【2019年版】ポイント投資サービスを徹底比較!自分にピッタリのおすすめを見つけよう!

「ポイント投資を始めてみたいけど、いろんなサービスがあって、どれが自分に合っているか分からない…」と思っていませんか?

2019年現在、ポイントを利用した投資サービスがどんどん増えており、それをきっかけに投資を始めてみようという方もいらっしゃると思います。

しかし、それぞれのポイント投資サービスにどのような違いがあるか分からず、結局自分に合ったものがどれなのか分かりづらいですよね。

スバリ!おすすめするポイント投資サービスは、以下の通り

おすすめするポイント投資

  • 楽天証券:楽天スーパーポイントで投資信託を購入
  • SBI証券:Tポイントで投資信託を購入
  • SBIネオモバイル証券:Tポイントで株式を購入

しかし、この中からどれを選べばいいのかなと思ってしまうのでは?

結論を申し上げると、自分のライフスタイルに合ったサービスを選択しましょう。

それがしっかり判断できるように、この記事では2019年現在のポイント投資サービスの違いを徹底比較しています。

この記事を参考に各サービスの違いを理解して、ぜひ自分に合ったポイント投資を見つけてくださいね。

初めに:ポイント投資サービスを一目でチェック!

それではさっそく現在提供されているポイント投資サービスの一覧を見ましょう!

サービス名楽天証券SBI証券SBIネオモバイル証券松井証券インヴァスト証券
ロゴ

利用可能ポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天証券ポイント
  • Tポイント
  • 期間限定Tポイント
  • Tポイント
  • 期間限定Tポイント
松井証券ポイントインヴァストポイント
ポイントで
買える金融商品
  • 投資信託
  • 株式(単元株のみ)
  • 投資信託
  • 株式
  • 国内上場ETF
  • REIT
  • 投資信託
  • 海外ETF
金融商品数2500銘柄以上(投資信託)2500銘柄以上(投資信託)3600銘柄以上(株式等)3銘柄(投資信託)8銘柄(ETF)
対象口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA口座
  • つみたてNISA口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA口座
  • 特定口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • 特定口座
  • 一般口座
必要最低ポイント1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円で
100ポイント以上から利用可
1ポイント=1円から利用可
投信積立× ×× 
その他のメリット

毎月500円以上の投資信託を
1ポイント以上ポイント投資すると、
楽天市場のポイント還元率が+1倍

SBI証券で取引するたびに
Tポイントを付与

手数料が月額制で
50万円までの買付なら
月額200円(税別)
加えて、200Tポイントを毎月Get

詳細
公式サイト

<左右にスクロールできます>

そして、各ポイントサービスがおすすめできるのは、それぞれ以下のような人です!

ポイント投資の選び方

上記の表とおすすめな人を踏まえて、それぞれのポイント投資の詳細を見ていきましょう。

ちなみに、松井証券とインヴァスト証券のポイント投資は、現在すでに該当する口座を開設している人にとっては良いと思いますが、ユーザー数が数千万人以上の楽天ポイントやTポイントに比べると、利便性がよくありません

なので、これからポイント投資を行おうと考えている人は『楽天ポイント投資』か、『Tポイント投資』を選ぶのが無難です。

なぜなら、これらのポイントは入手手段がとても多いからです。

※今回紹介するポイント投資サービスについて

弊サイトが定義するポイント投資とは、ポイントで実際の金融商品が購入できる「投資初心者向け」のサービスを対象としています。

dポイント投資などの一部のサービスは、ポイント“運用”サービスであり、リターンがポイントなので今回紹介していません。

dポイント投資についての詳細は「dポイント投資とは?利用するメリットと注意点!やり方も解説!」で解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

1. おすすめなポイント投資サービスを解説!

それでは、各ポイント投資サービスについて個々に見ていきましょう!

  1. 楽天証券で楽天ポイント投資
  2. SBI証券でTポイント投資
  3. SBIネオモバイル証券(ネオモバ)でTポイント投資

(1)楽天証券で楽天ポイント投資

ネットショップ楽天市場を運営する楽天のグループ会社『楽天証券』で取り扱っている投資信託を、楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で購入できます

最低1ポイントから、1ポイント単位で投資信託or株式(単元株)を金額指定で購入可能。

もちろん、購入金額全額を楽天ポイントでも購入できます!

楽天証券が取り扱っている投資信託の銘柄の多くは最低100円から購入でき、「大金はちょっと…」と心配な投資初心者も気軽に購入できます

さらに、指定した日に自動で購入してくれる「自動積立購入」も可能。一度設定すれば、ほったらかしで積立投資をしてくれるので、めんどくさがりな人も安心!

また独自のサービスとして、楽天ではSPU(スーパーポイントアップ)というサービスがあります。楽天の関連サービスを利用することで、楽天市場のポイント還元率が最大+16倍にアップ!

楽天証券の場合は、毎月500円以上の投資信託を1ポイント以上ポイント投資することで、楽天関連サービスのポイント還元率が+1倍になります。

つまり楽天証券なら、普段のお買い物で楽天ポイントをザクザクためつつ、ためたポイントで投資し、さらに楽天市場などでお得にお買い物できるという好循環を生み出せます。

(2)SBI証券でTポイント投資

SBI証券では、Tポイントで投資信託を購入できます。

こちらも、最低1ポイントから1ポイント単位で、購入金額全額まで利用可能

取り扱っている銘柄も、100円から購入できるものもあります。

楽天ポイントは基本的に楽天サービスでためる必要がありますが、Tポイントなら、いろんなお店やサービスからためることができるので、気軽にためられるのが魅力ですね。

また、ポイント投資できるのは金額指定の購入のみで、積立購入はできません。

(3)SBIネオモバイル証券(ネオモバ)でTポイント投資

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、投資初心者・未経験者向けに特化した証券会社です。

このネオモバは、SBI証券が投資信託を購入できるのに対して、株をTポイントで購入できるのが最大の特徴。

通常株の購入は単元株(通常、100株)で購入する必要があり、場合にとっては数百万用意する必要があります。

しかしネオモバなら、1株単位から購入可能

1株なら数百円程度で購入できる株が多いので、投資初心者でもマーケット感覚で気軽に株が購入できます。

月額費用として200円(税抜)かかりますが、その代わりネオモバのみで利用できるTポイント200ポイントが毎月もらえるので、実質無料で利用できます。

さらに実際の画面を見ると、ECサイトのように見やすい工夫が施されており、ショッピングのように気軽に株を選べます。

詳しくは「SBIネオモバイル証券[ネオモバ]の口コミ評判はイマイチ?メリットと注意点を解説」で解説しているので、ぜひご参考ください。

2. 各ポイント投資サービスは誰におすすめなの?

ここまで各ポイント投資サービスの魅力や注意点を見てきましたが、それぞれどんな人におすすめなのでしょうか?

冒頭でも解説しましたが、各ポイントサービスがおすすめできるのは、それぞれ以下のような人です!

ポイント投資の選び方

  • 楽天証券の投資信託/株式:楽天サービスを愛用してる人
  • SBI証券の投資信託:Tポイントをためている人
  • SBIネオモバイル証券(ネオモバ):ポイントで株を買いたい人

結局はその人のライフスタイルによると思います。

上記の表とおすすめな人を踏まえて、それぞれのポイント投資の詳細を見ていきましょう。

楽天サービスを愛用してる人におすすめな「楽天証券」

普段から楽天サービスを愛用している人は、楽天ポイントがたくさんたまっているはずです。そのたまったポイントの一部を、楽天証券の投資信託に使ってみてはいかがでしょうか?

楽天はSPUで楽天市場のポイント還元が最大+16倍に上げられることもあり、数万ポイントたまっている人もいるのでは?

そのポイントでポイント投資すれば、消費で使うはずだったポイントを将来の資産にすることができます。

また、楽天銀行口座と楽天証券口座を連携させる「マネーブリッジ」も活用すれば、普通預金金利の引き上げも受けられます!

ただし、使えるポイントは通常ポイントのみである点に注意してください。

利用できない期間限定ポイントは、楽天ペイで使っていくことがおすすめです。

Tポイントをためている人におすすめな「SBI証券」

普段からTポイントをためている人は、SBI証券で投資信託の購入するのがおすすめです。

ただし、少々残念な点は、楽天証券のように自動で積立購入ができないこと。

SBI証券の場合は、毎回手動で購入手続きをする必要があります。

ただ、Tポイントはたまる場所は多いのですが、意外に使い道が少ないポイントでもありますその出口として、SBI証券の投資信託は大変おすすめです。

普段使わないTポイントを金融資産にかえ、将来のための資産にしていきましょう!

ポイントで株を買いたい人におすすめな「ネオモバ」

現在、ポイントで株が買えるのは現在ネオモバだけ!

株式は数十万以上の元本が必要だったりしますが、ネオモバなら少額かつTポイントで購入できます。

購入し続けて、ある程度の金額までたまったら株主優待ももらえるので、コツコツTポイントで株を購入していくのもおすすめ

さらに、株の運用をTポイントでできるので、元本割れなどのリスクもある程度気にせず行えるのも良い点ですね。株式は今まで元手に数十万必要でしたので、株式を数百円から勉強できるのは素晴らしいです。

ただし、ネオモバは月額制サービスなので、その点は注意する必要があります。

ただ、毎月Tポイントが200ポイントもらえるので、少額の投資の場合、実質はほぼゼロ円で購入できることになります。

3. 各ポイント投資サービスの気になる口コミ・評判を徹底調査!

ここまで読んで、「これからポイント投資してみようかな」と思ったかもしれませんね。せっかく始めるなら、現在利用している人の声を聞きたいですよね。

そこで、各ポイント投資サービスの口コミ・評判を調査してまとめました。

各サービスでとても参考になるものを厳選しましたので、ぜひチェックしてみてください。

楽天証券のポイント投資の口コミ一覧

ポイント投資をきっかけに、投資を勉強したくなる

気軽にポイント投資を始められたからこそ、本格的に投資を勉強するきっかけにもなったとのこと!

楽天ポイントだけで資産運用挑戦中

ポイントだけなら、損への怖さも軽減されますよね。

関連サービスが充実してるからこそ、ポイント投資できる

楽天サービスでたくさんポイントためて、通常ポイントは投資、期間限定ポイントは楽天ペイという使い方がおすすめですよ!

SBI証券のポイント投資の口コミ一覧

口座開設直後にポイント投資に挑戦

ポイントのおかげで、投資家へのスタートダッシュが切れます!

投資はあくまで余裕資産から

投資は余裕資産で。額が小さいとしても大事な意思決定です。

ポイントだからこそ挑戦できる

「まずはやってみる」ができるのが、ポイント投資です!

ポイント投資で本当に儲かるの?

短期では難しいかもですが資産運用するなら、長期的に考えることも大事です。

ネオモバのポイント投資の口コミ一覧

自分で判断した結果ネオモバ!

ちゃんと選んで利用するのが大事です。

結局どのサービスがいいの?

似たようなサービスがあると、どれを使ったら良いか難しいですよね。使いやすい方から試してみるといいでしょう。

ちょっと柔軟に売買できない

投資はタイミングが大事ですもんね。

しかし長期的に運用するなら、コツコツ積み立てる姿勢が大事です。

こうやって全体を見てみると、割と好意的な意見が多いですよね。ポイントという本来は消費に使われるものが、あなたの将来の資産になるかもしれません。これはとっても素晴らしいことですよね。

4. ポイントで投資するのもまだ怖い…という方へ

ポイント投資で気軽に投資ができるといっても、

  • どうしてもまだ始めるのが怖い!
  • 現金じゃなくなくて、単純にポイント増やしたい!

と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのような方は、ポイント“運用”サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

実際の金融商品を購入するのではなく、ポイントを疑似的に運用するサービスなので、どうしても投資が怖い人や単純にポイント増やしたい人におすすめです。

現在、ポイント運用できるポイントは以下の通り。

運用するコースが少なかったり、証券口座も不要で数分で利用開始できるなど、投資の「疑似体験」できるので、とてもお手軽です。

ただ、ポイント運用はあくまでリターンもポイントです。

実質資産ではないことと、使わずため続けることと根本的に同じです。

さらに、ポイントを疑似的に運用すると言っても、運用したポイントが減って損してしまう可能性があります。

そういう意味では、ポイント投資と変わりません。

ポイントが現金に変わるという点では、ポイント投資の方が将来に対するメリットが大きいと思いますので、慣れたらポイント投資にステップアップすることをオススメします!

まとめ

今回、投資初心者向けのポイント投資サービスの比較を行いました。

サービス名楽天証券SBI証券SBIネオモバイル証券松井証券インヴァスト証券
ロゴ

利用可能ポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天証券ポイント
  • Tポイント
  • 期間限定Tポイント
  • Tポイント
  • 期間限定Tポイント
松井証券ポイントインヴァストポイント
ポイントで
買える金融商品
  • 投資信託
  • 株式(10月末から)
  • 投資信託
  • 株式
  • 国内上場ETF
  • REIT
  • 投資信託
  • 海外ETF
金融商品数2500銘柄以上(投資信託)2500銘柄以上(投資信託)3600銘柄以上(株式等)3銘柄(投資信託)8銘柄(ETF)
対象口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA口座
  • つみたてNISA口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA口座
  • 特定口座
  • 特定口座
  • 一般口座
  • 特定口座
  • 一般口座
必要最低ポイント1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円から利用可1ポイント=1円で
100ポイント以上から利用可
1ポイント=1円から利用可
投信積立× ×× 
その他のメリット

毎月500円以上の投資信託を
1ポイント以上ポイント投資すると、
楽天市場のポイント還元率が+1倍

SBI証券で取引するたびに
Tポイントを付与

手数料が月額制で
50万円までの買付なら
月額200円(税別)
加えて、200Tポイントを毎月Get

詳細
公式サイト

<左右にスクロールできます>

そして、各ポイントサービスがおすすめできるのはそれぞれ以下のような人です!

ポイント投資の選び方

共通して言えるのは、本来消費に使われるはずだったポイントがあなたの将来の資産に変わるという点です。

機会があれば、積極的に活用して行きたいですね。

またサービスを選ぶ際は、あなたのライフスタイルと照らし合わせながら、普段ためているポイントを利用できるサービスを選ぶ方が負担もなく投資を始められます。

ポイント投資を機に、将来の資産を築きつつ投資家デビューしちゃいましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*