OmiseGO(オミセゴ)の購入で1番おすすめの取引所はここだ!買い方まで解説

仮想通貨「Omisego(オミセゴー)」の取引所をお探しでしょうか?

OmiseGOは、日本人がCEOとして率いる「Omise」が発行した仮想通貨です。

東南アジアのNo.1決済プラットフォームとなることを目指し、徐々に進歩を見せています。

OmiseGOを購入できる取引所はいくつかありますが、取引所はきちんと吟味して選ばなければいけません。取引所によって手数料が異なったり、取引所そのものの利用者数なども違い、使いやすさなどにも影響するからです。

ここでは、その注目通貨「OmiseGO」を購入する際に利用するべき取引所をご紹介します。

<追記>

OmiseGOの取引所は、原則として海外取引所です。

海外取引所の使用は全て自己責任となります。セキュリティや税金の面などを考慮すると、オススメはできません。それでもよい方のみ、トレードしてください。

1.OmiseGOとは?

Omiseとは、2013年6月に日本人の長谷川潤氏が創立したFintech企業です。決済サービスなどを主に扱っています。

OmiseGOは、Omiseが開発した仮想通貨のこと。決済手段としての目的を持っているのが特徴です。

アジア圏での利用を広め、将来的には東南アジアのNo.1決済プラットフォームとなることを目標としています。

OmiseGOを購入できる取引所は国内にはありません。海外には、10カ所以上あります。結論として、バイナンスがおすすめのOmiseGO取引所です。

 

その中でも、とくに取引高の多い取引所

・Binance
・Bitfinex
・Bittrex

の3つを比較していきましょう。

2.OmiseGOが購入できる取引所を比較!

ここでは取引所の違いが分かりやすいように、比較表を作りました。

これらの表でスペックを比較した結果、もっともおすすめだと言えるのはバイナンスです。

「なぜ、そう言えるのか」取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.安く購入できる

ポイント2.取引所全体での取引量は多いか

ポイント3.日本語やアプリが充実していて使いやすい

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

ポイント1.安く購入できる

取引所を選ぶときは、手数料の安さを比較することが大切です。

手数料を気にせず取引していると、後から「あぁ〜損をしてしまった」と後悔することがあります。

国内取引所の取引手数料が3~5%程度と言われているので、比較すると手数料としてはとても安いと言えるでしょう。

バイナンスは今がお得

バイナンスは先日システムのアップグレードがあり、そのお詫びとして取引手数料が70%OFFになっています。

これにより、通常の取引手数料は0.03% 、BNB(バイナンスコイン)での取引であれば0.015%と非常に手数料が安くなります。

このキャンペーンは2月24日までなので、早めに取引を行いましょう。

ポイント2.取引所全体での取引量は多いか

取引所全体での取引量の多さも、取引所選びにおいて重要です。

流動性が高いことで取引が成立しやすく、単純にみんなが使っていることで安心して使えるからです。

誰も使っていない取引所を使うのは何となく不安になったり、怖かったりしますよね。

世界の取引所、取引割合

取引割合を比較してみると、バイナンスが世界2位の取引割合をほこっています。

もちろんBitfinex、Bittrexも世界に200以上あると言われている取引所の中でトップ10に入る取引所ではあるので、ある程度安心はできますが、バイナンスの方が2倍、3倍取引量が多いということが分かりますね。

ポイント3.日本語やアプリが充実していて使いやすい

初心者にとって使いやすいかどうかも、取引所選びでは重要なポイントです。

仮想通貨取引を始めた当初は分からないことがたくさんあるもの。気軽に操作できることで、ストレスやトラブルなく取引できるのです。

日本語を使って取引できて、アプリも充実しているバイナンスが初心者にとって使いやすいと言えるでしょう。

3. 結論!OmiseGO取引はバイナンスがおすすめ

OmiseGOを購入するなら、バイナンスをおすすめします。

取引所全体での取引割合が高く、アプリ日本語対応など初心者にとって安心できる機能が充実しているからです。また、今なら手数料70%OFFとかなり安い手数料になっているので非常におすすめです。

逆に、Bittrex、Bitfinexはバイナンスと比べて劣っている点はあるものの、取引所としてはとても充実したレベルの高い取引所です。

なので、OmiseGO以外に取り扱い通貨があり、それがバイナンスで扱われていない場合などは、BittrexやBitfinexを使ってください!

バイナンスなどの海外取引所を利用するためには、日本の取引所で購入した仮想通貨を海外の取引所に送金する必要があります。

このとき、手数料の安さなどを考慮するとおすすめできるのは、Zaifかビットバンクです。詳しくは、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で解説しているので、まだZaifやビットバンクを開設していない人は参考にしてください。

4.バイナンスをもっともお得に契約する方法 

バイナンスは2017年1月にリリースしてから、急速に取引量、登録者を増やしている仮想通貨取引所です。主要な仮想通貨なら、ほとんどバイナンスで購入できるので、登録は早いに越したことはありません。

また、先ほども書いた通り2月24日までは手数料が格安となっていますので、早めに登録を済ませておきましょう。

登録は、簡単。バイナンスの公式サイトから新規登録を進めれば、すぐに使い始めることができます。

詳しい登録方法は「仮想通貨取引はここで決まり!バイナンスをおすすめする3つの理由」で解説しているので参考にしてください。

5.OmiseGOをバイナンスで購入する方法

バイナンスからOmiseGOを購入する方法をご説明します。

Step1:OmiseGO取引所に移動する。

OmiseGO取引所に移動するには、URLから選択します。下記のように、例えばXRPをイーサリアムで購入する場合は、XRP_ETHとします。

OmiseGOの場合は、OMG_ETHとすれば取引所へ移動します。

Step2:取引を行う

購入する場合

通貨を購入する場合は、まず①に「購入価格」、②に「購入したい数量」を打ち込みます。

①の購入価格は、現在の相場や実際に売りに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定しましょう。

売却する場合

通貨を売却する場合は、まず③に「売却価格」、②に「売却したい数量」を打ち込みます。

③の売却価格は、現在の相場や実際に買いに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定しましょう。

取引所の下の画面に、24時間以内の取引履歴が表示されます。

ここの取引状態が「Filled」「成約」となっていれば、取引完了です。逆に、「現在の依頼」に残っている状態は取引待ちなので、待ち続けるか取引価格の変更を行います。

まとめ

OmiseGOは、東南アジアのNo.1決済プラットフォームを目指し、現在も成長が見込まれる仮想通貨です。

OmiseGOを取引する際に利用するべき取引所はバイナンスですが、BittrexやBitfinexも十分おすすめの取引所だと言えます。

ぜひ、いろいろと試してみて、自分が一番使いやすい取引所を利用してみてくださいね。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*