au ひかりは口コミ評判通り?契約するメリットやデメリット、他社との料金比較や解約金まで解説!

auひかりを契約しようか検討中ですね。

auひかりは自社回線であるKDDI回線を利用した光回線サービス。そのため、速度やセキュリティ面でも、比較的安心して利用できます

結論を申し上げますと、あなたがauユーザーならauひかりを契約するのがオススメです。

なぜなら、auひかりは「auスマートバリュー」という、au携帯とセット契約することで月々のスマホ代が月額最大1,000円割引される特典が利用できるからです。

そのため、月々のスマホ代を少しでも下げようと考えているauユーザーの方は絶対活用したいところ。

また、プロバイダーを「au one net」にすることで、1,000円(税抜)につき10ポイントのPontaポイントが貯まります

お支払いをau Pay カードにすれば、さらに利用額につき1%還元されます。

つまりauユーザーの方はauひかりにすることで、節約とポイント還元、ダブルでお得になれるのでとってもお得なんです!

ただ、お得さだけでなく、ネットがサクサク繋がるかどうかも重要ですよね。また、auひかりは、料金体系やお申し込みの際に注意すべき点もあります。

この記事では、まずは、auひかりがどんなサービスなのか、その特徴を押さえた上で、利用するメリットやデメリット、他社との料金比較、などから本当に契約すべき光回線なのかを解説していきます。

最後には、お得なに契約できるキャンペーン情報も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1. au ひかりの特徴

まずは、auひかりの基本的な料金プランや解約金、回線やプロバイダーについて解説します。

ここを押さえておけば、auひかりの基礎情報は全て理解することができます。

特に、光回線によっては初期費用と解約金が大きく変わってくるものもあるので、ご注意ください。

特徴1. 料金プランについて

auひかりの料金プランは、大きく

  • 月額費用
  • 初期費用
  • 解約金

3つの費用が発生します。

それぞれお住まいの環境によって料金が変動するので、ご自身のご自宅がどの料金帯にに当てはまるかを、チェックすることが大切です。

月額費用について

月々の金額は、以下のように設定されています。

料金プラン 金額(光回線+光電話)
戸建て 5,600〜6,100円
(ずっとギガ得プラン)
マンション タイプ1 4,300〜5,400円
タイプ2 3,800円
タイプ3 3,900円

マンションは、建物の構造によって配線方式が異なるため、月額料金が変わってきます。

ご自身が住んでいるマンションがどのタイプに当てはまるかは、以下のサイトから郵便番号を入力することで調べることができます。

マンションタイプを調べる

初期費用について

契約する際に発生する費用で、登録料と工事費の2つあります。

登録料は戸建てとマンション共に3,000円。

工事費は

  • 戸建てが37,500円
  • マンションは30,000円

です。

登録料は一括払いですが、工事費は契約期間に合わせた分割払いで支払います。

例えば、戸建てで3年契約すると月々834円(30,000 ÷ 36)となります。

ただauひかりは、ネットと電話のセットで申し込むことで、工事費が実質無料にできる場合があります。

例えば、プロバイダーをau one netにした場合、工事費分の割引が適用される(契約期間中は分割した金額分が月額から割引される)ので工事費が実質無料になります。

特徴2. 解約金について

auひかりは通常2年か3年契約で利用します。

もし契約更新月以外で解約してしまうと、解約金が発生します。

  • 2年契約は7,000〜9,500円
  • 3年契約は15,000円

の解約手数料がかかります。

注意点としては、初期工事費用を分割払いで支払っているので、契約期間中に解約をすれば残りの工事費が一括で請求されてしまう点です。

例外として、引っ越しなどでお住まいの場所が変わってもauひかりを契約し続ける場合は一括請求は発生しません。

特徴3. 回線について

auひかりの回線は、通信業界大手のKDDIの独自回線です。

独自回線は、他の回線を借りて利用する訳ではなく、自ら敷いた回線なので、一部地域を除き(後述)、速度が安定しやすいのが特徴です。

また回線を管理するKDDIは国内最大手の通信会社。携帯やスマートフォンなどを扱う国内の大手通信企業なので安心して使えるのも魅力です。

対象外エリア

auひかりはサービス提供がされていないエリアがあります

戸建てタイプは、下記が対象エリア外です。

近畿エリアの

  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 和歌山
  • 奈良
  • 滋賀
  • 福井

東海エリアの

  • 岐阜
  • 愛知
  • 静岡
  • 三重

ただし、ンションタイプは、上記のエリアでも通常通りauひかりを利用できます

ご自身のお住まいの地域が対象エリアに含まれているかどうかは、以下のサイトで調べることができます。https://au-hikarinet.com/charm/area.php

特徴4. プロバイダーについて

プロバイダーとは、ご自宅とインターネットを繋げる仲介役のことを言います。

auひかりは7社のプロバイダーから利用でき、それぞれ、オプションサービスや特典(初期費用の割引など)に違いがあります。

プロバイダー名 特徴 特典
So-net エンタメコンテンツが豊富 動画配信、DVDレンタル
BIGLOBE セキュリティ機能が充実 ウイルス・迷惑メール対策
ASAHIネット 顧客満足度10年連続No.1 プロバイダー料金最大1ヶ月間無料
au one net KDDI公式プロバイダー 最大2ヶ月間サポート保証
nifty セキュリティ機能が充実 最大3ヶ月間無料サポート、セキュリティ対策
DTI トラブルサポートが充実 プロバイダー料金最大1ヶ月間無料

《←左右にスクロールできます→》

どのプロバイダーがおすすめなの?

ここで気になるのは、どのプロバイダーを選ぶと一番お得になるのかですよね。

基本的に、どのプロバイダーを選んでもサービス内容に大きな変わりはありませんが、特典においてはそれぞれ違いがあります

なので、自分が受けたい特典で選ぶと良いでしょう。

ちなみに、私のおすすめのプロバイダーは以下の3つです。

  • So-net:動画配信サービスやDVDレンタルなどの会員機能がある
  • BIGLOBE:ウイルス・迷惑メールなどのセキュリティ設備が充実
  • au one net:KDDI公式プロバイダーなので安心して利用でき、Pontaポイントも貯まる

特徴5. オプションサービスについて

auひかりにはより快適にインターネットを利用できるオプションサービスを豊富に用意してくれています。

主なオプションサービス
・光電話サービス:月額500円で光電話(固定電話)が使える
・テレビサービス:43チャンネルで約10,000万本の映画・ドラマ・スポーツが視聴できる
・Wi-Fi貸し出し;無料でWi-Fiルーターを貸し出してもらえる

ご自身の利用状況に合わせて、選ぶとより快適にネットが使えるようになります。

オプションは契約後にも利用できるものもありますので、必要に応じて選ぶこともできますよ。

スポンサーリンク

2. au ひかりを契約するメリット

ここまで、auひかりの特徴を見てきました。

これを踏まえると、以下の4つのメリットがあることが分かりました。

メリット一覧
  • au携帯とセットの契約で、固定費を下げられる
  • KDDI回線なので通信速度の心配がない
  • Pontaポイントをよりお得に貯めることができる
  • ネットと電話のセット申し込みで初期費用分割引されるので乗り換えやすい

それぞれのメリットは、特にauユーザーにとって魅力あるメリットとなっています。。

では、一つずつ見ていきましょう。

(1)au携帯とセットの契約で、固定費を下げられる

auひかりに乗り換える最大のメリットは、auスマートバリューで家族の携帯が安くなることです。

光回線と電話のセットで契約することで、毎月家族1人1人の携帯料金から最大1000円割引が適応されます。

永年割引されるので、電話料金と光回線料金を別々に払っている方は、auひかりに乗り換えた方がお得です。

(2)KDDI回線なので通信速度の心配がない

auひかり回線は、KDDIが独自に保有している回線なので、一部地域を除き、通信環境も安心することができます。

auひかり回線はIPv6という接続方式にも対応しています。

簡単に言うと、従来の接続方式がIPv4というものから、より混雑をさけて通信接続ができる接続方式です。

従来のIPv4の接続方式の回線を利用されている方は、さらに速い通信環境が手に入ります。

(3)Pontaポイントをお得に貯めることができる

auと言えば、各サービスでPontaポイントが貯まるのが特徴ですよね。

そのため、「Pontaポイントを効率良く貯めたい!」と思っているauユーザーの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

auひかりでは、携帯料金と光回線の料金を同時請求にできる「KDDIまとめて請求」を利用することで、Pontaポイントを合算して貯めることができます

また、au PAY カードで決済すれば、auひかりの料金とクレジットカードの支払い分で、ポイントの二重取りをすることも可能です。

さらに、プロバイダーを「au one net」にすればPontaポイントがさらに還元されるので、「Pontaポイントを効率的に貯めたい!」と考えている方は、ぜひ試してみてください。

(4)ネットと電話のセット申し込みで初期工事費用分が割引されるので乗り換えやすい

光回線の開通には通常初期費用がかかってきます。

auひかりの場合、光回線と電話をセットで申し込むと最大で初期工事費用の30,000〜37,500円分が割引されます。

契約期間内であれば毎月の初期費用分の分割払いが実質無料になるので、auひかりに申し込もうとお考えの方は電話とセットで申し込めばよりお得に乗り換えることができます

3. au ひかりのデメリット/注意点

auひかりのデメリットは以下の5つです。

ポイント
  • エリアによって利用できなかったり速度が遅い場合がある
  • KDDI回線を敷いてないと開通するのに時間がかかる
  • マンションにお住まいの方は料金が高くなる可能性がある
  • ひかり電話に申し込まないとスマホ代が割引されない
  • 申し込み方法が複数あり、手続きが少々面倒

それぞれ見ていきましょう。

注意点1. エリアによって利用できなかったり速度が遅い場合がある

auひかりは、KDDIの独自回線であることから、回線設備が整っていない地域があります。

対応地域かどうかは、auの公式サイトに載っている電話番号やこちらのKDDI正規代理店から簡単なフォームを送信すると確認することができます。

もし対応地域外だった場合は、以下の光回線を検討することをおすすめします。

auと提携をしているので、以下の回線であればauスマートバリューにも申し込むことができます

  • eo光
  • So-net光プラス
  • コミュファ光
  • ビッグローブ光

注意点2. KDDI回線を敷いてないと開通するのに時間がかかる

KDDI回線を敷いてない場合は、申し込み〜利用開始まで1ヶ月前後の時間がかかります

新たにKDDI回線に乗り換える際は、工事の日程調整などと、何かと時間がかかってしまいます。

なので、契約している回線の解約タイミングと工事日を上手く調整することで、スムーズに乗り換えることができますので、事前に計画を立てておくと良いでしょう。

注意点3. マンションにお住まいの方は料金が高くなる可能性がある

auひかりはマンションなどの集合住宅は、地域や建物構造によって配線方法が異なるため、様々なプランが決まっています

確認が必要なため、ちょっと面倒ですよね。

お住まいの場所によっては安くなることもありますが、通常料金4,300円/月〜(光回線+電話)より高くなってしまう場合もあります。

住んでいる家がどのタイプに当てはまって、どういう料金プランなのかは、こちらのサイトで郵便番号を打つと確認できます。

集合住宅にお住まいの方は、料金やプランが簡単に見れるのでぜひ今お使いのプランと比較してみてくださいね。

注意点4. ひかり電話に申し込まないとスマホ代が割引されない

auスマートバリューは、ネットと電話の同時申し込みで家族分の携帯料金が1人ずつ割引されるという仕組みです。

なので、電話を契約しない場合は、光回線の月額料金が高くなってしまいます

「電話は不要なのでいらないかな、、」という方もいると思いますが、電話の契約をするだけして、スマートバリューで利用する方が結果的に安くすることができます。

よほど電話を契約できない理由がない限りは、使う機会がなくてもauスマートバリューを申し込むことをおすすめします。

注意点5. 申し込み方法が複数あり、手続きが少々面倒

auひかりの申し込みには、以下の方法が挙げられます。

  • au公式サイト
  • 電話(au公式)
  • 代理店サイト
  • 家電量販店
  • auショップ

申し込み方法が複数あり、Webで検索しても様々なサイトが出てくるので少々面倒に感じるかもしれません。

しかし、適切に選べばさらにお得に契約できます。

契約や乗り換えの際は、初期費用・工事費・違約金をどれだけ抑えられるかが重要になってきます。

auひかりでは様々なキャンペーンが行われていますが、一番お得に申し込むにはau公式代理店から申し込む方法です。

au公式サイトで行われているキャンペーンは、代理店でも同様に行なっています。代理店からの申し込みをおすすめする理由は、公式キャンペーンに加え、代理店独自のキャンペーンも行なっているからです。

代理店サイトだと、公式キャンペーンではない現金キャッシュバックが適応されたりするので、よりお得だと言えます。

特に、こちらのKDDI正規販売代理店では最大121,000円のキャッシュバック還元キャンペーンなどがあるので、公式サイトからの申し込みよりもおすすめです。

 

4. au ひかりがおすすめの人

ここまででauひかりのメリット・デメリットについて解説してきました。

では、実際にどんな方がauひかりを利用すべきなのかを見ていきましょう。

ズバリ!あなたが、auの携帯(電話)を利用されているのなら、auひかりはおすすめです。

auスマートバリューで携帯料金を安くできるので、今まで以上に固定費の節約にも繋がります。

auユーザーの方で他の光回線を敷いている場合は、auサービスに統一することで携帯料金だけでなくPontaポイントとして還元されます。

プロバイダーを「au one net」にすればPontaポイント還元率をより上げることができます。

au PAYカードで決済すればポイントの二重取りが可能となり、さらにお得にポイントが貯まります。

5. au ひかりの料金は高い?他社と徹底比較!

ここまで見てきて、auひかりを契約してみようかなぁと思った方も多いと思います。

ですが、最も重要なのは、「auひかりが他社に比べて安いかどうか?」という点だと思います。

他社と料金帯が変わらないなら、auユーザーの方は気にせず契約を検討できると思います

そこで、実際に代表的な光回線の会社と比べてみました。料金は全て税別表示です。

料金プラン auひかり
(光回線+光電話)
楽天ひかり ドコモ光 SoftBank光
戸建て 5,600〜6,100円
(ずっとギガ得プラン)
4,800円 5,200 or 5,400円 4,700〜6,300円
マンション 3,800〜5,400円 3,800円 4,000 or 4,200円 3,800円
事務手数料   800~1,800円 3000円 3,000円
工事費 戸建て:37,500円
マンション:30,000円
8,360円〜19,800円 15,000〜18,000円 2,000円(立会いなしの場合)
24,000円(立会いありの場合)
割引料金 auスマートバリュー 楽天モバイルとネットの契約の場合、
どちらも1年間月額基本料が無料。
ドコモ光セット割で500円〜1,000円(家族全員対象)。
月額500円程度のひかり電話オプションに加入が必要。
おうち割 光セットスマホのプランによって500円〜1,000円(家族全対象)。

《←左右にスクロールできます→》

比較結果

比較した結果、光回線とスマホのセット割引は楽天モバイル以外は通常の携帯でも適応される会社が多いです。

基本料金の安さは、楽天ひかり〈 auひかり≒ソフトバンク〈 ドコモ光といった順番ですね。

基本料金はもちろんですが、携帯とのセット割・乗り換え時のキャンペーン・解約金・ポイント還元などで差が出てきます。

ですが、それほど変わらないというのが結論だと思います。

それよりも、「auスマートバリュー」やPontaポイントの付与もあることから、auユーザーはauひかりで問題ないと思います。

auユーザー以外の方は、楽天市場を良く利用する方は楽天ひかりといったように、あなた自身の普段の生活経済圏に合わせて選ぶとその後もより快適に生活ができるでしょう。

6. au ひかりの評判・口コミ

「au ひかりのことはよく分かったけど、実際に利用している方の声は」と、思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、弊サイトはau ひかりが本当に良いサービスかどうか、SNSや投資経験者、投資を始めたことがない初心者への直接聞き込みと、あらゆる方面で本当にCau ひかりが使えるサービスか、調査して参りました!

その結果、ざっくり以下の5つの意見に集約されることが分かりました。

au ひかりの主な口コミ・評判一覧

 

  • 速度が安定していて良い。800Mbps〜1Gbps近く出ている。
  • So-net(NURO光)と同じくらい通信が安定している。
  • 古いマンションでも対応できた。
  • au ひかりに乗り変えた途端に速度が速くなった。
  • 入居から一ヶ月くらいでauひかりが開通できた。
  • 四国や九州はで対応しているところは少なそうで残念。
  • キャッシュバックキャンペーンがお得で嬉しい。

リサーチした結果、全体的に速度が速くなったという意見がダントツで多かったです。

気になる方は、「au ひかり」とTwitter等で調べると生の意見がとてもたくさん出てきますので、ぜひ調べてみてください。

7. キャンペーンを利用してお得にau ひかりを契約/乗り換える方法

最後に、キャンペーンを活用してお得にauひかりに加入/乗り換えする方法を解説します。

auひかりへの申し込み方法は複数ありますが、キャッシュバックキャンペーンなどが豊富でお得に加入できる代理店サイトを使った方法を解説します。

流れは以下の通り。

  1. 代理店サイトから申し込み
  2. 工事費と開通日の連絡を受ける
  3. 回線工事をしてもらう
  4. ルーター、端末の初期設定をして開通

では、順に見ていきましょう。

STEP.1
STEP1 代理店サイトから申し込み
名前・住所・連絡先などの基本情報を入力します。
内容確認して送信します。
 
STEP.2
STEP2 工事日と開通日の連絡を受ける

申し込みフォームを送ると、申し込み内容の確認と工事日と開通日を決める電話がかかってきます。

この時点で契約中の回線やプロバイダーの解約日を大まかに決めておくと、スムーズに乗り換えることができます。

また、土日祝日の開通工事は別途3,000円(税別)がかかってしまうのでご注意ください。

 
STEP.3
STEP3 回線工事をしてもらう
設置場所での立会い工事(立会いが必須でない場合もあります)と宅内機器のお届け
をしてもらいます。
 
STEP.4
STEP4 ルーター、端末の初期設定をして開通
接続方法のマニュアルにしたがってインターネット接続の設定をすれば開通完了です。
 

まとめ

auユーザーにとってメリットが多い「au ひかり」

auスマートバリューで月々の家族分の携帯料金が安くなり、固定費を下げることができます

さらに、大手通信会社のKDDIが敷いている回線なので、速度やセキュリティ面も比較的安心して利用することが可能です。

KDDIまとめて請求やau Pay カードを上手く利用することで、今まで以上にPontaポイントがたっぷり貯まります

これからのメリットから、auユーザーはauひかりを検討すれば光回線における大きな失敗はないと断言できます。

一方で、他のキャリアの方は、それぞれの携帯会社にあった光回線サービスを利用した方が良いでしょう。

この記事が参考になりましたら、幸いです。

スポンサーリンク

  • マネとも!ってどんなサイト?

マネとも!

Our Vision「人生を豊かにする手伝いを〜Enrich Lives〜」/ マネとも!は、読者様がお金に心配せず、自分らしく生きていけるように、事業者様からもヒアリングをしながら、本当におすすめできるプロダクトのみをご紹介するサイトです。

-通信
-

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.