カレコの契約前に知っておきたい全知識!料金から車種・キャンペーンまで解説

カレコは、「安くてクルマの種類も豊富で便利!」と話題のカーシェアリングサービス。

利用できるクルマの種類が幅広く、シチュエーションに合わせて車を選ベます。

予約やクルマのドアの解錠も、スマホひとつで完結。その手軽さが人気で、会員数は5万人を突破しました!

ここでは、そんなカレコのメリットとデメリットについて、分かりやすく解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

1.カレコとは?

カレコは、「三井のリハウス」や「三井のリパーク」でおなじみの「株式会社三井不動産リアルティ」のカーシェアリングサービスです。

関東を中心に展開しており、山手線エリアのステーション数は業界最多クラス!全国でも約1,700ヶ所のステーションを有しているのが特徴です。大阪や京都、兵庫などの近畿地方にもエリアを拡大中で、ステーション数を着々と増やしています。

また、選べる車の種類もとっても豊富。一般的なコンパクトカーからベンツなどの高級車、キャンピングカーまで幅広く取りそろえられているので、シーンによって車を選択できます。

しかも、比較的価格も安いのがポイント!とくに平日は業界最安クラスなので、気軽に利用できちゃいます。

まずは、そんなカレコのメリットについて詳しく見ていきましょう。

2.カレコをおすすめする5つの理由

私がカレコをおすすめするのは、以下の5つの理由からです。

カレコのおすすめポイント

  • ベンツにキャンピングカーまで!いろいろな車種に乗れる
  • 初期費用は一切不要!月会費も実質無料に
  • ケータイだけで、予約からクルマの利用まで簡単にできる!
  • 料金計算が不要!自動で最安料金を自動適用してくれるから楽
  • 都心にステーションの数が多い!

順番にそれぞれ見ていきましょう。

理由1.ベンツにキャンピングカーまで!いろいろな車種に乗れる

カレコはコンパクトカーからベンツ、レクサスや大人数にぴったりな大型車など、現在61種類ものクルマを取り扱っています。

  • ちょっとした買い物やドライブだから、コンパクトカーにしようかな?
  • 大人数でのお出かけには大型車!
  • 今日はデートだから、少し背伸びしてベンツをレンタル!

このように豊富な車種から、シーンに合わせてクルマをレンタルできます。

また、キャンピングカーを使えるのも、カレコの大きな魅力!

テーブルやイスなどの基本的な装備が搭載されており、有料サービスを利用すれば、テントなども借りることができます。

「キャンプグッズを買うほどではないけど、本格的なキャンプをしてみたい!」という人には、ぴったりのサービスです。

理由2.初期費用は一切不要!月会費も実質無料に

「タイムズカーシェア」や「オリックスカーシェア」など、カーシェアリングサービスは基本的に専用のカードを作るのが主流です。そのため、カード作成代として初期費用がかかってしまいます。

ですが、カレコはスマホかSuicaを車のキー代わりに利用可能!そのため、初期費用が0円なのです!初期費用をかけずに、気軽に始められるのはカレコの大きな強みだと言えます。

また、カレコは980円が月会費としてかかりますが、この月会費は利用料金として使うことができます

なので、月に合計2時間ほど利用するだけで、月会費は実質無料!ちょっとした買い物やドライブなど、普段の利用で十分な料金です。

<補足>
毎月乗るかどうかわからないという方は、「月会費無料プラン」がおすすめ!
月会費が発生しないので、乗った分だけの支払いだけです。

理由3.ケータイだけで、予約からクルマの利用まで簡単にできる!

カレコのクルマ予約は、電話や対面での手続きが一切不要。PCやスマートフォンだけで、簡単に予約できます。

予約したクルマは、ケータイかSuicaなどの乗車カードでドアロックを開錠。車内のキーボックスからクルマの鍵を取り出し、その後はマイカーと同じようにドライブを楽しめます!

ドライブが終わった後も、ケータイかSuicaでドアをロックするだけ。簡単ですね!

理由4.料金計算が不要!自動で最安料金を自動適用してくれるから楽

カレコは面倒な料金計算をしなくても、適用可能な範囲で、最も安い料金にしてくれます。

クルマを予約するときは、最初に利用時間を設定するのが必須。でも、用事が早く終わってしまったり、渋滞が起きて「返却までもう少しかかりそう…」となることもありますよね。

カレコなら予約時間よりも早く終わってしまったときでも、支払う料金は実際に利用した時間分の料金だけ

延長したときも、10分単位の料金とパック料金から自動で計算し、最も安い料金を算出してくれます。

なので、細かい料金を気にせず、安心してドライブを楽しむことができるのです。

理由5.都心にステーションの数が多い!

カーシェアリングで気になるのは、すぐクルマに乗れるのかという点でしょう。

カレコは東京だけで、約1,200箇所のステーションを持っています。

とくに、東京23区にステーションが密集しているのがポイント。他にも神奈川や千葉など、都心ではクルマ探しに苦労しません!

近年は、大阪を中心に兵庫や京都などの近畿地方にもステーションが展開されてきており、今後のステーション増加に期待されています。

3.カレコにデメリットはある?

続いてはカレコのデメリットについてです。

カレコは、大きく分けて3つの注意点があります。

カレコの注意点

  • ステーションは都市部に集中!郊外には少なめ
  • 乗り捨てができない
  • 平日プランだと、休日の料金が割高になる

それぞれ見ていきましょう。

3−1.ステーションは都市部に集中!郊外には少なめ

全国的に見ると、カレコのステーション数は多くありません。

東京や大阪などの都心部ではステーションの数が充実していますが、都心から離れた地方では少なめ。そのため、買い物などの普段の暮らしに活用するのは難しいでしょう。

また、カレコに限らず、カーシェアでは「ステーションはあっても乗りたい車種を置いてない」ということもありえます。

カレコは車種が豊富ですが、地方では希望のクルマを置いていないことが多いかもしれません。

そのため、カレコを利用するのであれば、都心部に住んでいる人の方がおすすめです!

3−2.乗り捨てができない

カレコは乗り捨てができません。

この点もカーシェアリングサービス共通のデメリットですが、予約したステーションと同じ場所にクルマを戻さないといけないので、融通が利きにくいです。

カレコを利用する場合は、きちんと元の駐車場に戻すようにしましょう。

3−3.平日プランにすると、休日の料金が割高になる

カレこの「平日プラン」で、休日に利用するときは要注意!

「平日プラン」でも休日の利用はできますが、その分料金は割高になってしまいます。

具体的にいうと、コンパクトクラスの休日利用は10分当たり160円。平日利用は10分当たり80円なので、2倍も料金がかかります。

「ベーシックプラン」なら、10分当たり130円で、いつでも均一ですなので、休日も頻繁に乗る可能性がある人は「ベーシックプラン」を選びましょう。

4.カレコの評判や口コミを徹底調査!

カレコについてのメリット・デメリットをそれぞれ説明しましたが、実際にカレコを利用している人の感想が気になりますよね。

そこで、SNSからカレコについての評判や口コミを徹底調査!

全体的に「車の種類が豊富」「安くて利用しやすい」など好評で、良い口コミが多く見られました。

その一方で「ステーション数が少ない」「アプリが使いにくい」と、残念に感じる人もいるようです。

良い口コミ

車の種類が多い

ベンツなど高級車の種類が豊富

他の会社よりも安い

チャイルドシートやベビーシートの貸し出しがある

サポートセンターの対応が丁寧

悪い口コミ

ステーションの数が少ない

アプリが使いづらい

5.カレコはこんな人におすすめ

口コミや評判でも見られた通り、カレコのおすすめポイントは主に以下の3点。

  • 値段が安く、ときに平日利用がお得
  • 車の種類が豊富
  • 都市部にステーションが集中している

なので、ぜひカレコを使ってみてほしいのは、以下のような人です!

ポイントカレコはこんな人におすすめ!

  • できるだけ安いカーシェアリングサービスを探している人
  • ベンツやキャンピングカーなど、いろいろな車に乗ってみたい人
  • 都市部に住んでいる人

6.カレコの料金表

ここでは、気になるカレコの料金を説明します。

基本的にカレコの料金システムは、下の画像のように「時間料金 + 距離料金」です。

距離料金は、6時間以上の利用で発生する料金のこと。

そしてここから、「平日プラン」「ベーシックプラン」「月会費無料プラン」のどれを選ぶかによって、料金が異なります。

2018年4月23日より、月会費無料プランがスタート!

平日プラン

平日プランは、平日の利用がとってもお得になるプランです

買い物や子どもの送り迎えなど、平日の利用が多いのであれば、迷わず「平日プラン」を選ぶのがおすすめ

例えばコンパクトカーの場合、平日1時間の利用で480円 (税抜)。ワンコインで乗ることが可能なのです!

ただし、気をつけてほしいポイントがあります。それは、休日の利用料金が割高になってしまうこと

休日にコンパクトカーを利用すると、1時間で960円(税抜)。平日よりも2倍の料金がかかります。

平日プランで休日に利用するときは、十分注意してくださいね!

ベーシックプラン

「ベーシックプラン」は休日や平日に関わらず、料金は変わりません。

なので、「平日も休日も乗る人」「平日プランとベーシックプランのどちらにしようか迷っている人」は、こちらの「ベーシックプラン」にしておいた方が良いでしょう。

月会費無料プラン

careco-basic-fee

最後は、2018年4月よりスタートした「月会費無料プラン」。その名の通り、月会費が無料になります。

このプランのメリットは、乗らない月は料金が一切かからないことです。画像のように、月会費が0円になります。

careco-free-system

『毎月利用する予定!』という方は、「ベーシックプラン」か「平日プラン」がおすすめですが、「ベーシックプラン」「平日プラン」では、利用しないと毎月月会費が発生してしまいます。

なので、月会費無料プランは以下のような人におすすめ!

  • 『毎月使うか分からない』
  • 『いざというときのために、とりあえず登録だけしておきたい』

月会費はかからないので、「必要なときに必要な分だけ」支払えばOKです。

月会費が無料の分、ベーシックプランと比べると、料金は少し割高になるので注意してくださいね。

7.カレコを1番お得に契約するための3ステップ

ここからは、迷わずカレコを契約するために、1番お得に始める方法を紹介します。

ぜひ参考にしてください!

ステップ1.キャンペーンに申し込む

まずは、公式サイトでカレコがキャンペーンを実施していないかチェックしましょう。

残念ながら、現在カレコが実施しているキャンペーンはありません。

しかし、Tポイントがもらえたり、月会費が1年間無料になるキャンペーンが過去に実施されているので、申し込むときは要チェックです!

ステップ2.プランを選ぶ

次にプランを選んでおきましょう。

カレコは「平日プラン」、「ベーシックプラン」「月会費無料プラン」の3つから選ぶことができます。

「基本的に平日利用をする予定だ」という人は、「平日プラン」がおすすめ!平日の利用がグッとお得になります

土日や祝日などの休日に乗ることが多い人は、「ベーシックプラン」を選びましょう。日によって金額が変わらないので、いつでも気軽に利用できますね

「月会費無料プラン」は、毎月決まって利用するか分からない人におすすめです。月会費がかからないので、必要なときに必要な分だけ利用できます

ステップ3.契約方法

カレコの契約に必要なものは、以下の3点です。

  • 運転免許証
  • クレジットカード(VISA、Master、JCB、Amex、Diners)
  • スマホなど携帯(050以外)

個人情報の入力

「個人入会」から、「個人情報」「クレジットカード」「運転免許証」の画像を登録します。

入会完了手続きを行う

当日から翌日に「入会完了手続きのお願い」メールが届くので、メールに記載されているURLをクリック。

これで会員登録は完了です!完了した当日からサービスを利用できます。

カレコの規約によって、運転免許証をとって1年未満の人は、カレコに登録することができません。ご了承ください。

8.知っている人だけが得をする!カレコのお得な使い方

カレコの車で給油をするだけで、お得なクーポンがもらえます!

カレコでは、利用中にガソリンが半分以下になると、給油をするようにお願いされています。

車内にある「給油カード」を使ってガソリンを給油すると、300円のクーポン券をGet!

ガソリン代は利用料金に含まれているので、無料で給油ができます。安心してくださいね。

また、汚れが気になったときは、無料で洗車できます。

洗車では「2,000円分以内」というルールがありますが、300円クーポンがもらえる給油と同じように、給油カードを使ってクーポンをもらっちゃいましょう!

9.カレコの予約方法(乗るまでの流れ)

次は登録後、実際にカレコのクルマを予約する方法をみていきましょう。

ここを見れば簡単にできますよ!

ステップ1.乗りたいクルマを検索

「PC」「携帯」「スマートフォン」でカレコの会員ホームの「会員メニュー」から、「クルマを予約」をクリック。

初めての人は、場所かクルマの種類から検索できます。次回以降は、利用履歴からも検索可能です!

ステップ2.乗りたいクルマを予約

乗りたいクルマを見つけたら、「このクルマを予約」をクリックしましょう。

そして予約時間を選び、「予約内容を確認する」をクリック。

間違いがないか確信して、「予約する」をクリックで予約完了です!

ステップ3.ドライブに出発!

当日、予約した時間になったらステーションに行きましょう。携帯かICカードを使って。クルマのドアロックを開錠します。

後は、ドライブを楽しみましょう!

ステップ4.ドライブ終了後は?

予約時間が終わる前に、元のステーションの場所に戻りましょう。

次の人のことを考えて、車内清掃や、必要であれば給油もすませることも忘れずに

最後は、携帯またはICカードで、ドアをロックして終了です。

10.カレコについてよくある質問と答え

カレコの利用方法について説明しましたが、まだまだ疑問点はあるかもしれません。

気になる点はできるだけ無くしたいですよね。

そこで次は、よくある質問とその回答について説明します。

順番に見ていきましょう!

もし事故に遭ってしまったら?

どれだけ気をつけていても、事故を起こしてしまう可能性はあります。

万が一、事故を起こしてしまっても、慌てずにできるだけ冷静に対処しましょう

もし事故に遭ってしまったら、次の3つ全てに連絡しましょう。

  • ①警察
  • ②保険会社のロードサービス(TEL:0120-258-365)
  • ③カレコ・サポートセンター(TEL:0120-841-960)

警察の他に、サポートセンターへの連絡も忘れないように!利用料金に保険代も含まれていますが、サポートセンターへの連絡がないと、「保険・補償制度」が適用されません。

サポートセンターは24時間体制でスタッフが対応してくれるので、焦らずに対処しましょうね。

利用中の鍵の開け閉めはどうしたらいいの?

利用時間中にクルマから離れるときは、車内にある「エンジンキー」を使いましょう。

一時的に離れるときにケータイや乗車カードで鍵を閉めると、利用終了と見なされて、そのクルマを利用できなくなります。

そうすると、また予約しなおさないといけないので、注意が必要です。

まとめ

カレコについてまとめました。

ステーション数が少ないデメリットがあるものの、それを補う手軽さと車種の豊富さが魅力的。

これからもステーション数はどんどん増えていく予定なので、期待されているカーシェアリングサービスです。

この記事を参考に、快適なカーシェア生活を送ってみてください。

カレコの登録は下の画像をクリック!↓

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*