エメラダ・エクイティを投資家&起業家目線から解説!口コミ・評判も!

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」について気になっていますね。

エメラダ・エクイティは、将来的に未上場ベンチャーの株式を入手できる権利を購入できるサービスです。

未上場ベンチャーに投資できる機会はほとんどないので、投資家にとっては魅力的と言えます。しかし、投資するときは少し注意も必要です

また、あなたが未上場ベンチャーの役員であるのなら、資金調達の手段として、エメラダ・エクイティの利用を検討してみてはいかがでしょうか?条件はありますが、事業をうまく軌道に乗せられることでしょう。

今回は、エメラダ・エクイティの魅力を投資家&起業家2つの目線から解説。

この記事を読めば、エメラダ・エクイティで投資するメリットや、資金調達を行うメリットが分かります。

ぜひ、参考にして下さい。

1. エメラダ・エクイティとは?

エメラダ・エクイティとは、「資金調達を行いたい非上場ベンチャー企業」と「企業に投資したい投資家」をマッチングするプラットフォームです。

非上場ベンチャー企業は、株式を将来入手できる権利(新株予約権)を販売することによって、多くの投資家から少額ずつ資金を集めることができます

このように株式を購入する仕組みは、一般的に株式投資型クラウドファンディングと言われます。

さて、エメラダ・エクイティは、非上場ベンチャーと投資家をマッチングするプラットフォームなので、両者にとってメリットやデメリットは変わってきます。

そこで今回は、投資家と起業家の2つの目線に分けて、「エメラダ・エクイティ」のメリットや、デメリットを見ていきます。

2. 投資家から見るエメラダ・エクイティのメリットとは?

さて、まずはエメラダ・エクイティで「ベンチャー企業に投資をしたい!」と考えている投資家の方にスポットを当てて、メリットとデメリットを見ていきましょう!

投資家にとって、エメラダ・エクイティを利用するメリットは次の5点が考えられます。

  • IPOかM&Aが目標の企業なので、ハイターンを期待できる
  • 厳格な審査が行われた企業なので信頼感がある
  • 手数料は無料
  • 少額からも投資できる
  • 企業からの情報提供があるの長い目で見守れる

順番に見ていきましょう。

メリット1. IPOかM&Aが目標なので、ハイリターンを期待できる!

エメラダ・エクイティで資金調達を行う企業は、将来的にIPOかM&Aを目標としている企業です。そのため、大きなリターンを期待できます

エメラダ・エクイティでは、投資した企業が以下の2つのパターンとなったとき、投資家は儲けることができます。

  • IPOを行ったとき:株を証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすること。上場した企業の普通株式を受け取り、それを取引所で売却することで利益を得ることができます。
  • M&Aを行ったとき:大手企業などにベンチャーが買収されて売られること。投資先企業の新株予約権を買収先の企業に譲渡する対価として、金銭を受け取ることができます。

エメラダ・エクイティで資金調達を行う企業は、上記のどちらかを目指す企業なので、将来性に期待が持てます。

また、取引所に上場されていない企業の株式を入手する方法は、ほとんどありません。基本的には、会社役員や関係者しか持つことはできないからです。

これだけでも大きな価値はあります。

しかし、デメリットもあります。下記の「3. エメラダ・エクイティで投資を行う際の注意点!」で改めてご説明します。

メリット2. 厳格な審査が行われた企業なので信頼感がある

エメラダ・エクイティで資金調達を行う企業は、プロの投資家(ベンチャー・キャピタルやエンジェル投資家)がすでに出資している企業に限定されます。

要するに、すでに世間から将来性に対して「お墨つき」を得ている企業であるということです。

このように、企業ごとに厳格な審査基準を持っているので、信頼感があります

メリット3. 手数料は全て無料

投資家が負担する手数料は無料です。

エメラダ・エクイティが指定する投資金額のみ用意すれば、問題ありません。

口座開設や投資時の複雑な手続きなども、エメラダ・エクイティが代行してくれます。

もちろん、代行に対する手数料も無料です。

メリット4. 少額からも投資できる

エメラダ・エクイティでは、1案件に対して上限金額は49万円。

低ければ、10数万円からも投資できます。

投資可能額は案件によって異なるので、気になる企業に出会ったときは「いくらから投資できるのか?」をしっかり確認しておきましょう。

メリット5. 企業からの情報提供があるので長い目で見守れる

公式には下記のようにあります。

お客さまには投資先企業をサポートしていただけます。投資先企業のPR、潜在顧客や人材の紹介、製品やサービスへのフィードバックの提供等、企業に対して具体的な支援を行っていただく機会があります。(公式:エメラダ・エクイティ

実際に投資していると、投資した企業に興味を持つものです。「投資した企業の成長を観察できる」ことこそ、投資の醍醐味と言えるのではないでしょうか?

結論!信頼性のある投資を求めるならエメラダ・エクイティ!

エメラダ・エクイティの最大の特徴は、プロの投資家(ベンチャー・キャピタルやエンジェル投資家)がすでに出資している企業に限定していることです

このため詐欺の可能性が非常に低く、信頼性があります

IPOやM&Aという言葉が公式サイトに見られることから、これを狙っている企業が多いとも推測できます。

信頼性のあるベンチャー企業への投資を希望するなら、エメラダ・エクイティはとってもオススメです。

3. エメラダ・エクイティで投資を行う際のデメリット(注意点)!

さて、「エメラダ・エクイティで非上場ベンチャーに投資をしてみたい!」と思ったのではないでしょうか?

しかしながら、注意すべき点(デメリット)もあります。それは次の4点です。

  • 上場までは株を持てない
  • 前提として未公開上場株はハイリスク!
  • 口座開設には厳しい審査が必要!
  • ある程度の所得がある人向き!

ちゃんと理解しておけば、ほとんど問題はありません。ただし、事前にしっかり確認しておくことが重要です!

デメリット1. 上場までは株を持てない(新株予約権

エメラダ・エクイティは、将来的に未上場ベンチャーの株式を入手できる権利を購入できるサービスです。

この権利のことを「新株予約権」と言います。

新株予約権は投資時で株を入手できないけれど、将来的に株式を取得できる「権利」を保有することです。

この権利を行使することで。株式を入手できます。

この権利を行使できるのは10年間と決まっており、具体的に行使ができるタイミングは「上場後」か「10年が経つ前の最後の1ヶ月間」です。

実際に未上場ベンチャーの株式を入手できるわけではないということを覚えておいてください。

デメリット2. 前提としてベンチャーへの投資はハイリスク!

前提として、ベンチャーへの投資は大きなリターンを見込める可能性がある分、リスクも非常に高いことを理解しなければなりません。

ベンチャー企業では成功したときのリターンは凄まじいものがありますが、倒産する企業が多いのも事実です。投資先企業が上場または売却されないまま解散すると、もちろん投資分の損失です。

そのため、「倒産して株式の価値が0になっても良い!」という企業に投資を行うスタンスでなければ、避けるのが賢明かもしれません。

リターンより応援するという気持ちで投資を行うべきでしょう!

10年間動きがなければ価値がゼロに!

また「新株予約権」の期限は10年間です。

応募後10年間が経過した場合は、投資分は全てマイナスとなってしまいます。

この点にも注意が必要です。

デメリット3. 口座開設には厳しい審査が必要!

エメラダ・エクイティの投資家登録はとても厳しいと言われています。

ネットを見ていても「審査に落ちた…」という情報が多いです。

エメラダ・エクイティ公式サイトの取扱要領を読むと、以下のようにあります。

金融資産(預貯金を含む)を500万円以上保有している人が最低条件となっています。

しかし、そもそもベンチャー投資はハイリスクです。

厳しい審査基準を敷いているということは、逆に顧客のことを考えた良心的なサービスとも言えます。

デメリット4. ある程度の所得がある人向き!

金融資産の最低金額から考えると、エメラダ・エクイティはある程度の余剰資金(生活とは関係のない余ったお金)がある「中・高所得者向け」のサービスです。

何度も申し上げますように、ベンチャー投資はハイリスクです。

そのため、手元に金銭的余裕のない方は、一攫千金を夢見て投資を行うのは推奨しません。

まとめ!しっかり注意しておけば問題ない!

注意点をもう一度まとめます。

  1. 上場までは株を持てない
    →将来株式を入手できる権利を購入するイメージ
  2. 前提として未公開上場株はハイリスク!
    →倒産リスクもあるとしっかり確認しよう!
  3. 口座開設には厳しい審査が必要!
    →金融資産を500万円以上保有している人が対象!
  4. ある程度の所得がある人向き!
    →生活に余裕のない人にはオススメしない!

投資は怖いように思いますが、ベンチャー投資はハイリスクだと理解し、投資を行うのなら問題ありません。事前にしっかり理解しておけば、大きな失敗は起きにくくなります。

さて、投資家のメリット・デメリットについて見てきましたが、ここからは起業家がエメラダ・エクイティを利用するメリットについて見ていきたいと思います。

起業家についての項目を飛ばしたい方はこちら【「5. エメラダ・エクイティの評判・口コミは?に」進む

4. 起業家から見るエメラダ・エクイティのメリットとは?

もし、あなたが資金調達を行いたい起業家なら、エメラダ・エクイティを利用するメリットはたくさんあります。

実際にエメラダ・エクイティを利用して、多額の資金調達に成功している企業は沢山あります。

起業家がエメラダ・エクイティを利用するメリットとして考えられるのは、次の3点です。

  • 企業価値を確かめることができる!
  • 株主になるわけではないので経営に影響がない
  • エメラダ・バンクを利用できる

順番に見ていきましょう。

メリット1. 企業価値を確かめることができる!

起業家にとってエメラダ・エクイティを利用する最大のメリットは、企業価値を確かめられるという点でしょう!

上記は、案件と案件に投資した投資家の数を表しています。

つまり「投資家の数が多い=多くの人から期待されている=企業価値が高い」ということです。

自分の企業の期待値を公の場で計れるので、多くの投資家から資金を集められると自信にもつながり、さらなる事業発展を望めます。

メリット2. 株主になるわけではないので経営に影響がない

エメラダ・エクイティは、あくまで「新株予約権」を購入できるサービスです。

そのため、投資家は直接的に株式を保有するわけではありません。

つまり、株式を保有しないので、議決権を持ちません。

そのため、エメラダ・エクイティで資金調達を行った企業は、ある程度投資家に縛られず自由な経営ができると言えます。

メリット3. エメラダ・バンクを利用できる

エメラダ・エクイティは「エメラダ・バンク」というベンチャー向けの借入サービスを運営しています。

「エメラダ・バンク」は成長企業(ベンチャー企業)に限定して、エメラダから500〜5,000万円までの投資を受けられるサービスです。

銀行やビジネスローンから借入を行うより、低い金利で買入できるのが大きな特徴です。

このように、エメラダ・エクイティがベンチャー企業向けの支援政策を推進しています。

「エメラダ・バンク」には、下記のようなメリットもあります。

  • 複数の銀行への紹介や事前交渉をサポート
  • 株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」で1億円まで増資が可能に
  • 他のユーザーが参加する「エメラダ・コミュニティ」への参加でビジネス拡大が可能に

(引用:エメラダ・バンク

5. エメラダ・エクイティの評判・口コミは?

実際にエメラダ・エクイティを利用している人が「どんな感想をもっているか」SNSを使って調査しました!

口コミをまとめると「運営の対応が素晴らしい」「新株予約権が良い」「プロの投資家が投資をしているベンチャーなので信頼できる」という好意的な意見もある一方、「案件の少なさ」「審査の厳しさ」を指摘する声もありました。

好意的な口コミ

懸念点を指摘する口コミ

6. ファンディーノと比較!何が違うの?

エメラダ・エクイティは「ファンディーノ」という株式投資型クラウドファンディングサービスと比較されます。

「どちらのサービスがオススメなのか」と気になっているのではないでしょうか?

結論を言いますと、どちらのサービスも利用するのが正解です。

というのも、株式投資型クラウドファンディングの主役は投資先の企業です。魅力的な投資先の企業をベースに投資するかを選ぶべきなので、どちらを利用するべきとは言えません。

ただし、少しサービスの特徴が違います。下記はその違いをまとめた比較表になります。

大きな違いとしては、ファンディーノでは株式を入手でき、株主としての権利が認められていますが、エメラダは新株予約権を購入するので、株主になるわけではありません。

一方、エメラダはVCやエンジェル投資家などプロの投資家のお墨付きがある企業を扱っていますので、案件に信頼感があります。

よって、投資した企業と密接な関係性を望むならファンディーノ

信頼感の高い企業に投資を行いたならエメラダ・エクイティを選ぶといいでしょう。

もちろん、主役は投資先の企業なので、企業の事業内容をしっかり確認してから投資しましょう!

ファンディーノ についてはこちら「FUNDINNO(ファンディーノ)を起業家・投資家目線から解説!口コミ・評判も!」の記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

まとめ

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」について解説しました。

エメラダ・エクイティは今後、ベンチャー企業における資金調達の1つの形となるでしょう。

リスクこそありますが、未上場ベンチャー企業に投資できる絶好の機会です。信頼性の高い案件を扱っていますので、将来性に期待が持てます。

お金に余裕があり、ベンチャー企業を応援したい方にはオススメのサービスです。

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*