モバイル決済サービス「エアペイ(AirPAY)」とは?特徴やメリット、デメリットについて解説!

airpay-top

エアペイについてお調べでしょうか?

エアペイはリクルートグループが運営するモバイル決済サービスです。

端末1つで様々な支払いに対応しているエアペイについて、この記事では特徴やメリット/デメリット、そして使用する上での口コミ評判などを記載しています。

ぜひ、導入に当たって参考にしてみてください。

“キャンペーンを使ってAirPayを1番お得に始める方法”

公式サイトでは今なら初期費用19,800円が0円になるキャンペーンを実施中です!

1.エアペイとは

エアペイ(Airペイ)は様々な決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済できるサービスです。

最近キャッシュレスという言葉が流行っていますが、日本ではまだまだ現金払いが主流となっていて、世界でも遅れをとっています。

今後、東京オリンピックなどで外国人が多く日本を訪れることを考えると、多くの店舗でキャッシュレスの動きが加速することでしょう。

エアペイは、そんなキャッシュレス化を実現するサービスの1つで、国内大手のリクルートが運営しています。専用のカードリーダーとエアペイアプリを用意するだけで、クレジットカードや電子マネーで支払うことができるようになります。

Airペイの詳細情報
運営会社
株式会社リクルートライフスタイル
登録決済事業者登録済み(経済産業省)
初期費用19800円
決済手数料3.24%〜3.74%
月額/入金/解約手数料0円
対応クレジットカード(6種)VISA/JCB/MasterCad/AMEX/DinersClub/DISCOVER
対応電子マネー(12種)Kitaca/Suica/PASMO/TOICA/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん/ApplePay/iD/QUICPay
対応スマホ/QRコード決済(5種)LINE Pay/d払い/Alipay/WeChatPay/PayPay
対応ポイントカード(3種)Tポイント/Ponta/WAONPOINT

※現在は、キャンペーン中で初期費用無料。政府施策により、2019年10月から2020年6月まで決済手数料3.24%→『実質2.16%』

エアペイは、2019年10月から経済産業省が消費税増税の景気対策として実施するキャッシュレス決済のポイント還元制度(商品・サービス利用額の最大5%が還元対象となる制度)における決済事業者です(参考:キャッシュレス・消費者還元事業登録決済事業者リスト

次の章でエアペイの特徴について3つのポイントを説明していきます。

2.エアペイの3つのポイント

ポイント1:大手リクルートが運営

まずエアペイの特徴として、国内大手のリクルートグループの1つリクルートライフスタイルが運営しています。

リクルートグループは、エアペイだけでなく、「ホットペッパー」など店舗広告等のビジネスを行っています。

集客だけでなく、お金の管理もリクルートのおかげでできるようになると考えると、個人経営店などにとっては非常に助かる企業・サービスですね。

ポイント2:決済できる手段の数が多い

airpay-settlement

エアペイ最大の特徴としては、決済できる手段が多いことが挙げられます。

VISAやMasterCared、JCBなど6ブランドのクレジットカードだけでなく、SuicaやPasmoなどの交通系電子マネー、Apple Payやクイックペイ、iDなども決済が可能です。

ポイント3:「エアレジ」と連携できる

エアペイは、POSアプリ「エアレジ」と連携できます。

エアレジでは、アプリを利用して、お店の売り上げや在庫管理、レジ締めなど煩わしい作業を簡単な操作で行うことができるサービスです。

エアレジは現在POSアプリの中で国内で最も利用されているサービスの1つなので、連携は非常に便利だと言えるでしょう。

また、エアペイ、エアレジ以外にも関連サービスが多くあります。

airpay-service

3.エアペイを利用するメリット / デメリット

エアペイを利用する上でのメリットとデメリットを大手決済サービスと比較して見ていきましょう。

まずは、5つのサービスを次の3つの基準を元に比較表にまとめてみました。

比較の際の3つの基準

  • (1)費用
  • (2)決済手段の数
  • (3)利用しやすさ / サービス
 AirペイSquare楽天ペイCoineyTimes Pay
 logo_airpaylogo_squarelogo_rakutenpaylogo_coineytimespay_logo
初期費用19,800円※17,980円※118,800円※119,800円※125,000円※1
月額使用料0円0円0円0円1500円※2
決済手数料3.24%~3.74%3.25%~3.95%3.24%~3.74%3.24%~3.74%3.24%~3.74%
入金時手数料0円0円0円~210円※30円~200円※40円
解約手数料0円0円0円0円0円
クレジットカード6ブランド6ブランド6ブランド7ブランド6ブランド
電子マネー12014911
アプリ決済50210
審査期間3日程度最短翌日3日~2週間2~10日間約3週間
入金時期最短3日(月3~6日)最短翌日最短翌日最短11日最短15日
対応OSiOSiOS / AndroidiOS / AndroidiOS / Android専用タブレット
サービス体制09:00~23:0010:00~18:0009:30~23:0010:00~18:0010:00~20:00

※1:キャンペーン期間中は0円
※2:一定額以上の利用で0円
※3:楽天銀行利用で0円、他行は210円
※4:10万円未満で200円、10万円以上で0円

これらの比較からわかるエアペイ(AirPAY)のメリット/デメリットをそれぞれご紹介します。

メリット

1.手数料/月額費用がやすい

エアペイでは、初期費用こそかかりますが、その後の手数料があまりかからない点が挙げられます。

決済手数料は大手と同じく業界最安値となっています。

月額使用料やクレジット会社等から支払われる際の入金時手数料は無料になっています。

他社では、それぞれ0円になるには指定の銀行口座であったり、一定の条件を満たさないといけない等がありますが、エアペイでは両方とも条件なしに無料となっています。

2.決済手段が多いので、支払いに対応しやすい

airpay-method

特徴でも挙げた通り、エアペイでは様々な支払い手段が可能になっています。

1台の端末を利用して、クレジットカード、電子マネー、アプリ決済を行うことができるので、さまざまな顧客のニーズに答えることができると言えるでしょう。

とくに、今後は訪日外国人が増加したり、キャッシュレス社会が進むことを考えると、どんな顧客の支払い手段にも対応できる必要があります。

3.安心できるサービス体制

また、エアペイの運営が大手のリクルートグループであることや、サービスの受付時間が9:30〜23:00と多くの店舗の営業時間中のトラブルに対応できるような体制になっています。

今まで現金払いのみの受付だったのに、キャッシュレス対応を初めて様々なトラブルや不明点があり不安になるかもしれませんので、このサービス体制はとても助かりますね。

デメリット

 1.対応端末がiOSのみで、Androidが使えない

airpay-ios

対応できる端末が現状iOSのみなので、iPhoneやiPadを持っていない場合は、端末を用意する必要があります。

Androidユーザーには不便だと言えるでしょう。

2.入金が最短でも3日かかる

Airペイでは、入金のタイミングが月3〜6回と決まっています。

そのため、すぐにでも売上金の入金を希望する場合は、最短翌日に入金されるSquareなどを選ぶ方がいいでしょう。

ただ、Airペイは決済サービスの中では入金タイミングは多い方であり、電子マネー・アプリ決済も含めて多様な支払いに対応できるため、「月3〜6日の入金でも構わない」という方はAirペイがおすすめです。

※ゆうちょ銀行は利用できません。
※振込回数はみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の振込口座が月6回、その他金融機関は月3回の振り込みです。

4.エアペイの気になる口コミとは

エアペイの口コミについて見ていきましょう。

様々な口コミが見られましたが、その多くが良い口コミとなっていました。

良い口コミ

手数料が安く、入金のサイクルも多い

店舗外での決済に便利

個人経営の決済に便利

悪い口コミ

ほとんど好意的な口コミが多かったのですが、改善点についての口コミも挙がっていました。

回数払いも対応できるようにしてほしい

5.エアペイはこんな人におすすめ

エアペイは、他の同一サービスと比較して、対応できる決済手段が多いことや、関連のPOSアプリ「Airレジ」との連携により、店舗運営の無駄な作業を減らしてくれるなどの特徴がありました。

また、デメリットも、そこまで大きなものはありませんので、基本的にまだ現金払いのみの対応をおこなっている店舗にはおすすめだといえるでしょう。

こんな人におすすめ

  • 決済手段が多いモバイル決済サービスを使いたい人
  • 手数料を安く抑えたい人
  • iPhoneかiPadを用意できる人
  • 入金が3~5日間隔で大丈夫な人

Airペイをお得に申し込む方法(キャンペーンあり)

なんと今なら、エアペイ初期費用19,800円が0円で利用できるキャンペーンがあります。

このキャンペーンを利用すれば、月額費用のかからないエアペイなので、実質無料で利用できるといえるでしょう。

キャンペーンの終了時期は未定ですが、いつまで続くかは不明なので、できるだけ早めに申し込むことをお勧めします。

エアペイの申し込みは、下のボタンから行うことができます。

まとめ

エアペイは国内最大手リクルートグループが運営するモバイル決済サービスです。

世界で遅れをとっていると言われる日本のキャッシュレス社会化は今後東京オリンピックをはじめとする、訪日外国人の増加により、ますます進展することになるでしょう。

そのような波に遅れないよう、便利でお得になるキャッシュレス決済手段エアペイを導入してみてはいかがでしょうか。

  

マネとも公式SNSもやっています

コメント

  1. ㈱高倉町珈琲 宮坂 より:

    担当の方から詳しい話を伺いたい
    どうすればいいでしょう?

    1. マネとも!編集部 より:

      マネとも!管理人です。
      AirPayへのお問い合わせは
      ・こちらのお問い合わせのフォーム
      ・お電話:0120-038-516
      のどちらかにお問い合わせいただければ、直接AirPayとご連絡いただけると存じます。

 

コメントはこちらからどうぞ!

*