OmiseGO(オミセゴ)の購入で1番おすすめの取引所はここだ!買い方まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仮想通貨「Omisego(オミセゴー)」の取引所をお探しでしょうか?

OmiseGOは、日本人がCEOとして率いるOmiseが発行した仮想通貨です。

その目的は東南アジアのNo.1決済プラットフォームとなることを目指し、徐々に進歩を見せています。

OmiseGOを購入できる取引所は複数箇所ありますが、取引所選びはきちんと吟味しなければなりません。その理由は、取引所によって手数料が異なったり、取引所そのものの利用者数なども違い、使いやすさなどにも影響するからです。

ここでは、その注目通貨OmiseGOを購入する際に利用するべき取引所をご紹介します。

1.OmiseGOとは?

Omiseとは、2013年6月に日本人の長谷川潤が創立し、決済サービスなどを主に扱うFintech企業です。

OmiseGOはOmiseが開発した仮想通貨で、決済手段としての目的を持っています。特に、アジア圏での利用を広め、将来的には東南アジアのNo.1決済プラットフォームとなることを目標としています。

OmiseGOを購入できる取引所は国内にはなく、海外に10カ所以上あります。

結論として、バイナンスがおすすめのOmiseGO取引所になります。

 

その中でも得に取引高の多い取引所

・Binance
・Bitfinex
・Bittrex

を比較していきましょう。

2.OmiseGOが購入できる取引所を比較!

ここでは、取引所の違いがわかりやすいように、比較表を作りました。

これらの表でスペックを比較した結果、もっともおすすめだと言えるのはバイナンスです。

なぜ、そう言えるのか取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.やすく購入できる

ポイント2.取引所全体での取引量はおおいか

ポイント3.日本語やアプリが充実していて使いやすい

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

ポイント1.やすく購入できる

取引所を選ぶ時には手数料のやすさを比較することが大切です。

その理由は、手数料を気にせず取引していて、後から「あぁ〜損をしてしまった」と後悔することがあるからです。

国内取引所の取引手数料が3~5%程度と言われているので、比較すると非常に手数料としては安いと言えるでしょう。

バイナンスは今がお得

バイナンスは先日システムのアップグレードがあり、そのお詫びとして70%の取引手数料OFFになっています。

これにより、通常の取引手数料は0.03% 、BNB(バイナンスコイン)での取引であれば0.015%と非常にやすい手数料になります。

このキャンペーンは2月24日までなので、早めに取引を行いましょう。

ポイント2.取引所全体での取引量はおおいか

取引所全体での取引量が多いかは取引所選びにおいて重要です。

その理由は流動性が高いことにより取引が成立しやすいことと、単純にみんなが使っていることで安心します。

逆に、世界中のほとんどが使っていない取引所を使うのはなんとなく不安になったり、怖かったりしますね。

世界の取引所、取引割合

取引割合を比較してみると、バイナンスが世界二位の取引割合をほこっています。

もちろん、Bitfinex、Bittrexも世界に200以上あるといわれている取引所の中でトップ10に入る取引所ではあるのである程度安心はできますが、バイナンスの方が2倍、3倍取引量が多いということがわかりますね。

ポイント3.日本語やアプリが充実していて使いやすい

初心者にとって使いやすいかどうかも重要なポイントです。

その理由は、仮想通貨取引を始めた当初はわからないことがたくさんあったり、気軽に行えることがストレスやトラブルなく取引できる秘訣です。

日本語を使って取引できて、アプリも充実しているバイナンスが初心者にとって使いやすいといえるでしょう。

3. 結論!OmiseGO取引はバイナンスがおすすめ

OmiseGOを購入するなら、バイナンスがおすすめです。

その理由は、取引所全体での取引割合が高いことや、アプリ日本語対応など初心者にとって安心できる機能が充実している点です。また、いまらな手数料70%OFFとかなり安い手数料になっているので非常におすすめです。

逆に、Bittrex、Bitfinexはバイナンスと比べて劣っている点はあるものの、取引所としてはとても充実したレベルの高い取引所です。

なので、OmiseGO以外に取り扱い通貨があり、それがバイナンスで扱われていない場合などは、BittrexやBitfinexを使ってください!

バイナンスなどの海外取引所を利用するためには、日本の取引所で購入した仮想通貨を海外の取引所に送金する必要があります。

このとき、手数料の安さなどを考慮するとおすすめできるのは、Zaifかビットバンクです。詳しくは、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事で解説しているので、まだZaifやビットバンクを開設していない人は参考にしてください。

4.バイナンスをもっともお得に契約する方法 

バイナンスは2017年1月にリリースしてから、急速に取引量、登録者を増やしている仮想通貨取引所です。主要な仮想通貨ならほとんどバイナンスで購入できるので、登録は早いに越したことはありません。

また、先ほども買いた通り2月24日までは手数料が格安となっていますので、お早めに登録を済ませておきましょう。

登録は、簡単。バイナンスの公式サイトから新規登録を進めればすぐに使い始めることができます。

詳しい登録方法は「仮想通貨取引はここで決まり!バイナンスをおすすめする3つの理由」で解説しているので参考にしてください。

5.OmiseGOをバイナンスで購入する方法

バイナンスからOmiseGOを購入する方法をご説明します。

Step1:OmiseGO取引所に移動する。

OmiseGO取引所に移動するには、URLから選択します。下記のように、例えばXRPをイーサリアムで購入する場合は、XRP_ETHとします。

OmiseGOの場合は、OMG_ETHとすれば取引所へ移動します。

Step2:取引を行う。

購入する場合

通貨を購入する場合はまず①に購入価格②に購入したい数量を打ち込みます。

その際に、①の購入か価格は「現在の相場」や実際に売りに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定します。

売却する場合

通貨を売却する場合はまず③に売却価格②に売却したい数量を打ち込みます。

その際に、③の売却価格は「現在の相場」や実際に買いに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定します。

取引所の下の画面に24時間以内の取引履歴が表示されます。

ここの取引状態が「Filled」「成約」となっていれば取引完了です。逆に、現在の依頼に残っている状態は取引待ちのなので、待ち続けるか取引価格を変更するなど行います。

まとめ

OmiseGOは東南アジアのNo.1決済プラットフォームを目指し、現在も成長が見込まれる仮想通貨取引所です。

OmiseGOを取引する際に利用するべき取引所はバイナンスですがBittrexやBitfinexも十分おすすめの取引所だと言えます。

ぜひ、いろいろと試してみて自分が一番使いやすい取引所をご利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*