インパクト投資とは?投信(ファンド)等の投資方法の紹介から将来性まで!

impact-investment

インパクト投資についてお調べ中ですね。

せっかく投資をするなら、あなたのお金で社会を良くしたい!こうは思いませんか?

そんなあなたにぴったりの投資こそ、インパクト投資です。

日本ではまだまだ普及していない概念ですが、海外では投資の主流となりつつあります。

社会もハッピー!そしてあなたのお金と心もハッピー!

そんなインパクト投資について徹底解説します。

この記事を読めば、あなたもインパクト投資を始めたくなることでしょう!

1. インパクト投資とは?

インパクト投資とは、経済的利益を超えて、プラスのインパクトを創出することを目的としている投資である。

(引用:インパクト投資の現状と展望-内閣府NPO

内閣府の資料では上記のように定義付けを行っています。

もっとわかりやすく言えば、社会問題に対して投資を行いそれを解決しながらかつ経済的利益を得ることのできる投資です。

社会問題を解決する方法としてよく挙げられるのが「寄附」ですよね。

要するに、インパクト投資とは社会問題解決のために「寄附」して「儲かる」投資です。

(1)インパクト投資とESG投資の違いは?

ここで気になるのが、ESG投資との違いです。

ESG投資とは、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)のそれぞれの観点から投資を行うことです。

インパクト投資はESG投資の一つの手法と捉えられています。

インパクト投資が社会問題の解決を目的とした投資であることに対して、ESG投資は必ずしもその必要はなく、もっと大きな概念となります。

インパクト投資では。企業が環境・社会・企業統治それぞれ配慮した上で、自らの事業を進めていることが投資の条件となります。

現在、ESG投資家のインパクト投資への関心は高まりつつあります

投資の内容は違えども、ESG投資家の多くが「社会の“負”をなくす」という価値観を持っているので、インパクト投資にも関心が生まれるのは自然な流れとも言えます。

(2)インパクト投資とSDGsとの関係性とは?

(引用:外務省「持続可能な開発目標」(SDGs)について」)

インパクト投資は、社会問題の解決を目的とした事業への投資であることから、社会の持続的な発展も考慮されています。

したがって、持続可能な社会のための国際目標であるSDGsとも関連します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。(引用:外務省

SDGs達成ために、官民共に活動をしていくための投資として、インパクト投資があると言えます。

(3)インパクト投資とソーシャルレンディングの関係性とは?

(引用:「SBIソーシャルレンディング」)

インパクト投資を行う場の一つとして、ソーシャルレンディングが挙げられます。

ソーシャルレンディングとは、投資したい個人投資家と資金を集めたい企業をインターネット上でマッチングさせるサービスです。したがって、クラウドファンディングの一種でもあります。

しかし、日本でよく知られているような「CAMPFIRE」のような購入型クラウドファンディングとは違い、融資を行い利回りを得られることから「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれます

ソーシャルレンディングを利用する企業は、実績がない企業がほとんどです。つまり、投資の判断基準が事業内容が魅力的かどうかになります。

社会問題の解決を目的とした事業を始めたい企業からすると、ソーシャルレンディングは魅力的な資金調達の場になります。

したがって、ソーシャルレンディングを利用して投資を行なった先が、社会問題の解決を目的とした事業であるならば、結果的にそれはインパクト投資であると言えます。

2. インパクト投資の将来性

実際にインパクト投資の動向について見ていきましょう。

GSG国内諮問委員会が出した資料によると、国内における2017年のインパクト投資の運用額は718億円に推計されたと記載されています。

一方で、GIINの2017年に公表した資料によると、世界全体での運用額は1140億ドル(約12兆円)となっています。したがって、日本のインパクト投資の運用額は世界と比べて非常に少ないといえます。

しかし、日本でのインパクト投資市場は大きく成長しつつあります

2016年では337億円と2倍以上もの増額となり、この流れは今後も続くとされています。

その具体的な動きとして、ソーシャルインパクトボンド(SIB)というものがあります。

3. ソーシャルインパクトボンド(SIB)とは

ソーシャルインパクトボンド(SIB)とは、民間資金で行われたインパクト投資が成功した場合、行政から投資家へ資金が償還される、民官連携の社会的投資スキームを意味します。

つまり、インパクト投資を民官ともに行う動きのことを言います。

SIBへの関心も非常に高まっており、実際に2017年に第1号案件が組成されています。

行政もインパクト投資を行うとなると、これは大きな追い風になりますね!

まだまだ案件としては少ないですが、今後も案件が組成されるのは間違いないでしょう。

4. 個人がインパクト投資を行うには?

さて、ここまで読んだ方の中にはインパクト投資を行いたい!を思った方もいらっしゃるのでは?

そこで、国内でもインパクト投資を手軽に行う方法を3つご紹介いたします。

(1)セキュリテ

セキュリテは、インパクト投資に特化したプラットフォームです。

具体的には、サイト上に「温泉事業の拡大」や「太陽光の普及」などたくさんのテーマに沿ったファンド(お金を集めて投資をする基金のこと)が、そこに投資を行います。

投資家は定期的に分配金を受け取ることができます。また、購入口数によって投資家特典を受けることもできます。

1口数万円の少額からインパクト投資を行うことができるのが特徴です。

(2)世界インパクト投資ファンド(Better World)

投資信託でインパクト投資を行うという方法もあります。

世界インパクト投資ファンド」は大和住銀投信投資顧問株式会社が運用する投資信託です。

「衣食住の確保」「生活の質向上」「環境問題」の3つのカテゴリーの中から、それぞれ3~4種類のテーマを設定し、銘柄選定を行っています。

選ばれる銘柄はどれも社会的問題を解決しうる可能性のある有望企業です。

しかし、購入手数料や信託報酬が高いので投資する際は注意したいところです。

(3)FOLIO(フォリオ)

FOLIOは、2017年に株式会社FOLIOがサービスを開始した日本初のテーマ投資型オンライン証券です。

投資家は60種類を超える「人工知能」や「コスプレ」「京都」といったテーマを選ぶだけで、複数の企業にかんたんに投資ができます

「再生医療テクノロジー」や「健康食品」などのテーマもあり、社会に直接関係あるテーマを選べばインパクト投資と言えるでしょう。

まとめ

インパクト投資について解説しました。

インパクト投資という概念は国内ではまだまだ普及していませんが、世界では主流になってきています。

社会問題の解決を目的として利益も得る!」これは投資の本来あるべき姿ではないでしょうか?

今後とも、インパクト投資の普及から目が離せません。

スポンサーリンク

 

コメントはこちらからどうぞ!

*