【2019年6月】d払いを使ってわかったメリットと3つの注意点

dpay-thumbnail

「d払いってどれくらいポイントがお得なの?」

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。最近コンビニなどに行くと、よくd払いの案内を見かけます。

d払いは、ドコモから提供された決済サービスで、スマホのみで商品やサービスの支払ができます。クレジットカードもお財布も不要でお買い物が楽しめる、d払いにはそんな魅力があります。

また、d払いはポイントの「三重取り」もできるので、クレジットカードや電子マネーよりお得にお買い物が楽しめます。もちろん、年会費や登録料もいりません。

では、d払いとはどのような決済手段なのか、特徴から仕組み、そして気になるポイント還元率までお伝えしていきます。

今だとポイント20倍キャンペーンに関する情報もお伝えしていますので、ぜひご参考にしてみてください。

1.d払いとは?

dpay-tokutyou

d払いとは、NTTドコモが提供する便利なスマホ決済サービスです。

たとえドコモユーザーではなくとも、誰でも気軽に利用することができます。もちろん、申込後すぐに利用を開始することが可能です。クレジットカードのように審査がなく、気軽に便利な決済手段を利用できることがd払いの魅力と言えるでしょう。

ほかにも、d払いには次のようなメリットがあるので、まずは以下をご覧ください。

  • 複雑な申し込み手続きや審査もなし
  • スマホのみで決済が完了!
  • 決済手数料がかからない
  • 支払いを行うたびに「dポイント」がもらえる
  • 「dポイント」の三重取りも!?
  • 利用できる店舗数が多い

上記のメリットの中でも、特に「ポイント三重取り」という点はd払い特有の強みです。たとえば、コンビニやドラッグストアで日用品を買ったり、ネットショップで洋服を買うなど、日常の支払いをd払いにまとめることで、ポイントがざくざく貯まっていくでしょう。

「興味がある」という場合は、以下でより詳しくdカードを説明していますので、ぜひともご覧ください。

1-1.d払いの還元率

d払いで決済を行った場合、ネットショッピングと実店舗ではポイントの還元率が異なります。

ネットショッピングのポイント還元率

ネットショッピングでは購入金額100円につき1ポイントが貯まります。ポイント還元率は1%です。

実店舗のポイント還元率

実店舗だと200円につき1ポイントが還元されます。つまり、ポイント還元率は0.5%です。

ネットショッピングと実店舗を比べた場合、ネットショップの方が0.5%分のポイントがお得となります。

受け取った「dポイント」は、1ポイント=1円の価値があるので、ネット決済なら実質、商品価格の1%引きで購入しているのと変わりません。

dpay-point

また、d払いはポイントの三重取りも可能です。ドコモが発行するクレジットカード「dカード」をレジで提示し、d払いでお支払いをすると二重取り。さらにdポイントの加盟店を利用すれば、ポイントが三重にもなります。

詳しくは、「7.【d払いvsクレジットカード・電子マネー】どちらがお得?」という項目でお伝えしていますのでご参照ください。

1-2.d払いを利用できる店舗

dpay-shop1

d払いを利用できる店舗は徐々に広がりを見せ、現在では約70社となり、利用可能店舗数は2018年12月末時点で約4万3,000店です。

dpay-mark

街中などでd払い対応の店舗を探す場合は、上のようなマークを探してみましょう。

以下では、コンビニやドラッグストアなど、業態別にd払いが利用できる店舗を紹介しています。ご参考にしてみてください。

業態・業種企業・ブランド名
コンビニ・スーパーローソンくらしハウス 
ローソンストア100生活彩家 
ファミリーマートポプラ 
スリーエイトミニストップ 
ドラッグストアウエルシアドラッグストアウェルネス薬王堂
ウエルシアダックスレデイ薬局ミドリ薬局
ハックドラッグトモズV・ドラッグ
ハッピードラッグドラッグ新生堂くすりのラブ
B.B.ONダルマ薬局シメノドラッグ
マルエドラッグマツモトキヨシどらっぐぱぱす
サツドラツルハドラッグくすりの福太郎
ショッピング高島屋メガネハウスメガネのタカハシ
タワーレコードメガネスーパーシミズメガネ
エディオンビックカメラソフマップ
100満ボルトコジマつるやゴルフ
ケーズデンキJINSジョーシン
ファッションURBAN RESEARCH6(ROKU)UNITED ARROWS green label relaxing
earth music&ecologySTEVEN ALANH BEAUTY&YOUTH
AMERICAN HOLICBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSUNITED ARROWS
E hyphen world gallerykoeGreen Parks
グルメ上島珈琲店WANG’S GARDEN坐・和民
GATHERING TABLE PANTRY和民炉ばたや 銀政
ITALIAN RESTAURANT & BAR GOHANもつりきミライザカ
三代目鳥メロbb.q OLIVE CHICKEN cafeニッポンまぐろ漁業団
炭旬にくスタTEXMEX FACTORY
アミューズメント・娯楽ジャンカラ  

(2019年3月15日時点)

2.d払いの使い方

d払いの使い方は、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 店頭のレジでバーコードを提示する
  • 店頭のレジでQRコードを読み取って支払う
  • dポイント払いを設定して支払う

それぞれの使い方は次をご確認ください。

店頭のレジでバーコードを提示する

dpay-barcode

d払いアプリを起動してバーコード画面を提示してください。バーコードなどはアプリのトップ画面に表示されています。

すると、「ご利用ありがとうございました」という画面が表示されました。これで決済は完了です。念のため、画面上の決済金額を確認しておきましょう。

店頭のレジでQRコードを読み取って支払う

dpay-qrcode1

dpay-qrcode2

d払いアプリの画面右上のQRコード読み取り切替ボタンをタップしてください。d払いアプリのカメラへのアクセスがOFFの場合はONに設定してください。

次に、カメラが起動したら、店頭に表示されているQRコードを読み取りましょう。お支払い確認画面が出ると「支払う」というボタンをタップして決済は完了です。

dポイント払いを設定して支払う

dpay-dpoint1 dpay-dpoint2

d払いは貯まったポイントで決済を行うこともできます。一度の決済で利用するポイントの上限を設定しておくと、ポイントを使い過ぎず効率的に貯めていくことが可能です。

dポイントの上限設定はトップ画面の左上の「設定」から、「充当方法」→「dポイント」とタップしていき、100~10,000までのポイント上限を設定できます。最後に、トップ画面の「dポイントを利用する」を右側に寄せておくと、次回から自動的にdポイント払いが適用されます。

d払いの支払方法

d払いの支払方法は4種類です。

4種類の支払方法は以下の通りとなります。

  • 電話料金合算払い
  • クレジットカード払い(VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB)
  • ドコモ口座残高より支払い
  • dポイント払い

特に、ドコモの携帯料金と合算できるという方法は、携帯キャリアならではの強みと言えます。ただ、ドコモユーザーではない場合は、電話料金合算払いと、ドコモ口座残高からの支払いは利用できません。そのため、ドコモユーザーでない人は、クレジットカードを登録して使いましょう。

もし、クレジットカードを持っていない人は、後ほどおすすめのクレジットカードを紹介しているので、そちらを登録しておくと良いでしょう。

ドコモユーザーの方であれば電話料金合算払いがおすすめです。チャージやカード登録する手間が省けるので、もっともシンプルな支払方法となります。

ここからは、それぞれの支払い方法について詳しく見ていきましょう

電話料金合算払い

d払いで支払った料金をまとめて、月々の携帯料金と一緒に決済する方法です。

電話料金合算払いの場合は、auやソフトバンクには対応していないため、ドコモユーザー以外は使うことができません。しかし、ドコモユーザーであれば、月々の携帯料金と一緒に電話料金合算払いの請求がくるため、支払いを一度にまとめらるメリットがあります。

現在、別のキャリアでご契約されていたり、格安SIMなどをご利用中の方は、電話料金合算払いを利用できないため注意してください。

クレジットカード払い

d払いのアプリにクレジットカード情報を登録しておき、決済に利用する方法です。利用できる国際ブランドは以下の4種類となります。

  • VISA
  • MasterCard
  • AmericanExpress
  • JCB

d払いに登録したクレジットカードで決済を行う場合でも、通常のカード払いのようにポイントが貯まっていきます。しかもd払いならクレジットカードを持ち歩かなくても済む、というメリットがあります。

ドコモ口座残高より支払い

「ドコモ口座」とは、銀行口座やコンビニなどでお金をチャージ(充当ともいいます)し、資金を貯めておく方法です。d払いでは、このドコモ口座の残高から決済を行うこともできます

ドコモ口座にチャージする方法は以下の4通りです。

  • 銀行口座から振り込む
  • セブン銀行ATMから振り込む
  • Pay-easy(ペイジー)で振り込む
  • コンビニで払い込む

この4つのチャージ方法では手数料はかかりません。

ただし、電話料金合算払いと同じく、ドコモ口座残高払いもドコモユーザーでなければ利用することができません。

dポイント払い

d払いで決済を行うと、「dポイント」が受け取れます。この「dポイント」は、1ポイント=1円として利用可能です。

3.d払いとドコモ払いの違い

dpay-docomopay

d払いと同じように、ドコモからは「ドコモ払い」というスマホ決済サービスも提供されています。ドコモ払いとは、「d fashion」での購入代金や、「dゲーム」のプレイ料金など、携帯料金と合算して支払える決済サービスです。

では、この「d払い」と「ドコモ払い」は、一体どのような違いがあるのでしょうか。

ドコモ払いには次のようなデメリットがあり、d払いではそうしたデメリットを解消することができ、より使いやすい決済方法と言えます。

ドコモ払いのデメリット

  • ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できない
  • ドコモ払いの決済方法は「携帯料金合算払い」のみ
  • ドコモ払いは実店舗で利用できない(オンラインショップのみ)

d払いであれば、上記3つの条件も問題になりません。ここから詳しくお伝えしていきます。

3-1.d払いはドコモユーザー以外も利用できる

d払いは、auやソフトバンク、格安スマホなどをご利用中の方でも利用できます。d払いに必要な「dアカウント」は、ドコモユーザー以外でも登録することが可能だからです。

しかし、ドコモ払いに関しては、ドコモユーザーしか利用できないようになっています。

3-2.d払いは4種類の支払方法が選べる

d払いでは、以下4種類の支払方法が利用できます。

  • 電話料金合算払い
  • クレジットカード払い
  • ドコモ口座残高より支払い
  • dポイント払い

一方、ドコモ払いでは「電話料金合算払い」しか利用できません。たとえば、d払いのクレジットカード払いでは、カードのポイントが貯まることや、d払いで貯まったポイントを次回の決済に利用できるなど、支払方法が多いことでポイントがお得になったり、決済が便利になるメリットがあります。

3-3.d払いはオンラインショッピング以外でも使える

d払いは、対応店舗であればオンラインショッピングはもちろん、ドラッグストアやコンビニなど実店舗でも利用できます

しかし、ドコモ払いはオンラインショップのみにしか対応していません

4.d払いのメリット

dpay2

d払いのメリットは以下の4点です。

  • スマホだけで決済が完了する
  • 決済手数料がかからない
  • 利用可能店舗が多く少額決済にも対応
  • クレジットカードのスキミングリスクが減る

最近では、ヤフーの「PayPay(ペイペイ)」や、「楽天ペイ」などスマホ決済サービスが増えてきました。また、便利な支払い手段として、他にもクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどたくさんの種類があります。

そのため、どの決済サービスを選んで良いのか分からない、という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。d払いのメリットを理解することで、他の決済サービスとの違いが分かりやすくなるはずです。ぜひとも、以下の情報をご参考にしてみてください。

メリット1.スマホだけで決済が完了する

dpay-pos

d払いは、あらかじめクレジットカード情報を登録したり、ドコモ口座にチャージしておくことで、スマホアプリのみで決済が完了します。決済時には、店舗のスタッフにバーコードを見せるだけです。

そのため、小銭がたくさん入った財布を持つ必要もなければ、クレジットカードも要りません

上のように財布を忘れてしまった場合でも、d払いに登録しておくと安心です。

メリット2.決済手数料がかからない

d払いがこれだけ便利なら、決済時に手数料が発生するのでは?

もしかしたら、こうした疑問を抱く場合もあるでしょう。しかし、d払いの決済手数料は無料です。

もちろん、少額で決済する場合にも手数料は発生しません。

メリット3.利用可能店舗が多く少額決済にも対応

d払いの導入企業は約70社となり、利用可能店舗数は2018年12月末時点で約4万3,000店です。

対応店舗数は拡大中で、将来的には10万店を予定しています。すでに利用できる店舗は日本中に広がっていますが、都会だけではなく地方にも拡充されることで、より使いやすさが増すはずです。

メリット4.クレジットカードのスキミングリスクが減る

クレジットカードのスキミングとは、店舗に渡したカード情報を読み取られ、不正に利用されることです。d払いの場合は、クレジットカードを渡す必要もないので、スキミングのリスクも減ります

また、d払いのアプリで表示されるバーコードの有効期限は5分です。そのため、バーコードから個人情報を抜き取られる恐れもありません。

5.d払いのデメリット・注意点

d払いのメリットについてお伝えしてきましたが、当然デメリットも存在します。

  • 支払い時に手間がかかってしまう
  • ガラケーや一部スマホでは利用できない
  • 店舗によっては特約店ポイントが付かない

特に、ご自身の利用しているスマホや携帯の機種には注意してください。アプリをダウンロードしたけど使えない、ということにならないよう、事前に確認しておくことをおすすめします。

デメリット1.支払い時に手間がかかってしまう

d払いの支払方法は、おサイフケータイなどに比べると手間がかかってしまいます。たとえば、店舗でd払い決済を行うときは、まずスマホの画面ロックを解除し、アプリを起動し、バーコードが表示されるまで約3~4秒ほど待たなければなりません。

そのため、レジで支払いをするときに慌てないよう、事前にアプリを起動しておくことをおすすめします。

一方、おサイフケータイでは、専用端末にスマホをかざすだけです。ほんの数秒間の差ですが、より楽に支払える方法を知っているだけに、d払いが少しわずらわしさを感じます。

デメリット2.ガラケーや一部スマホでは利用できない

d払いはガラケーでは利用できないほか、一部のスマートフォンも対応していません。

ガラケー(フィーチャ・フォン)を利用している場合は、d払いの決済は不可です。また、Windowsスマホ(Windowsフォン)、ブラックベリーを利用している場合も注意してください。d払いでは、Windowsスマホやブラックベリーには対応していません。

デメリット3.店舗によっては特約店ポイントが付かない

dカードというドコモ発行のクレジットカードには、「特約店ポイント」という仕組みがあります。これは、特定の店舗でdカード決済した場合、1%分のポイントが上乗せされて還元されるお得な方法です。

そのため、あらかじめd払いアプリにdカードを登録しておき、dカードのd払い決済を行うと、支払い時の0.5%ポイントと、特約店の1%の合計1.5%の還元が受けられます

しかし、店舗によっては特約店ポイントの上乗せに対応していないこともあり、上記のような方法はとれません。

高島屋はd払いの特約店ポイントが付かず、登録したdカードで決済を行っても、通常の0.5%還元のみとなります。

6.d払いはこんな人におすすめ!

d払いのメリットやデメリットをまとめると、d払い決済に向く人は次の通りです。

d払いがおすすめな人

  • クレジットカードも財布も持ち歩きたくない
  • 事情がありクレジットカードを作れない
  • 日用品や少額決済などでポイントを貯めたい
ただし、d払いはドコモユーザーではなく、なおかつクレジットカードも持たない方は利用できません。

7.d払いのお得なキャンペーン

d払いの決済の魅力といえば、やはりポイントが受け取れることですよね。実店舗では0.5%、ネットショッピングなら1.0%と高還元率のポイントが受け取れます。

ドコモでは、d払い決済で受け取れるポイントがさらにお得になる、嬉しいキャンペーンを定期的に開催しています。

ここでは、その中でも特におすすめのキャンペーンをお伝えしていきましょう。

7-1.毎週おトクなd曜日~金・土曜日はdポイントが必ず3倍!最大6倍!~

dpay-campain

毎週おトクなd曜日~金・土曜日はdポイントが必ず3倍!最大6倍!~」のキャンペーンは、2019年3月1日(金)から2019年3月31日までの期間、対象日にd払いで決済を行うだけで、受け取るポイントが最大6倍になります。

 

対象日は「毎週金曜日・土曜日」です。

エントリー方法は、公式サイトリンクよりキャンペーンページに飛び、「いますぐエントリー!」をクリックして登録を行います。その後、対応店舗にてd払いで決済を行うと、受け取れるポイントが3倍になります。

また、期間中に3回以上のd払い決済を行うと、受け取れるポイントは6倍になります。

ただし、キャンペーンが適用されるネットショッピングのみです。

7-2.dポイント40倍還元キャンペーン

dpay-campain2

dポイント40倍還元(実質20%還元)キャンペーン」は、エントリーを行いd払いの決済を行うだけで、通常受け取れるポイントが40倍になります。通常のポイントは決済金額200円につき1ポイントですが、キャンペーンにエントリーすることで、200円につき40ポイントが受け取れます。

エントリーはd払いアプリのトップ画面から、「おトク情報」を選び、一覧から「dポイント40倍還元(実質20%還元)キャンペーン」をタップするだけです。

dpay-campain

7-3.「いちおしパックご契約者さま限定」ポイントアップキャンペーン

dpay-campain3

いちおしパック」とは、ドコモが提供する総合オプションサービスです。月額500円で、200種類のコンテンツアプリやお得なクーポン、写真やデータのあんしん保管、故障やトラブル時にも安心のポイントバック制度など、様々なサービスが利用できます。

この「いちおしパック」に契約した方限定で、対象のネットショップを利用すると、最大10倍のポイントバックが受けられます。d払いに登録したdカードで決済を行うと100円につき3ポイントが受け取れますが、いちおしパックに加入しているとさらに追加で7ポイントをゲットできます。

8.【d払いvsクレジットカード・電子マネー】どちらがお得?

dpay-point

d払いやクレジットカード、電子マネーなど、どの決済ツールも支払い時にポイントが還元されます。そのため、「できるだけ決済手段を一つにまとめて、一番お得なものを選びたい」と思いませんか?

ただ、ポイント還元が受けられる決済手段はたくさんの種類がありますよね。選ぶのが難しいと感じる方も多いとは思いますが、「できるだけd払いでまとめる」ことをおすすめします。

電子マネーや決済アプリなどでは、よくポイントの二重取りという言葉を聞きます。しかし、d払いだと、二重取りどころかポイントの「三重取り」も可能なのです。

まずは、d払いのポイント二重取りについて見ていきましょう。

ポイント対象実店舗オンラインショップ
dカード/dカードGOLD1%1%
d払い0.5%1%
合計1.5%2%

d払いの決済で受け取れるポイントは、実店舗で0.5%、オンラインショップで1%です。その決済のとき、同時にdカードやdカードGOLDを提示すると、上記のようにポイントが加算され、二重取りが可能となります。

また、dポイントが受け取れる場所は、他にも「dポイント加盟店」があります。加盟店でd払いを行うことで、特約としてプラス1%が受け取れます。

つまり、加盟店でd払い・dカード提示を行うことで、ポイントの三重取りが可能です。

ポイント対象実店舗オンラインショップ
dカード/dカードGOLD1%1%
加盟店特約1%1%
d払い0.5%1%
合計2.5%3%

店舗などを厳選してd払いを行うことで、最大ポイント還元率は3%に!

そのため、できるだけ支払いはd払いに集約すると、大きなメリットがあります。

ただ、オンラインショップで上記の方法を利用するには、d払いアプリにdカードを登録しておく必要があります。d払いアプリでdカード決済を行うと、オンラインショップで3%のポイント還元が受けられるだけではなく、実店舗でもカードを提示する手間が省けるのでお得です。

9.d払いでクレジットカードのポイントもお得に貯まる

d払いにクレジットカードを登録しておくと、d払いで決済を行ったポイントに加え、クレジットカードの決済ポイントも追加されます。つまり、ポイントの二重取りが可能です。

d払いに登録できるクレジットカードで、なおかつお得にポイントが貯まるのは「dカード」です。d払いと同じく、dカードもドコモが提供しています。

dカードで決済を行う場合は、購入金額100円につき1ポイント(還元率1%)が受け取れます。さらに、d払いの決済で受け取れるポイントは、実店舗で0.5%、オンラインショップで1%です。つまり、実店舗なら合計1.5%、オンラインショップでは合計2%のポイント還元が受けられます。

ここからはd払いのアプリダウンロードから、クレジットカードを登録して決済を行うまで、その手順を紹介していきます。

step1.アプリをダウンロードする

まずは、下記公式サイトからアプリをダウンロードします。

Android:Google Play

iOS:App Store

アプリをダウンロードすると、ログイン画面が表示されるので、spモードパスワードでログインしましょう。

step2.dカードで登録する

ログインが完了したら、dカードを登録していきます。

次のような画面が表示されるので、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードを入力していきます。

dpay-creditcard

すると下のように登録したクレジットカードが一番上に表示されます。その左側のチェックマークをタップし、画面下の「次へ」を選択してください。

dpay-creditcard-1

これでdカードの登録は完了です。あとは登録したカードを使ってd払いで決済を行いましょう。

step3.店舗で支払う

コンビニやドラッグストアなど実店舗でd払いをを利用する場合は、以下のような手順に沿って行います。

(1)レジで「d払いでお願いします」と伝える

(2)「支払い方法は?」と聞かれるので、「バーコード(またはQR等)で」と伝える

(3)店員の案内に従って、バーコードを見せる(or QRコードを手元のスマホで読み取る)

(4)決算金額を確認して終了

上記の4ステップのみです。

d払いの支払い方法に慣れると、今までよりも支払いはスムーズに、より便利になります。

10.よくある疑問をまとめました!

疑問1.未成年でもd払いを利用できる?

未成年でもd払いの利用や、アプリ登録が可能です。ただし、「電話料金合算払い」については、最大1万円/月(税込)と限度額が定められています。

疑問2.法人契約は可能?

d払いの法人契約は可能ですが、以下のように3つの注意事項があります。

  • dカード・dポイント払い・ドコモ口座払いが利用できない
  • 電話料金合算払いを利用する場合は別途申し込みが必要
  • 電話料金合算払いの利用限度額は1万円/月(税込)

d払いの法人契約は【公式サイト(法人案内)】から行えます。ページ内の「ドコモ払いの導入申し込みはコチラから」というボタンをクリックしてお手続きください。

疑問3.d払いにはパケット通信料が発生するのか?

支払い時にパケット通信料がかかりますが、ウェブサイトや動画を閲覧したときよりもはるかに小さいデータ通信で済みます。正確な料金の算出は難しいですが、500文字のメールを送った場合のパケット通信料の目安は約5円です。

疑問4.ドコモ回線を解約した後も継続してd払いを利用できる?

dアカウントを持っている場合は、そのままd払いを利用することができます。ただし、ドコモ回線を解約する前に登録されていたオプションなどの継続課金は解除されるので、注意してください。

疑問5.決済にdポイントの利用ができないときはどうすれば良い?

d払いの決済にdポイントが利用できない理由は、以下の3点が考えられます。それぞれ、当てはまっていないかチェックしてみてください。

  • 「d払い」対応サイトではなく「ドコモ払い」対応サイトを利用している
  • dポイントクラブ会員に登録していない
  • dポイントの利用可能ポイントを超えた支払金額の場合

疑問6.d払いの利用を停止するには?

d払いの利用を停止する場合は、以下の「My docomo(お客様サポート)」、もしくはドコモインフォメーションセンター、全国のドコモショップで手続きが可能です。

My docomo(お客様サポート)

ただし、同時にドコモ払いも利用している場合には、d払い・ドコモ払いが同時に利用停止されるため気をつけてください。

まとめ

d払いは、決済時にdカードを提示することで、最大2.0%のポイント二重取りが可能です。また、dポイント加盟店で利用すること、さらにポイントが1%分追加されます。最大還元率は3.0%で、大変お得に利用できることが分かりました。

クレジットカードやデビットカードなども便利ですが、発行に時間がかかったり、店舗利用によるスキミングというリスクも抱えていることは事実です。もし、特別な理由でカードに登録できなかったり、カードを利用したくないという方は、ポイントの三重取りも可能な、d払いをご検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*