キャッシュレス店舗導入

モバイル決済サービス「Coiney」とは?特徴やメリット、デメリットについて解説!

Coiney」についてお調べでしょうか?

訪日外国人の増加や電子マネーやスマホ決済の普及で現金払いが主流であった日本から少しずつキャッシュレス社会へと変わってきました。

キャッシュレス決済を取り入れていない店舗は、もはや時代遅れとの見方もでてきています。

そんなお客さんのニーズに応えるべく、お店がすぐにクレジットカード決済などを導入できるサービスが増えてきました。

本記事は、その中の1つである「Coiney」について説明していきます。「Coiney」は、多くの中国人が利用しているWeChatPay』にも対応しているのが大きな特徴です。

また、ビジネスコネクトという複数店舗を一括管理できるオリジナル機能の提供も行っています。

ぜひ当記事を導入に当たっての参考にしてみてください。

“キャンペーンを使ってCoineyを1番お得に始める方法”

公式サイトでは決済端末代(19,800円)が無料になるキャンペーンに加えて、通常3.24%の電子マネー決済手数料が12月末まで2.16%になるキャンペーン※1を実施中です!

※1:申込期限2020年4月30日(木)

1.Coiney(コイニー)とは

Coiney」は2012年に設立された「コイニー株式会社」が運営するクレジットカード決済サービスの総称です。

最大の特徴は、専用のカードリーダー(Coineyターミナル)でクレジットカード決済だけでなく、SUICAなどの電子マネーや中国で多くの人が利用している「WeChatPay」にて支払いができるという点です。

また、ビジネスコネクトという複数店舗オーナー向けの機能もあるのも良い点です。

Coineyの詳細情報
運営会社コイニー株式会社
登録決済事業者登録済み(経済産業省)
初期費用19,800円
決済手数料3.24%〜3.74%
月額/解約手数料0円
入金手数料0〜200円
対応クレジットカード(7種)VISA/JCB/MasterCad/AMEX/DinersClub/DISCOVER/SAIZONCARDInternational
対応電子マネー(9種)Kitaca/Suica/PASMO/TOICA/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん
対応スマホ/QRコード決済WeChatPay

※現在は、キャンペーン中で初期費用無料。政府施策により、2019年10月から2020年6月2020年12月(コイニーのみ)まで決済手数料3.24%→『実質2.16%』。入金手数料は、10万円未満で200円、10万円以上は無料。

Coineyは、キャッシュレス決済のポイント還元制度(商品・サービス利用額の最大5%が還元対象となる制度)における決済事業者です。(参考:キャッシュレス・消費者還元事業登録決済事業者リスト

参照:キャッシュレス・消費者還元事業とは?

次の章で、Coineyの特徴について説明していきます。 

2.Coineyの4つのポイント

ポイント1:専用のカードリーダー1つで簡単に利用できる

Coineyは、以下の3点があれば簡単にクレジットカード決済や電子マネー決済ができます。

  • 専用のカードリーダー(Coineyターミナル)
  • スマホまたはタブレット
  • 無料Coineyアプリ

自前でiOSのスマホかタブレットを用意しなければなりませんが、それさえ用意できれば後はCoineyのアプリをダウンロードし、専用のカードリーダーを申し込むだけです。

決済の手順も簡単なので迷わない!

実際の決済も簡単にできます。クレジットカードの決済は、以下の4つのステップです。

coiney-flow

電子マネーの決済は、以下の3つのステップです。

coiney-flow2

どちらも手順はシンプルですので、「なんだか難しそう。。」と思っている方も安心です。

実際に私も生でcoineyの決済の流れを確認していますが、簡単で悩みませんでした。

ポイント2:支払いだけでなく、連携サービスが豊富

Coineyでは連携サービスだけでなく、売り上げの分析や在庫管理を行ってくれるPOSレジ、会計アプリなどとの連携が可能になります。

Coiney一つでさまざまな場面で利用できるため、とても便利です。

ポイント3:非対面決済サービスCoineyペイジを利用できる

決済端末の多くは対面決済サービス、つまり「お客さんが実際に店頭で支払う際に利用するためのサービス」であることがほとんどです。

しかし、Coineyは対面サービスはもちろんのこと、非対面決済サービスも利用できます。

Coineyペイジは、金額を入れて宛先を指定するだけで誰でも決済ページを作ることができるため、どんな場面でも安心して決済ができます。(例:後払いが必要な時など)

ポイント4:ビジネスコネクトで複数店舗を一括管理!

ビジネスコネクトとは、通常のコイニーの端末に追加開発を加えることで、機能拡張ができるサービスです。

主に、店舗を複数持っている店舗オーナー様向けのサービスとなっており、

  • 複数店舗の売上・入金情報の一括取得できる「複数店舗管理機能」
  • 決済システムと基幹システムの連携ができる「API連携」
  • 2回以上の分割払いができる「支払い方法の追加」
  • 独自mPOS、業務システムへのキャッシュレス決済機能の提供「決済モジュール連携」

などの機能が含まれ、あなたのビジネスの大きな助けとなります。

3.Coineyを利用するメリット / デメリット

Coineyを利用する上でのメリットとデメリットを大手決済サービスと比較して見ていきましょう。

以下の5つのサービスが、大手モバイル決済サービスと言われています。

まずは5つのサービスを、次の5つの基準を元に比較表にまとめてみました。

比較の際の3つの基準

(1)費用

(2)決済手段の数

(3)利用しやすさ / サービス

 CoineyAirペイSquare楽天ペイTimes Pay
 logo_coineylogo_airpaylogo_squarelogo_rakutenpaytimespay_logo
初期費用 19,800円※119,800円※17,980円※118,800円※125,000円※1
月額使用料0円 0円0円0円1500円※2
決済手数料 3.24%~3.74%3.24%~3.74%3.25%~3.95%3.24%~3.74%3.24%~3.74%
入金時手数料 0円~200円※40円0円0円~210円※30円
解約手数料0円 0円0円0円0円
クレジットカード 7ブランド6ブランド6ブランド6ブランド6ブランド
電子マネー9 1201411
スマホ決済16020
審査期間2~10日間 3日程度最短翌日3日~2週間約3週間
入金時期 最短11日最短5日(月3~6日)最短翌日最短翌日最短15日
対応OS iOS / AndroidiOSiOS / AndroidiOS / Android専用タブレット
サービス体制10:00~18:00 09:00~23:0010:00~18:0009:30~23:0010:00~20:00

※1:キャンペーン期間中は0円
※2:一定額以上の利用で0円
※3:楽天銀行利用で0円、他行は210円
※4:10万円未満で200円、10万円以上で0円

これらの比較から分かるCoineyのメリット/デメリットをそれぞれご紹介します。

結論から言うとCoineyはメリットも多い一方で、気になるデメリットもあります。

メリット

1.決済サービスが豊富

Coineyの特徴でもあげましたが、決済サービスが豊富であることはCoiney最大のメリットだと言えるでしょう。

他のサービスと同様にクレジットカード決済ができる「ターミナル」、多くの中国人観光客が利用するWeChatPayで決済ができる「スキャン」、オンライン決済が利用できる「ペイジ」と、お客さんのニーズとお店側のニーズに答えた決済サービスが整っています。

2.クレジットカードの決済手段が最多

さまざまなクレジットカードの種類を利用できるので、国内だけでなく、海外のお客さんが利用したい多くのカードを利用できます。

また、支払いのときに「1回払い」「2回払い」「リボ払い」を選ぶことができます。

デメリット

1.初期費用が高い

どのモバイル決済サービスにも、基本的に専用のカードリーダーが必要になるので、カードリーダーの導入代として初期費用がかかります。

最も初期費用の安い『Square』と比較するとCoineyの初期費用は高く感じますが、他の国内競合のAirPayや楽天Payとほぼ同額ですので、Coineyのみのデメリットとは言えません。

ただ、現在Coineyは初期費用が0円になるキャンペーンを実施中!19,800円の初期費用が無料になるお得なキャンペーンですので、導入を検討している人はぜひキャンペーンを利用してみてください。

Coineyのキャンペーンをチェック↓

2.Android端末は未対応

Coineyは、現在iOS端末のみの対応しています

公式サイトでも、

 Android端末では電子マネー対応を予定しておりません。電子マネー決済のご利用を検討中の方はiOS端末の利用をご検討ください。Coiney公式サイトより

とあるので、今後もAndroid端末の対応はしばらく実施されないでしょう。

ですので、Coineyの利用を考えている人はiOS端末のiPhoneやiPadを準備しましょう

4.Coineyの気になる口コミとは

Coineyの口コミについて見ていきましょう。

さまざまな口コミが見られましたが、その多くが良い口コミとなっていました。

良い口コミ

豊富な種類のクレジットカード対応

他言語での利用ができる

番外編:サイトが素敵

悪い口コミ

悪い口コミとしては、電子マネーが対応していないことに対して、不便と感じる人が多いようです。

電子マネーが対応していない

追記:2018年12月より、Coineyは電子マネー決済も対応可能になりました。

5.Coineyはこんな人におすすめ

Coineyは、次のような人におすすめです。

こんな人におすすめ

  • クレジットカードも電子マネーも対応したい人
  • 訪日中国人に対応したい人
  • iOSの端末(iPhone・iPad)を持っている人

Coineyは豊富な決済手段があるので、さまざまなお客様の対応を考えている方はとくにおすすめです。

ただ、現在Android端末でのレジやアプリ決済などは未対応ですので、アプリ決済も検討したい方はAir Pay楽天ペイを利用することがおすすめです。

6.Coineyをお得に申し込む方法(キャンペーンあり)

なんと今なら、Coineyの初期費用19,800円が実質0円から利用できるキャンペーンを実施中。

また2020年4月30日までに申し込むと、電子マネー決済手数料3.24%が2020年12月まで2.16%になるキャンペーンも同時に実施中です!キャッシュレス・消費者還元制度は2020年6月末で終了してしまうのですが、コイニーならなんと2020年12末まで手数料が安くなります!

「あぁ、決済機導入するのに乗り遅れて。。。」という方も今からでも9ヶ月以上お得に導入ができます!

※JCB/アメリカン・エキスプレス/Diners Club/Discoverは対象外

使えば使うほど、おトクになるキャンペーンで、例えば月間合計100万円の決済で約1万円分が通常時と比べて負担減するイメージになります。(通常時:3.24%〜3.74%→キャンペーンで2.16%に)

キャンペーン注意事項についてはキャンペーンページより必ずご確認ください。

まとめ

Coineyは、日本発のモバイル決済事業者。

最大の特徴は、WeChatPayや非対面決済サービスが利用できる点です。ビジネスコネクトがあるので複数店舗の経営者にもオススメです。

今申し込むことで、2020年12月末まで決済手数料が2.16%になりますので、ぜひ利用を検討してみてください。

Coineyのお申し込みはこちらからどうぞ↓

-キャッシュレス店舗導入

        
  
<PR>人生をより豊かにするクレジットカード
  
ANA アメリカン・エキスプレス・カードは、顧客体験重視型の
クレジットカード。
低コスト、VIPな優待特典、充実した保証。
家族や友人、恋人と過ごす日々を特別な体験に。
  
        

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.