モバイル決済サービス「Coiney」とは?特徴やメリット、デメリットについて解説!

Coineyについてお調べでしょうか?

訪日外国人の増加や仮想通貨の流行など、現金払いが主流であった日本から少しずつキャッシュレス社会へと変わってきました。

そんな中でもクレジットカードが利用できないようなお店はたくさんあるので、不便と感じることも多くありますね。

そんなお客さんのニーズに応えるべく、クレジットカード決済対応のサービスが増えてきました。

本記事は、その中の1つである「Coiney」についてご説明していきます。「Coiney」は、多くの中国人が利用しているWeChatPayにも対応しているサービスです。

<2018年12月28日追記>

Coineyは、経済産業省より消費税増税の景気対策として実施するキャッシュレス決済のポイント還元制度(商品・サービス利用額の最大5%が還元対象となる制度)における決済事業者に選ばれました。(参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122702834&g=eco)そのため、Coineyを導入するメリットは飛躍したと考えます。

ぜひ、導入に当たって参考にしてみてください。

“キャンペーンを使ってCoineyを1番お得に始める方法”

公式サイトでは決済端末代(19,800円)が無料になるキャンペーンを実施中です!

1.Coiney(コイニー)とは

Coiney」は2012年に設立されたばかりのコイニー株式会社が運営する、クレジットカード決済サービスです。

Coiney最大の特徴は、専用のカードリーダーでクレジットカード決済だけでなく、中国で多くの人が利用しているWeChatPayにて支払いができるという点です。

次の章で、Coineyの特徴について説明していきます。 

2.Coineyの3つのポイント

ポイント1:専用のカードリーダー1つで簡単に利用できる。

Coineyは専用のカードリーダーと無料アプリ、スマホまたはタブレットがあれば、簡単にクレジットカード決済ができるサービスのこと。

導入までのステップとしては、以下の4つのステップです。

レシートもしっかりと送信できるので安心です。

ポイント2:支払いだけでなく、連携サービスが豊富

Coineyでは連携サービスだけでなく、売り上げの分析や在庫管理を行ってくれるPOSレジ、会計アプリなどとの連携が可能になります。

Coiney一つでさまざまな場面で利用できるため、とても便利です。

ポイント3:非対面決済サービスCoineyペイジを利用できる。

決済端末の多くは対面決済サービス、つまりお「客さんが実際に店頭で支払う際に利用するためのサービス」であることがほとんどです。

しかし、Coineyは対面サービスはもちろんのこと、非対面決済サービスを利用することができます。

Coineyペイジは、金額を入れて宛先を指定するだけで誰でも決済ページを作ることができるため、どんな場面でも安心して決済ができます。

3.Coineyを利用するメリット / デメリット

Coineyを利用する上でのメリットとデメリットを、大手決済サービスと比較して見ていきましょう。

以下の5つのサービスが、大手モバイル決済サービスと言われています。

まずは5つのサービスを、次の3つの基準を元に比較表にまとめてみました。

比較の際の3つの基準

(1) 費用

(2)決済手段の数

(3)利用しやすさ / サービス

これらの比較から分かるCoineyのメリット/デメリットをそれぞれご紹介します。

結論から言うとCoineyはメリットも多い一方で、気になるデメリットもあります。

メリット

1.決済サービスが豊富

Coineyの特徴でもあげましたが、決済サービスが豊富であることはCoiney最大のメリットだと言えるでしょう。

他のサービスと同様にクレジットカード決済ができる「ターミナル」、多くの中国人観光客が利用するWeChatPayで決済ができる「スキャン」、オンライン決済が利用できる「ペイジ」と、お客さんのニーズとお店側のニーズに答えた決済サービスが整っています。

2.クレジットカードの決済手段が最多

さまざまなクレジットカードの種類を利用できるので、国内だけでなく、海外のお客さんが利用したい多くのカードを利用できます。

また、支払いのときに「1回払い」「2回払い」「リボ払い」を選ぶことができます。

デメリット

1.初期費用が高い

どのモバイル決済サービスにも、基本的に専用のカードリーダーが必要になるので、カードリーダーの導入代として初期費用がかかります。

最も初期費用の安いSquareと比較するとCoineyの初期費用は高く感じますが、他の国内競合のAirPayや楽天Payとほぼ同額ですので、Coineyのみのデメリットとは言えません。

また、現在Coineyは初期費用が0円になるキャンペーンを実施中!19,800円の初期費用が無料になるお得なキャンペーンですので、導入を検討している人はぜひキャンペーンを利用してみてください。

Coineyのキャンペーンをチェック↓

 電子マネーの利用ができない

Coineyは、クレジットカードへの対応や決済方法の種類が豊富である点は大きなメリットですが、いまだに電子マネー対応がされていないことはデメリットと言えるでしょう。

その理由として、海外のQRコード決済と違い、日本でキャッシュレスと言えば「電子マネー」がイメージされるからです。実際に駅などで支払いが行われる際には、SuicaやPasmoなどを利用されることが多いですよね。

これらが利用できないのは、国内では結構不便だと言えるでしょう。

ただし、公式ホームページには「2018年国内電子マネー対応予定」と書いてあるので、今年中に利用できるかもしれません。

4.Coineyの気になる口コミとは

Coineyの口コミについて見ていきましょう。

さまざまな口コミが見られましたが、その多くが良い口コミとなっていました。

良い口コミ

豊富な種類のクレジットカード対応

他言語での利用ができる。

番外編:サイトが素敵

悪い口コミ

悪い口コミとしては、やはり電子マネーが対応していないことに対して、不便と感じる人が多いようです。

電子マネーが対応していない

5.Coineyはこんな人におすすめ

Coineyは、次のような人におすすめです。

・お客さんのさまざまな支払い手段に対応したい
・特に訪日中国人観光客のWeChatPay支払いに対応したい

一方で、電子マネーの決済手段を利用したい人にとっては、あまりおすすめできません。

そのような方は、手段が多いAir Pay楽天ペイを利用することがおすすめです。

Coineyをお得に申し込む方法(キャンペーンあり)

なんと今なら、Coineyの初期費用19,800円が実質0円から利用できるキャンペーンがあります。

このキャンペーンを利用すれば、お得にCoineyを利用できるので、早めに契約しましょう。

Coineyの公式サイトをチェック↓

まとめ

いかがでしたか?

Coineyは、設立されたばかりの若い企業が運営しているモバイル決済手段です。

最大の特徴は、WeChatPayや非対面決済サービスが利用できる点です。

ぜひ、モバイル決済サービスを利用してみてください。

Coineyのお申し込みはこちらからどうぞ↓

 

コメントはこちらからどうぞ!

*