初心者必見!仮想通貨に投資する前に知るべきことまとめ|銘柄から税金まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仮想通貨投資や、取引をはじめる前に「そもそも仮想通貨って何?」であったり「仮想通貨はどういう仕組みなの?」「仮想通貨の種類は?」といった疑問を持たれている方が多いと思います。

 そのように、まだ取引をしたことがない人にとって「謎」を「謎」のままにしていては、知らない人にタダでお金を配るようなもの。

取引をしようと考えている人も、そうではない人も教養として「仮想通貨」について知っていきましょう。

1.仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りができる通貨全般のこと。暗号通貨と呼ばれることもありますが、仮想通貨と意味は同じです。

一般的に使われている現金は物質としての実態がありますが、仮想通貨は、インターネット上に存在しているお金なので、姿、形、色、何もかもが想像上のモノです。

「仮想通貨=ビットコイン」というイメージを持っている人も多いですが、これは間違い。ビットコインは1000種類以上存在する仮想通貨の一部にすぎません。

ここからは、『仮想通貨とは|初心者にもわかりやすいように3つのポイントで解説』の記事で解説した、仮想通貨について知っておくべき特徴を見ていきましょう。

1-1.仮想通貨について知っておくべき3つの特徴

ポイント1 : 法定通貨との換金性

しばしば、電子マネーと混同されますが、決定的な違いは「法定通貨に換金できるか」です。例えば、Suicaなどので電子マネーでは円からチャージする事ができますが、逆にチャージされた額から円に変える事はできませんよね?!

仮想通貨の場合は、円から仮想通貨に変え仮想通貨から円に換えることができます。

ポイント2: みんなで価値を決める信頼性

法定通貨の多くは、発行している国、ポイントカードなどでは企業が価値を決めています。

仮想通貨の場合は、それを取引する人が良いものと言えば価格が上がりますし、そうでない場合は価格が下がる事になります。

ポイント3: みんなで監視する安全性

仮想通貨にはブロックチェーン(分散化技術)という仕組みが使われているため、安全性が高いです。

この技術は簡単に言うと、みんなでお互いの取引を監視して、不正や改ざんがないのかを確認する事のできる技術。世界中の人に見られている中で悪い事はできませんし、したとしてもすぐにバレますね。

このシステムは、改ざんやハッキングがほぼ不可能だと言われているほどです。

1-2.仮想通貨はどのように使われるの?

ひとえに仮想通貨と言っても、それぞれの通貨によって様々な特徴を持って生み出されているので、できることや用途は異なりますが、一般的な仮想通貨でできること3つを挙げていきたいと思います。

1つ目:決済の手段

 

まず、仮想通貨は現金と同じ通貨なので、商品やサービスの決済手段として使うことができます。

数年後には皆が当たり前のように仮想通貨で支払いを行う日が来るかもしれません。

2つ目:海外送金

仮想通貨であれば、海外送金の手数料をかなり少額に抑えることができます。
・仮想通貨による送金:600 円程度(0.0005 BTC) 
・一般通貨による送金:2000円~6000円程度

3つ目:投資対象

そして、最後に投資、投機の対象として利用できます。仮想通貨の保持者のうち95%以上が現在上記の2つの利用目的ではなく、投資目的で保有していると言われています。

仮想通貨投資で1億円以上稼いで、「億り人」と言われる人が現れたりしましたね。

1-3.仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組みを語る上で外せないキーワードは3つです。

1つずつ丁寧に説明しますね。

ブロックチェーン

まず、仮想通貨は、その名の通り「仮想」の通貨です。

「仮想」というくらいですので、実態のあるような通貨とは違い目に見える通貨ではありません。

目に見えない通貨?そんなものあるの?と気になる人もいるかもしれません。

しかし、実はみなさんは実際にそのような「目に見えない」通貨を保持しているはずです。

それは銀行の通帳ですね。

実態のあるお金を銀行に預けると、通帳という紙にその金額が印刷されます。

このお金は目には見えないですが、「確かに存在している」とわかりますよね?

仮想通貨は、この通帳に書かれているのと同じ状況になっていて、これが台帳に記入されています。

この記入されている台帳をブロックチェーンと言います。

そしてブロックチェーンには、あらゆる台帳を一つチェーンにつなげている事が大きな特徴です。

分散型ネットワーク

次に、「分散型」ネットワークについてご説明します。

分散型とは、上で説明している台帳を複数人に分散して管理しているという意味です。

まず、分散型ではない、通常のネットワークについてご説明します。

例えば、銀行の場合は、取引を行ったり、銀行にお金を預けた場合は「銀行」と「通帳を持っている人」の間でのみ取引の情報を共有しています。

この通帳のデータが地球の裏側のブラジル人が知る事はできませんよね?

分散型ネットワークでは違います。一つの取引があっても、あらゆるコンピューターで共有されるため、色々な人がその情報を共有することになります。

このように情報を色々な人に共有するため、仮想通貨の安全性は保証されています。

もしも、銀行のネットワークを不正に書き換えると、銀行の取引データは消えるかもしれません。

しかし、分散型ネットワークの場合は、取引を複数に分散しているので、仮に1つのコンピュターで不正を行っても、すでに情報は広がっているので書き換える事はできません。

このように、ネットワークの参加者同士で取引を行う事をITの用語でP2P取引と言います。
(正式にはPeer to Peer)

仮想通貨の話では欠かせない用語なので、なんとなく覚えておいてくださいね!

マイニング

そして、最後が「マイニング」です。

まず、先ほどの取引の話に戻りますが、取引が行われたデータはどのように台帳に書かれていくのでしょうか?

銀行の場合は、銀行が通帳に文字を印字しますね。

では仮想通貨の場合は、誰が取引記録を書くのでしょうか?

答えは、世界中の人や機関です。

世界中の人で一斉に取引を記録する作業、正確には計算をしていきます。

この作業の事をマイニングといい、マイニングを行う人マイナーと言われています。

この取引記録は、正しい計算を行った人の記録が正しいとしてブロックチェーンに書き込まれていきます。

この「計算」とは簡単に言えば暗号を解くような作業ということで、その技術を用いていることから、仮想通貨は正式名称「暗号通貨(Crypto Currency)」といいます。

ちなみに、マイナーがマイニングを頑張る意味は一部に報酬がもらえるからです。

報酬欲しさに計算を頑張る仕組みで、仮想通貨はなりなっているということです。

1-4.仮想通貨のつくったサトシナカモトってだれ?

サトシ・ナカモト(中本哲史)は仮想通貨の生みの親だと言われています。

氏名が本名であるかどうかも、個人であるかどうか、国籍、性別、年齢全てが謎に包まれた人物です。

2008年に「電子通貨ビットコインに関する論文」を突如発表しました。

2009年には、ビットコインのソフトウェアをネット上に発表し、ビットコインの初めのマイニングを行ったと言われています。

サトシ・ナカモトは現在100万BTCを保有しているとも言われており、世界中で彼の正体に対する推測がなされているが未だに、確たる事実が発見されていません。

2.仮想通貨の始め方&買い方

仮想通貨の始め方と買い方について大きく分けると3つあると言えるでしょう。

1.マイニング
2.プレゼントされる。
3.法定通貨との交換

仮想通貨の始め方1.マイニング

1つ目のマイニングに関しては、前述したように、マイニングを行うことにより、報酬という形で仮想通貨がマイナーに支払われます。

しかし、マイニングには、近頃は通貨の種類によっては多額の電気代、通信費を費やすことから個人が容易に参入できないようになってきました。

仮想通貨の始め方2.プレゼントされる

3つ目は、たとえば、友人や知り合いから直接仮想通貨をもらったり、近頃はTwitterなどでフォロワー欲しさに、仮想通貨を無料でバラバき、プレゼントするなども行われています。

いずれにしても、仮想通貨を貰うときはウォレットと言われる、法定通貨でいう財布が必要となります。

仮想通貨の始め方3.法定通貨との交換(購入)

2つ目の法定通貨との交換に関しては、大きく分けて「取引所」と「販売所」で取引することができます。

仮想通貨の取引所とは?販売所の違い

「取引所」では、仮想通貨を売りたい人、買いたい人同士が直接やりとりを行います。

一方で、「販売所」では交換業者が仲介として間に入り円やドルなどの法定通貨と仮想通貨を交換して手に入れます。

3.仮想通貨の取引所を選ぶときに比較するべき3つのポイント

仮想通貨の取引所を選ぶときに比較するべき重要なポイントは次の3つです。

ポイント1.安全性の高さ

ポイント2.手数料の安さ

ポイント3.使いやすさ

なぜ、この3つが大切なのか詳しくみていきましょう。

ポイント1.安全に取引できるか

せっかく仮想通貨を買ったのに、セキュリティが甘く、流失してしまっては意味がありません。

そのため、しっかりとしたセキュリティを兼ね備えている取引所を選ぶのが大切です。

認可を受けている取引所を選ぼう!

安全に取引ができる取引所を選ぶためには、最低限金融庁の認可を受けていることを確認することが重要です。

もし、認可を受けていなければセキュリティに問題がある可能性があります。

安全性についてチェックしておくべきポイントは他にもありますが、まずは認可を受けていることが前提条件だと言えます。

ポイント2.手数料の安さ

次に手数料の安さもポイントです。

仮想通貨の売買手数料は基本的に0円です。そのため、購入自体にかかる費用はほとんどありません。

そこで注目すべきは、スプレッドです。

スプレッドとは、買うときの金額と売るときの金額の差額のこと。

この差が大きいと、取引をするたびに損をしてしまうことになります。

あまり取引せず、「1年以上保管する!」という人ならきにする必要はありませんが、取引で利益を出したい!という人はスプレッドが安い取引所を選ぶようにしましょう。

ポイント3.使いやすさ

最後に使いやすさも重要です。

「購入しようと思っていたのに、間違って売り注文してしまった!」となっては悲惨です。

そのため、初心者でも使いやすい取引所を選びましょう。

また、取引できる通貨はできるだけ多いほうが良いです。

取り扱っている通貨の種類が多い取引所を選ぼう!

取引できる通貨が少ないと、色んな取引所を開設しなければならなくなります。

いくつも取引所を開設したり、複数の取引所で売買するのは面倒です。。

なので、メインに使う取引所はできるだけ取り扱い通貨が多いところを選びましょう!

ここからは、国内外のおすすめ取引所を紹介していきます!

4.国内でおすすめの取引所

ここでは、国内の代表的な取引所を比較しました。

結論から言うと、

・セキュリティを自分で管理できる玄人には、Zaif

・Zaifをメインで使う人のサブとして、ビットバンク

・全く初めて取引所を開設する人には、ビットフライヤー

がおすすめです。

玄人にZaifをおすすめする理由

Zaifは国内で手数料(スプレッド)が最安級の取引所です。

さらに、取り扱い通貨も多いためもっともおすすめできます。

ただし、少し管理画面が使いにくいため初めての人には使いにくい可能性があります。

詳しくは、「仮想通貨取引でZaifを使用する上でのメリット、デメリットを徹底解説」をご覧ください。

ビットバンクをおすすめする理由

ビットバンクは、手数料の安さも使いやすさも優れています。

ただし、アプリがなかったり、取引できる通貨が少ないためメインに使うには向いていません。

Zaifでは扱っていないリップルコイン を購入できるので、Zaifをメインで使う人のサブとして向いています。

詳しくは、「仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank cc)をおすすめする3つの理由!」をご覧ください。

ビットフライヤーをおすすめする理由

ビットフライヤーは、世界で1番セキュリティが優れている取引所の一つです。

また、アプリの使いやすさも抜群なので、初心者に最適だと言えます。

ただし、スプレッドが高いため何度も取引をしたい人には向いていません。

詳しくは、「手数料が高くてもビットフライヤーを選ぶべき6つの理由!評判や登録方法、使い方を解説」をご覧ください。

また、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』では、3つのポイントを詳細に比較しています。これから、取引所を解説する人はぜひ参考にしてください。

5.海外でおすすめの取引所

仮想通貨の取引に慣れてくると、海外の取引所を使うようになります。

海外の取引所を使うことによって、「日本では購入できない仮想通貨が買える」と言うメリットがあるからです。

詳しくは、「仮想通貨投資なら海外の取引所に移行すべき3つの理由」をご覧ください。

海外の取引所は、基本的に金融庁の認可が降りていないので、取引は完全に自己責任。

大きなリターンを見込める代わりに、それなりのリスクがあります。

そんな海外の取引所でおすすめできるのは、「バイナンス(Binance)」です。

海外の取引所ならバイナンス(Binance)がおすすめ!

海外の取引所を使うなら、バイナンスがおすすめです。

バイナンスは香港の取引所。世界でもっとも取引が盛んに行われています。

バイナンスをおすすめする理由は大きく分けて3つ。

・手数料が驚異的に安い

・取引通貨が100種類以上ある

・中国発ではないので、カントリーリスクが少ない

また、操作画面もわかりやすいので、簡単な英語さえわかれば取引をすることができます。

詳しくは、「仮想通貨取引はここで決まり!バイナンスをおすすめする3つの理由」をご覧ください。

6.仮想通貨はウォレットに保存しよう!

取引所などで手に入れた仮想通貨は、ウォレットに保管しておきましょう。

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管する「個人の財布(銀行口座)」のことです。

取引所は、ネットに常に繋がれているので、どれだけセキュリティを高くしてもハッキングを受けるリスクがあります。

一方、個人のウォレットを保管しておけば、ハッキングのリスクを減らすことができるなどのメリットがあります。

ウォレットには、以下は4種類があります。

6-3.ウォレットの種類

  • オンラインウォレット(取引所などのオンラインサービスで保管する)
  • ローカルウォレット(個人のパソコンやスマートフォン)
  • ペーパーウォレット(紙幣)
  • ハードウェアウォレット(仮想通貨を保存する専用端末)

どのウォレットにもメリットとデメリットがあります。

仮想通貨を始める人は、「仮想通貨はとにかくウォレットに保管すべき!」と言うことを覚えておきましょう。

ウォレットについては、『仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識』で解説しているので、参考にしてください。

7.狙い目?人気のある仮想通貨ランキング

ここでは、これから仮想通貨を始めたい人に、注目すべき仮想通貨7種類をご紹介します。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム/ゼム
  • リップルコイン
  • トロン
  • XP
  • NEO

それぞれ順番に特徴をみていきましょう。

人気仮想通貨①ビットコイン

ビットコインは、1番取引量が多い仮想通貨です。

仮想通貨市場は、ビットコインが上がれば上がりますし、ビットコインが下がれば下がります。

そう言う意味で、仮想通貨の基軸となっていると言えます。

人気仮想通貨②イーサリアム

イーサリアムは、時価総額2位の仮想通貨。

JPモルガンやトヨタ、三菱UFJが出資していたり2018年もっとも注目される仮想通貨だと言えます。

最大の特量は、「非中央的なアプリケーションを作ることができる」こと。

他にもブロックチェーン上に、取引だけでなく様々な契約内容も記録することができる「スマートコントラスト」という機能を持っています。

イーサリアム購入を検討している方は以下をこちらを参照ください。
イーサリアムの購入で1番おすすめの取引所はここだ!!買い方まで解説

人気仮想通貨③ネム

仮想通貨XEM(ゼム)とは、NEMというプロジェクトで使われる通貨のこと。

NEMはNew Economy Movement(新しい経済活動)と呼ばれるプロジェクトで、通称「ネム」と呼ばれています。

XEMとNEMの名前が似ていますが、それぞれ別のもの。

混乱しないように、「NEMプロジェクトで使われる、通貨の単位がXEM」と覚えておきましょう。

Zaifの社長、朝山さんが理事を勤めていたり今後の発展に注目が集まるコインです。

詳しくは、「仮想通貨「XEM(ネム/NEM)」とは?購入する前に知っておくべき全知識」の記事をご覧ください。

取引を検討している方は「ネム(XEM)の取引所はどこがおすすめ?3つのポイントで徹底比較!」をご覧ください。

人気仮想通貨④リップル

リップルコインは、Ripple inc.によって開発された仮想通貨。

「銀行と提携し、国際送金をより安価でスムーズなものにする」ために開発されました。

最近では、Google社が投資したり、三菱UFJ銀行も取り扱いを始めると発表し、昨年度の成長は360倍になっています。

リップルコイン もイーサリアムと並んで注目が集まるコインだと言えるでしょう。

詳しくは、『今さら聞けない注目の仮想通貨リップル(Ripple)とは?初心者にもわかりやすく徹底解説』で解説しています。

また、リップルコインが購入したい人には、手数料が安くて、セキュリティや使いやすさも十分なビットバンクがおすすめです!

詳しくは『リップルの取引所はどこがおすすめ?3つのポイントで徹底比較!』をご覧ください。

人気仮想通貨⑤トロン

中国発のTRON(トロン)は「エンターテイメント特化の分散型ストレージプラットフォーム」です。

簡単に言うと、世界中の個人クリエイターを応援するためのプロジェクトですね。

具体的にどのように応援するのかは今の段階で明らかになっていませんが、今後の成長分野であるため注目しておきたい通貨です。

 TRONは日本の取引所では、購入できません。TRONが欲しい!と言う人は、おすすめの海外取引所で紹介したバイナンスを使いましょう。

バイナンスをおすすめする理由については、『TRON(トロン)を購入できるおすすめの取引所はココ!買い方まで詳しく解説』で詳しく解説しています。

人気仮想通貨⑥XP

XP CoinはTwitter界隈で人気となり1週間で50倍になった仮想通貨です。

現段階で、実用性はあまり確率されていませんが、XPを応援しているコミニティが強いのが特徴です。

XPは国内の取引所では購入できないので欲しい人はCoinexchangeを使いましょう。

Coinexchangeを使うべき理由については、『XPの購入で1番おすすめの取引所はここだ!買い方まで解説』で解説しています。

人気仮想通貨⑦NEO

NEOは中国版イーサリアムと言われており、アプリケーションプラットフォームとして様々な技術に利用される可能性があります。

イーサリアムと同じように、NEOを使って新しい仮想通貨やサービスが生み出されていくことが期待されています。

中国はIT技術が強いので、今後どのように発展していくのかが楽しみですね。

NEOの購入なら、バイナンスがおすすめ。詳しくは、『NEOの取引所はどこがおすすめ?3つのポイントで徹底比較!』をご覧ください。

仮想通貨を知るためにはホワイトペーパーを読もう

ほとんど全ての仮想通貨には「ホワイトペーパー」と呼ばれる取り扱い説明書兼事業計画書のようなものがあります。

通常仮想通貨は新しいものを開発すると、その通貨がどのようなものであるのか、目的や特徴、また今後の方向性などについて発表しなければなりません。

それは、新しい通貨であることから、市場に正しく認知され、取引、使用される必要があるからです。

どんな通貨、用途もわからない通貨は誰も見向きもしませんよね。

なので、ホワイトペーパーは重要なのです。

また、通常多くのホワイトペーパーは英語で書かれていることが多いので少し戸惑う方も多いかもしれません。

しかし、仮想通貨を知る上では無視できないので、取引を行おうとしている通貨のものは読んでおくことをおすすめします。

8.仮想通貨の税金はどうなるの?

仮想通貨で税金を払わなければならないのは、給与としてもらっていながら仮想通貨取引で所得が20万円以上を超える場合の人になります。

ちなみに仮想通貨取引で所得が発生する瞬間は3つのパターンがあります。

8-1.仮想通貨の税金の所得が発生する3つのパターン

1.法定通貨への換金

仮想通貨を取引所で売りに出し、円やドルに交換することで得た金額です。

1コインを現金500円に換金した場合は、そのまま500円が収入金です。

2.商品の購入などの決済

 また、商品を購入した場合も、その購入で得た商品の価格が収入金になります。
2コインで1000円の商品を購入したら、1000円です。

3.アルトコインの購入

法定通貨や商品購入以外にもアルトコイン(別の仮想通貨)へと交換した場合も、その交換したコインのその時点での価値が収入金になります。

2コインで6アルトコイン(時価1000円の価値)なら、1000円です。

これらの収入金から、取得する際にかかった金額を引けば、仮想通貨取引の所得金額になります。

ちなみに、所得金額は、法定通貨で購入した際の価格や、マイニングにより発生した費用があたります。

8-2.仮想通貨の税金は、必ず確定申告しよう!

もし、確定申告を故意にしなかった場合、5年以下の懲役や500万以下の罰金が課せられる可能性があります。

仮想通貨の取引履歴は、全てブロックチェーン上に記録されているので、誤魔化すことはできません。

仮想通貨を買った人に必須の確定申告まとめ〜税金の計算方法から払い方まで解説〜』では、税金を納めるために必要なことを詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

9.確実に稼げるアービトラージ

仮想通貨でよく使われる投資方法の1つ。取引所同士で通貨に差額が生じたときに、その差額分の利益を狙って、価格の低いところから高いところに送金し稼ぐ手法をアービトラージといいます。

例えば、海外取引所であるバイナンスでは1BTCが80万円で売っているが、国内取引所bitFlyerでは90万円で売られているので、お得に購入するためには「バイナンス」を利用します。

しかし、買値、つまりBTCを売る場合は、バイナンスよりもbitFlyerのほうが高く売ることができます。この場合はbitFlyerで売ればお得になります。

しかも、bitFlyerが85万で買ってくれるのであれば、80万円で購入して、85万円で売れるので5万円儲かりますね。(実際はここまで極端な差ではありませんが)この取引所間での価格差を利用した投資の手法をアービトラージと言います。

10.仮想通貨のQ&A

Q1.送金はどうするの?

仮想通貨は、しばしば取引所からウォレット、ウォレットからウォレットへ送金することがあります。

送金方法としては、それぞれのウォレットによって決まってる仮想通貨アドレスを入力することで送金することができます。

また、直接アドレスを入力しなくても、QRコードなどをかざすだけで簡単に送金することなどができます。

Q2.送金にかかる手数料は?

送金がただで行えるかといわれるとそういう訳ではありません。一定の手数料が取られてしまします。

では、この手数料は誰に対して支払うものでしょうか?

答えは、マイナーに対してです。

ブロックチェーン上に記録するデータは仮想通貨のあらゆる記録データになるため、個人間の仮想通貨のやりとりも全て記録しなければなりません。

当然、その記録に費やすマイニング費用(=マイナーへの報酬)が発生するということです。

Q3.日本企業も仮想通貨に関わってるの?

海外の主要な以外にも国内企業が仮想通貨関連の事業を行っています。

代表的な企業を3つご紹介します。

1 :楽天

日本のIT会社を代表するe-commerce(電子商取引)最大手の楽天が、同楽天ポイントプログラムをブロックチェーンで構築された新たな仮想通貨「楽天コイン」にすることを発表しました。

実装予定や具体的な情報に関しては未定です。

2:ライン

LINE Financialでは、仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった金融関連サービスを、コミュニケーションアプリのLINE上で提供すべく準備を進め、金融事業の拡大を図っています。

また、現在メッセンジャー運用で培ってきたセキュリティへの対応に加え、ブロックチェーン技術などの研究開発も推進することで、安全で便利な金融サービスの提供を目指すという。

3:メガバンク

また国内大手の3メガバンクのみずほ銀行をはじめとるする「Jコイン」構想や、三菱UFJ銀行が主導として「MUFGコイン」など、将来的に安定した仮想通貨コインを開発することを発表しています。

Q4.仮想通貨の情報を発信しているブログはある?

はい、あります。弊サイト「マネとも!」も仮想通貨情報を発信していますが、他にもいくつかのブログがあります。

代表的なブロガーさん3選をご紹介しますね。

イケダハヤトさん(@IHayato)のブログは、動きの早い仮想通貨情報の速報や、お得なICO、エアドロップ情報などをいち早く発信されるブログです。

逐一チェックしておくと良いかもしれません。

丸の内玲奈さん(@reinabb3)の仮想通貨投資日記では、比較的初心者でも読みやすい記事が多く、非常に参考になる記事があります。

seiyaさん(@crypto_seiya)のいますぐ始める仮想通貨投資も、初心者から実際seiyaさん自身の体験も記されているのでどんな人でも参考になるようなブログだと言えるでしょう。

まとめ

仮想通貨について解説しました。

仮想通貨は近年急激に実用化への動きが進んでいる全く新しい技術です、

解決すべき問題は多くありますが、世界を変えるインパクトを持っています。

なので、これからどのようになっていくのか期待が高まりますね!

仮想通貨を始めてみたい!という人にはビットフライヤーがおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*