おつり投資アプリってどんなもの?メリット・デメリットまで解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

おつりを使って投資したいと思っていませんか?

大きいお金は出すのが怖いから、コツコツ資金を貯めたい」という方には、おつり投資アプリがおすすめです。

クレジットカードで買い物したときに出てきたおつりを貯めて、投資の資金にすることができます。でもいざ始めようとすると、「どのアプリがいいの?」と悩んでしまうかもしれませんね。

そこでここでは、おつり投資アプリを選ぶポイントやおすすめのアプリをご紹介!

この記事を読めば、自分に合ったおつり投資アプリが分かります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

おつり投資アプリとは?

おつり投資アプリとは、クレジットカード買い物をしたときにできたおつりを貯めて、投資するアプリのこと

イメージとしては、小銭を貯金箱に貯めて投資金にするという感じです。

基本的におつりを100円、500円、1000円の設定から選んで、投資していきます。

例えば、250円の本を買ったとしましょう。

100円:100円×3枚で支払って、300円-250円= 50円 がおつり

500円:500円×1枚で支払って、500円-250円= 250円 がおつり

1000円:1000円札で支払って、1000円-250円= 750円 がおつり

「おつり」の設定金額が高いほど、投資金も多く貯めやすくなるという仕組みです。

家計簿アプリと自分の口座を提携させて、お金を管理します

こんなおつり投資アプリを選ぶときに比較するべきポイントは、2つあります。

おつり投資アプリを選ぶときに見るべき2つのポイント

おつり投資アプリを選ぶときには、次の2つのポイントを確認しておきましょう。


アプリによっては、気軽にアプリを試せる「無料期間」があります。投資初心者にとって、無料でアプリを試せるのは心強いですよね。

また、投資したお金は誰が運用するのかも大切なポイントです。自分で投資先を選ぶアプリもあれば、投資のプロ人工知能(AI)が運用してくれるところもあります。

投資初心者であれば、投資のプロや人工知能が運用してくれるアプリがおすすめです。

ここからは、この2つのポイントを押さえたおすすめのおつり投資アプリを2つ紹介します。

おすすめのおつりアプリ2つ

マメタス

マメタスは、AIの研究を行っている「ウェルスナビ株式会社」が開発したアプリです。おつりを貯めたら、AIのロボット(通称:ウェルスナビ)が投資を行います。投資先は、国内だけでなく、海外の会社も対象です。

メリット

・月額利用料がかからない
・おつりの追加やキャンセルもできる

デメリット

・初期費用が10万円と高い(後に回収可能)
・おつりの引落先がSBI銀行しかないので、口座がない人は作る手間がかかる

マメタスはこんな人におすすめ!

今すぐ本格的におつり投資を始めたい!という人には、マメタスがおすすめです。マメタスは初期費用はかかるものの、手数料は発生しません。

長く投資を続けたい人にとって、毎月決まった手数料が引かれるのは、少しネックなもの。

初期費用も後々戻ってくるので、すぐに投資をしたいという方にはマメタスが合っているでしょう。

トラノコ

トラノコは、日本を代表する投資のプロ「小山 卓也氏」が社長を務める「トラノテック株式会社」が開発したアプリです。セブン銀行や、ニッセイキャピタル、リアルワールドなどの上場企業と提携しています。

おつりを貯めたら「ファンドマネージャー」という投資のプロの人が運用してくれます。投資先は、国内の会社に限られています。

トラノコのメリット

・初期費用がかからない
・ポイントも投資金として使える
・おつりの引落が、ほとんどの銀行で対応している
・ANAのマイル付与や、ガス代の割引などサービスが充実

トラノコのデメリット

・毎月300円月額利用料がかかる(開始3ヶ月は無料)

トラノコはこんな人におすすめ!

「まずは、おつり投資がどんなものか試したい!」という人には、トラノコがおすすめです。トラノコは初期費用も低く、気軽に始めやすいからです。

手数料は毎月300円かかってきますが、最初の3ヶ月間は無料で使えます。もし3ヶ月使ってみて「なんか合わないな」と思ったら辞められるので、お金をムダにすることがありません。

おつりを引き落とす銀行も、今使っている銀行でほぼ対応できます。サービスを利用するときも、終了するときも「あまり手間がない方がいい!」という方にはトラノコが合っているでしょう。

トラノコの公式サイトは画像をクリック↓

マメタスとトラノコの比較

マメタスとトラノコをポイントで比較しているので、確認してみてください。

 マメタストラノコ
運営会社ウェルスナビトラノテック
資金運用者AI(ウェルスナビ)人(投資のプロ)
初期費用10万円最低限金額なし
月額手数料なし毎月300円
運用手数料1%0.3%
資産の引落銀行SBIネット銀行ほとんどの銀行に対応
対応している家計簿アプリマネーツリーマネーツリー、マネーフォワード、zaim

マメタスは、今すぐ投資を始めたい人におすすめ。一方トラノコは、試しにおつり投資を始めてみたい方におすすめです。

最後に、おつり投資アプリを使うときの注意点を見ていきましょう。

おつり投資アプリを使うときの注意点

おつり投資アプリを使うときに注意しておきたいポイントは次の2つです。

・最初は赤字の可能性がある
・クレジットカードを使わない人には向いていない

それぞれ見ていきましょう。

最初は赤字の可能性がある

おつり投資アプリは、最初のうちは赤字になることがあります。

「投資」とは一つひとつの会社に大きなお金を入れて、大きな利益が出るまで待つのが基本です。

いきなり利益が出るわけではなく、時間をかけて利益を作っていきます。そして、お金の金額が大きいほど、返ってくるリターンも大きくなります。

その点、おつり投資アプリは、最初の投資金額は少なめです

そのため、大きな利益につなげるためには、しばらく待たないといけません。

ただし、少しずつ投資金額を大きくする「積立投資」なので、2年間アプリを使っていれば投資金も大きくなり、その分リターンも大きくなります

「今すぐもうけたい!」という考えだと、続けていくのは難しいかもしれませんね。

クレジットカードを使わない人には向いていない

おつり投資アプリは、クレジットカードを使わない人にはおすすめしません

なぜなら、そもそも投資金を作ることができないからです。

おつり投資アプリは、クレジットカードで買い物をしたときにできたおつりを貯めていくシステム。

そのため、クレジットを使う回数が少ないと、おつりを貯めることもできません

「買い物は現金じゃないといや!」「クレジットカードなんて使いたくない」という人には向いていないので注意してくださいね。

まとめ

おつり投資アプリについて、特徴やおすすめのアプリを紹介しました。

おつり投資アプリは、「資産を作りたいけど、忙しくて投資先を選ぶ時間がない!」「どこに投資すればいいのか、全く分からない」という人におすすめです。

投資に興味がある人や、投資初心者の人はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*