知らないと損?fund eyeを利用する前に確認すべき全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

fund eyeのロボアドバイザーについてお調べ中でしょうか?

fund eyeが提案する通りに、資産運用すれば効率的に資産を増やせるメリットがあります。

しかし、fund eyeは自分で資産運用しなければならないため、投資初心者には少しハードルが高め。全くの初心者には、ウェルスナビなどの投資一任型ロボアドバイザーの方が失敗しない可能性があります。

ここではfund eyeのメリットとデメリットを解説。この記事を読めば、fund eyeのことは全てわかるので、参考にしてください。

1. fund eyeとは?

投資取引サポートツール fund eye 全ての人に全ての投資信託を!どなたでも無料でお使いいただけます。

fund eyeは、SMBC日興証券株式会社が提供するアドバイス型のロボアドバイザーです。

主に2つの診断機能があり1つは「初めての1本を選ぶ診断」、もう1つは「リバランスをする診断」です。

投資デビューしたい!「はじめての1本を選ぶ」なら左側 賢く運用したい!「リバランスする」なら右側

診断の通りに運用を行えば、より着実な運用を臨めます。

1-1. 初めての1本を選ぶ診断とは

診断結果 あなたにオススメの投資信託はタイプ2に投資信託です。

6つの簡単な質問に答え、投資対象を選ぶとfund eyeがあなたにぴったりの投資信託を最大3つ選んでくれます

これは、過去の運用実績やモーニングスター社が行なっている投資信託のレーティングをもとに、国内5000本以上に銘柄から自動的に選定されます。

1-2. リバランスをする診断とは

fund eyeでは現在のポートフォリオを理想的なポートフォリオにリバランスします。

すでに投資信託で運用を行なっている人が、自分の運用状況を見直すことができる診断です。

1分程度の簡単な質問に答え、自分が今運用している投資信託の情報を入力し、加えて数点の質問に答えると、資産配分の修正案を提示してくれます。

2. fund eyeをおすすめする5つの理由

fund eyeをオススメするのは次の5つの理由があるからです。

  1. 選定対象は国内の全銘柄
  2. 新しい銘柄を追加したい時に使える!
  3. 診断は無料
  4. 確定申告が必要ない
  5. NISA口座で利用できる

理由1. 選定対象は国内の全銘柄

あなたにあった投資信託の組み合わせは?国内株式投資信託約5000銘柄ほぼ全てに対応。保有の投資信託と金額を入力していただくと現在のあなたのポートフォリオをチェックして、理想的なポートフォリオへのリバランス(銘柄の入れ替え)をご案内します。

fund eyeで選ばれる銘柄は、国内にある5000本以上の投資信託からになります。

一般的なアドバイス型のロボアドバイザーは、そのロボアドバイザーを提供している証券会社が取り扱っている投資信託に中からしか選ばれないので大きなメリットです。

理由2. 新しい銘柄を追加したい時に使える!

すでに投資信託で運用を行なっている人が、自分の運用状況を見直すことができるのはfund eyeだけです。

投資信託で運用を行なっていると、新しい銘柄を買いたい時も出てくるでしょう。そんな時にfund eyeを利用すれば、賢く調整を行うことができます。

また、診断自体は他の証券会社で資産運用を行なっていてもできます。

理由3. 診断は無料

どなたが利用しても0円 SMBC日興証券に口座をお持ちでない方でもお使いいただけます。

fund eyeの診断は無料です。変な登録も必要ありません。

ホームページからいつでも無料で利用できます。

理由4. 確定申告が必要ない

fund eyeを利用しSMBC証券の口座を開設する際、あなたの運用口座が源泉徴収ありの特定口座なら、運用益が出ても確定申告の必要はありません

※年間の利益が20万円以下(所得がない方は38万円以下)の場合、一般口座でも確定申告は不要。

理由5. NISA口座で利用できる

fund eyeは他のロボアドバイザーのように投資一任型のサービスではないのでNISAやジュニアNISAなどの口座でも利用することができます

NISA口座で運用を行えば、運用益が全て非課税となるので、fund eyeと組み合わせて利用することで、抜群の相性を発揮します。

3. fund eyeのデメリット

ここは要チェック

fund eyeにデメリットはなのでしょうか?いくつかデメリットはあります。それは次の点です。

  • あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!
  • 積立投資には対応せず
  • 手数量が不透明
  • サポート体制が不十分

3-1. あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!

fund eyeはあくまで投資に関するアドバイスのみを行います。それを実行するのは投資家本人です。

アドバイスだけ受けてあなたが何もしなかったら、結局お金は増えません。

ウェルスナビ」や「THEO」など運用の全てを、ロボアドバイザーが行なってくれるサービスもあるので、少々面倒であるといえます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3-2. 積立投資には対応せず

fund eyeは積立投資には対応していません

積立投資とは「量(口数)」を購入していく投資方法です。積立投資を行うことにより、相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

積立投資を設定できる投信工房などのロボアドバイザーもあるのでデメリットです。

※SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を利用すれば積立投資は可能

3-3. 手数量が不透明

fund eyeが提案する投資信託の手数料は高いものから安いものまで様々です。

そのため、手数料が不透明だと言えます。投資初心者にとっては、その投資信託が本当にいいものなのか判断しにくいというデメリットがあります。

3-4. サポート体制が不十分

現在、質問が行えるチャット機能が停止中です。

質問等は直接SMBC日興証券に問い合わせ番号を調べて聞く必要があるので、少々面倒です。

4. fund eyeはこんな人におすすめ!

こんな人にオススメ!

fund eyeロボアドバイザーによるアドバイスを聞きながら、ある程度自由に投資を行いたい投資初心者にオススメのロボアドバイザーです。
また、現在の運用状況を見直したい人にもオススメです。

もし、投資の全てをロボアドバイザーに任せて、ほったらかしでお金を増やしたい方には「ウェルスナビ」をオススメします。
NISA口座では利用できませんが、運用成績も優秀で、特定口座を利用すれば確定申告も必要ありません。お金を預ければ、後は勝手にお金を増やしてくれます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

5. fund eyeを契約する前に知っておきたいこと

fund eyeで実際に資産運用を行う前に知っておいた方がいい事をご紹介します。

5-1. 投資で絶対に資産が増えるとは思わないように!

投資には常に元本割れ(損益が出る)リスクがあります。

いくら優秀なロボアドバイザーといっても、将来の相場状況を正しく判断することはできません。

しかし、長期投資を行うことによってこの元本割れリスクを軽減することができます。元本割れを防ぎたいときは長期的な目線で投資を行うようにしましょう。

5-2. お得なキャンペーンを実施中 

積立なら日興 dポイント10000ptを当てよう!キャンペーン 月額10000円以上引き落としの方に、当選のキャンス! 実施期間:2017年10月2日(月)〜12月29日(金)

fund eyeを扱う、SMBC日興証券株式会社では定期的にお得なキャンペーンを実施中。

キャンペーンを利用してお得に運用を開始しましょう。

まとめ

fund eyeを使って投資を行う際に知っておくべき事を解説しました。

診断対象が国内の全銘柄で、他の証券会社を利用していても気軽に使える点が優秀です。

fund eye投資信託で資産運用を行うなら知っておいて損はないロボアドバイザーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*