金融コラム

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?日本株/米国株のメリット・評判・手数料まで解説

One Tap BUY(ワンタップバイ)について、気になっていませんか?

One Tap BUYとは、その名のとおり、スマホ片手にワンタップで株の買い付けができる『初心者向けの投資サービス』です。

しかし、『株の買い付け』と聞くと「本当に稼げるのかな?」と思うかもしれませんね。手数料や評判なども気になるところです。

そこでこの記事では、One Tap BUYの詳細や、実際に使ってみた感想を正直にお伝えします。

参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

【2020年版】投資初心者におすすめの資産運用はこれ!まずは小さな成功体験から始めよう!

investment_beginner

「これから、将来に向けた資産形成の一環として投資をしていきたい。」こう考えていますね。

しかし、投資経験がない方は、まず何から始めたらいいのか分からない方も多いと思います。

初心者の方が陥りやすいのが、最初から大きな儲けを得ようとリスクの高い投資に手を出してしまうことです。その結果、投資に失敗してしまい「やっぱり投資は怖い、ギャンブルなんだ。。。」と思って継続できなくなってしまいます。

そこで大事なことは、小さな成功体験と積むことです。

例えば、年間1%の利益と聞くと365日で10万円が1,000円増えるだけなので、地味に思います。しかし、同じお金を銀行に預けると1円程にしかなりません(大手銀行の金利は、一般的に0.001%程度)。

なので、これだけでも小さいですが、投資に成功したと言えます。

なので、初心者の方はリスクの低く、知識があまり必要でない投資を実践して頂き、小さな成功体験を積んで、投資に慣れてほしいと思っています

知識をつけることはもちろん大事なことだと思いますが、実際にやってみるのが一番早く上達します。

100円でも投資してみるだけで、毎日の日経平均や為替の動きをチェックするようになります。そうやって少しずつ知識がついていき、将来の資産形成を自分で考える力が身につきます。

この記事では、初めての方の入り口として最適な投資をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

続きを読む

ひふみワールドプラスとは?ひふみワールドとの違いは?どっちに投資すべき?

ひふみワールド+(プラス)について気になっていますね。

ひふみワールド」とは、世界株に投資する投資信託。レオス・キャピタルワークス(株)が運用しテイルサービスです。

どのような投資信託なのかは、こちら「ひふみワールドの評判は?セミナーにも参加してわかったメリットとデメリット!」の記事を参考にしてください。

しかし、ひふみワールドには「ひふみワールドプラス」というバーションもあります。どのように違うのか気になっているかもしれませんね。

そこでこの記事では、「ひふみワールドプラス」の概要説明、さらに「どちらに投資した方が良いのか」解説します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

<注意点>
ひふみワールドプラスは、募集開始が2019年12月2日運用開始日は2019年12月13日です。ひふみワールドは、レオス・キャピタルワークスの公式ホームページからの直販でのみ販売中です。

参照:金融庁-EDINET-有価証券届出書-ひふみワールド+

続きを読む

SMBC日興証券の「AI株価見守りサービス」のメリット・デメリット・使い方!

SMBC日興証券が提供するサービス「AI株価見守りサービス」が使えるのか気になっていますね。

AIを活用したサービスなので、何だかすごそうに思いますよね!

結論を言えば、参考ツールとしては大変有益です。しかし、AIによる判断を過信しすぎてもいけません。ほどよい距離感を保って活用すれば、あなたの株式投資に大いに役立つことでしょう。

とくに売却タイミングに悩んでいる方や、忙してくなかなか株価が見れないという人には、とてもオススメ

この記事では、AI株価見守りサービスのメリットやデメリット、使い方まで徹底解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

続きを読む

SMBC日興証券の「AI株式ポートフォリオ診断」のメリット・デメリット・使い方!

aistock_portfolio

SMBC日興証券が提供するサービス「AI株式ポートフォリオ診断」が使えるのか気になっていますね。

AI診断なので、信頼感があるように思いますよね。

結論を言えば、参考程度に利用する分なら大変勉強になります。

とくに現在株式投資を行っていて、

  1. 銘柄の見直しを行いたい!
  2. 新しい銘柄を発掘してみたい!

という人にはオススメです。

ただし、診断ツールは信用しすぎてもいけません。なぜなら、将来の相場は誰にも予測できないからです。

この記事では、AI株式ポートフォリオ診断のメリットやデメリット、使い方まで徹底解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

続きを読む

投資信託「ひふみワールド」の評判は?セミナーにも参加してわかったメリットとデメリット!

レオスキャピタルワークス株式会社の投資信託「ひふみワールド」についての情報収集をしていますね?

  • 将来性はあるのか、どのような運用をしているのか?
  • 世界株に投資といっても、他の世界株ファンドとどう違うのか?

など疑問がありますよね。私も同じように感じました。

とくに投資信託は、運用者がどのような企業にどのような考えで投資しているのかわかりにくいです。どれだけ評判が良くても、実際に自分の目で確かめないことにはわかりません。

そこで、当サイトの記事をいつも閲覧してくれている読者さまに、本当に信頼できる情報をお届けするため、運用責任者「湯浅光裕氏」もご出席された『ひふみワールド』のセミナーに参加(9月28日の大阪セミナー)してきました。

すると、ひふみワールドは期待のできる素晴らしい投資信託だということがわかりました

次のような方には、とくにオススメです。

オススメな人

  • コツコツと長期目線で海外の成長企業に投資したい!
  • 顔が見える信頼性の高い投資信託を選びたい!
  • 自分のお金をひふみを通して社会に役立てたい

この記事では、私の投資経験と客観的見解、そしてセミナーでわかった全ての点を踏まえて、ひふみワールドの概要やメリット、デメリット、注意点を徹底的に解説します。

ぜひ、参考にしてください。

続きを読む

【インタビュー】CEO中村仁氏が語る(株)お金のデザインのミッション!人とお金の新しい関係を創る!

この記事では、ロボアドバイザーTHEOを運営されている株式会社お金のデザインのCEO(代表取締役)中村仁さんをお招きしました。

入社した経緯やロボアドバイザーの普及が日本において果たす役割、日本人が資産運用をすべき理由からお金のデザインの目指すゴールまで、余すことなく語って頂きました。

ぜひお読みいただき、株式会社お金のデザインやロボアドバイザー「THEO」がどのような想いで事業を行っているのか、何を成し遂げたいのか?将来への展望をお知りいただければと思います。

ロボアドバイザー「THEO」についてインタビュー記事はこちら「CMO馬場康次氏が語るロボアド「THEO」の全て|お金のデザイン」をご覧ください。

続きを読む

【インタビュー】ウェルスナビの陰の立役者、牛山史朗執行役員が語る未来図!

この記事では、ウェルスナビ(WealthNavi)を運営されている『ウェルスナビ株式会社』執行役員の牛山史朗氏をお招きしました。

ウェルスナビ株式会社への入社理由やこれからの展望、成し遂げたい未来について、余すことなく語っていただきました。

ぜひお読みいただき、ウェルスナビ(株)が『どのような想いで事業を行っているのか』お知りいただければと思います。

続きを読む

【インタビュー】横田大造社長が語るCREALの社会的インパクト!共感投資で新しい層の資産運用を開拓する!

この記事では、不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」を運営されている『株式会社ブリッジ・シー・キャピタル』CEO横田大造さんをお招きしました。

CREALのサービスを開始した理由や、これからの注力していきたい案件やCREALが大事にしている「共感投資」について、余すことなく語って頂きました。

ぜひお読み頂き『CREALがどのような想いで事業を行っているのか』『何を成し遂げたいのか?』将来への展望をお知り頂ければと思います。

CREALのサービスについてのインタビュー記事は「横田大造社長が語るCREAL (不動産投資クラウドファンディング)の全て!我々も投資家と同じ船に乗る!」をご覧ください。

続きを読む

【インタビュー】FUNTAS technology(株)石原正徳氏が語る不動産テック企業としての未来図!

この記事では、不動産投資クラウドファンディング「FUNTAS Funding」を運営・運用されている『FUNTAS technology株式会社』取締役、石原正徳さんにインタビューを行いました。

FUNTAS technologyが掲げる不動産×テクノロジー、FUNTASFundingの目指す世界や将来の展望などについて語って頂きました。

ぜひお読み頂き、FUNTAS Fundingの事業の裏にある想いやビジョン、将来への展望をお知りいただければと思います。

FUNTAS technology(株)が運営する不動産投資クラウドファンディング「FUNTAS Funding」についてはこちらの記事を参考にしてください。

参照:FANTAS funding(ファンタスファンディング)は評判通り?

続きを読む