PayPay(ペイペイ)の使い方完全マニュアル | チャージ、送金方法まで図解で丁寧に解説!

  • PayPayの使い方をわかりやすく知りたい!
  • チャージして使う方法が知りたい
  • 一番お得に使う方法は?

と、PayPayの使い方についてお調べていますね。

PayPayはキャンペーンが毎日のように開催されており、政府が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」もあり、お得に使えるようになっています。

しかし、実際に使い方について不安な点が多々あると思います。慣れるまで大変ですよね。

そこで、この記事ではPayPayの使い方について図解を交えてわかりやすく解説します。

チャージやお支払いはもちろん、送金や支払いの管理まで完全網羅!

PayPayを使いこなせば、お支払いがスマホ一台で簡単に済ませられるだけでなく、増税分以上の元を取ることもできますので、この記事を最後までしっかり読んで、PayPayを使い倒しましょう

(※)この記事をまた見たい場合は、ブックマークしておくことをオススメします!

PayPayの概要は「PayPay(ペイペイ)とは?使ってわかったメリットと3つの注意点!使い方や評判、セキュリティまで解説!」で解説しています。PayPayがどんなスマホ(モバイル)決済アプリなのか知りたい方はコチラの記事を読んでいただけると、より理解が深まります。

それではPayPayの使い方について解説していきますね!

初めに!PayPay(ぺいぺい)で出来ること一覧!

使い方を知りたいけど、そもそもどんな事ができるのでしょうか?

事前にPayPayで出来ることをざっくりを把握しておくのがPayPayを使い倒す上では重要です!

PayPayで出来ることは主に6つ

以上の出来ることを全てマスターすれば、PayPayを有効活用できている証拠!

もし気になる項目だけチェックしたい方は、その項目をタップすれば移動できますよ。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

1. 使い方①:チャージ方法

PayPayを使うには、まず支払うためのお金を「PayPay残高」にチャージする必要があります。

注意事項としては、チャージはクレジットカード支払いにする場合は、不要です。

クレジットカードでの支払い方法は「使い方②:お支払い方法」で解説しています。

チャージ元としては、以下の7つ用意されています。

  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. ヤフーカード
  4. SoftBank/ワイモバイルまとめて支払い
  5. PayPayフリマ
  6. ヤフオク!
  7. PayPayギフトカード

今回は皆さんがよく利用するであろう、「銀行口座」「セブン銀行ATM」について解説しますね。

銀行口座からチャージ

まずは、銀行口座登録!

まず、登録したい銀行口座が対応しているかどうかを公式サイトの「利用可能な金融機関」でチェックしましょう。

対応していれば、お手元に通帳等の銀行口座情報が分かるものを用意して登録しましょう。

具体的な登録方法は銀行口座によって異なりますが、大きく2つのステップで登録手続きを行います。

STEP①:銀行口座を選択し、支店名/口座番号/口座名義/生年月日を入力

STEP②:各銀行サイトへ移動し、口座振替手続きを行う

アプリメニューの「銀行口座」から登録したい銀行をタップ。

支店名/口座番号/口座名義/生年月日を入力したら「登録手続きをする」をタップして、各銀行サイトへ移動します。

 

各銀行サイトの手続きにしたがって口座振替手続きを行えば、無事銀行口座からチャージできるようになります。

ただし銀行口座によっては、チャージできるまでに数時間から数日かかる場合があるので注意しましょう。

次に銀行口座からチャージ!

チャージは、メニュー画面の「チャージ」から登録した銀行口座を選択し、お好きな金額を入力するだけ。

とっても簡単ですね。

一度のチャージ金額は最低100円から1円単位で、最大50万円までチャージ可能です。

セブン銀行ATMからチャージ

お近くのセブンイレブンなどに置いてあるセブン銀行ATMを使えば、現金を直接PayPay残高へチャージできます。

ATM画面に表示されている「スマートフォンでの取引」をタップすると、QRコードが表示されます。

PayPayアプリの「チャージ」から「セブン銀行ATM」をタップし、カメラを起動させATM画面のQRコードを読み取ります。

読み取り後、PayPayアプリに4ケタの番号が表示されるので、ATMにその番号を入力。

入力後、チャージしたいお金を投入しましょう。お札のみチャージ可能なので、硬貨は使えません。

最後に、ATM画面の「金額を確定」をタップし、PayPayアプリでチャージ完了画面が表示されれば無事に完了です。

ここまで1分もかからないので、とっても簡単ですね。

もしお近くにセブン銀行ATMを探したい場合は、メニューの「近くの店」を開き、虫眼鏡マークをタップし「セブン銀行ATM」と検索すればお近くのセブン銀行ATMが分かりますよ。

PayPay電子マネーの種類

PayPay電子マネーは4種類あり、それぞれ「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」と言います。

それぞれの違いは以下の通り。

その中でも、銀行口座とセブン銀行でチャージされたPayPay電子マネーは「PayPayマネー」に分類されます。

「PayPayマネー」は有効期限がなく、お支払いはもちろん送金やわりかんでも利用できます。

<補足>残高の確認

今の残高を確認したい時は、メニューの「残高」でスグにチェックできます。

さらに「内約」をタップすると、各PayPay電子マネーの割合が表示されます。

2. 使い方②:お支払い方法

具体的な支払い方法を次のステップで紹介しますね。

  • お支払い元の設定
  • 実店舗でのお支払い方法
  • ネットショップでのお支払い方法
  • 請求書払いの方法

お支払い元の設定

PayPayでお支払いする際、以下の2つからお支払い元を選べます。

  1. PayPay残高
  2. クレジットカード

PayPay残高は事前にチャージしたり、キャンペーンやキャッシュバックでもらったPayPay電子マネーの総額。

クレジットカードは事前に登録して、PayPayを介してクレジットカード決済ができます。

PayPayでクレジットカード使いたいと思った方は「PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録するのは危険?チャージ方法から口コミまで徹底解説!」で詳しく解説しています。

PayPayでお支払いできるのは主に以下の3つあります。

  • 実店舗
  • ネットショップ
  • 請求書

それぞれの場所で使える、具体的なお支払い方法を順に解説しますね。

実店舗でのお支払い方法

実店舗でのお支払いは

  1. バーコード
  2. QRコード
  3. QRコード読み取り

以上3つの支払い方法があります。

バーコードとQRコードで支払う場合は、メニューの「支払う」をタップし、お店のスタッフに読み取ってもらって「PayPay♪」という音声が鳴れば完了。

QRコード読み取りの場合は、メニューの「スキャン」からカメラを起動し、レジにおいてあるQRコードを読み取ります。

ご自身でお買い物金額を入力し「支払い」をタップして「PayPay♪」と鳴れば完了です。

バーコードやQRコードでのお支払いは主にコンビニやスーパーなどのチェーン店、QRコード読み取りは地元の個人商店など小さいお店で採用されていることが多いです。

ネットショップでのお支払い方法

ネットショップは主にPayPayやYahoo!JAPANのネットショップで利用可能。

お支払い方法の選択でPayPayを選ぶだけ。実際にPayPayでお支払いする場合は、電話番号による本人確認手続きを行う必要があります。

Yahoo!ショッピングの場合

後はいつものネットショッピングと同じように、お支払い手続きを行いましょう。

請求書払いの方法

PayPayはなんと、公共料金などの請求書でのお支払いもできます。

メニューの「請求書払い」をタップし、請求書のバーコードを読み取ります。

読み取り完了すれば、お支払い情報が表示されるので、間違いなければ「支払う」をタップして完了。

今まで手間だった請求書払いが、1分もかからず支払えます!

ただし請求書払いはPayPay残高のみ可能なので、事前にチャージして支払いましょう。

3. 使い方③:送金

PayPayは、PayPay残高を家族や友だちに送ることができます。

お小遣いや仕送り等で現金直接渡したり、銀行振込だと何かと面倒だったり手数料が発生したりしますよね。

しかしPayPayで送れば、たったの1分でお金を送ることが可能。

よりスムーズにお金のやり取りができますよ。

具体的な方法は、メニューの「送る」からタップし、送りたい相手を選択します。

送る方法は以下の4通り。

  1. PayPay ID
  2. 電話番号
  3. 相手のPayPayアプリのQRコードを読み取る
  4. リンクを生成して、LINEやメールで送る

次に、送りたい金額を入力し「次へ」をタップ。PayPay残高が送りたい金額分あるかどうか、注意しましょう。

最後にPayPay電子マネーの内約を確認して「〇〇円を送る」をタップすれば手続きは完了。必要に応じて、送金内容についてのメッセージやセキュリティのためのパスコードを設定しましょう。

相手が受け取り、通知がくれば送金は無事に終了です。

4. 使い方④:わりかん

送金に加えて、PayPayは割り勘機能も利用できます。

飲み会等の料金をあらかじめまとめてお支払いした後、一人当たりの料金を全員に請求することができます。

もう割り勘で小銭に細かい計算するのは不要!

いつ誰が支払ったのか、何の支払いを求められているのかもスグに確認できます。

そんな割り勘の方法をを次のステップで解説しますね。

  • わりかんの作成
  • わりかんの支払い

わりかんの作成

わりかんの作成方法は、まずメニューの「わりかん」から「わりかんを作成」するをタップ。

わりかん内容のタイトルを入力し、1人当たりの金額を設定して、わりかんを作成します。

次に、わりかんの内容の詳細メッセージの入力や請求したい人をメンバーに追加しましょう。

メンバーの追加は、

  • PayPay ID
  • 電話番号
  • 相手のQRコードを直接読み取り

以上3つの方法で追加します。

追加する際、メンバーによって請求する金額も調整できます。

請求するメンバーを追加し終えたら「わりかん内容を決定する」をタップして作成完了。あとはメンバーが支払ってくれるのを待ちましょう。

作成したわりかん一覧で、いつ誰が支払ってくれたのか一目で確認できます。

追加し忘れたメンバーがいても、その都度加えることができますよ。

わりかんの支払い

わりかんの支払い方法は、「わりかん」メニューから「参加中のわりかん」を選択し、支払うわりかんの項目をタップ。

自分のアカウント名がある欄の「支払う」から、「支払う」をタップすれば完了です。

ただしわりかんもPayPay残高のみ支払い可能なので、事前にチャージして支払いましょう。

5. 使い方⑤:銀行口座へ出金

PayPayは残高を連携している銀行口座へ出金もできます。

「もうPayPayは使わないかなぁ」というときでも安心です。

ホーム画面の「残高」から「銀行口座へ出金」をタップ。

出金したい口座を選択し、出金したい金額(100円以上)を入力して「出金する」をタップすれば完了です。この際、ジャパンネット銀行以外へ出金する場合は手数料100円が必要です。

完了すれば口座へ振り込まれる予定日時が表示されます。

ただし出金手続きを行うには、本人確認手続きを行う必要があります。

本人確認が完了していれば、その後に連携した銀行口座やセブン銀行ATMからチャージしたお金を出金することができます。

本人確認の方法は以下の2つあります。

出金するための本人確認手続きの方法

  • 連携した銀行口座情報で確認
  • 顔写真と本人確認書類で確認(顔写真と本人確認書類を利用)

メニューの「アカウント」から「本人確認」へ進み、どちらか選んで手続きを行います。

本人確認前にチャージしたPayPay残高は出金できませんので、PayPayをダウンロードしたらスグに手続きしましょう。

連携した銀行口座情報で確認

連携した銀行口座と照らし合わせる方法なら、たったの1分で完了できるのでこちらがおすすめです。

先ほど申し上げたように、本人確認前にチャージした分は出金できませんので、銀行口座を連携させたらそのまま手続きを行いましょう。

銀行口座を使った場合は、

  • 氏名
  • 出身国
  • 職業
  • 住所
  • PayPay利用目的(私的利用かビジネス利用か)

以上の5つの情報を入力するだけで終了。

無事に銀行口座の情報と合致すれば本人確認は完了です。

かんたん確認

もし銀行口座情報と合致できなかった場合はコチラで手続きを行いましょう。

お手元に

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードや顔写真なしのカードは不可)
  • 運転経歴証明書

いずれかの一つ用意します。

用意できれば、以下の手順で進みます。

  1. 顔写真の撮影
  2. まばたきの確認
  3. 本人確認書類の撮影(正面、側面、裏面)
  4. 個人情報の入力(銀行口座情報での登録と同じ内容)

詳しい手続き方法は公式サイトの「本人確認をする」の「かんたん確認を利用する」で解説されているので、この方法で本人確認する場合は事前にチェックしましょう。

6. 使い方⑥:お支払い履歴の確認

「今月いくら使ったっけ?」のように、何にPayPayを使ったか確認ときは履歴を活用しましょう。

しっかり履歴が残っているので、いつどこでいくら使ったかを振り返ることができるので安心です。

PayPayは以下の2つの機能を用意しています。

<PayPayの履歴機能>

  • 取引履歴
  • 利用レポート

それぞれ詳しくみていきましょう。

取引履歴

取引履歴は、お支払いはもちろんキャッシュバックや送金などPayPayで行ったあらゆる取引内容を確認できます。

メニューの「取引履歴」をタップすれば、今までの取引が一覧で表示されます。

  • 取引完了:
  • 取引未完了:黄色
  • 取引失敗:灰色

以上の色で、それぞれの取引状況を一目でわかります。

詳細を知りたい場合は、それぞれの取引をタップすれば確認できます。

どのお支払い元を使ったのか、PayPay残高がいくらキャッシュバックされるのかが表示されます。

利用レポート

利用レポートとは、ご自身の今までのPayPayの利用の仕方を簡単にチェックできる機能。

メニューの「利用レポート」をタップすると

  • 先月までの支払い総額
  • 先月までのPayPay残高獲得総額

以上の2つがトップに表示されます。

それより下には、月別で入金/出金のグラフがあります。

さらにその下には

  • 出金(お支払い額/送金した額)
  • 支払い金額TOP3
  • 入金(PayPay残高獲得金額/送金の受け取り額/チャージ額)

以上3つの詳細情報が一目でチェックできます。

これら2つの機能を使って、PayPayをもっと便利に活用してみましょう!

その他にも出来ることを補足

以上がPayPayを利用する上での主な使い方です。

それ以外の使い方として、下記のような使い方もあります。

  1. キャンペーンのチェック
  2. クレジットカードの追加/削除
  3. 使えるお店を探す
  4. モバイルTカードを表示
  5. 外部連携
  6. きせかえ
  7. 「PayPay♪」の音量設定以上の使い方もできます。

こちらもそれぞれ解説していきますね。

(1)キャンペーンのチェック

メインメニューの「おトク」をタップすれば、現在開催中と開催予定のキャンペーン情報を確認できます。

キャンペーンによっては適用条件があったりするので、キャンペーンに参加したい場合はじコチラで事前確認しておきましょう。

(2)クレジットカードの追加/削除

PayPayはクレジットカードでのお支払いも可能ですが、一種類しか登録できない訳ではありません。

メニューの「カード追加」で追加します。カメラ機能を使って、面倒なカード情報をスムーズに登録できますよ。

 

使わなくなったクレジットカードもすぐに削除か利用停止ができます。

ただし登録できるブランドは、VISA・Masterのみ。枚数も3枚までなの注意しましょう。

(3)使えるお店を探す

「近くのお店」をタップすれば、マップでPayPay加盟店が表示されます。

お店をタップすると、お店までのルート(Yahoo!マップが起動します)や電話等の詳細情報も確認できますよ。

(4)モバイルTカードを表示

PayPayはモバイルTカードも表示できます。

リアルカードを持ち歩かなくても、Tポイント加盟店(リアルカードのみ対応店舗除く)でTポイントがためられます。

ただしモバイルTカードを表示させるには、この後説明する「外部連携」でYahoo!JAPAN IDとの連携が必要です。

(5)外部連携

メニューの「アカウント」から「外部連携」で、特定のアカウントとPayPayを連携させることで、追加の機能やサービスを利用できるようになります。

連携できるものは以下の2つ

  • Yahoo!JAPAN ID
  • ソフトバンク/ワイモバイル

Yahoo!JAPAN IDを連携すると

  • モバイルTカード表示
  • Yahoo!サービス利用でのPayPay残高キャッシュバックを受けられる

以上の機能とサービスを受けられます。

Yahoo!JAPAN IDをお持ちでない方は、PayPayアプリから直接アカウント発行も可能ですよ。

もしPayPayをダウンロードしたスマホの契約先がソフトバンク/ワイモバイルのどちらかであれば、連携することで

  • キャンペーンの優遇
  • PayPay残高チャージ分を月々の携帯代とまとめてお支払い

以上の機能とサービスを受けられます。

連携するには、wi-fi回線をオフにしてモバイル回線で手続きを行いましょう。

もちろん、ソフトバンク/ワイモバイルに契約していない方は利用できません。

(6)きせかえ

きせかえとは、ホーム画面上部のバーコードをお好きなイラストに変更できる機能です。

メニューの「きせかえ」から気になるきせかえを選ぶだけで、お好きなイラストに変更できます。

中には期間限定のものもあるので、きせかえたいものがあったらスグに使ってみましょう。

(7)「PayPay♪」の音量設定

お支払い完了時に鳴る「PayPay♪」という音声を調整できる機能です。

場合によっては少し大きかったり、鳴らしたくない方もいるはず。

そんな方は、「アカウント」から「音量設定」で音量を調節してみましょう。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

PayPayの使い方でよくあるQ&A

PayPayの基本的な使い方は理解できたでしょうか?

しかし、使い方について気にある方もいらっしゃると思います。

そこで、PayPayの使い方についてよくある質問をまとめてみました。

気にある項目がある方はぜひ参考にしてみてください。

  1. チャージしたのに残高に反映されなかったらどうするの?
  2. クレジットカードでチャージできないの?
  3. PayPay残高の上限は?
  4. 送金/わりかんできる金額の上限は?
  5. 支払いが完了できなかった!
  6. お支払いをキャンセルしたい時は?
  7. PayPay残高へのキャッシュバックはいつ完了するの?
  8. Yahoo!JAPAN ID連携させないと使えないの?

※タップすると気になる質問へ飛びます。

Q1. チャージしたのに残高に反映されなかったらどうするの?

ネットの通信環境によってはスグに反映されない場合があります。

もし何時間経っても反映されない場合はカスタマーサポートへお問い合わせしましょう。

■PayPayカスタマーサポート窓口

電話番号:0120-990-634
窓口時間:24時間受付 / 土日祝日を含む365日

Q2. クレジットカードでチャージできないの?

 できますが、ヤフーカードのみです。

他のクレジットカードはチャージはできません。

PayPayでクレジットカードを使いたいと検討していらっしゃる方は「PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録するのは危険?チャージ方法から口コミまで徹底解説!」で詳しく解説してますので、ぜひご参考ください。

Q3. PayPay残高の上限は?

PayPay残高の上限はPayPayマネーは500万円、PayPayマネーライトは100万円まで。

ちなみに、各決済の上限は以下のように定められています。

Q4. 送金/わりかんできる金額の上限は?

送金/わりかんで一度に送金できる金額は10万円、過去30日間では50万円までと定められています。

支払いを失敗した時はどうしたらいいの?

ちゃんと決済したはずなのにエラーが出た場合は

  • 通信状況が悪い
  • 決済処理中にアプリを閉じるなど何らかの操作をした
  • 残高不足など一度決済を失敗して、違うお支払い元で決済した

以上ような原因が考えられます。

特に一度決済に失敗してもう一度同じ決済をしようとすると「二重払いする可能性があります」という警告が出る事があります。

このような警告が出た場合は、焦らず履歴を確認しましょう。残っていないなら決済はされていないので、もう一度お支払いしてみましょう。

Q5. お支払いをキャンセルしたい時は?

実店舗でのお支払いをキャンセルしたい場合は、お店のスタッフに申し出ましょう。

お店側がキャンセル手続きをしてくれます。

ネットショッピングの場合は、各ネットショップのキャンセル手続きにしたがいましょう。

ただし、お店によってはキャンセルできない場合がありますので注意しましょう。

Q6. PayPay残高へのキャッシュバックはいつ完了するの?

PayPay残高へのキャッシュバックは原則翌月の20日前後とされています。

しかし場合によっては遅れることがありますので、あくまで参考程度にして付与されるまで待ちましょう。

Q7. Yahoo!JAPAN IDと連携させないと使えないの?

Yahoo!JAPAN IDと連携しなくても問題なく使えます。

ただし、連携しない場合は

  • モバイルTカードを表示させることができない
  • Yahoo!ショッピング等、Yahoo!JAPANのサービス利用でもらえるキャッシュバックがもらえない

以上のサービスを利用できません。

Tポイントをためたい方やYahoo!JAPANのサービスをよく利用する方は、ぜひ連携しておきましょう。

セキュリティは本当に大丈夫?

「でもやっぱりセキュリティが不安…不正利用されたら…」と感じている方もいらっしゃるでしょう。

2018年末に発生した不正利用や、2019年6月に発生した7payの不正利用など、スマホ決済アプリのセキュリティはどうしても気になりますよね。

しかしPayPayは2018年末に起きた事件をきっかけに、様々なセキュリティ対策を敷いてくれています。

具体的には以下のようなセキュリティ対策が利用できます。

セキュリティ対策一覧

  • PayPayアプリのパスコード
  • クレジットカードの本人認証機能「3Dセキュア」
  • 全額補償制度

それぞれ詳しく説明していきますね。

PayPayアプリのパスコード

メインメニューの「アカウント」の「セキュリティ」で、アプリ起動時にご自身で設定したパスコードを求められる設定ができます。

iPhoneなら生体認証も使えるので、これだけでもかなりのセキュリティ対策ができますね。

「ログインパスワード」を設定した上で、「端末の認証を有効にする」をオンにすると、PayPayアプリを立ち上げる際にパスコードを求められるようになります。

クレジットカードの本人認証機能「3Dセキュア」

「3Dセキュア」とは、クレジットカードの本人認証を行う機能です。

クレジットカードの発行元によって名称が異なりますが、総じて3Dセキュアと呼ばれています。

PayPayにクレジットカードを登録する際に、この3Dセキュアも完了すれば不正利用される確率が大きく減らせます。

逆にこの3Dセキュアの設定をしないと、上限が月5,000円と低いままです。3Dセキュアを設定すれば、1日に上限2万円1ヶ月に5万円まで引き上げられます。

このような点からも、3Dセキュアの設定は必須と言えますね。

3Dセキュアの設定方法はクレジットカード登録後「利用上限を増額する」から手続きを行いましょう。

全額補償制度

ここまでのセキュリティ対策を行なった上で万が一不正利用があった時は、なんとPayPay側から不正利用分の金額を補償してくれる制度が利用できます。

実際に補償制度を受けるには

  • 損害発生日から60日以内の申請であること
  • 初回の申請であること、または前回申請した日から1年を超えていること
  • ご家族や同居人などの利用ではないこと
  • 警察へ被害の届出を行うこと
  • 弊社所定の審査条件を満たしていること

以上の条件を満たしている上で「不正利用被害に伴う補償申請フォーム」に必要事項を記入して申請します。

万が一不正利用された際のサポートもあるので、これはとても安心できますね。

普段使いで不正利用されないように気を付けることが一番の対策!

PayPayから不正利用のセキュリティ対策を敷いてくれているのは嬉しいことですが、一番大切なのはご自身の普段使いで不正利用されてないようにするのが大切です。

スマホのパスコード設定はもちろん、クレジットカードを他人に見せないことや怪しいと感じたECサイトでクレジットカード情報を入力しない等、しっかり気配りをすれば不正利用の可能性を限りなくゼロに近づけることができます。

セキュリティサービスに過信しすぎることなく、普段から不正利用されることないように心がけましょう。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

まとめ

PayPayの使い方について図解を交えて解説しました

わかりやすかったでしょうか?わかりにくかった点などございましたら、ぜひコメントでご連絡ください。

PayPayはコンビニやスーパーなどのチェーン店に止まらず、地元のお店でも使えることが多く、とっても便利なです!。

この記事を参考にPayPayを使い倒しましょう!

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*