マネーフォワード有料版はおすすめできる?無料版との違いについて徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マネーフォワードの無料版と有料版の違いについてお調べでしょうか?

無料版でもある程度十分な機能を利用できますが、有料版であれば、より高度な機能を利用する事ができます。

有料版では月額500円なので、そのコストに対してメリットがあるかどうかをしっかりと理解した上で申し込まないといけません。

ここでは、マネーフォワード有料版について徹底解説します。是非参考にしてください。

1.マネーフォワードとは。

マネーフォワードは、株式会社マネーフォワードが運営する家計簿アプリ。

毎月の収入と支出をアプリで一括できる便利なアプリです。

国内でよく使われる3大家計簿アプリである「Zaim」「Monry Tree」と並ぶアプリです。

それら他2つと比較した際の、「Money Forward」の特徴は

  • 連携サービスが多い
  • 無料サービスが豊富
  • ダウンロード数/評価数が多い

の3つが挙げられます。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

家計簿アプリ「マネーフォワード」とは?特徴やメリット、デメリットについて解説!

無料サービスが豊富である事が特徴ですが、「Money Forward」には有料版もあります。

次に有料版と無料版の違いについてご説明します。

2.マネーフォワード有料版はおすすめできるか?

マネーフォワードの有料版は毎月500円かかります。

なので、毎月500円を支払う事がメリットと比較してお勧めできるのかどうかを説明していきます。

マネーフォワード有料版と無料版の違いは大きく分けて次の3つです。

1.他サービスと連携数や閲覧期限に制限がなく使いやすい。

2.通知を行ってくれるので、無駄使いをしなくなる。

3.データ分析がわかりやすい。

まずは、Money Forwardのホームページに書いてある有料版と無料版の違いについてみていきましょう。

1.他サービスと連携数や閲覧期限に制限がなく使いやすい。

まず、Money Forwardをはじめとする家計簿アプリは、銀行やクレジットカード、ポイントサイト等から残高データを引用し、アプリ上で管理する事ができます。

Money Forwardは他の家計簿アプリと比較し、連携できるサービスが多い事が特徴です。

その数は2600と圧倒的に多い事が言えます。

ただし、無料版の場合だと、連携数がたったの10しかできません。

しかし、有料版だと、その制限がなくいくつでも連携する事ができます。

連携数は10で十分かどうか疑問に思う方がいるかもしれませんが、筆者はMoney Forwardを始めてからすぐに10個のサービスと連携してしまい、有料版を利用する事にしました。

ちなみに、筆者の連携しているサービスは下の通りです。

ポイントカードは普通の人と比べてもそこまで多くないと思いますが、「Pontaカード」「Tポイントカード」「nanacoカード」などコンビニで貯める事ができるカードだけでも3つあります。

他にも、Amazonや楽天などの主要ポイントサイトも連携しています。

皆さんも自分が持っているポイントサイト数などを合わせるとすぐに10を超えるかもしれません。

2.データの閲覧期間に制限がないので、比較できる

Money Forwardの無料版ではデータの閲覧期限に1年という制限があります。

連携したデータが1年という制限があるので、年度間で比較する事ができません。

一方で有料版では制限がないので、ずっと昔のデータを閲覧する事ができます。

昔のデータを閲覧する事ができるので、今年の収支が昨年と比べで多いのか少ないかが判断できます。

なので、去年使いすぎたから今年は節約しようと思っても、昨年の支出の内訳がわからなければ節約する事ができませんよね。

閲覧期限が無制限である事は大切だと言えるでしょう。

3.データ分析がわかりやすい。

有料版の場合、家計診断を行いやすいサービスが揃っています。

1.予算と比較できる。

・予算を立てる

毎月予算を変動費、固定費ごとに詳細の予算を立てる事ができます。

例えば変動費であれば「日用品」「交通費」など全部で8つの項目、固定費であれば「住宅」「通信費」など全部で6つの項目で設定できます。

・予算と比較できる

また、立てた予算と支出を比較して「使いすぎ」なのかまだまだ余裕があるのかを比較する事ができます。またどの項目が使いすぎているのか一目でわかるのでどの項目を節約するべきかを考えながら資産管理する事ができます。

2.支出分析ができる

予算の他に支出の細かい内訳を見る事ができます。

・支出ランキング

支出ランキングでは、使ったお金のランキングを見る事ができます。

全部で100位までの支出のランキングを見る事ができます。

なので、自分が何にお金をたくさん使いすぎているか、何を節約するべきかなどがわかるので、無駄遣いを避ける事ができます。

・家計診断

家計診断では理想の収支と実際の収支をグラフで見比べることができます。

このグラフを見ると、理想の支出に対して現在の支出が少ないことがわかるので節約ができているなどがわかります。

3.未来シミュレーター「よそQ」

Money Forwardの面白い特徴として「よそQ」というサービスがあります。

このサービスを使うと、自分の資産の見通しや将来への資産管理のアドバイスをしてくれます。

上の画面のように、年齢に合わせてどのように資産が推移していくかが分かります。

また、いまの手取り収入、支出額、金融資産額などを判断して、点数診断してくれます。このアドバイスを参考にしながら毎月の資産管理ができます。

3.マネーフォワード有料版の口コミについて徹底解説

マネーフォワード有料版の口コミをみていきましょう。

良い口コミ

良い口コミとしては、「資産の詳しい内訳を知る事ができる」「自動更新してくれる」「1年分の収支を見る事ができる」などが挙げられます。

悪い口コミ

悪い口コミとしては、「月額500円が高い」という意見があります。

結論:マネーフォワード有料版はこんな人におすすめ

結論として、マネーフォワードの有料版はつぎの様な人におすすめだと言えます。

連携サービス数が11以上ある。

短期的ではなく、長期的に資産を管理したい。

資産分析を徹底的にしてみたい。

ただし、上記と比べて月額500円は高い、サービスを使いこなす自信が無い人はおすすめできないと言えるでしょう。

4.マネーフォワード有料版をお得に契約する方法

マネーフォワード有料版をお得に契約する方法についてご説明します。

利用料金が480円になる。

 

ホームページのプレミアムサービスに記載されている通り、利用料金をApp Storeを通じて行うと480円になります。

無料期間を利用する。

初めの1ヶ月は無料でお試しすることができます。

初めて有料版を使う人でサービスを試してみたい人は初回30日間無料でお試しができます。

なので、最初はまずお試しを使ってみることをおすすめします。

まとめ

マネーフォワード有料版は月額500円で、連携口座数や閲覧期限に制限がなしで利用できたり、様々な分析ツールを利用する事ができます。

仮に月額500円が高いと思うであれば、まず初めは1ヶ月お試しで使ってみましょう。

実際に使ってみて必要なサービス、そうではないサービスが見えてくるので、一度試してみる事が良いでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*