IOTAの購入でおすすめの取引所はここ!買い方まで詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

IOTAの取引所をお探しですか?

IOTAはIOT技術とともに使用する仮想通貨で、富士通などが提携している注目の仮想通貨です。

国内にはなく、世界に8つ以上IOTAを取引できる取引所がありますが、そこから選ぶのは慎重でなければなりません。

なぜなら、適当に選んだ結果、「言語がわかりづらく誤った取引をしてしまった」など損をしたり、あまり使われていない取引所で、取引が成立しないなどのトラブルにあうこともあります。

結論としては、 IOTAはバイナンスで取引することがおすすめです。

ここでは、その理由を3つのポイントで説明していきます。

1.IOTAとは?

IOTAの特徴を3つのポイントで説明すると、

IOTで使用することを目的に開発された
・将来性に期待して、富士通などが提携を発表している
・時価総額8位の仮想通貨

で、今後IOT技術が発達するにつれて伸びる可能性のある仮想通貨です。

IOTAを購入できる取引所は、日本にはなく、世界に8つ以上ありますが、もっともおすすめなのはバイナンスで購入することです。

IOTA取引高割合

ここでは特に取引量が多い3つの取引所

バイナンス
Bitfinex
Coinone

を比較していきましょう。

2.IOTAが購入できる取引所を比較!

ここでは、取引所の違いがわかりやすいように、比較表を作りました。

これらの表でスペックを比較した結果、もっともおすすめだと言えるのはバイナンスです。

なぜ、そう言えるのか取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.手数料がやすいか
ポイント2.取引量が多いか
ポイント3.日本語/アプリ対応で初心者でも使いやすいか

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

ポイント1.手数料がやすい

取引所を選ぶ際には手数料をどれだけ安く取引できるのかが重要になります。

なぜなら、ほんのわずかな手数料の違いによって実際に獲得できるコインの枚数に影響して、損してしまうこともあるからです。

なので、手数料ができるだけ安い取引所を利用しましょう。

3つの取引所の手数料を比較した結果、バイナンスが最もお得です。

基本的に海外取引所は国内取引所よりも安い手数料になっています。

なかでもバイナンスでは独自通貨バイナンスコイン(BNB)を使ってIOTAを購入できます。その場合手数料は半額の0.05%で取引できるのでかなりお得と言えます。

ポイント2.取引が多いか

取引所を選ぶ場合は、利用者の多さや取引の流動性に注目するのが大切です。

もし、流動性がひくいと、最悪の場合取引が成立しないまま、預けたお金を取り出せなくなることがあります。

なので、利用者が多く取引が頻繁に行われている取引所を利用するべきです。

IOTAの取引高はバイナンスBitfinexが多いといえます

IOTA取引量はBitfinexが最大手

IOTAの取引高の割合を見てみると、Bitfinexが世界最大手になり、バイナンスCoinoneが続く形になります。

他の通貨も取引するならバイナンスが最大手

一方で、仮想通貨全体での取引高を見てみるとバイナンスが世界で最も多い取引所になります。

取引所は取引が活発でなければ成立しないことになります。

IOTAに限らず、他の通貨の取引量が多いこともポイントとなります。

バイナンスBitfinexがおすすめといえるでしょう。

ポイント3.日本語/アプリ対応で初心者でも使いやすいか

初心者にとって使いやすいかどうかも重要なポイントです。

その理由は、仮想通貨取引を始めた当初はわからないことがたくさんあったり、気軽に行えることがストレスやトラブルなく取引できる秘訣です。

日本語を使って取引できて、アプリも充実しているバイナンスが初心者にとって使いやすいといえるでしょう。

日本語対応している

まず、言語面で考えると、バイナンスが日本語対応という面で非常に使いやすいといえるでしょう。通貨の用語などに慣れてくると、英語でも問題はないですが、初めのうちは何が何やら良くわからない英語を見ていかないといけないのは大変です。

また、Coinoneは英語表記ができますが、ところどころ韓国語が入り混じっていて、もう嫌になります。

アプリがある

どの取引所にもアプリはありますが、Coinoneにはi OSのアプリがないのでバイナンスBitfinexがおすすめです。

3. 結論!バイナンスがもっともおすすめ!

以上の評価から、IOTAを取引するにはバイナンスが最もおすすめです。

その理由は、手数料がやすい取引量がおおい日本語を使えるという点が優れているからです。

一方で

Coinone取引可能通貨が少ない言語面で使用しづらいなどの理由でおすすめはできません。

Bitfinexはおすすめできない?!

Bitfinexは取引量の多さや手数料に問題はありませんが、日本語が対応できない点とセキュリティ面で少し懸念点があります。

それは、かつて数度ハッキング被害にあい2015年には約1,500BTC、2016年には約119,756BTCの盗難にあったことです。

もちろん、そのような教訓があるからこそさらに、セキュリティー対策を強めていることだと思います。ただ、それでも過去に何度かあったという事実があるのは疑わざるを得ないですよね。

4.バイナンスをもっともお得に契約する方法

バイナンスは世界最大の取引所です。

IOTAのようなすでに時価総額が高い通貨だけでなく、今後ポテンシャルのある通貨も扱っているのでできるだけ早く登録しましょう。

登録はバイナンスの公式サイトから簡単に行うことができます。迷うことはあまりないと思いますが、詳しい登録方法は、『仮想通貨取引はここで決まり!バイナンスをおすすめする3つの理由』の記事で解説しているので参考にしてください。

ちなみに、海外の取引所では日本円で仮想通貨が買えません。なので、日本の取引所で買った仮想通貨を海外の取引所に送る必要があります。国内取引所としておすすめなのは、Zaifかビットバンク。詳しくは、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事をご覧ください。

5.まとめ

IOTAは世界で注目の仮想通貨の1つです。

IOTでの使用を目的にしているので、IOT市場が大きくなればなるほど、IOTAの価値も高まっていくといえるでしょう。価格が高騰する前に、おすすめの取引所であるバイナンスで、早いうちに購入しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*