モナコインの購入でおすすめの取引所はここ!買い方まで詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

モナコインについてお調べですか?

モナコインは日本発の仮想通貨として注目を浴びています。

購入できる取引所は世界中で4カ所ありますが、適当に選んではいけません。

理由としては、同じ金額を払っても得られる通貨の枚数が異なったり、初心者にとって安心できる仕様ではない場合は、使いかったを誤ってしまうこともあります。

なので、ここでは、モナコインを購入する際におすすめする取引所と、その理由を徹底解説します。

1.モナコインとは?

モナコインは2013年に公開された日本発の仮想通貨です。

特徴としては、送金が速く手数料も安い、それに加えてコミュニティーが根強いことで有名な通貨です。

仮想通貨「モナコイン」とは?購入する前に知っておくべき全知識』の記事でも解説しましたが、ネタコインのように考えられえていますが、その使用用途の技術などを注目されれば今後さらに伸びていくでしょう。

モナコインを購入できる取引所は、日本に3つ、世界に1つ以上ありますが、もっともおすすめなのはZaifで購入することです。

Zaifは『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で解説したもっともおすすめの取引所です。

ここでは、取引所の違いがわかりやすいように、比較表を作りました。

これらの表でスペックを比較した結果、Zaifがもっともおすすめだと言えます。

なぜ、そう言えるのか取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.やすく購入できるか
ポイント2.利用者も多く、取引が活発か
ポイント3.初心者でも簡単に取引できるか

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

Zaifの公式サイトは下の画像をクリック↓

ポイント1.やすく購入出来るか

取引を行う場合の基本中の基本なので、どれだけお得に取引ができるかです。

400円で購入したが、他の取引所だったら300円だったとなると100円の損ですよね。

仮想通貨の価格を決めるポイントは2つあります。

1つ目が取引手数料

2つ目がスプレッドの大きさ      です。

取引手数料

取引手数料は取引所が定めている割合に従って取引時に支払う必要がある手数料です。

手数料で比較してみると、bitFlyer、bitbankが無料、Zaif、Bittrexと順に高くなります。

取引額が1万円の場合、手数料0.25%であれば25円の手数料になります。

スプレッドの大きさ

仮想通貨の取引の価格において重要なのは取引手数料ではなく、スプレッドの大きさです。

スプレッドとは買値と売値の価格差の事を指します。

買値が400円で売値が350円の場合は、50円がスプレッドとなります。

ここでは写真を使って具体的に解説していきます。

例えば、bitFlyerの場合は123円がスプレッドになります。

この場合、1042円で買ったのに、売るときは919円で売らなければならず123円分が見えない手数料としてとられている感じです。

つまり、スプレッドが大きければ大きいほど、損をすると考えられます。

スプレッド比較を下の表に行いました。

表を見てもらえれば明らかですが、bitFlyerのスプレッドが圧倒的に大きいです。

1万円でモナコインを購入する場合、1,332円分の価値がなくなると考えられます。

一方で、Zaifは1万円でも14円なので、非常にお得ですね。

結論として、取引手数料が無料のbitFlyerとbitbank.ccですが、スプレッドを加味するとZaifやBittrexの方がお得ということが言えます。

ポイント2.利用者も多く、取引が活発か

bitFlyerを除く3つの取引所はすべて販売所ではなく、取引所という取引の形になっています。(Zaifは販売所もあり)

ポイント1から分かるように取引所は販売所に比べて、値段が安くすぶメリットがありますが、一方でユーザー同士の取引なので、買う時には「売り手」が、売りたい時には「買い手が」いなくては取引が成立しません。

なので、取引所内の取引がどれくらい活発か、は取引所選びの際に重要な観点です。

これは3つの取引所で実際に「モナコイン」がどのような割合で取引されているかを示しています。ZaifとBittrexが全体の90%以上を取引しているので、この2つで取引しておけば、「相手がいない」という問題を避けることができるでしょう。

逆にBitbankは取引割合が小さいので少し不安ですね。

ポイント3.初心者でも簡単に取引できるか

取引所を選ぶ上で、使いやすく取引できるかが重要です。

いくら手数料が安く、取引が活発でも「何から始めればいいのかわからない」「英語を読み違えて誤った操作をした」などがあってはなりません。最低限の基準として使いやすさを重視しましょう。

取引可能ペア

仮想通貨の取引では、欲しい通貨が何建てで取引ができるのかが重要です。

例えば、国内取引所であれば円建てで取引できるので日本円を入金して即取引できますが、海外取引所のBittrexはBTC建てとなるため、わざわざビットコインに変えなければなりません。

その際に国内から海外に通貨を送金しますが、そのやり方が分からず送金を失敗してしまうとその資産は戻ってこないこともあります。初めのうちは日本円で取引できる取引所がおすすめです。

日本語対応

これも、国内取引所と海外取引所の違いですが、国内はもちろん日本語が使えます。一方で海外取引所のBittrexは日本語非対応なので、初めはあまり見慣れない単語に苦戦する可能性があります。

アプリの有無

アプリは普段忙しいひとや、移動中にも手軽に取引することができる大切なツールです。

アプリができるだけ充実している取引所を利用することがおすすめです。

この3つの観点から初心者でも簡単に取引できるのは、bitFlyerZaifといえるでしょう。

3. 結論!Zaifがもっともおすすめ!

以上の評価から、モナコインを取引するにはZaifが最もおすすめです。

その理由は、手数料がやすい取引量がおおい初心者でも気軽に利用できるという点が優れているからです。

一方で

bitFlyerは取引のしやすさはあるものの、やはり取引にかかる手数料が高く損をしてしまう
bitbankは手数料は安いものの、取引量が少ないことや、アプリが充実していない
Bittrexは取引量の多さなどに問題はありませんが、日本語が対応していないこと

などの理由から初心者にはおすすめしません。

4.Zaifをもっともお得に契約する方法

今現在、登録時におけるキャンペーン情報はありません。(2018年1月17日)

なので、まずはすぐに登録を済ませておきましょう。仮想通貨取引の総数が増え、取引所の開設に時間がかかるようになりました。

具体的な登録方法は以下を参考にしてください。

仮想通貨取引でZaifを使用する上でのメリット、デメリットを徹底解説

まとめ

モナコインは日本発の仮想通貨として注目を浴びています。

強いコミュニティを持っていることに加えて、送金速度などの技術面でも素晴らしい特徴を持っている通貨なので、乗り遅れる前に購入しておきましょう。

取引所はあくまでご自身にあったものを使うことをおすすめしますが、初めのうちはZaifで問題ないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

     

    コメントを残す

    *