モバイル決済サービス「エアペイ」とは?特徴やメリット、デメリットについて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

エアペイについてお調べでしょうか?

エアペイはリクルートグループが運営するモバイル決済サービスです。

端末1つで様々な支払いに対応しているエアペイについて、この記事では特徴やメリット/デメリット、そして使用する上での口コミ評判などを記載しています。

ぜひ、導入に当たって参考にしてみてください。

1.エアペイとは

エアペイ(Airペイ)は様々な決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済できるサービスです。

最近キャッシュレスという言葉が流行っていますが、日本ではまだまだ現金払いが主流となっていて、世界でも遅れをとっています。

今後、東京オリンピックなどで外国人が多く日本を訪れることを考えると、多くの店舗でキャッシュレスの動きが加速することでしょう。

エアペイは、そんなキャッシュレス化を実現するサービスの1つで、国内大手のリクルートが運営しています。専用のカードリーダーとエアペイアプリを用意するだけで、クレジットカードや電子マネーで支払うことができるようになります。

次の章でエアペイの特徴について3つのポイントを説明していきます。

2.エアペイの3つのポイント

ポイント1:大手リクルートが運営

まずエアペイの特徴として、国内大手のリクルートグループの1つリクルートライフスタイルが運営しています。

リクルートグループは、エアペイだけでなく、「ホットペッパー」など店舗広告等のビジネスを行っています。

集客だけでなく、お金の管理もリクルートのおかげでできるようになると考えると、個人経営店などにとっては非常に助かる企業・サービスですね。

ポイント2:決済できる手段の数が多い

エアペイ最大の特徴としては、決済できる手段が多いことが挙げられます。

クレジットカードは、どのサービスでもVISAやMasterCared、JCBなど大手クレジットカードサービスでも支払いが可能になっています。

加えて、SuicaやPasmoなど電子マネーで支払いができるのという特徴がありますが、これは大手の中でもエアペイ楽天ペイのみです。

また、Apple Payやクイックペイ、IDなどのアプリ決済も可能です。

ポイント3:「エアレジ」と連携できる。

エアペイは、POSアプリ「エアレジ」と連携できます。

エアレジでは、アプリを利用して、お店の売り上げや在庫管理、レジ締めなど煩わしい作業を簡単な操作で行うことができるサービスです。

エアレジは現在POSアプリの中で国内で最も利用されているサービスの1つなので、連携は非常に便利だと言えるでしょう。

また、エアペイ、エアレジ以外にも関連サービスが多くあります。

3.エアペイを利用するメリット / デメリット

エアペイを利用する上でのメリットとデメリットを大手決済サービスと比較して見ていきましょう。

以下の5つのサービスが大手モバイル決済サービスと言われています。

まずは、5つのサービスを次の3つの基準を元に比較表にまとめてみました。

比較の際の3つの基準

  • (1) 費用
  • (2)決済手段の数
  • (3)利用しやすさ / サービス

これらの比較からわかるエアペイ(Air Pay)のメリット/デメリットをそれぞれご紹介します。

メリット

1.手数料/月額費用がやすい

エアペイでは、初期費用こそかかりますが、その後の手数料があまりかからない点が挙げられます。

決済手数料は大手と同じく業界最安値となっています。

月額使用料やクレジット会社等から支払われる際の入金時手数料は無料になっています。

他社では、それぞれ0円になるには指定の銀行口座であったり、一定の条件を満たさないといけない等がありますが、エアペイでは両方とも条件なしに無料となっています。

2.決済手段が多い

特徴でも挙げた通り、エアペイでは様々な支払い手段が可能になっています。

1台の端末を利用して、クレジットカード、電子マネー、アプリ決済を行うことができるので、様々なお客さんのニーズに答えることができると言えるでしょう。

特に、今後は訪日外国人が増加したり、キャッシュレス社会が進むことを考えると、どんなお客さんの支払い手段にも対応できる必要があります。

3.安心できるサービス体制

また、エアペイの運営が大手のリクルートグループであることや、サービスの受付時間が9時半〜23時と多くの店舗の営業時間中のトラブルに対応できるような体制になっています。

今まで現金払いのみの受付だったのに、キャッシュレス対応を初めて様々なトラブルや不明点があり不安になるかもしれませんので、このサービス体制はとても助かりますね。

エアペイの公式サイトはこちらから↓

デメリット

 1.対応端末がiOSのみで、Androidが使えない

対応できる端末が現状iOSのみなので、iPhoneやiPadを持っていない場合は、端末を用意する必要があります。

Androidユーザーには不便だと言えるでしょう。

 2.審査期間が長い

他社サービスと比較して審査期間が長いと言われています。

当然、審査期間が長い分、安心して利用できますが、やはり、利用すると決めてからすぐに利用できる方が便利だと言えますね。

4.エアペイの気になる口コミとは

エアペイの口コミについて見ていきましょう。

様々な口コミが見られましたが、その多くが良い口コミとなっていました。

良い口コミ

手数料が安く、入金のサイクルも多い

店舗外での決済に便利

個人経営の決済に便利

悪い口コミ

一方で悪くはないですが、改善点の口コミが挙げっていました。

決済サービスを増やして欲しい。

5.エアペイはこんな人におすすめ

エアペイは、他の同一サービスと比較して、対応できる決済手段が多いことや、関連のPOSアプリ「Airレジ」との連携により、店舗運営の無駄な作業を減らしてくれるなどの特徴がありました。

また、デメリットも、そこまで大きなものはありませんので基本的に、まだ現金払いのみの対応をおこなっている店舗にはおすすめだといえるでしょう。

エアペイをお得に申し込む方法(キャンペーンあり)

なんと今なら、エアペイ初期費用19,800円が0円で利用できるキャンペーンがあります。

このキャンペーンを利用すれば、月額費用のかからないエアペイなので、実質無料で利用できるといえるでしょう。

キャンペーンの終了時期は未定ですが、いつまで続くかは不明なので、できるだけ早めに申し込むことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

エアペイは国内最大手リクルートグループが運営するモバイル決済サービスです。

世界で遅れをとっている言われる日本のキャッシュレス社会化は今後東京オリンピックをはじめとする、訪日外国人の増加により、ますます進展することになるでしょう。

そのような波に遅れないように、より便利によりお得にキャッシュレス決済手段エアペイを導入してみてはいかがでしょうか。

エアペイのお申し込みはこちらから↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*