口コミや評判を徹底検証!ダイワファンドラップオンラインは本当にオススメできるのか?

ダイワファンドラップオンラインを利用してみようか検討中ですね。

ダイワファンドラップオンラインは大和証券が提供しているロボアドバイザー。大和証券のロボアドバイザーなので信頼性は抜群です!

しかし、「ダイワファンドラップオンラインを利用すれば、本当にお金が増えるのか?」「運用を全て任せても大丈夫なのか?」など気になりますよね。

ここでは、ダイワファンドラップオンラインの評判や口コミを徹底検証。この記事を読めば、ダイワファンドラップオンラインが信頼できるロボアドバイザーだということが分かります。ぜひ、参考にして下さい。

1. ダイワファンドラップオンラインの確認しておきたい6つの評判・口コミ

まず前提として、ダイワファンドラップオンラインは大和証券のロボアドバイザーです。そのため、疑問点がある場合は、全国の店頭窓口に足を運べば気軽に質問することができます。

さて、ダイワファンドラップオンラインを使って投資を始める前に、特に気になるポイントは次の6点ではないでしょうか?

  1. 運用益って実際に出ているの?
  2. 本当に完全放置でお金を増やせるの?
  3. 大和証券が倒産したら預けた資産はどうなるの?
  4. 手数料は高いの?安いの?
  5. 確定申告が必要なんじゃないの?
  6. 解約しにくいんじゃない?

どれも契約する前に確認しておきたい重要な項目ですよね。 そこで私の投資経験やツイッター、口コミや書籍、開発者の声を元に、これらの疑問にお答えいたします。

それでは、順番に見ていきましょう。

(1)運用益って実際に出ているの?

もっとも気になるのは、「本当に利益は出るのか」ですよね。

結論から言うと、運用益は出ているようです。

なぜ利益が出ているのかというと、ダイワファンドラップオンラインは大和証券が当サービス用に用意した投資信託9個に、国際分散投資を行うからです

そもそも投資は、会社や国が成長すればするほど儲かる仕組み。世界経済は毎年約3%で成長しています。簡単に言えば、ダイワファンドラップオンラインで世界経済に投資すれば「世界経済が成長したぶんだけ利益が出る」と言うことです。

また、分散投資にはリスクを抑えるという効果もあります。

つまり、国際分散投資を行えば、長期的に運用実績が安定するのです。

(2)本当に完全放置でお金を増やせるの?

ダイワファンドラップオンラインは、投資におけるほぼ全てのプロセスを自動化してくれます。

自分で投資をしようとすると投資について学んだり、資産の見直しを行ったりと面倒です。しかし、ロボアドバイザーなら、それらの面倒な手続きを自動で行ってくれるので初心者も安心なのです。

(3)大和証券が倒産したら預けた資産はどうなるの?

せっかく資産を増やせても「ダイワファンドラップオンラインの運用会社である大和証券が倒産したら、資産が消えるのでは?」と心配しているかもしれません。

結論から言うと、1000万円までは補償され戻ってきます。

分別保管により、仮にその証券会社が破綻した場合でも、顧客から預かった財産は全額顧客に返還されることになります。
しかし、何らかの理由により、証券会社がその全額を円滑に返還できなくなった場合に備え、投資者保護基金による補償制度が設けられており、原則として、一人あたり1,000万円を上限として補償されます。
引用:大和証券公式サイト

(4)手数料は高いの?安いの?

ダイワファンドラップオンラインの手数料について気になりますよね?

ダイワファンドラップオンラインの手数料は、預り資産の評価額の1 %(年率、税抜)です。また、運用する金融商品に0.2214〜0.3402%のコスト(信託報酬)がかかります。もし、ロボアドバイザーに頼らず投資ができる人なら、ダイワファンドラップオンラインの手数料は高いと思うかもしれません。

しかし、投資初心者にとっては悪くない手数料だと言えます。なぜなら、ロボアドバイザーを使わずに資産配分を考えたり、投資信託に投資しようとすると、かなり手間がかかってしまうからです。この手間を自動化してくれることを考えると、手数料が高いとは言えません。

ちなみに、他のロボアドバイザーの手数料は1%前後です。比べると、ダイワファンドラップオンラインは少し割高に感じますね。

(5)確定申告が必要なんじゃないの?

結論から言いますと、ダイワファンドラップオンラインで口座を開設する際に「源泉徴収ありの特定口座」を選択すれば、確定申告を行う必要はありません。

※しかしながら、会社員でも確定申告が必要な人(年収2000万を超えているか、副業での収入が20万以上など)は確定申告が必要です。

(6)解約しにくいんじゃない?

解約したくなったとき、手続きが複雑だと嫌ですよね。

結論から言うと、解約の申し込みはウェブから簡単に行えます。解約の申し込み後、5〜8日で現金化されて、お金が戻ってきます。

しかし、解約の申し込みができるのは契約終結日の3ヶ月後から。つまり最低3ヶ月は解約したくても解約できないのです。

2. ダイワファンドラップオンラインの評判・口コミ調査結果まとめ

ここまで、ダイワファンドラップオンラインの気になるポイントを見てきました。

まとめると次のようになります。

  1. 運用益って実際に出ているの?
    →運用益は出ている!
  2. 本当に完全放置でお金を増やせるの?
    →基本的に完全放置で問題なし。
  3. 大和証券が倒産したら預けた資産はどうなるの?
    →最大1000万円まで補償
  4. 手数料は高いの?安いの?
    →全自動化されるメリットを考えれば、年率1%の手数料は良心的。
  5. 確定申告が必要なんじゃないの?
    →源泉徴収ありの特性口座なら確定申告の必要なし
  6. 解約しにくいんじゃない?
    →解約の申し込みは簡単。しかし、契約締結後、最低3ヶ月間は解約不可。

3. ダイワファンドラップオンラインとウェルスナビを徹底比較

ここからは、ダイワファンドラップオンラインと人気のロボアドバイザー「ウェルスナビ」

を以下の5点から比較していきます。

  1. 手数料
  2. 投資開始金額
  3. 運用実績
  4. 機能面
  5. 確定申告は?

(1)運用実績

投資時期にもよりますが、運用実績はウェルスナビの方が良いです。

(2)投資開始金額

ダイワファンドラップオンラインは50万円から、対してウェルスナビは30万円から。(現在は10万円からになりました。)

投資資金額は、ウェルスナビの方が安いです。

(3)手数料

ウェルスナビの方が手数料が安いです。

(4)機能面

ウェルスナビは、投資に関わるプロセスを自動化します。

ウェルスナビの方がスペックは上です。ウェルスナビは、資産運用におけるほとんどのプロセスを自動化してくれるだけでなく、「DeTAX(デタックス)」という節税機能も備えています

「DeTAX(デタックス)」という機能を使えば、売却時にかかる税金を安くできるのです。この仕組みは特許技術なので、ロボアドバイザーではウェルスナビにしかない機能です。

また、ウェルスナビは積立投資の設定ができます

積立投資とは「量(口数)」を購入していく投資方法です。積立投資を行うことにより、相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

ダイワファンドラップオンラインは積立投資に対応していません

(5)確定申告は?

ウェルスナビは、ダイワファンドラップオンラインと同様に「源泉徴収ありの特定口座」で運用を行えば確定申告の必要はありません。

※会社員でも確定申告が必要な人(年収2000万を超えているか。¥、副業での収入が20万以上など)は別途確定申告が必要。

結論!ウェルスナビがおすすめ

運用実績が良く、「DeTAX(デタックス)」という節税機能を備えていて、積投投資もできるので、ウェルスナビがおすすめです。

ロボアドバイザーを比較してわかった1番のおすすめはこれだ!』の記事でも詳しく説明しているので、参考にしてください。

また、現在当サイト「マネとも!」は、ウェルスナビ株式会社様とタイアップキャンペーンを実施中です。

当サイトからウェルスナビに申し込むことで、現金1500円がプレゼントされます。

ウェルスナビで投資を10万円から始めた場合の年間手数料は約1000円。つまり合算することで1年目の年間手数料がほぼゼロとなる上、500円をプラスでもらうことができます。

お得なキャンペーンについてはこちら「キャンペーンを使ってウェルスナビを1番お得に始める方法!」の記事で丁寧に説明していますので、ぜひご覧ください。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

4. ダイワファンドラップオンラインのお申し込み方法

ダイワファンドラップオンラインは公式サイトから申し込みを行います。

ステップ1. お得なキャンペーンを行っていないか確認する
ステップ2. 公式サイトかスマホアプリから無料診断を行う

ステップ1. お得なキャンペーンを行っていないか確認する

まずは、公式サイトでお得なキャンペーンを行っていないかを確認しましょう!

【注意点】

ダイワファンドラップオンラインと似たサービスに

  • ダイワファンドラップ
  • ダイワファンドラッププレミアム

と言うサービスがあります。

上記のサービスには適用されても「ダイワファンドラップオンライン」には適応されないキャンペーンもありますので、よく確認しましょう

ステップ2. 公式サイトから無料診断を行う

まずは無料診断を行いましょう。

診断は、上記のように3つあります。好きな診断で、運用方針を決めることができます。

また、ダイワファンドラップオンラインを利用しなくても「ライフプランニング診断」は行ってみることをオススメします。将来のライフプランを考える際に役立つ、いい診断です。

ステップ2-1. ライフプランニング診断を行おう!

ライフプランニング診断について解説します。

年齢や金融資産額、子供の教育費やマイホームの購入予定費用など、生活する上で必要な資金を入力していきます。

※数値は平均的な数値を入力しています。誰かと関連性のある診断ではありません。

すると上記のような診断結果が表示されます。ライフプランの実現には資産運用を行う必要があると理解できます。

ライフプランの確認を行ったら「次へ(運用スタイル提案)」に進みましょう。

すると上記のように、ダイワファンドラップオンラインがあなたに最適な運用スタイルを提案してくれます。また、資産運用を行った際の将来のシミュレーションも見せてくれます。

診断結果に満足したら、画面右下にある「今後のお手続きはこちら」を押しましょう。

実際に、ダイワファンドラップオンラインとの契約に移ります。

大和証券の口座を持っていない人は、口座を作るところから始まります。その際、マイナンバーカードかマイナンバー通知カードが必要になるので用意しておきましょう。

ステップ2-2. 資産運用プランニング診断を行おう!

資産運用プランニング診断について解説します。

資産運用の目標や、あなたが今持っている金融資産額などを入力していきます。

※数値は適当に入力しています。誰かと関連性のある診断ではありません。

入力し終わったら、画面右下の「次へ(シミュレーション結果へ)」を押しましょう。

すると、あなたの資産運用プランで将来の計画を達成できるかどうか分かります。

画面右下の「次へ(運用スタイル提案)」を押すと、あなたに合った運用プランを提案してくれます。

あなたに最適な運用スタイルの提案と、資産運用を行った際の将来のシミュレーションも見せてくれます。

診断結果に満足したら画面右下にある「今後のお手続きはこちら」を押しましょう。

実際に、ダイワファンドラップオンラインとの契約に移ります。

大和証券の口座を持っていない人は、口座を作るところから始まります。その際は、マイナンバーカードかマイナンバー通知カードが必要になるので用意しておきましょう。

ステップ2-3. リスク許容度診断を行おう!

リクス許容度診断について解説します。

6問の簡単な質問に答えるだけで、ダイワファンドラップオンラインがあなたに最適な運用スタイルを提案してくれます。

診断結果に納得したら、画面右下の「今後のお手続きはこちら」を押しましょう。

実際に、ダイワファンドラップオンラインとの契約に移ります。

大和証券の口座を持っていない人は、口座を作るところから始まります。その際、マイナンバーカードかマイナンバー通知カードが必要になるので用意しておきましょう。

まとめ

ダイワファンドラップオンラインの評判や、口コミを検証しました。

ダイワファンドラップオンラインは悪くないロボアドバイザーですが、ウェルスナビと比べてしまうと見劣りしてしまいます。

しかし、ダイワファンドラップオンラインの運用会社は大手の大和証券です。そのため、サポート体制は抜群です。

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*