iD決済ができるメルペイとは?使ってわかったメリットや注意点、使い方まで解説!

「メルペイって他のスマホ決済アプリと比べて便利なの?」「メルカリとどう関係あるの?」

このように思って、こちらの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

メルペイとは、フリマアプリ「メルカリ」に追加されたスマホ(モバイル)決済機能。

一番の特徴は、メルカリの売上金を電子マネーとして、コンビニ等でお買い物ができること。つまり、今まで持て余していたメルカリの売上金をいつものお買い物で使えるということ!

他のスマホ決済アプリと違って、「iD」での決済もできるので、使えるお店が多いことも魅力。

この記事では、メルペイの評判や使い方から、メリットから向いている人まで、徹底的に解説します。

自分がメルペイを使った方が良いかどうか判断できますので、ぜひ一読ください。

1. メルペイとは?

メルペイとは、フリマアプリ「メルカリ」に追加されたスマホ決済です。

「メルペイ」というアプリではなく、メルカリの一機能として、メルカリ内のアプリにて利用できます。

最大の特徴はなんと言っても、メルカリの売上金を「メルペイ電子マネー」として、普段のお買い物として使うことできること!

そんなメルペイの魅力について、さっそく見ていきましょう。

2.メルペイの使い方

メルペイは、メルカリ内に設置されているので、メルカリがダウンロードされていれば即利用できます。

この記事では

・支払い方法
・チャージの仕方

この2つについて解説していきます。

支払い方法

メルペイの支払い方法は2種類となります。。

メルペイの支払い方法

・非接触端末「iD」払い
・コード支払い

非接触端末「iD」払い

画面下メニューの「メルペイ」から、「電子マネー(iD)で支払う」をタップ。

(iPhoneの場合)Apple Payが起動し、電源ボタンのタブルクリックし、リーダーにかざして完了。

お店のスタッフとのやり取りは、最初に「iDで」と伝えるだけ。
とても簡単ですね!

コード支払い

メルペイ画面の「コード払い」をタップし、コードを表示させます。

お店のスタッフに「メルペイで」と伝え、コードを読み取ってもらい、お支払い完了。

コチラもコードを見せるだけなので、とても簡単ですね!

自分でQRコードを読み取り、金額を入力する手間は必要ありません。

チャージの仕方

メルペイは、メルカリの売上金をそのまま使えますが、銀行口座からチャージして使うこともできます。

メルペイ画面の「チャージ(入金)」をタップし、入金したい銀行口座と金額(1,000〜200,000円)を設定し、「決定」タップして完了。

「電子マネー登録」と「本人確認登録」を忘れずに!

ココまでお支払い方法とチャージの仕方を解説しましたが、実際に使うには「電子マネー登録」と「本人確認」が必要です。

電子マネー登録すればメルペイは使えますが、メルカリの売上金でポイントを購入しないと使えません。

本人確認の手続きが完了して、初めて売上金と銀行口座からチャージしたお金が自動で電子マネーに変換され、スムーズにお支払いができます。

詳しくは、後ほど「7. メルペイの始め方・登録方法!」で解説します。

3. メルペイならではの4つの魅力!

数多のスマホ決済が乱立する中、メルペイの魅力は何でしょうか?

実際に使ってわかった、メルペイのメリットはコチラになります!

メルペイの4つの魅力

  • メルカリの売上金がメルカリ以外で使えるので、メルカリへの出品がはかどる!
  • 「iD」で使えるお店がグンっと増える!
  • 売上金をいつでも銀行に振り込めるので、口座振込の期限を気にしなくて済む!
  • 「メルペイあと払い」を使えば、毎回チャージせずに翌月一気に払える!

順番に見てきましょう!

(1)売上金がメルカリ以外で使えるので、出品がはかどる!

「売上金たくさんあるけど、メルカリで欲しいものがない…」

メルカリで出品するにしても、売上金を持て余していたら勿体無いですよね。口座へ出金するにしても、手数料と時間もかかります。

その結果、出品が面倒になったことはありませんか?

しかしメルペイなら、スマホ決済で売上金が使えるので、持て余すことはありません。

メルカリを今まで利用していた方には夢のような機能です。

自分が欲しいものがあれば、出品の手続きもなんのことです。

(2)「iD」で使えるお店がグンっと増える!

メルペイの支払い方法は、従来のスマホ決済アプリのようなコード決済だけではなく、「iD」でもお支払いが可能。

iD加盟店は、なんと90万(2019年3月現在)ものお店導入されています。

つまり、他のスマホ決済アプリが使えないお店でメルペイが使えることも!

Apple Watchで、よりスマートにお支払い!

iPhoneの場合、メルペイの電子マネーは、Apple Payに登録して使います(Androidはおサイフケータイ)。

つまりApple Watchでもメルペイが使えます!

スマホを取り出して、アプリ起動して…と、スマホ決済は何かと面倒な部分があります。

しかし、Apple Watchならポケットから取り出す必要なし。

よりスムーズにメルペイでお買い物が可能です!

(3)口座振込の期限を気にせずに出金できる!

メルペイで本人確認手続きが完了していれば、売上金をいつでも出金できます。

今までメルカリの売上金を出金したい場合、振込期限(180日)が設定されていました。

出金したいと思った矢先に、振込期限が過ぎていて出金できなかった経験はありませんか?

しかし、メルペイで本人確認手続きが完了している場合、売上金の振込期限がなくなります!

どうしても現金が欲しい場合は、期限を気にせず出金ができるようになりました。

ただし、金額関係なく200円の手数料が発生するので注意しましょう。

(4)「メルペイあと払い」を使えば、毎回チャージせずに翌月一気にお支払い!

メルカリのお支払い方法の一つに「あと払い」がありますが、メルペイでも同様の機能が使えるようになりました。

あと払いとは、当月に使った金額を、翌月銀行ATM等で支払う機能です。

毎回お支払いする必要はなく、翌月に一気に支払うことで手間を省けることが魅力!

「ついつい使い過ぎて、翌月大変な金額になって支払いえないのが怖い…」って思いますが、自分で使う金額を設定できるので、使い過ぎを防げます。

ただし、金額に関わらずお支払いの際300円の手数料が必要なので注意しましょう。

4. 使ってわかったメルペイの3つの注意点

他のスマホ決済アプリにはない魅力があるメルペイですが、利用するにはいくつか注意点があります。

使ったからこそわかった、注意点はコチラになります。

注意点

  • ポイント還元サービスがないので、毎日お得に使えない
  • クレジット決済やオートチャージ機能がないので、毎回チャージが必要
  • パスワードを要求されることがある

注意点1. ポイント還元サービスがないので、毎日お得に使えない

大抵のスマホ決済アプリは、使った金額の一定の割合のポイントやキャッシュバック還元サービスがあります。

しかし、メルペイはそのようなポイント還元サービスがありません。

普段お得に使いたい人からすると、物足りないと感じてしまいますね。

ただし、期間限定キャンペーンでポイントがもらえたり、クーポンのサービスがあるので、これらを活用してお得に利用しましょう。

キャンペーンに関する詳細情報は、公式サイトのコチラのページをご参照ください。

注意点2. クレジット決済や銀行口座自動引き落としがないので、毎回チャージが必要

現在のメルペイのお支払い方法は、「メルカリの売上金」か「銀行口座」の2種類のみ。

クレジットカード決済(メルカリは使用可)やオートチャージ機能はありません。

つまり、メルペイ残高がなくなる度に、出品して売り上げたり、銀行口座からチャージが必要です。

毎回残高を気にするのが面倒な場合、使い勝手悪いかもしれません。

しかし、「メルペイあと払い」を使えば、チャージを気にせずに使って、翌月一気に支払うことが可能です(別途生産手数料300円必要)。

注意点3. パスワードを要求されることがある

メルカリのお支払い方法として「iD」がありますが、iDを使っても本人確認手続きで設定したパスワードを要求されることがあります。

パスワードをうっかり忘れて、お支払いができなかったケースがあります。

パスワードは常に忘れないようにしましょう。

5. メルペイがおすすめできる人はこんな人!

結局、どんな人がメルペイに向いているんでしょうか?

ズバリ、メルペイがおすすめな人は以下のような人です!

おすすめできる人

  • メルカリを利用したくても、面倒で出品してなかった人
  • とにかく使えるお店が多い方が良い人
  • 現金で支払いたいけど、毎回チャージが面倒な人

それぞれ詳しく解説していきますね。

おすすな人①:メルカリが利用したくても、面倒で出品してなかった人

「メルカリで売りたい商品があるけど、出品は何かと面倒だし、メルカリで欲しい商品もない…。」
そう思っていた方も多いでしょう。

しかしメルペイが登場したことで、メルカリ以外でも売上金が使えるようになりました。

つまり、メルペイで欲しいものが買えるようになったので、メルカリに出品するやりがいが生まれました。

出品の手続きが面倒でも、その売上金で欲しいものが買えるなら、メルペイはとても便利なアプリです。

おすすめな人②:とにかく使えるお店が多い方が良い人

スマホ決済アプリは、バーコードやQRコードをお店に見せて支払う「コード決済」が主流です。

ただ、画面を出してスタッフに見せるという手順が何かと面倒ですし、使えるお店も限られます。

しかし、メルペイ独自の決済方法として「iD」があります。

すでに90万店舗以上のお店で導入されているので、使えるお店がないことに困ることはありません。

お支払いの際は、お店のスタッフに「iDで。」と伝え、専用の端末にかざすだけ。

少しでもラクしてスマホ決済がしたい場合、メルペイは非常にお手軽なスマホ決済です。

おすすめな人③:現金で支払いたいけど、毎回チャージが面倒な人

現金をチャージして使うにしても、残高がなくなる度にチャージするのが面倒ですよね。

しかし「メルペイあと払い」機能を使えば、当月使った分を翌月に一気にお支払いができます。

別途手数長300円が必要ですが、毎回スムーズにお買い物しつつ、翌月に一気にお支払いできることを考えると、非常に便利な機能です。

さらに、使う金額を設定する機能もあるので、使い過ぎを未然に防ぐこともできます。

こんな人には向いていない…

一方、こんな人にはメルペイはオススメできません。

メルペイがおすすめできない人

・毎日お得に使いたい人
・チャージをするのが面倒

▼毎日お得に使いたい人

メルペイには、支払い毎に一定率の割引やポイント還元のサービスがありません。

毎日使うからこそ、いつもお得にお買い物できたら良いですよね。

キャンペーンでポイントや割引があるにしても、期間限定なので物足りないところ。

ポイント還元や割引を求めている人にとって、メルペイはおすすめできません。

▼チャージをするのが面倒

メルペイのお支払い元は、「メルカリの売上金」か「銀行口座からチャージ」の2種類。クレジットカードやオートチャージでのお支払いはできません。

メルペイあと払いがあるものの、結局ATMでお支払い手続きが必要です。

メルカリの売上金がある人ならまだしも、銀行口座しか使えない方は、残高がなくなる度にチャージするか、メルペイあと払いを使う必要があります。

とにかくチャージやお支払い手続きが面倒な人は、他のスマホ決済を検討する方が良いでしょう。

6. 気になるQ&A

これからメルペイを利用しようと考えている人は次のような点が気になりませんか?

  1. スマホを紛失したらどうするの?
  2. 残高は銀行口座へ出金できる?
  3. 間違えて売上金を電子マネーに変えてしまった!戻せないの?
  4. 通販の支払いでメルペイは使えるの?
  5. 売上金・ポイント・電子マネーのちがい

順番に答えていきますね!

Q1. スマホを紛失したらどうするの?

運営会社へお問い合わせしましょう。

メルカリサイトにログイン後、「マイページ>お問い合わせ」からご連絡ください。

Q2. 残高は銀行口座へ出金できる?

可能です。事前に銀行口座振替申請を行ないましょう。

メルペイで本人確認が完了していれば、期限なしで銀行口座へ出金ができます。

ただし、別途手数料(200円)が必要です。

Q3. 間違えて売上金を電子マネーに変えてしまった!戻せないの?

残念ながら、戻すことはできません。

しかし、電子マネーに変えても、そのままメルカリのお買い物は可能です。

むしろ、売上金でポイントを購入する手間が省けるので、そのまま使いましょう。

出金したい場合も、電子マネーから可能ですよ。

Q4. 通販の支払いでメルペイは使えるの?

2019年現在、メルカリ以外の通販ではメルペイは利用できません。

ただし、メルカリやApple Pay対応の通販サイトなら利用が可能です。

コンビニ支払いを選択し、コンビニでメルペイを支払うこともできません。
メルペイに関わらず、通販のコンビニ支払いは、基本的に現金のみのお支払いとなります。

Q5. 売上金・ポイント・電子マネーのちがい

「売上金」「ポイント」「電子マネー」の関係は以下のような図で把握できます。

メルペイというお財布に入れられるお金が「メルペイ電子マネー」と「メルカリポイント」。

電子マネーは、「銀行口座(現金)」と「売上金」からチャージが可能。

そのままメルカリやiD・コード決済対応店舗でお買い物、と考えるとわかりやすいです。

今までは、売上金でポイントを購入する必要がありました。

しかしメルペイで本人確認すれば、ポイントはキャンペーンでもらえる程度になります。

要は、以下のことを抑えれば大丈夫です!

電子マネー・売上金・ポイントの違い

・メルペイに入れられるのは、「メルペイ電子マネー」と「ポイント」
・「メルペイ電子マネー」は、「売上金」と「銀行口座」からチャージ
・メルペイが使えるお店は、「iD・コード決済対応店舗」と「メルカリ」
・ポイントが得られる機会キャンペーンぐらい

ただし以上のことは、あくまで本人確認手続きが完了した場合です。完了していない場合、売上金からポイント購入して使う必要があります。

7. メルペイの口コミ・評判を徹底調査!

「メルペイが便利そうなのはわかったけど、実際に使ってる人の声が聞きたい」って思いますよね。

そこで、メルペイを実際に使った方々の口コミ・評判を徹底調査してきました!

良かったところ、悪かったところ、双方の視点から集めましたので、ぜひチェックしてみてください。

良かったところ

お支払いのラクさを実感されていらっしゃいますね。

メルカリの売上金の使い道に困っていたところ、メルペイのおかげで解説されたようですね。

とにかくメルペイが便利だと感じていらっしゃいます!

悪かったところ

トラブルにあってメルペイが使えない状態になってしまうことも。

使えるはずのお店で使えないって言われると困りますよね。

コード決済の方はまだまだ普及していないようです。

8. メルペイの始め方・登録方法!

最後にメルペイの始め方を確認しましょう。

メルペイを使うためには、

・電子マネー登録
・本人確認手続き(運転免許証または銀行口座登録)

これら2つを行います。

メルペイ自体は、電子マネー登録をすれば使えますが、売上金でポイントを購入する手間があります。

売上金をそのまま使ったり、銀行口座からチャージしたい場合は、本人確認手続きをしましょう。

電子マネー登録

メルペイ電子マネーは、iPhoneならApple Pay、Androidならおサイフケータイに登録して行います。

メルペイ画面中央の「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ。

携帯電話番号を入力し、SMS認証を行うだけで完了!ここまでたったの1分です。

しかし、このままではメルカリの売上金でポイント購入して使う必要があります。

ので、その登録方法を見ていきましょう。

本人確認手続き

本人確認手続きは2種類あります。

・アプリでかんたん本人確認(運転免許証・在留カード)
・お支払い用銀行口座登録

アプリでかんたん本人確認(運転免許証)場合、売上金がそのままメルペイで使えるようになります。

売上金に加えて、銀行口座からお金をチャージしたい場合は、銀行口座登録を選択しましょう。

▼アプリでかんたん本人確認(運転免許証・在留カード)

運転免許証か在留カードを事前に用意します。

メルペイ画面下にある「かんたん本人確認で売上金の申請期限なしに」をタップし、そのまま設定をはじめます。

画面に表示されている枠内に運転免許証を写しつつ、指示にしたがって顔と免許証を撮影します。

撮影後、カードの文面がはっきり記載されているか確認し、個人情報を入力します。

最後に決済用のパスワードを入力して手続き完了です。

本人確認完了まで数日かかるので、それまで待ちましょう。

▼お支払い用銀行口座登録

銀行口座を登録すれば、売上金が自動的に電子マネーに変換されるだけでなく、銀行口座からチャージもできます。

メルペイ画面下の「メルペイ設定」から、「銀行口座」をタップ。

「銀行口座を登録」をタップし、登録したい銀行口座を選択します。

 

「同意して次へ」をタップし、口座情報を入力後、各銀行サイトへ移動します。


銀行サイトの指示にしたがって個人情報を入力し、決済用のパスコードを設定して手続き完了。

申請完了には、数営業日の時間がかかります。

それぞれの本人確認手続きでも完了すると、メルカリの売上金全額が自動的に「メルペイ電子マネー」に変換されます。

まとめ

スマホ決済アプリが乱立している中、後発組となったメルペイ。

しかし、「iD」でのお支払い機能やメルカリの売上金が使える等、他のスマホ決済アプリとはまったく違う特徴があります。

メルカリをよく使う人にとっては、売上金がメルカリ以外で使えるのでとても魅力的!

もちろん、メルカリで商品を売らない人にとっても、使えるお店の多さなどのメリットがたくさん。

メルカリを利用している方やコード決済も面倒。。iDがいい!という人にはとってもおすすめです。

この記事が役に立てれたら幸いです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*