【ドコモユーザー必読】dカードゴールドにメリットはある?年会費以上にお得にする方法

dカードGOLDについてお調べ中ですね?

dカードGOLDはNTTdocomoが提供するクレジットカード。

まず前提として、dカードはこちら「dカードとは?ドコモユーザーならd払いのポイント還元率2.5%以上!メリットから口コミまで解説!」の記事でも解説しているようにドコモユーザーに最適なクレカ。

dカードGOLDは、そのdカードをパワーアップさせたクレカです。

具体的には、年会費10,800円でドコモケータイ/ドコモ光の料金10%還元など、dカードよりも様々な優待を受けられるのが特徴。

しかし、dカードよりも優れた優待を受けられるといはいえ、

  • dカードとの違いは何?どっちが良いの?
  • 年会費が高い…元は取れるの?
  • ドコモケータイ/ドコモ光の料金が月9,000円以上ならお得って本当?

と、いろんな疑問がありますよね。

まず結論を言いますと、dカードGOLDは家族全員ででドコモユーザーならほぼ一択のクレジットカードです!

なぜならdカードGOLDの恩恵は契約者本人だけでなく、家族も受けられるからです。

この記事では、dカードGOLDがdカードと具体的にどこが違うのか、どうやったら元が取れてお得になるのか徹底解説いたします。

自分はdカードGOLDを発行したら良いかどうか判断できるようになっていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. dカードGOLDの概要

まずはじめに、dカードGOLDの概要やスペックを簡単にまとめてみました。

dカードGOLDの詳細
年会費10,800円
通常利用での還元率1%(税込100円につき1ポイント)
その他のポイント付与
  • ドコモケータイ/ドコモ光の料金10%還元
    (税抜1,000円につき100ポイント)
  • dカード特約店での利用で還元率アップor割引
  • dポイント スーパー還元プログラムで還元率最大+7%
ブランドVISA/Mastercard
旅行傷害保険海外:常時付帯
国内:利用付帯
その他の主な特徴
  • dカードでお買い物した商品年間300万円まで補償
  • ドコモケータイ購入後3年間10万円まで補償
  • 年間利用金額に応じて最大20,000円相当のクーポン付与
  • 国内航空便遅延費用特約
  • 国内主要空港等のラウンジ利用
  • 電子マネー「iD」
  • 家族カード/ETCカード

上の表の赤太字で示した箇所がdカードからアップグレードした機能黒太字がdカードGOLDだけの優待です。

表だけみると、かなりたくさんのサービスがあるように感じられますね。

しかし実際はどうなのでしょうか?

ここからは、dカードからアップグレードした部分とdカードGOLDならではの優待、それぞれの詳細を見ていきましょう。

2. dカードからアップグレードした特典一覧!

dカードからアップグレードした特典は以下の通り

dカードからアップグレードした特典まとめ

  • ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金の還元率が1%→10%に!
  • お買い物あんしん保険の年間補償金額とお支払い方法の条件が変更
    補償金額:100万円→300万円に変更
    リボ払い/3回以上の分割払い→条件なしに変更
  • dカードケータイ補償の補償期間と金額が変更
    購入後1年間が→3年間補償に!
    補償金額が1万円→10万円に!

それぞれどのようにアップグレードしたのか詳しく見ていきましょう。

特典①:ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金の還元率がアップ!

これがdカードGOLDの1番の魅力です。

ドコモケータイ/ドコモ光の月額料金の還元率が、dカードはたったの1%ですがdカードGOLDなら10%!

例えば、ポイント還元対象となる料金が月9,000円以上の場合、

9,000円(月の支払額)×0.1%(還元率)×12(年間の月数)=10,800ポイント

dカードゴールドの年会費は10,000円(税抜)なので、これだけで年会費の元が取れますね!さらにドコモ光も契約していらっしゃるなら、ドコモ光の月額分も還元対象なので、よりがっぽりdポイントが還元されますよ!

「でも、dカードGOLDで支払うのが条件でしょ?」
と思っている方、安心してください。

dカードGOLDで支払う条件はありません!

つまり、楽天カード等の他のクレジットカードで支払えば、ポイント二重取りをする方法もあるということ!

逆にdカードGOLDで支払ったとしても通常利用でのポイント還元対象外となるので、ポイント還元を狙うならむしろ他のカードで支払うべきでしょう。

しかし後ほど詳しく説明しますが、このポイント還元だけでは年会費の元を取るのは非常に難しいです。

数々の隠れた罠がありますので、後々「4. dカードGOLDを利用する際の注意点」で解説。

特典②:「お買い物あんしん保険」の年間補償金額の変更!

もしもdカード GOLDで購入した商品が、購入日(配送などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故(国内海外問わず)で損害を被った場合、年間300万円までなら補償されます。

これはとっても安心ですね!

通常のdカードだけでも100万円と高額なのですが、日々のお買い物だけでも年間100万円は簡単に超えますよね。特に高額なお買い物やせっかくの海外旅行でのショッピングで商品が壊れたらショックです。

しかしdカードGOLDなら年間300万円まで補償されるので、大きなお買い物をしても安心!

さらに通常のdカードの場合、この補償を受ける条件がお支払い方法がリボ払いか3回以上の分割払いだったのに対して、dカードゴールドにはその条件がありません。一括払いでも補償対象です!

このようにdカード GOLDのお買い物あんしん保険は、補償を受けられるハードルがとても低くなっています。

ただし補償対象の商品とそのケースには条件がありますので、詳しくは公式サイトの「お買物あんしん保険のご案内」をご確認くださいね。

特典③:「dカードケータイ補償」の補償期間と金額が変更!

「最近のスマホ本体の価格が上がってるし、もし壊れたらどうしよう…」
と思いますせんか?

そんな時「dカードケータイ補償」を活用できますが、通常のdカードだと1万円までしか補償されないのでちょっと心細いですよね。

しかしdカードGOLDのdカードケータイ補償なら、最大10万円補償と高額なスマホでもほぼ全額補償できます!

さらに対象期間が購入後3年間なので、その期間なら機種変更する可能性も高いので安心。

ただし条件が少し厳しいです。こちらも後ほど詳しく説明しますね。

3. dカードGOLDだけのメリット

次に、dカードにはないdカードGOLDならではのメリットを見ていきましょう。

メリットは以下の4つ。

メリット一覧

  • 最大20,000円相当のクーポンがもらえる!
  • 旅行傷害保険の手当がとっても厚い!
  • 国内主要空港等のラウンジが利用できる!
  • 家族カード1枚目が無料でほぼ同等の優待がつく!

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

メリット①:最大20,000円相当のクーポンがもらえる!

dカードGOLDは年間の利用金額が100万円以上なら10,000円相当、200万円以上なら20,000円相当の電子クーポンがもらえます!

とっても太っ腹ですね!

年間100万円以上利用すると、10,000円相当以上のクーポンをもらって年会費10,000(税抜き)の元が取れるということ!

「えっ、年間100万円以上なんて使うわけない…」と思ってしまいますが、毎月換算にすると90,000円程度。意外にハードルは低いです。

ちなみに、えるクーポンは以下から選択できます。

個人的なオススメはdトラベルですね。なぜなら後ほど説明する「国内空港ラウンジ利用」や、もしものための「旅行障害保険」も活用できるからです。

(補足)クーポン受け取りの注意点

注意したい点として、クーポンの対象となる年間利用料金の対象期間は前年の12月16日から当年12月15日ということ。

この期間で条件を満たせば、翌年5月下旬から6月初旬ごろに対象者にダイレクトメールが届きます。

例:

対象期間2017年12月16日〜2018年12月15日
→ダイレクトメールのお届け期間は、2019年5月下旬〜6月上旬

ダイレクトメールに記載の専用サイトにアクセスし、お好きなクーポンを選択すれば完了です。

基本的にはドコモケータイ代・公共料金・国民年金保険料等など、普段使いの範囲ならほぼ累計されますが、こちらも累計の対象外となるものもあります。

<累計の対象にならないもの例>

・電子マネーのチャージ代金(dカード プリペイドチャージを除く)
・金利
・再発行手数料・リボ払い手数料等の各種手数料
・年会費
・募金
etc.

メリット②:旅行傷害保険の手当がとっても厚い!

他のGOLDカードと同じように旅行傷害保険が付帯されていますが、dカードGOLDは他のカードと比べてかなり手厚い補償を受けられます!

まずなんといっても、海外旅行傷害保険だと常時付帯で最大5,000万円、利用付帯なら最大1億円の保険金を受け取れます!

さらに契約者本人に限らず、カードを持っていない配偶者やお子様も保障対象内。

年会費から考えるとかなり手堅い補償と言えるのではないでしょうか。

国内旅行傷害保険の場合は利用付帯が条件ですが、別途「国内航空便遅延費用特約」があります。

例えば、国内航空便が遅延/欠航してしまっても、現地での宿泊費や食費等の費用(上限あり)を受け取ることができます。

国内航空便遅延費用特約で受けられる補償

・乗継遅延による宿泊・食事費用:2万円
・手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用:1万円
・手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用:2万円
・出航遅延・欠航による食事費用:1万円

このように年会費10,800円にしては、かなり手厚い補償を受けられるのがdカードGOLDの旅行傷害保険の特徴です。

もちろん保険金受け取りには様々な条件がありますので、詳しくは公式サイトの「海外旅行保険」と「国内旅行保険」をご確認くださいね。

メリット③:国内主要空港等のラウンジが利用できる!

こちらも他のクレジットカードにもある、国内主要空港等のラウンジが利用できる優待です。

航空機を利用する時、出発前の待機時間が意外に長かったりして、ゆったりできる場所が欲しいですよね。

そんな時、dカードGOLDと当日のフライトチケットを提示すれば、なんと無料でラウンジを利用できます!

写真はイメージです。

通常利用する場合は、一回あたり約1,000円程度かかるので、年に数回利用するだけでも年会費の半分程の元が取れますね。

またサービス内容はラウンジによって違いますが、例えば中部国際空港ならアルコール類無料と太っ腹なサービスを提供しているラウンジも!

よく飛行機を利用される方にとっては、嬉しい特典!

メリット④:家族カード1枚目が無料でほぼ同等の優待がつく!

家族カードは他のクレジットカードでも発行できますが、dカードGOLDの場合はなんとほぼ同等の優待を受けられ、さらに1枚目の年会費は無料!

対象外の優待は、年間利用額に応じた優待クーポンのみそれ以外の優待は全て契約者本人と同じように受けられます!

これはとってもお得ですね!

家族カードを利用した活用例

例えば、夫婦でドコモケータイを利用しているなら、実質年会費10,800円で2つ分のdカードGOLDの優待を受けられます。

まず、夫婦共にドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%の還元を受けられます。

旦那さんは、お仕事柄上飛行機を多用される方なら、空港ラウンジを何回も使えます。

一方、奥さんは家族カードのお買い物あんしん保険で、ネットショッピング等の日々のお買い物の補償を受けられるようにする。もしスマホが壊れたとしても、dカードケータイ保険で家計も安心。

そして、年間利用額特典でdトラベルのクーポンをもらって旅行に行く(この際空港ラウンジや旅行障害保険も活用できる)と、このようにdカードGOLDを活用することも可能ですよ。

その他dカードGOLDのメリット

上記以外にもdカードゴールドには様々な優待を受けられます。

dカードGOLDのその他のメリット

・後払い電子マネー「iD」機能
・dカード特約店で還元率アップまたは割引
・海外現地デスクの利用
・海外でdカードGOLDを紛失・盗難にあった際の暫定的なカード発行
・海外レンタカー利用料金の割引
・dカードGOLD会員様専用サポートデスク

以上の優待はdカードとほぼ同じなので、詳しく知りたい方は「dカードとは?ドコモユーザーならd払いのポイント還元率2.5%以上!メリットから口コミまで解説!」で解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

4. dカードGOLDを利用する際の注意点

ここまで、dカードGOLDのメリットにみてきました。

魅力がたくさんあるdカードGOLDですが、利用する際にいくつか注意点があります。

特に、ドコモケータイ/ドコモ光の利用金額10%還元に関しては特に注意すべきポイントです。

利用する際の注意点

  • ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金で年会費の元を取るのは難しい
  • dカードケータイ補償の条件が少し厳しい
  • リボ払いの限度額を必ずチェック

事前にチェックしておけば、安心してできますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点1. ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金で年会費の元を取るのは難しい

公式サイトではドコモケータイ/ドコモ光の利用料金が月9,000円なら年間のポイント還元率が合計10,800ポイント付与され元が取れるとの表記もありますが、本当なのでしょうか?

実はこの表記には、少々のミスリードがあります。

具体的な点は以下の通りです。

  • もらえるポイントに種類がある
  • ポイント付与対象が意外に狭い
  • 100単位は切り捨て

もらえるポイントに種類がある

公式サイトの表記からは、一見通常ポイントが10%そのままもらえるように感じられますが、

実際は、

・dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈 (1%)
・dカード GOLD特典としてのポイント進呈(9%)

この2つのポイントの合計が10%になるということです。

dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈分とは、通常のdカードでももらえるポイントです(通常のdカードは年会費無料で1%還元のため)

つまり「dカード GOLD特典」としてもらえるポイント9%分が実質アップグレードした部分ということ。

したがってポイント付与のみでdカードGOLDにして年会費の元を取るなら、この「dカード GOLD特典」分のみで計算するのが妥当です。

具体的に計算すると、ドコモケータイ/ドコモ光の月額料が最低10,000円以上(10,000円×0.9%×12ヶ月=10,800)じゃないと、「dカードGOLD特典」で元が取れません。

ちょっとかハードルが上がってしまいましたね。

さらに、隠れた罠が潜んでいます。

ポイント付与対象が意外に狭い

「おっ自分のドコモケータイ/ドコモ光の月額10,000円以上だから元取れるじゃん」と思った方、要注意です!

実はポイント付与対象は以下の料金のみです。

  • 基本使用料
  • 通話/通信料
  • 付加機能使用料

つまり、

  • ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金
  • dTVなどのコンテンツ使用料
  • ドコモ口座による利用代金等

は対象外です!

まだ、隠れた罠があります。

100単位は切り捨て

先ほど説明したポイント還元対象の料金が、そのまま10%還元されるわけではありません。

正確には税抜1,000円毎に100ポイント付与されるということ。

一見いいなぁと思いますが、100円単位以下は切り捨てられてしまいます!

例えば、ポイント付与対象金額が4,999円だとしても、999円分は切り捨てられてもらえるポイントは400ポイント。これはちょっと残酷ですね…。

このように、dカードGOLDのドコモケータイ/ドコモ光の利用料金で年会費の元を取るのは以外に難しいのでは?と弊サイトは考えます。

対策は?

対策としては、家族カードを発行することでしょう。

家族のドコモケータイ代もポイント還元対象にすることができます。

家族はカードは1枚目は年会費無料なので、これだけでもハードルは下げられます。

言い換えれば、家族カードを発行しない方にとってはメリットが薄いかもしれませんね。

注意点2. dカードケータイ補償の条件が少し厳しい

dカードケータイ補償にも少々厳しい条件があります。

  • 修理不可が前提
  • 修理不可だとしても、dカードGOLDと連携した電話番号に紐づいているケータイで購入履歴が分かることが条件
    →SIMフリーのスマホは対象外となる可能性がある
  • 同一機種/同カラーのケータイをドコモショップでdカードGOLD購入する必要がある
  • dカードケータイ補償を受けた後の1年間は、条件を満たしていて補償金額が残っていても補償は受けられない

このようにいくつか条件があるので、例えば修理代も補償されたい等、より安心したい場合は別途保険サービスに加入する必要があります。

例えば「モバイル保険」なら、月額980円で10万円まで何度でも修理代等の補償を受けられます。このような保険サービスと組み合わせて利用すると良いでしょう。

モバイル保険は「モバイル保険ってどうなの?月額700円で10万円まで補償は魅力的?口コミ・評判もご紹介!」で詳しく説明していますので、もし気になる場合はぜひご確認ください。

注意点3. リボ払いの限度額を必ずチェック!

クレジットカードには一般的に「リボ払い」機能があります。

dカードGOLDはほとんどのケースで、発行直後のリボ払いの上限金額がたったの数万円に設定されているので、dカードGOLDを発行したらすぐに会員ページにログインし、リボ払いの上限をカードの利用上限まで引き上げておきましょう。

リボ払いとは、設定金額以上のカード支払いが発生した際、超えた金額分の支払いを翌月に以降に繰り越せる機能。
繰越す金額によって手数料が発生し、手数料込みで全額完済するまで支払い続ける必要があります。

リボ払いはあらかじめ設定した金額以上を支払う必要がない代わりに、そのツケを翌月以降にまわすので、有効活用できればいいですが、基本的にはリスクのある支払い方法です。

場合によっては、本来の利用金額の何倍もの手数料を支払う事態に陥るケースも…。

dカードGOLDはほとんどのケースで、発行直後のリボ払いの上限金額がたったの数万円に設定されているので、ほぼ確実にリボ払いをしてしまいます。

知らないうちにリボ払いの金額が膨れ上がって大変なことに…。

このような事態にならないよう、dカードGOLDを発行したらすぐに会員ページにログインし、リボ払いの上限をカードの利用上限まで引き上げておきましょう。

5. 結局、どんな人におすすめ?

魅力や注意点はわかったけど、結局どんな人にdカードGOLDがおすすめなの?

ズバリ、dカードGOLDがおすすめできる方は以下の通り!

おすすめな人

  • 家族でドコモケータイを利用している方
  • ドコモ光も契約している方
  • dカードをメインカードとして買い物をする方

順に説明します。

おすすめな人①:家族でドコモケータイを利用している方

家族でドコモケータイを利用している方はdカードGOLD一択です!

というのも、dカードGOLDの家族カードは契約社本人のカードとほぼ同等の優待を受けられるからです。また、家族カード1枚目なら年会費は無料!

つまり、合計自分と家族一人の計2枚のdカードGOLDを発行すれば、年会費10,800円で2人分の優待を受けることができます。

もし3枚目以降発行したとしても、年会費はたったの1,000円。

家族全員が高い年会費を支払わずにdカードGOLDの優待を受けられます。

ただ注意したいのが、家族カードを発行してもドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%還元だけで年会費の元を取るのは意外に難しいということです。

私はドコモショップにも行って、様々なケースで料金シミュレーションしましたが、ほとんどの場合で元を取ることはできませんでした。

また、18歳未満は家族カードは発行できないことや還元対象料金に各種割引が適用されたり100円単位は切り捨てという条件で、結局年会費以上のポイントもらえる料金には満たなかったからです。

しかし、家族でドコモユーザーならdカードGOLDを恩恵を最大限受けられるので、ぜひ1枚は発行したいところです。

おすすめな人②:ドコモ光も契約している方

もしどうしてもドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%還元で年会費の元を取りたいなら、ドコモ光も契約している方が一番可能性あります。

ドコモケータイとドコモ光のペア回線で契約し「セット割」が適用されているとしても、ドコモ光の月額はおおよそ4,000円〜なので、その分もらえるポイントは増えます。

もちろんドコモ光を契約している方全員が年会費以上のポイント還元を受けられるかどうかわからないので、ぜひ一度会員ページやドコモショップで実際に還元対象となる料金をチェックをしてみてください。

おすすめな人③:dカードGOLDをメインカードとして買い物をする方

dポイントを積極的にためたい等、メインクレジットカードとしてdカードGOLDを検討されている方もおすすめ。

もしお一人だけだと、ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%還元で年会費の元は取れることは難しいかもしれません。

しかしメインカードとして日々のお買い物で利用すれば、「dカードGOLD年間ご利用額特典」のクーポンで元を取ることは可能です。

年間の利用額が100万円以上なら10,800円相当、200万円以上なら21,600円相当の電子クーポンがもらえます。

dカードGOLDはケータイ代や公共料金、国民健康保険も累計の対象なので、毎月支払う費用で累計の対象外になるものはあまりありません。

したがって一人暮らしの方でも、メインとしてdカードGOLDを利用すれば現実的に超えられる金額ではないでしょうか。

ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%還元をベースとして、dカードGOLD年間ご利用額特典等の各種優待も加味した上で、年会費の元が取れるかどうかぜひ検討してみましょう!

6. dカードGOLDの口コミ・評判

dカードGOLDについて理解できたけど、実際使ってみて便利なのかな?

実際使ってみないと、本当に便利かどうかわからないですよね。

そこで、dカードを実際に使った方々の口コミ/評判を徹底調査してまいりました!

利用者の実際の声を聞いて実際便利かどうかみてみましょう!

まとめると下記のような意見が多数ありました。

・ポイントがザクザクたまる
・付帯保険が他より手厚い
・年間利用額特典が嬉しい

ですが、一方で、

・サポート対応が悪い
・リボ払いが低く設定されている
・ドコモに囲い込まれている

という声もありました。

dカードGOLDだからポイントがザクザクたまる!

https://platform.twitter.com/widgets.js

単純にdカードGOLDにしたおかげで、ポイントがザクザクたまっているそうです!

https://platform.twitter.com/widgets.js

dカードGOLDでザクザクたまったポイントを「dポイント投資」でポイント運用している人も!

dカードGOLDの優待がお得!

https://platform.twitter.com/widgets.js

年間利用額特典でお得にdカードGOLDを活用していらっしゃいます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

dカードGOLDのおかげでゆったり航空機を待てて嬉しいとの声も!

旅行傷害保険が他より手厚い

https://platform.twitter.com/widgets.js

おなじタイプの楽天プレミアムカードよりも手厚く保険を受けられてよかったとの声です。

国内航空便遅延費用特約が便利過ぎた

https://platform.twitter.com/widgets.js

国内航空便遅延費用特約でいつもよりゴージャスな時間を過ごせたという声です。

dカードケータイ保険で実質負担ゼロで新機種が手に入った!

https://platform.twitter.com/widgets.js

本体代の負担ゼロで新しくできるのは嬉しいですよね。

サポート電話がつながらない

https://platform.twitter.com/widgets.js

もしものためのサポートなのに、つながらないと困りますよね。

リボ払いが低く設定されている

https://platform.twitter.com/widgets.js

実際にリボ払いが低く設定されていたという声。dカードGOLDを発行したら、ちゃんと確認する必要がありますね。

そもそもケータイ代を抑えるべきでは?

https://platform.twitter.com/widgets.js

たしかにドコモケータイ代は高いですよね。格安SIM等に変えて支出を抑えられるか考えたいです。

ドコモに囲い込まれている

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

家族がドコモユーザーであるほど、dカードGOLDの恩恵は大きいのでなおさらドコモから抜け出せないという声も!

このようにいい声もわるい声両方見受けられました。

口コミ/評判も加味して、自分は便利にdカードGOLDを使えるか検討してみてください。

7. 解決したいdカードGOLDのQ&A

口コミ/評判も確認したとこで、dカードGOLDについて気になる疑問がいくつかあると思います。

そこで、dカードGOLDについてよくある質問をまとめてみました。優待毎に質問を並べているので、気になる質問があればぜひ確認してみてください。

(1)ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金10%還元についてのQ&A

もらったポイントはdアカウントのステータス判定対象?

dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈分は(1%)ステージ判定対象です。一方で、「dカード GOLD特典」としてのポイント進呈分(9%)は対象外です。

自分がどれくらいポイント還元されるかはどうやったらわかるの?

Web料金明細サービスやドコモショップ等で料金の内役を確認しましょう。

その際、各種割引がどの料金に適用されているか必ずチェックしましょう。特にポイント還元対象である

・基本使用料
・通話/通信料
・付加機能使用料

で各種割引が適用されている場合、その分ポイント還元されないので注意しましょう。

いつからポイント還元対象になるの?

dカードGOLDに入会した月の利用料金から対象となります。

(2)お買い物あんしん保険についてのQ&A

iDで購入した商品も補償される?

補償対象です。

ただし購入した商品にとっては対象外になる場合もあります。詳しくは公式サイトの利用説明をご参照ください。

(3)dカードケータイ補償についてのQ&A

補償を受けたいケータイはdカードGOLDで購入しておく必要があるの?

必要ありません。

ただし、dカードGOLDに登録した電話番号と紐づいているケータイで、かつ購入履歴がドコモショップで確認できる機種が条件です。SIMフリースマホは補償対象外になる可能性があるので、事前にドコモショップで確認してみましょう。

代替機購入分のポイントは付与される?

付与されません。ただし、上限である10万円を超過した分は付与されます。

(4)dカードGOLD年間ご利用額特典についてのQ&A

dカードからアップグレードした場合はどうなるの?累計されない?

累計期間中のdカードの利用分も対象内です。

dカードGOLDを解約してももらえるの?

ダイレクトメール送付の時点で解約した場合は特典進呈の対象外となります。

ダイレクトメールを受け取り、クーポンを取得してから解約しましょう。

(5)dカードからdカードGOLDへアップグレードについてのQ&A

アップグレードしたらdカードの利用明細は見れない?

確認できます。dカード会員サイトでご確認ください。

アップグレードしたらETCカードは使えなくなる?

引き続き利用できます。

ただしお持ちのETCカードをそのまま使うので、新しく発行される訳ではありません。アップグレードしても破棄しないようにしましょう。

8. ポイントの前に:まずは自分の支出を減らすことを考えよう

dカードGOLDでポイントや優待をたくさん欲しい!と思っている方はたくさんいらっしゃると思います。

ちょっと待ってください!ポイントや優待はあくまで“おまけ”です。

まず、そもそもの支出を抑えられないか考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、ドコモケータイ/ドコモ光は月額費用が比較的高いです。格安SIMやポケットWi-fi等で月額費用で抑えることで、ポイント還元や優待以上の恩恵を受けられます

その上で、もらえるポイントや優待をもらう方がコスパが良く生活的にも健全といえます。

しかしケータイとかの契約変更には違約金とか面倒な手続きが必要だと思ってしまいますよね。

確かに変更手続きをすることで発生する費用や面倒な点ありますが、たったの一度だけです。長期的に考えた際、月々の費用を抑えた方が結果的に安く済む場合がとても多いです。

例えば私は格安SIMで月額およそ2,000円なのですが、同じ内容をドコモで契約すると月額約5,000円費用とその差は約3,000円。ドコモのスマホ解約金が9500円なので、格安SIMに乗り換えたらたったの4ヶ月で解約金の元が取れます。

このように、まずはポイントがたくさん貰えるからというより、支出を抑えるえるという発想でクレジットカードの導入を検討してみることをオススメします。

9. キャンペーンを利用してお得にdカードGOLDを発行する方法

それでは最後にキャンペーンを利用したお得なdカードの発行方法を見ていきましょう。

現在dカードGOLDは新規発行で電子マネー「iD」残高最大11,000円分キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です。

iDは後払いの電子マネーなので、正確には利用料金請求時に最大11,000円まで請求金額を差し引かれる仕組みです。

キャンペーンを受けるには

  • dカードGOLDを新規発行
    →2,000円
  • ドコモケータイの支払い設定をdカードGOLDにする
    →1,000円
  • 発行した月の翌月までにキャンペーンにエントリーして20,000円以上カード利用する(iDも可)
    →8,000円

以上の手続きが必要です。

これらを加味した上で、dカードGOLDの発行手続きを見ていきましょう。

手続きは以下の通り

STEP1. 必要事項の記入

STEP2. 銀行口座情報の入力

STEP3. dポイント/ iDの設定

STEP4. ドコモケータイのお支払い方法をdカードに設定

STEP5. 入会翌月末までに専用サイトでキャンペーンエントリー 

発行するには、事前にdアカウントの発行しておくことが必要です。その上でパスポートか運転免許証、銀行口座情報が分かる書類を事前に用意しておきましょう。

STEP1. 必要事項の記入

本人情報や勤務先情報等を入力します。こちらは他のクレジットカードの手続きと変わりありません。

本人確認情報として、運転免許証かパスポートの情報を入力しましょう。持ち合わせてなかったり、手続きの時点で所持していない場合は別途手続きが必要です。

STEP2. 引き落とし先の銀行口座情報の入力

次に銀行口座を登録します。

こちらも他のクレジットカードの手続きと変わりありません。

ここまでが新規発行の手続きです。審査が行われ無事に通過すればお手元にdカードが届きます!

この時点で、iD残高1,000円分キャッシュバックが適用されます!

STEP3. dポイント/ iDの設定

dカードGOLDはそのまま使えますが、dポイントをためたりiDを利用するには、その設定が必要です。

まずdポイントの設定ですが、コチラのページにアクセスし必要情報を入力します。一部の方はすでに入力済みの場合があるので、手続きの必要はありません。

iDの利用設定は、dカードアプリで行います。

わざわざアプリをダウンロードするのが面倒だと感じてしまいますが、利用明細やポイント状況をスグに確認できるアプリでもあるので、この時点でダウンロードしておきましょう。

dカードアプリ

dカードアプリ

株式会社NTTドコモ無料

iOSとAndroid双方とも、ダウンロード後ログインしてカード情報を入力します。

その後、iOSはApple Pay、AndroidはおサイフケータイにdカードGOLDを登録しておきしょうこれでスマホでdカードが使えるようになり、より楽にdカードGOLDでお買い物ができますよ。

STEP4. ドコモケータイのお支払い方法をdカードGOLDに設定(ドコモユーザーのみ)

ドコモユーザーの方は、ドコモケータイのお支払い元をdカードGOLDに設定しましょう。

ドコモケータイ代の支払い元をdカードGOLDに設定すれば、キャンペーンでiD残高1,000円分がキャッシュバックされます。

さらに、dポイントスーパーポイント還元プログラムでd払いやiD利用で+1%のポイント還元率がアップします!

もちろん、ポイントがもらえるとしても他の支払い元が良いという方もいらっしゃると思うので、コチラは任意の設定です。

STEP5. 入会翌月末までに専用サイトでキャンペーンエントリー 

最後にキャンペーンにエントリーします。

キャンペーンエントリーページへアクセスしエントリーします。

キャンペーンが適用されるのは、入会した翌月までです。またキャッシュバック条件は、入会翌月までに20,000円以上のdカード利用です。

条件が達成でき次第、カード発行した月の4か月後にiD残高8,000円分がキャッシュバックされるようになります。

まとめ

dカードGOLDはNTTdocomoが提供するクレジットカード。

通常のdカードと比べて、

  • ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金の還元率について
    1%還元→10%還元に!
  • お買い物あんしん保険について
    年間補償金額:
    100万円→300万円
    適応条件:リボ払い/3回以上の分割払い→条件なしに変更!
  • dカードケータイ補償について
    補償期間:
    購入後1年間→3年間に変更!
    補償金額:
    1万円→10万円

と大きくアップグレードしています。

さらにGOLDカード独自の優待として

  • 手厚い旅行傷害保険
  • 年間利用金額に応じて最大20,000円相当のクーポン
  • 国内主要空港等のラウンジ利用
  • 家族カード1枚目が無料、2枚目以降年会費1,000円

と数々の優待を受けられます。

ただし実態として、ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金の還元対象が厳しかったり、お買い物あんしん保険は修理不能が前提と、何かと恩恵を受けにくい面もあります。

したがってdカードGOLDの年会費の元を取るなら、家族でドコモケータイを利用していたりドコモ光も契約している等、ドコモサービスをそれなりに愛用している人が条件となります。

もしdカードGOLDの入会を検討されていらっしゃるのであれば、一度Web料金明細サービスやドコモショップで月々の利用料金の確認と、日々どれくらいお買い物するのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

その際、この記事が参考になれば幸いです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*