使ってわかった!仮想通貨の取引所ランキングTOP5【2018年9月版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仮想通貨の取引所をお探しですね。

取引所はたくさんあるので、どれを使えば良いのかわからないですよね。

私は仮想通貨を始めて2年になりますが、これまでに20社以上取引所を開設してきました。

でも、本当に使うべき取引所は実は限られているんです。

ここでは、実際に使えると思う仮想通貨の取引所をランキング形式でご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

1.仮想通貨の取引所で比較するべき3つのポイント

今回、おすすめの取引所を探すにあたって、120種の取引所を以下3つのポイントで比較しました。

  • 安全に取引ができるか
  • 取引できる通貨の種類
  • 手数料の安さ

これらの条件で、とくに良さそうな取引所を40種類を実際に開設。

実際に取引をしながら4つ目のポイントである「使いやすさ」を検討し、おすすめできる取引所を選びました。

結論から言うと、おすすめできると感じたのは、次の7つの取引所です。

1位.Zaif
2位.Binance
3位.ビットバンク
4位.クラーケン
5位.ビットフライヤー

ここからは、なぜこれらをオススメできるのか、特徴を見ていきましょう。

私が1番おすすめする取引所:Zaif

Zaifは暗号通貨やブロックチェーンテックを専門に扱うテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨の取引所。代表の朝山貴生さんがNEM.io財団の理事に就任したことで話題になりました。

私がZaifをもっともおすすめするのは、取り扱っている仮想通貨が日本で一番多く、手数料が最安だからです。

とくに、手数料の安さは圧倒的。

もちろん、オフラインでの資産管理やマルチシグなどセキュリティ対策も十分なので、まだ使っていない人はメインの取引所として使うことをおすすめします。

メリット

  • 金融庁の認可済みで、安心
  • コールドウォレット対応
  • マルチシグ対応
  • 取り扱いコインが国内最多
  • 手数料が安い
  • 積立投資ができる

デメリット

  • 登録から利用まで1週間以上かかる
  • リップルコインが購入できない

こんな人向け

ビットコイン、イーサリアム、ネムなど代表的な仮想通貨の取引がしたい人。

Zaifの公式サイトは画像をクリック↓

準優勝:バイナンス

バイナンスは香港に本社を置く、取引高が世界1位の取引所です。

「中国が仮想通貨を規制したらマズイのでは。。」と思うかもしれませんが、香港は中国の規制を受けないので、安心できます。

バイナンスは、取り扱い通貨が100種類以上と多く、日本にはない有望な仮想通貨に投資ができます。

さらに、取引手数料も0.05%しかかからないので、本格的に取引をしたい人なら必ず解説しておきたい取引所です。

実際、私も最初はZaifからスタートしましたが、現在はバイナンスをメインに使っています。

「英語なのでちょっとハードルが。。」と思う人もいるかもしれませんが、使い方自体はZaifなどと同じなのですぐに慣れます。

メリット

  • 仮想通貨の種類が豊富
  • 手数料が安いすい
  • 日本語に対応している

デメリット

  • 日本円の入金ができない
  • 金融庁の認可が下りていない

こんな人向け

日本で取り扱われていない仮想通貨が欲しい人や本格的に仮想通貨を始めたい人は、バイナンスで間違いありません!登録はこちらからできます。

3位.ビットバンク

ビットバンクは、2014年に元GMOインターネット株式会社取締役だった 廣末紀之さんが運営している仮想通貨取引所。

セキュリティ対策にとくに力を入れていて、手数料もZaifの次に手数料が安いのでこれから伸びてくる取引所だと言えます。

また、Zaifでは取り扱っていないリップルコインとライトコインを購入できます。とくに、リップルコイン は最安で購入できるのが大きなポイントです。

一方、イーサリアムを円で購入できないので、私の場合はメインをZaif、サブにビットバンクを使っています。

メリット

  • Zaifの次にスプレッドが小さい
  • 金融庁の認可済みで、安心
  • コールドウォレット対応
  • マルチシグ対応

デメリット

  • イーサリアムがビットコインでしか買えない
  • アプリがない

こんな人向け

リップルコイン を購入したい人。Zaifや海外の取引所との相性もバッチリです。

4位.クラーケン

クラーケンは、世界5位の取引量をほこるアメリア発の仮想通貨取引所。

実は、世界で初めて銀行とコラボした取引所の老舗です。また、海外の取引所では珍しく、日本に支社を持っています。

クラーケンの特徴は取引通貨が17種類と豊富なこと。ステラコインやイオスコイン、ドージコインなどを円で購入することができる唯一の取引所です。

また、手数料が安いのもポイント。一般的に日本の取引所は、スプレッドが3~8%です。

しかし、クラーケンは0.02%~ですむので、破格の安さだと言えます。

現在は、日本で金融庁の認可申請中ですが、認可が降りれば間違いなく利用者が増えるでしょう。

メリット

  • 日本円でステラなどが購入できる
  • 手数料が安い

デメリット

  • 利用者か多くない
  • 金融庁の認可が降りていない(申請中)

こんな人向き

ステラコインやドージコインなどを円で手軽に購入したい人。

5位.ビットフライヤー

ビットフライヤーは、2014年に設立された「株式会社bitFlyer」の仮想通貨取引所。「月間取引量・ユーザー数・資本金」が国内最大の規模となっています。

ビットフライヤーは、セキュリティにとくに力を入れていて、世界でもっともセキュリティレベルが高い取引所にも選べれています。もし、ビットフライヤーが発禁すされて資産が流出した際は、最大500万円まで保証してもらえます。

また、アプリも使いやすいので初心者に向いています(iPhone app:評価4.2)。

ただ、ちょっとスプレッドが高すぎるので本格的に取引をしようと思っている人には向いていません。

メリット

  • 最大500万まで保証を受けられる
  • 初心者でも使いやすい
  • アプリの評価が高い
  • 金融庁の認可済みで、安心
  • コールドウォレット対応
  • マルチシグ対応
  • FXができる

デメリット

  • スプレッドが大きい

こんな人向き

とにかく使いやすさ、安全性で選びたい人はビットフライヤーで間違いありません。

2.仮想通貨の取引所で1番おすすめの使い方はこれだ!

ここまでで、おすすめの取引所を紹介してきました。

どの取引所も一長一短はありますが、基本的には「Zaifビットバンクビットフライヤー」を開設しておけば取引には困りません。

私の場合、次のような使い方をしています。

  • Zaifで、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ネムなどの購入
  • ビットバンクで、リップル、ライトコインの購入(バイナンスに送金)
  • バイナンスで、上記以外のコインを購入

私が知る限りこれがもっともお得な取引の方法です。

また、ステラやドージが欲しい人はクラーケンを開設しておいても良いですね。

ビットフライヤーは使いやすいので仮想通貨に慣れるために使うにはおすすめできますが、手数料が高すぎるので、慣れてきたらZaifやビットバンクに乗り換える方がいいですよ。

仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事では、取引所のスペックを4つのポイントで実際に比較しています。もっと詳細に比較したいという人は、参考にしてください。

仮装通貨は取引所に保管しない!

どれだけセキュリティが優れている取引所であっても全ての資産を置いておくのは避けましょう。

DEX系の取引所以外は、どれだけセキュリティのレベルが高くても0%にはなりません。

しっかりと資産を守るためには、自分専用のウォレットで保管しておくのが現時点で最も安全です。

詳しくは、「仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識」の記事をご覧ください。

まとめ

40社以上使ってわかったおすすめの取引所をランキング形式で紹介しました。

仮想通貨をこれから始める人であれば、まずは日本の取引所である「Zaif, ビットバンク, ビットフライヤー」から使い始めてみてください。

公式サイトは画像をクリック↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*