ポートスターのロボアドバイザーってどうなの?契約前に知っておきたい全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ポートスター“PORTSTAR”についてお調べ中でしょうか?

ポートスター“PORTSTAR”(以下ポートスター)は、三菱UFJ国際投信株式会社が提供するロボアドバイザーです。三菱UFJ国際投信株式会社は三菱UFJグループの会社であるため、信頼性も十分。

しかし、ポートスターが行うのは投資に関するアドバイスのみ。投資初心者は、ウェルスナビなどの投資一任型ロボアドバイザーの方が失敗しない可能性があります。

ここでは、ポートスターのメリットとデメリットを解説。この記事を読めば、ポートスターのことは全てわかるので、参考にしてください。

1. ポートスター(PORTSTAR)とは?

ポートスター”PORTSTAR” あなたのファンド選ぶをサポート

ポートスターは、三菱UFJ国際投信株式会社が提供するアドバイス型のロボアドバイザーです。

ポートスターが提案する質問に答え、勧められた通りに投資を開始すれば、お金を効率的に増やすことができます

2. ポートスター(PORTSTAR)をおすすめする7つの理由

ポートスターをオススメするのは次の7つの理由があるからです。

  1. 手数料が安い
  2. 投資をする投資信託は1つだけ
  3. ポートフォリオのズレを自動で直してくれる
  4. 好きな銀行や証券会社で運用できる
  5. 積立投資を月々1万円から行える
  6. 確定申告が必要ない
  7. NISA口座で利用できる

理由1. 手数料が安い

ポートスターの手数料は年率0.54%

投資を全預けにする投資一任型のロボアドバイザーの平均手数料は年率1%程度なので、比べるといかに安いかがわかります。

解約時には、換金申込受付日の翌営業日の基準価額に最大0.1%をかけた額が別途かかりますが、これを加えても手数料は年率0.64%以内と安いです。

理由2. 投資をする投資信託は1つだけ

ポートスターで提案される投資信託は1つだけ!よって、複数のファンドの運用状況を確認する必要がありません

1本だけと聞くと心配するかもしれませんが、1つの投資信託で株式や債券など様々な金融資産に投資を行うバランス型投資信託なので、リスク分散を行なった、着実な運用を行えます

理由3. ポートフォリオのズレを自動で直してくれる

ポートスターでは、ポートフォリオのズレを自動的に直してくれます!

ポートスターで提案される投資信託は、資産配分のズレを自動的に直してくれます。(リバランス)

例えば、株式50%、債券50%を運用していたとします。しかし、銘柄によって利益や損失が発生します。これを修正しないといつのまにか株式75%、債券25%といったように資産配分比率が変わってしまうのです。

ポートスターで提案される投資信託は、このような調整を自動で行ってくれます。

理由4. 好きな銀行や証券会社で運用できる!

ポートスターあくまで三菱UFJ国際投信が提供するロボアドバイザーなので、実際に投資を行うのはポートスターが提案する投資信託を扱っている銀行や証券会社になります。

つまり、言い換えれば好きな銀行や証券会社で運用を行えるということです。

理由5. 積立投資を月々1万円から行える

例えば、運用利回りが年率3%の証券の下、"65歳で1000万円"を目指す場合 30歳から毎月1.4万円を積み立ると65歳で1000万円。50歳から毎月4.4万円を積み立てると65歳で1000万円となります。

ポートスターでは、積立投資を1万円から行えます

積立投資とは「量(口数)」を購入していく投資方法です。積立投資を行うことにより、相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

一度手続きをすれば自動で積み立ててくれるので手間暇がかかりません。

*販売会社によっては投資信託の自動積立サービスを行っていない場合があります。

理由6. 確定申告が必要ない

ポートスターでは、好きな銀行や証券会社で運用を行えます。

その運用口座が源泉徴収ありの特定口座なら、運用益が出ても確定申告の必要はありません

※年間の利益が20万円以下(所得がない方は38万円以下)の場合、一般口座でも確定申告は不要。

理由7. NISA口座で利用できる

ポートスターでは、好きな銀行や証券会社で運用を行えます。

よって、その銀行や証券会社がNISA口座に対応していれば、利用することができます。

NISA口座で運用を行えば、運用益が全て非課税となるので、ポートスターと組み合わせて利用することをおすすめします。

3. ポートスター(PORTSTAR)のデメリット

ここは要チェック

ポートスターにデメリットはないのでしょうか?いくつかデメリットはあります。それは次の点です。

  • あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!
  • 投資できる投資信託のバラエティが少ない

3-1. あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!

ポートスターはあくまで投資に関するアドバイスのみを行います。それを実行するのは投資家本人です。

ウェルスナビ」や「THEO」など運用の全てを、ロボアドバイザーが行なってくれるサービスもあるので、少々面倒であるといえます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3-2. 投資できる投資信託のバラエティが少ない

eMAXIS(イーマクシスシリーズ) 自分だけの投資スタイル、探せる、見つかる。ネットで賢く、インデックスファンド・シリーズ。

ポートスターの診断でおすすめされる投資信託は「eMAXIS」シリーズと言わ投資信託のうちの1つとなります。

「eMAXIS」シリーズには5種類あり、年率0.54%という低コストで運用でき、運用パフォーマンスも良いのでオススメです。

しかし、さまざまな投資信託に投資ができる投信工房などのロボアドバイザーもありますので、デメリットとなります。

4. ポートスター(PORTSTAR)はこんな人におすすめ!

こんな人にオススメ!

ポートスターロボアドバイザーによるアドバイスを聞きながら、ある程度自由に投資を行いたい投資初心者の方におすすめロボアドバイザーです。

投資する投資信託は1つだけなので複数のファンドの運用状況を確認する必要がないのも大きなメリットです。

もし、投資の全てをロボアドバイザーに任せて、ほったらかしでお金を増やしたい方には「ウェルスナビ」をオススメします。

運用成績も優秀で、源泉徴収ありの特定口座を利用すれば確定申告も必要ありません。お金を預ければ、後は勝手にお金を増やしてくれます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

5. ポートスター(PORTSTAR)を契約する前に知っておきたいこと

ポートスターで実際に資産運用を行う前に知っておいた方がいい事をご紹介します。

5-1. 投資で絶対に資産が増えるとは思わないように!

投資には常に元本割れ(損益が出る)リスクがあります。

いくら優秀なロボアドバイザーといっても、将来の相場状況を正しく判断することはできません。

しかし、長期投資を行うことによってこの元本割れリスクを軽減することができます。元本割れを防ぎたいときは長期的な目線で投資を行うようにしましょう。

5-2. お得なキャンペーンを実施している、銀行や証券を選ぼう!

実際に投資を行うのはポートスターが提案する投資信託を扱っている銀行や証券会社になります。つまり、その銀行や証券会社でキャンペーンを行なっていれば、それを利用することができます。

当サイトでは、「SBI証券」か「楽天証券」をおすすめします。キャンペーンが豊富なだけでなく、手数料が安く、NISA口座も利用できます。

6. まとめ

ポートスターを使って投資を行う際に知っておくべき事を解説しました。

運用会社を好きなところから選べるのがメリットです。

ポートスターはロボアドバイザーによるアドバイスを聞きながら、ある程度自由に投資を行いたい投資初心者の方にオススメのロボアドバイザーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*