は成立しやすくなります。

7.取引が終了したら安全なウォレットに移しましょう。

Yobitで取引が終わればそのまま放置しておくのではなく、必ずに安全なウォレットに移しましょう。

ちなみに、Yobitで扱われるあまり有名ではない通貨のウォレットはその通貨の公式HPから直接ダウンロードすることができます。

まだ、ウォレットでの管理をしていない人は、「仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識」の記事を参考に、資産を安全に保管するようにしましょう。

仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識

まとめ

Yobitは草コインの多さや、取引マーケットの多さという点でおすすめができますが、極力おすすめはしません。その理由は、取引所自体の情報が少なくセキュリティ面で不安がある点や、口コミでもあまりいい評判がなかったことなどもあるからです。

もしも使うのであれば、二段階認証などの最低限のセキュリティを施すばかりではなく、取引通貨は安全なウォレットに移すことを心がけてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*