私が、ビットバンクccを選んだ5つの理由!手数料から評判まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビットバンクは、「リップルコイン を1番安く買える!」と評判の取引所です。

金融庁の認可はもちろん、顧客の資産が盗まれないようにセキュリティ対策もしっかりしているので、安心して取引できます。

また、取引するときに発生する手数料が安いため、メインの取引所として活用することもできます!

ここでは、そんなビットバンクのメリットとデメリットについて、実際に1年以上使ってきた私がわかりやすく解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

更新:2018年4月からビットバンクアプリがリリースされました!!

1.1目でわかる!ビットバンクとは

ビットバンク(bitbank cc)は、元GMOインターネット株式会社取締役だった 廣末紀之さん2014年に設立した仮想通貨取引所です。

イーサリアムやリップルコイン など人気の仮想通貨を取引できて、セキュリティも充実。しかも、ビットフライヤーやコインチェックと比べて「手数料(スプレッド)が安い!」と評判も上々!知る人ぞ知る取引所となっています。

私はビットバンクを使い始めて1年ほどになりますが、現在はメインの取引所として使っています。

まずは、私が使って感じたビットバンクのメリットについて見ていきましょう。

2.ビットバンクをおすすめする5つの理由

私がビットバンクをおすすめするのは、以下の5つの理由からです。

理由1.キュリティ対策が充実していて安心できる

理由2.各種手数料が安いため、お得に取引できる!

理由3.リップルコインを最安で買える

理由4.取引画面が見やすく、快適!

理由5.板取引で思い通りの取引ができる

それぞれ、具体的にみていきましょう。

理由1.キュリティ対策が充実していて安心できる

仮想通貨の取引所は、セキュリティ対策が充実しているところを選びたいですよね。

ビットバンクは、ユーザーの資産を守るためのセキュリティを充実させています。とくに、情報の透明性が高いため、他の取引所よりも安心して使うことができます。

セキュリティポイント1.金融庁の認可を取得している

仮想通貨取引所は、その安全性などを評価するために金融庁が認可した「仮想通貨交換業者」という基準があります。これは、取引所自体の信頼と、取引所が取り扱っている通貨に対する評価も行っています。

コインチェックは、この認可がまだ通っておらず「みなし業者」であったことも非難を受けている一つの点です。

ビットバンクは2017年9月に日本で4番目に仮想通貨交換業者として認可されています。

また、コインチェックの事件直後に行われた金融庁の内部調査でも、ビットバンクにセキュリティの問題点はありませんでした

ZaifやGMOコインがセキュリティシステムの改善を要求されたことを考えると、ビットバンクの方が安心できると言えますね。

セキュリティポイント2.顧客資産は、盗難されにくいコールドウォレットに保管されている

ビットバンクは顧客資産を、盗難されにくい「コールドウォレット」に保管しているため安心できます。

コールドウォレットとホットウォレットの違いは、ネットにつないでいるかどうかです。

コールドウォレットはネットにつながずに資産を管理しているので、外部からハッキングされにくい特徴があります。

一方、ホットウォレットはネットに接続されているため、ハッキングされるリスクがあります。コインチェックの場合、ネムコインをホットウォレットで管理していたことが流出の原因だと言われています。

その点、ビットバンクはホットウォレットに顧客の資産を保管しています。

弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用となっております。本件に関しても、金融庁への報告を既に行っております。

仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について|ビットバンク公式ブログ

このように私たちの仮想通貨は、ハッキングされにくいコールドウォレットに保管されているので、安心できますね!

セキュリティポイント3.マルチシグ対応している

マルチシグとシングルシグの違いは、金庫を開ける鍵が複数に分けられているかどうかということになります。シングルシグの場合一つの鍵だけで開けることができるのでその鍵を盗まれたらすぐに中身が奪われます。

マルチシグであれば、金庫を開けるために、複数の鍵を用意する必要があるため、ハッキングが難しくそのリスクを下げることができます。

ビットバンクは、イーサリアムを除く全ての仮想通貨でマルチシグに対応しています。

イーサリアムについては、「マルチシグにすることによって、逆にセキュリティが脆くなる可能性がある」ため行っていません。

依然セキュリティに懸念があることから、当社においては当面の採用を見送っている状況です

仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について|ビットバンク公式ブログ

他の取引所は、「マルチシグに対応しています!」とは発表していますが、どれが対応していてどれが非対応なのか公表していないんですよね。。その点、ビットバンクは全て明らかにしているので、信頼できますね。

このように、「金融庁から認可されている」「顧客資産がコールドウォレット管理されている」「マルチシグ対応」という三点から安全性は高いということがわかります。

※ただし、どれだけセキュリティが優れている取引所であっても全ての資産を置いておくのは避けましょう。しっかりと資産を守るためには、自分専用のウォレットで保管しておくのが現時点で最も安全です。詳しくは、『仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識』の記事をご覧ください。

理由2.各種手数料が安いため、お得に取引できる!

ビットバンクは、取引をするときの下記の3つの手数料がとにかく安いです。

(1)入金手数料は無料!

(2)取引手数料も無料(キャンペーン期間限定!)

(3)送金/出金手数料が安い!

なので、頻繁に取引がしたい人に向いています。

手数料の内約について詳しくみていきましょう。

(1)入金手数料

ビットバンクに支払う入金手数料は無料ですので、見ておく必要があるのは、振込にかかる銀行側の手数料です。

ビットバンクの場合は、振込先が「住信ネット銀行」ですので、各銀行からの手数料は以下の通りです。

ビットバンクを始めるなら、住信ネットバンクの口座を持っていれば無料で入金ができるのでとてもお得です。

(2)取引手数料

ビットバンクの取引手数料は現在無料となっています。非常にお得だと言えるでしょう。

その理由は、ビットバンクが取引所だからです。

ビットフライヤーやコインチェックは販売所です。簡単に取引ができますが、手数料が高くなります。

ビットバンクは取引所なので、慣れるまでは戸惑うかもしれませんが手数料が安め。

取引をたくさんすると、手数料で結構持っていかれることになるので、仮想通貨を本格的にしたい人は取引所の利用がおすすめなんです。

送金手数料

送金手数料は、ウォレットや海外の取引所にコインを送金するときにかかります。

そのため、頻繁にコインを移動させたいと思っているひちには手数料が結構な負担になってしまいます。

例えば、Zaifだとイーサリアムの送金手数料は0.01ETH。ビットバンクなら0.005ETHなので半額ですね。

ゆえに、bitbankを使って海外取引所に送金するのに向いているといえるでしょう。

理由3.リップルコインを最安で買える

ビットバンクは、リップルコインを1番安く購入することができます。

これは、理由2で見たように入金手数料や取引手数料が安いからです。なので、リップルコインを売買したい人は、ビットバンクが断然おすすめですよ!

理由4.取引画面が見やすく、快適!

どれだけ安全性が高くとも、どれだけ手数料が安くても、使いにくければ取引をするのが億劫になります。その点から使いやすさは大切な観点の1つだと言えるでしょう。

これは取引所の画面で、少し使いづらそうに見えるかもしれませんが、安心してください。

私も仮想通貨取引を初めてから1ヶ月でビットバンクを使うようになりましたが、すぐに使えるようになり、今では常に取引として使っています。

アプリが登場!(4月13日)

ビットバンクは今まで、アプリがなく、スマホから取引しにくいといった意見がありましたが、なんとこの4月からアプリが新登場しました。

PCからも使いやすいとわれていましたが、アプリの登場により益々取引しやすくなるでしょう!

当記事でも使用方法をご紹介しているので参考にしてみてください。

参考:ビットバンク公式アプリの見方・使い方について徹底解説<取り扱い説明書>

公式ツイッターアカウントもツイートしています。人気みたいですね。

理由5.指値注文ができるため取引しやすい

メインの取引所を選ぶためには、指値注文ができることが重要です。

指値注文とは、簡単に言うと「ビットコインが〇円になったら、買います!」と予約注文しておくような仕組み

ビットフライヤーなどの販売所では、指値注文ができません。そのため、買うタイミングや売るタイミングを逃してしまうことがよくあります。

ビットバンクの指値注文を上手く使えば、「安くなったときに買う」もしくは「高くなったときに売る」と言うのを簡単にできるようになります。

ビットフライヤーに比べるとちょっと難しいと感じるかもしれませんが、本格的に取引するために重要な機能なので、慣れておきたいですね。

2.ビットバンクを登録する前に知っておきたい注意点

取引所を選ぶ際には、必ず取引所のデメリットも知っておかなければいけないといけません。

ここでは、ビットバンクのデメリットを3つご説明します。

注意点1.イーサリアムを日本円で購入できない

ビットバンクは、イーサリアムを取り扱っています。

ただし、イーサリアムを購入しようと思ったら、「まず、ビットコインを買ってから、そのビットコインでイーサリアムを買う」必要があります。

手数料はゼロ円なので、損はしないのですが、ちょっと面倒かもしれません。

注意点2.取引割合が少ない

参照:Bitcoin 日本語情報サイト 国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高(日本円換算、単位:億円)

国内取引所の中でビットバンクの取引割合は少なめです。取引が少ないと、取引が成立しづらいです。

その理由は、「取引所」での取引は全て「相手」がいて成り立っており、買いたい時に「売る人」、売りたい時に「買う人」がいて初めて成り立つことになります。

しかし、これは裏返せば今後どんどん利用者が増加してくる可能性もあるので、今のうちに取引に慣れておくと良いでしょう。

注意点3.Bitbank tradeとBitbank ccは、別の取引所!

ビットバンク株式会社はbitbank ccの他にbitbank tradeという取引所も運営しています。

取引形態の違いとして、bitbank ccは現物取引、bitbank tradeは先物取引ができる取引所です。

現物取引とは、支払った額だけで取引をすることができるもの、先物取引はレバレッジ取引といい、持ってるお金以上の取引ができるもので、「ハイリスク、ハイリターン」の取引だといえるでしょう。

仮想通貨でのレバレッジ取引は、難易度が高すぎると言われています。なので、これから取引をする人はまずbitbank ccで現物取引になれるようにしましょう!

3.ビットバンクの口コミ評判

気になるビットバンクの口コミ評判について見ていきましょう。

全体的に良い口コミが多いように見受けられますが、悪い口コミもところどころあります。

良い口コミ

良い口コミ評判としては、「セキュリティが安心」「リップルの取引割合が高い」「顧客視点である」などがあります。

ビットバンクのセキュリティのよさ

セキュリティに関して丁寧に説明を行った

リップルの取引高はおおい

顧客視点を持っている

悪い口コミ

逆に悪い口コミとしては、「流動性が低い」「イーサリアムの円建てがない」などが挙げられています。

リップル以外の通貨の取引割合が低い

イーサリアムの円建てできない

4.結論!ビットバンクはこんな人におすすめ!

ビットバンクを利用するのにおすすめの人は、すでに国内取引所を利用しており、より本格的な取引行いたい人や、より安い手数料で取引したいと思ってる人です。

次のチェックボックスに1つでも当てはまった場合はビットバンクを利用してもいいかもしれません。




実際、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で、国内取引所を詳しく比較しましたが、ビットバンクは安全性、手数料、使いやすさでトップクラスの性能だということがわかっています。

とくに、海外取引所も使っていきたいという人にはぴったりだと言えます。

また、ビットバンクのおすすめの使い方は、「暴落時に備えて指値で仕込んでおく」という使い方を私はよく利用しています。

板での取引なので、指値で安い価格を買い予約しておくと、その額になったら自動的に購入できます。

これをすればある程度放置した取引もできますし、何よりお得な価格で購入できます。

5.ビットバンクを1番お得に申し込む方法

お得な契約キャンペーン

現在お得な、登録のキャンペーンはありませんが、ビットバンクの利用者は徐々に増加しています。なので、早いうちに申し込んでおくことをおすすめします。

実際の登録方法を見ていきましょう。全部で次のステップになっています。

ステップ1.公式サイトから登録

ステップ2.本人確認をする

ステップ3.2段階認証をする

ステップ1.公式サイトから登録

まずは、こちらの公式サイトから登録を行いましょう。

メールアドレスを入力すると、メールが送信されます。

URLをクリックして、メールを認証。

このURLをクリックすると、再度ホームページにアクセスします。

その後に基本情報を登録することができます。

基本情報を入力した時点で第一ステップクリアです。

ステップ2.本人確認

次に本人確認のために書類をアップロードします。

本人確認では運転免許証などを使って認証することができます。

身分証明をアップロード

本人確認に必要事項を記入した後、身分証明書をサイトにアップロードします。

提出可能な書類としては、以下のいずれかです。

個人の方はいずれか1点(氏名、住所の記載があるものに限る)

(1)運転免許証
 表裏の両面
(2)パスポート
 顔写真生年月日が記載されているページ、および、所持人(住所記載)のページ
(3)住民基本台帳カード
 表裏の両面
(4)在留カード
 表裏の両面

本人確認|ビットバンク公式サイト

郵送確認

個人情報書類の記入が終われば、ビットバンクから郵送ハガキが届きます。ハガキが到着するとすべての取引きが可能になります。

ステップ3.2段階認証を設定する

取引を始めるときはセキュリティのためにも必ず2段階認証を行いましょう。

ホーム画面から「セキュリティ」をクリックする。

この際、Google Authenticatorが必要になるので、ダウンロードしておきましょう。

・Iphoneはこちら
・Androidはこちら

6.失敗しないビットバンクの使い方

最後に、念のため以下の3つの使い方も解説しておきましょう。

ステップ1.現金の入金/出金

ステップ2.取引所の使い方

ステップ3.ウォレットに仮想通貨を移動させる

仮想通貨で失敗したくない!という人は必見です。

ステップ1.現金の入金/出金

まず、取引きを始めるにあたっては現金を入金する必要があります。

入金方法としては、銀行口座振り込みが容易で手数料が安いので、こちらが初心者には特におすすめです。

振り込み先はサイト内に記載されているので、参照しましょう。

サイトに記載されている振込人名義でなければ反映されないので注意してください。

とくに、ビットバンクの場合は、「アカウントID + 氏名」ですので、間違えることのないように気をつけましょう。

ステップ2.ビットコイン取引所

まずは、主要通貨であるビットコインのやりとりをする場合は、取引所タブを選択し、実際に売買します。リアルタイムでの取引レートがわかるので、相場が分かります。

また、同じ画面内にビットコイン以外のアルトコインの値動きも見ることができることや、

取引所内のチャットがあるので、他人が注目しているコインや、皆の予想を知ることができます。もちろん、すべて正しい情報では無いので信じ込みすぎないようにあくまで参考にしてください。

ステップ2.取引所の使い方

まず初めに、取引所画面の左上から取引したい通貨を選びます。

「BTC / JPY」のようにスラッシュが引かれていますが、これは左が「取引したい通貨」右が「取引に使用したい通貨」となります。なので、この場合BTCを日本円を使って取引するという意味になります。

その後実際の取引に移っていきますが、こちらから、購入する場合は、「買い」、売却する場合は「売り」を選択し、①に取引する価格を打ち込み、②に取引したいコインの数量を打てば③は自動的に必要な資金が表示されます。この取引の仕方を「指値」注文といいます。

一方で「成行」注文の場合は、①はマーケットの価格を自動的に決めてもらい、②のみを決めることができます。そのため、すぐに取引が成立することになります。

なので初めのうちは「成行」注文から始めてもいいかもしれません。

ステップ3.ウォレットに仮想通貨を移動させる

コインチェックでの一件もあり、いくら取引所が安全なセキュリティ対策を行っていても何があるかわかりません。必ず安全なウォレットに資金を移しておきましょう。

ウォレットについて詳しく知りたい人は、『仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識』の記事をご覧ください。

まとめ

ビットバンクは国内取引所の中で、手数料のやすさや、安全、使いやすいという特徴があります。

正直取引所は人によって良し、悪しが異なることも事実です。

当サイトでは、初めに説明した通り、以下のどれかに当てはまる人はビットバンクを利用してみてもいいと思います。

  1. bitflyerやcoincheckで取引していて少しレベルアップした取引をしてみたい。
  2. 今後海外取引所を利用していきたい。
  3. いま話題のリップルを安く取引したい。
  4. 信頼できる取引所を使いたい。

最後は、自己責任ですので、よく調べた上で使ってみてくださいね。

公式サイトは画像をクリック↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*