取引所「DMMビットコイン」は登録すべき?手数料から評判まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DMM.comが運営している仮想通貨の取引所「DMMビットコイン」について気になっていますね。

DMMビットコインは、取引できる仮想通貨の種類が豊富な取引所です

これまで、DMM FXで培ってきたノウハウを使って運用されているので、他の取引所よりもFXには強みがあります。

でも、仮想通貨は昨年トラブルが多かったので「本当にDMM ビットコインって使って大丈夫なの?」と心配になりますよね。

そこでここでは、DMMビットコインのメリットとデメリットを詳しく解説。

その上で、お得にDMMビットコインを契約するための方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.DMMビットコインとは

DMMビットコインは、ビットコインを使った決算をいち早く開始した会社「DMM.com」が運営する仮想通貨取引所です。

DMMはFXでも高いシェアを誇っている企業ですので、仮想通貨においても本命と言えます。

実際、私は仮想通貨の取引所を10社以上開設して使っていましたが、FX取引をするならDMMビットコインは1番おすすめできる取引所だと言えます。

なぜ、そう言えるのかポイントは3つあります。

2.DMMビットコインについて知っておくべき3つのポイント

ここでは、DMMビットコインの特徴がわかりやすいように、代表的な取引所との比較表を作りました。

ここからはこの表を参考に特徴を見ていきましょう。

私がDMMビットコインをおすすめしているのは、次の3つのメリットがあるからです。

DMMビットコインのメリット

  • メリット1.金融庁の業務改善命令を受けていない
  • メリット2.ツールの専門性が高く、快適そう

ここからは、他社のサービスと比較しながらDMMビットコインのメリットについて見ていきましょう。

メリット1.金融庁の業務改善命令を受けていない

仮想通貨の取引所は、昨年1月のXEM流失事件を受けて立ち入り調査が行われました。

その結果、GMOコインやZaifには業務改善命令が出されています。

コインチェック以外で改善命令を受けたのは、登録業者の「テックビューロ」(大阪市西区)、「GMOコイン」(東京都渋谷区)と、登録審査中の「バイクリメンツ」(東京都港区)、「ミスターエクスチェンジ」(福岡市)。

引用:仮想通貨2社業務停止 計7社に改善命令|毎日新聞

一方、DMMビットコインはそのような通知を受けていません。このことから、GMOコインやZaifよりもDmmビットコインの方が安心して使えることがわかります。

もちろん、GMOコインやZaifにどのような危険があるかはわかりません。

しかし、大切な資産を預けることになるのでちょっと心配ですよね。。

その点、DMMビットコインは金融庁からの改善命令を受けていないため、他よりもシステムがしっかりしていると判断できます。

メリット2.ツールの専門性が高く、快適!

パソコンではもちろんスマホ、アプリでも対応可能です。

しかもこのアプリが使いやすく、使い方の詳しい説明を見なくても感覚的に使いこなすことができます!

もちろん、テクニカル指標を搭載したチャートやアプリからでもワンタッチ発注、ポップアップ機能(レートアラート通知、経済指標アラート)にも対応しているため、玄人の人も満足できる仕様になっているはずです。

すでに、FXなどでも同様のサービスを提供しているからこそ、安心かつ快適に使用できますね!

3.DMMビットコインの注意点

DMMビットコインは、仮想通貨FXなら1番おすすめできる取引所だと言えます。

しかし、全くデメリットがないわけではありません。

ここでは、DMMビットコインの以下2つのデメリットについて解説しておきます。

ポイントDMMビットコインのデメリット

  • デメリット1.レバレッジは5倍固定
  • デメリット2.現物取引できるコインが少ない

それぞれ、順番にみて行きましょう。

デメリット1.レバレッジは5倍固定

レバレッジとは、少ない資金を元手に大きな金額を取引できる仕組みを言います。

例えばレバレッジ10倍であれば、10,000円を使って100,000円分の取引ができます。

これにより利益が出た時には、多額の取引になりますが、一方で損失が出た時はその分大きな損になります。

取引所によっては、レバレッジ最大25倍で何段階か設定できるのに対して、DMMビットコインでは5倍と固定されているので、上級者には少しもの足りませんし、初心者には少し高い倍率かもしれません。

デメリット2.現物取引できる仮想通貨が少ない

DMMビットコインは、FX取引なら7種類の通貨を売買することができます。

しかし、FX無しの現物取引ではビットコインとイーサリアムの2種類しか取引することができません。

なので、「仮想通貨をとりあえず持っておきたい!」という人には、ビットフライヤーなどを使う方が良いでしょう。

FX無しで仮想通貨を買いたい!という人には、『おすすめの取引所仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』で紹介しているビットフライヤーがおすすめです。

4.DMMビットコインの気になる評判・口コミ

取引所の良し悪しを判断するためには、実際に使っている人の意見を聞くのが一番です。

サービス内容についてはすでにTwitterを中心に口コミが集まっていました。

良い口コミには、「アルトコインレバレッジが多い!」「キャンペーンで1,000円もらえた」という意見が多く、悪い口コミとしては「送金に時間がかかる」したものがありました。

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

 

5.DMMビットコインは、どんな人におすすめなのか?

DMMビットコインは、いろんな仮想通貨でFX取引をしたい人におすすめです!

7種類もの仮想通貨でFXができるのは、DMMビットコインだけ。GMOコインやZaifはセキュリティが心配なことを考えると、FXならDMMビットコイン一択だと言えるのではないでしょうか。

一方FXをするつもりがない人には、ビットフライヤーの方がおすすめできます。ビットフライヤーは使いやすさはもちろん、セキュリティも世界で1番優れていると言われています。取引通貨もDMMビットコインより多いので、迷ったら両方使ってみるのもありですね!

ここからは、FX取引で1番おすすめできるDMMビットコインをお得に申し込むための方法をご紹介します!

ビットフライヤーについて詳しく知りたい人は、『手数料が高くてもビットフライヤーを選ぶべき6つの理由!評判や登録方法、使い方を解説』の記事をご覧ください。

6.キャンペーンでDMMビットコインを1番お得に申し込む方法

DMMビットコインは、現金1,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています!

1,000円といっても、仮想通貨に投資しておけば1年後数倍になっている可能性もあるのでバカにできませんね。

手続きはとっても簡単!口座の申し込みをしてから届く、郵送物に書かれている認証コードを2018年9月30日までに入力すれば良いだけです。

加えて、取引高に応じて最大4,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中!

口座開設の審査には、通常時で1週間ほど。忙しいタイミングだと、2週間以上かかってしまいます。

なので、DMMビットコインを使う予定がある人は、この機会を逃さず応募しましょう!

また、転居届を出している人は郵送が受け取れない可能性もあるので、解除しておくことをおすすめします。

登録方法などの詳細は『キャンペーンを使ってDMMビットコインを1番お得に始める方法!9月更新』の記事でご確認ください。

まとめ

DMMビットコインは、取引できる仮想通貨の種類が豊富な取引所です。

セキュリティ面もしっかりしているようなので、安心して取引ができますね。

1,000円がもらえるキャンペーンは、2018年9月30日までに口座開設が必要です。申し込み者が増えると、口座開設に時間がかかってしまうことがあるので、DMMビットコインを開設したい人は、今すぐ申し込みだけしておくと良いかもしれませんね!

口座開設はこちらから↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*