仮想通貨取引所はここで決まり!Cryptopiaをおすすめする3つの理由

仮想通貨取引所「Cryptopia(クリプトピア)」についてお調べですか?

Cryoptopiaは、何と言っても草コインの宝庫なのが魅力的!取り扱い仮想通貨数はトップレベルで「草コインを購入したい」という希望を叶えてくれる取引所だと言えます。

しかし、魅力的な部分だけで取引所を選ぶのではなく、しっかりとデメリットも認識しておかなければ、誤った取引をしてしまうことも。そのため、ここで学んでから取引を始めてくださいね!

1.Cryptopiaとは

Cryptopia(クリプトピア)は、ニュージランドの「Cryptopia Ltd.」が2014年に設立した仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数が500を超えており、Coinexchangeとならんで「草コインの宝庫」と言われています。

これさえ見れば分かるCryptopia取引所

Cryptopiaは、こんな人におすすめ!

Cryoptopiaは、Coinexchangeと同様に「草コイン」を買いたい人が使うべき取引所です。そのため、仮想通貨取引の初心者が最初に開設するべき取引所ではありません。

ある程度、国内取引所で取引を行っており購入したい通貨がCryptopiaにあった場合に開設するのがオススメです。

その理由を次から説明します。

2.Cryptopiaをおすすめする3つの理由

Cryptopiaをおすすめする理由は、大きく分けて3つです。

理由1:手数料が安い

一般的に海外取引所の手数料には「国内取引所と比較すると安い」という特徴があります。

Cryptopiaの取引手数料は0.2%。例えば、1万円の取引を行っても、かかる手数料は20円ほどです。

国内取引所の場合は、600円〜1,000円近くにもなることがあります。

お得な取引をするためには、手数料が大切ですね。

理由2:草コインの宝庫!今後伸びる可能性のある通貨を購入できる

先ほども説明した通り、Cryptopiaは今後伸びる可能性ある草コインを多数そろえています。取り扱い通貨数は500以上!

その中に、すでに有名となった草コインもいくつかあるので、代表して3つご紹介します。

  • PAC(Pac Coin / pac)
  • ユービック(UBIQ Coin/UBQ)
  • アリスコイン(ALIS Coin/ALIS)

PAC(paccoin)

ユービック(Ubiq Coin/UBQ)

UBIQを購入できるおすすめの取引所はここ!買い方まで詳しく解説」でも解説しましたが、Ubiqを購入するには、Bittrexがおすすめ。しかし、Cyrptopiaでも購入できます!

アリスコイン(ALIS Coin/ALIS)

ALISの取引所はどこがおすすめ?3つのポイントで徹底比較!」でも解説しました。一番のおすすめはCryptopiaです。

これらの通貨はまだ時価総額が低いですが、コミュニティが強いなど、今後伸びていく可能性も高い通貨です。そのため、早めの購入しておきましょう。

理由3:取引マーケットが多い

Cryptopiaの特徴は、取引マーケットが多いことです。取引マーケットとは、通貨を購入するときに「どの通貨で交換できるのか」表したもの。

多くの取引所では、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)が主流です。

その点、CryptopiaではライトコインやDogeマーケットもあるので、自分が持っている通貨や、送金手数料が安いものを利用できます。便利ですね。

3.Cryptopia を利用する上で知っておくべきデメリット

一方で、Cryptopiaを利用する上でのデメリットを3つ説明します。

デメリット1:取引量が少ない

Cryptopiaの取引量は、現在世界45位です。他の取引所と比較しても、かなり取引量が少ないことが分かります。

なので、メインの取引所として利用するのはおすすめできません。

デメリット2:一時的にLTC /Dogeマーケットで取引できない

現在、LTCとDogeコインのマーケットがクローズしているため、取引を行うことができません。また、NZDTも今後クローズするといった声明が出されています。

自分のお気に入りの通貨の場合は、非常に不便と言えるでしょう。。。

デメリット2:取り扱っている通貨を、全て信頼することはできない

Cryptopiaで取り扱っている500以上の通貨の中には、当然ながら価値のないものがあったり、今後必ず伸びると保証されているわけではありません。

なので、通貨は自分で調べながら取引していかなければなりません。

4.Cryptopiaの口コミ評判

Cryptopiaの気になる口コミについて見ていきましょう。

良い口コミ

良い口コミは、やはり「草コイン」「新しいコインが上場したこと」などがあります。

悪い口コミ

悪い口コミでは、「使いづらさ」などが挙げられています。

誤った情報も

1月末に出されたCryptopia公式の声明を誤って解釈したために、「Cryptopiaが閉鎖するかも」と不安になったかもしれませんが、安心してください。

ここで発表されたのは、「NZDTのマーケットを閉鎖する」ということなので、そもそもNZDTを使わない日本人には関係のないことです。このように、誤った情報を平気で拡散するアカウントもあるので注意しましょう。

5.Cryptopiaを1番お得に申し込む方法

Cryptopiaはメインで使う取引所としては向いていませんが、マイナーなコインがほしい人は開設しておいても良いでしょう。

とくに、AlisやUBIQを購入するとき、もっともおすすめできる取引所です。

ここからは、以下の流れでCryptopiaを使うまでの流れについて解説していきます。

  • Step1:サイトから新規登録
  • Step2:メールアドレスの認証
  • Step3:二段階認証設定
ちなみに、Cryptopiaに仮想通貨を送金するとにおすすめなのは、手数料が安いZaifか、ビットバンクです。詳しくは『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で解説しているので、まだZaifやビットバンクを開設していない人は参考にしてください。

Step1:サイトから新規登録

  • ①:ユーザ名を入力
  • ②:メールアドレスを入力
  • ③:パスワードを入力

パスワードは普段よく使うものは選ばずに、取引所によって変えましょう。不規則なパスワードは生成サイトで作成して、忘れないようにメモしておくことをオススメします。

  • ④:パスワードの確認
  • ⑤:4〜8桁のPinコード

別途、二段階認証を行うまで、ログインのときに入力する必要があるので、忘れないようにメモしておきましょう。

Step2:メールアドレスの認証

この認証が終わった時点で、ユーザー登録完了です。

Step3:二段階認証設定

二段階認証は行わなくても取引できますが、セキュリティーの観点から、できるだけ設定しておきましょう。

Login後、SettingからSecurityを選択します。

2段階認証の設定は、事前に定めた「Pinコード」もしくは「Google Authenticator」を選べます。

ログインのときは「Google Authenticator」で、送金するときは「Pinコード」など状況によって使い分けも可能です。

「Google Authenticator」では、スマートフォンアプリを登録する必要があります。

iPhoneの方は、AppStore
Androidの方は、GooglePlayからダウンロードします。

インストールして起動し、設定しましょう。

6.Cryptopiaで取引を行う方法

Cryptopiaで通貨を取引する方法を、ALISコインを例に説明します。

Step1:取引所に移動する

ログインしたら、まず左上の「Market」をクリックする。

その後、通貨名を入力。ここでは「ALIS」にします。

入力後いくつかのパターンが表示されるので、自分が取引したい通貨ペアを選択しましょう。ビットコイン建てなら、ALIS/BTCと選べます。

現時点で「LTC」「DOGE」マーケットは停止しています。

Step2:取引を行う

実際に取引所画面に移ると、取引を始めることができます。

まず、表示されるチャートを見てみましょう。価格が今「高騰しているのか」「下落しているのか」簡単に把握できます。

取引をするときは、この画面を下にスクロールしてみましょう。

購入する場合

通貨を購入する場合は、まず①に「購入したい数量」、②に「購入価格」を打ち込みます。③が実際に支払わなければならない価格です。

購入価格を決めるときは、下の現在売値の最安値を参考にしながら決めると、取引が成立しやすくなります。

売却する場合

通貨を売却する場合は、まず④に「売却したい数量」、⑤に「売却価格」を打ち込みます。⑥が実際に支払われる価格です。

売却価格を決めるときは、下の現在買値の最高値を参考にしながら決めると、取引は成立しやすくなります。

Step3:取引が終了したら安全なウォレットに移そう

取引が終わったら、そのまま放置しておくのではなく、必ずに安全なウォレットに移しましょう。

仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識」の記事では、安全に資産を管理する方法についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

Cryptopiaは、取り扱い通貨の数が注目を浴びている取引所です。なので、今後伸びる通貨を購入しておきたい人は使うことをおすすめします。

逆に、ユーザーインターフェースの面など、利用者にとって安心、簡単に取引できるわけでもなく、ややこしい部分もありますので、その点はしっかりと認識したうえで利用していきましょう。

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*