【2019年3月】楽天カードを使ってわかったメリットと気をつけたい落とし穴!

rakutencard-eyecatch
  • 楽天カードが良いって話を聞いたけど本当?
  • 楽天カードを使うメリットって?
  • 楽天カードを一番お得に使う方法は?

こう思って、この記事にたどり着いたのではありませんか?

私は数枚のクレジットカードを持っていますが、メインは楽天カードです!

楽天カードは数あるクレジットカードの中で、利用者数No.1。2018年8月には利用者が1600万人を突破しています!

加えて、2018年度の日本版顧客満足度指数調査においても10年連続でクレジットカードNo.1となっている(参考URL:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2018/1212_01.html)ことからも、利用者がとっても満足しているとわかりますね。

しかし、ネットを見てみると便利さについては賛否両論あります。また、結局どのように使えば、1番お得に使えるのでしょうか?

結論を言ってしまうと、楽天カードは、楽天市場でのお買い物+楽天サービスの併用を視野に入れると1番お得に利用できるクレジットカードです!

今回は「楽天カードがなぜお得になるのか」その理由と方法を徹底的に説明します。この記事を読めば、「あなたは楽天カードを作るべきか」的確に判断できます。

ぜひ、参考にしてください。

“キャンペーンを使って楽天カードを1番お得に申し込む方法!”

公式サイトでは新規入会&利用で5000ポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

公式サイトをチェックする方はこちらからどうぞ↓

初めに:楽天カードの機能一覧

楽天カードの特徴まとめ
年会費永年無料
通常利用での還元率1%(100円につき1ポイント)
その他のポイント付与多様なキャンペーン・他楽天サービスとの併用・SPU
利用可能額上限100万円(申請時の信用度で変化)
ブランド VISA/mastercard/JCB/AMEX
海外旅行傷害保険 利用付帯
その他の主な特徴 ・ポイントカードと楽天Edyがカードと一体

・楽天ペイとの併用でポイント還元率1.5〜2%

・楽天銀行と併用で普通金利が2倍(0.04%)

・不正利用探知などの安心セキュリティシステム

・レンタカー割引などの旅行優待サービス etc

ざっと、楽天カードの機能についてまとめました。

楽天カードを利用すれば、永年無料で使えて100円につき1ポイントもらえることがわかります。

でもこれだけでは、「他のクレジットカードの方と比べて良いのかなぁ・・・」とピンと来ない方もいるかもしれませんね?

私は他にもクレジットカードを持っていますが、次のようなメリットがあるため、現在では楽天カードをメインで使用するようになりました。

使って良かったメリットまとめ

  • 利用するだけで楽天ポイントがザクザクたまる
  • 楽天ペイの利用で還元率1.5〜2%!お得なキャッシュレスを実現!
  • キャンペーンでポイントが期的にドカンとたまる
  • 楽天市場での買い物が超お得に!
  • 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ

最初は「他のクレカの方が還元率良いし・・楽天市場なんて使わないし・・・」などと思っていましたが、使い始めると「楽天カードがすごい!楽天市場も便利!ポイントがザクザクたまる!」となりました。

ここからは私が実際に楽天カードを利用して、良かった点をご紹介しますね!

加えて、客観的に楽天カードが優れている点もご紹介します。

楽天カードの公式サイトはこちらから↓

1. 使ってわかった!これだけは絶対に知るべき5つのポイント!

ここでは私が実際に使ってる中で、特に「これは外せない!すごいメリットだ!」と感じた点を5つ厳選しました。

ぜひ、参考にしてください。

メリット1. 利用するだけで楽天ポイントがザクザクたまる!

楽天スーパーポイントは楽天関連サービス、ほぼ全てで現金のように利用することができます

楽天のサービスは、楽天市場から楽天ブック、トラベル、電気、モバイルなど、ほぼ全てのジャンルにあります。そのため「ポイントが貯まったけど使うところがない・・・」ということは絶対にありません

さらに、楽天カードは楽天の関連サービスと併用することで真価を発揮しますが、通常利用だけでもポイントがたまります!

ここでは楽天カードを利用するだけで、楽天ポイントがもらえる方法を3つご紹介します。

(1)100円の利用につき1ポイント還元

楽天カードを利用するだけで、100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント還元されます。

このポイントは期間限定ポイントではないので、1年間有効です。

楽天スーパーポイントは、さまざまなサービスで現金として利用できるので、非常に使い勝手が良いです!

日頃の支払い(ガスや光熱費、ネット通販など)をなんでも楽天カードにしておけば、どんどんポイントが貯まります!

ただ、楽天カードよりも還元率が高いカードもあるため、還元率だけがメリットとは言えません。

楽天カードは楽天関連サービスと組み合わせることで真価を発揮するカードです!

詳しくは「メリット5. 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ!」で解説いたします。

(2)楽天Edyのチャージは200円につき2ポイント還元

楽天カードには、楽天Edyがついています。

楽天カードからのチャージ利用時に、200円に付き1ポイント還元。さらに楽天Edyの利用で、200円に付き1ポイント還元されます。

したがって、楽天カードでチャージ+楽天Edyの利用で、実質200円に付き2ポイント還元されます。

(3)使い続けたらランクが上がって特典ゲット!

楽天カードで支払いを続けていると会員ランクが上がっていき、誕生日ポイントなどの特典がゲットできます。

会員ランクは、過去6ヶ月間の楽天スーパーポイントの「獲得回数」と「獲得ポイント数」で決まります。

上記のように、ダイヤモンド会員になるには楽天カードが必須です。

また「4000ポイントはなかなか貯まらないのでは?」と思うかもしれませんが、「メリット5. 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ!」で後述するように、楽天サービスを使っていればポイントがザクザク貯まるので、誰でもすぐにダイヤモンド会員です。

唯一のネックはポイント獲得回数ですが、これはガス代などの生活費を楽天カード支払いにすれば、すぐに30回を超えます

さらにダイヤモンド会員になれば、下記のようなクーポンが利用できたりします!(下記はキャンペーンの一部)

メリット2. 楽天ペイの利用で還元率1.5〜2%!お得なキャッシュレスを実現!

楽天ペイとの併用で、ポイント還元率が最大2%になります!

具体的には、街利用の際は1.5%。ネット利用の際は2%になります。

貯まったポイントは、楽天ペイで現金として利用できます!もちろん、他の楽天サービスでも使えます!

楽天ペイは、コンビニ等の小さい買い物に便利です。

<街利用の場合>

街利用とは、下記のようにコンビニや居酒屋など外で利用することです。

楽天ペイを使ってわかったメリットと3つの注意点」でも詳しく解説していますが、楽天ペイの還元率は200円につき1ポイント。還元率は0.5%です。

このとき決済クレジットカードを「楽天カード」にすると、そのチャージ分に対してもポイントが1%つきます。

つまり、還元率1.5%です!

楽天ペイを利用される方は、楽天カードで決済すると、とってもお得になります!

<ネット利用の場合>

ネットで楽天ペイを利用すると、還元率が2%になります。

例えば、下記のような店舗で支払うときに楽天ペイ支払いが使えます。

楽天ペイの利用で還元されるのは、100円に付き1ポイントです。

しかし、登録クレジットカードを楽天カードにすることで100円に付き1ポイント還元されます。

したがって、楽天カードの登録+楽天ペイの利用で、実質100円に付き2ポイント還元されます。

楽天ペイについて、詳しく知りたい方はこちら「楽天ペイを使ってわかったメリットと3つの注意点」を参考にしてください。お得なキャンペーン情報なども公開中!

メリット3. キャンペーンでポイントが定期的にドカンとたまる

楽天カードの公式HPや楽天カードアプリを開くと、毎日のようにキャンペーンが開催されています。

このキャンペーンにエントリーすることで、ポイントをゲットできます!

特に「他の楽天サービスに新規入会」系のキャンペーンは1000ポイント単位でゲットできることも

しかし、ポイント目当てに必要のないサービスに入会して、余計なお金を払うことは本末転倒でので注意しましょうね!

自分にとって必要なものがあった場合のみ、キャンペーンにエントリーしましょう!

これだけで、月に1000ポイント以上貯まることも珍しくありません

メリット4. 楽天市場での買い物が超お得に!

楽天市場での支払いを楽天カードにすることで、楽天市場の還元ポイントが3%になります。

楽天市場をよく利用する人は必須です。

さらに、次の「メリット5. 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ!」で紹介するSPU(スーパーポイントアッププログラム)により、楽天カードを発行して楽天市場のスマホアプリで買い物をすれば、誰でもポイントが4倍になります。

加えて、楽天市場ではキャンペーンでポイントが10、20倍になる商品も多いので、恐ろしい還元率になることも!

メリット5. 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ

これが楽天カードの最強の武器です!

楽天カードは他の楽天サービスを利用すればするほど、楽天スーパーポイントの還元率が大きくなります

具体的な方法は、以下の2つです。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

② ポイント還元率が増えるお店やサービスを利用

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

正直、これを利用しないと楽天カードを使う意味はありません!楽天カードを利用するなら、絶対に利用したいサービスです。

SPUとは、スーパーポイントアッププログラムの略。楽天市場以外の楽天サービスを利用することで、楽天市場でのお買い物でもらえる「楽天スーパーポイント」の還元率が最大15倍にもなるサービスです。

SPU対象の楽天サービスは、2019年3月現在、以下のものがあります。

“SPU対象の楽天サービスと獲得ポイント”

  • 楽天カードを発行:+2倍
  • 楽天プレミアム/ゴールドカードを発行:+4倍(楽天カードを含む)
  • 楽天カードを楽天銀行から引き落とし:+1倍
  • 楽天市場アプリで買い物:+1倍
  • 楽天証券登録:+1倍
  • 楽天モバイルを利用:+2倍
  • 楽天TVを利用:+1倍
  • 楽天ブランドアベニューで買い物:+1倍
  • 楽天ブックス、楽天Koboで買い物:+1倍
  • 楽天トラベルを利用:+1倍
  • 楽天ビューティを利用:+1倍

※黒字は比較的利用頻度の高いもの

合計:最大+15倍(通常利用の+1倍と合わせて)

楽天関連サービスをよく使う人なら、還元率が誰でも最大7倍程度にはなります。つまり、楽天市場で買い物するときの還元率が7%になるということです。お得ですよね!

また、SPUは楽天市場のキャンペーンやイベントなどのポイント倍率も加算されるので、43倍など驚異的な還元率になることもあります。

しかし、SPUでもらえるポイントは期間限定ポイントとなる点に注意が必要です。詳しくは、「4. 私が実際に陥った楽天カードでの失敗事例3つ!」で解説します。

②ポイント還元率が増えるお店やサービスを利用する

楽天カードを利用するお店やサービスによって、最大5倍もの還元率が適用されるお店やサービスがあります。

具体的には、次の3つの店舗でポイント還元率が高くなります。

それぞれのサービスごとにポイント還元の条件が違う点に注意です。

最大5倍の還元の店舗では、決済が楽天カードだけの場合もありますので、楽天カードを持っておくとお得になることが多いです!

楽天カードの公式サイトはこちらから↓

2. まだまだあるぞ!楽天カードはこんなに利便性が高い!

ここまでは私が実際に利用して「特にすごい!」と思ったメリットを紹介してきましたが、ここからは客観的に便利である点や、メリットである点を9つご紹介

利便性の高さまとめ

  • YOSHIKIデザインなど、デザインの種類が多くて楽しい!
  • ポイントカード・楽天Edyがクレジットカードと一体だから楽!
  • 2回払い時とボーナス払いは手数料無料!
  • 楽天e-NAVIや楽天カードアプリで利用額の管理が楽!
  • Apple Payに対応(※iOSユーザーのみ)してるので決済がスムーズ!
  • 楽天銀行と併用で普通預金金利が40倍に!
  • 利用限度額は最大100万円!
  • 楽天ふるさと納税でお得に寄附できる!
  • 審査に通りやすい!(という噂?)

それぞれ順番に見ていきましょう。

※知っておくべきメリットや利便性の高さについては大体わかったから、早く先を読みたい!という方はこちら「3. 楽天カードのデメリット」を押してください。

① YOSHIKIデザインなど、デザインの種類が多くて楽しい!

通常クレジットカードはデザインの選択肢が少ないのが普通ですが、楽天カードはとても豊富!中にはYOSHIKIデザインカードなど貴重?なものも!

しかし、JCBやVISAなどブランドによって、選択可能なデザインがあるので注意してくださいね。

また、デザインを変更する際は、一回カードを退会する必要があります。

② ポイントカード・楽天Edyがクレジットカードと一体に!

楽天カードとは別に、楽天ポイントカードや楽天Edyカードを発行させることができますが、カードを何枚も持つと、何かと不便ですよね。

楽天カードは、ポイントカード機能と楽天Edyの機能が付属しています。

もちろん、すでに楽天カードを発行していて、これらの機能を付けていない場合でも、無料で追加できます。

「カード決済」「ポイントを貯める」「電子マネーで決済」、どの場合でも楽天カード1枚だけで済むのはとても楽です!

③ 2回払い時とボーナス払いは手数料無料!また、あとから分割払いも!

クレジットカードのメリットといえば、分割払いができることです。しかし、分割手数料が高いと嫌ですよね!

楽天カードでは、2回払いとボーナス一括払いの場合、金利ゼロです!

また、一回払いにした後で「支払いが厳しいなぁ・・・」と感じたら、後から分割払いにも変更できます!

しかしながら、分割手数料は払わないに越したことはありません。

支払いが厳しくなるような買い物はせず、分割払いをするにしても2回までにとどめましょう!

もちろん、分割払いでもポイントはつきます

④ 楽天e-NAVIや楽天カードアプリで利用額の管理が楽

クレジットカードを利用する上で、一番気になるのが利用額の管理。決済が楽になるのは良いけど、ちゃんと支払いができないと本末転倒ですよね。

楽天カードはパソコンなら「楽天e-NAVI」スマートフォンなら「楽天カードアプリ」で、いつでも利用額の確認ができます。

気になる利用額がカンタンに確認できるので、使いすぎや予算管理も可能になります。

特に便利なのは、スマホの「楽天カードアプリ」です。

下記のように、グラフ表示で使用状況と客観的に判断できたり、ポイント払いに変更できたりと利便性が優秀です。

⑤ Apple Payに対応(※iOSユーザーのみ)

「カードを出すこともめんどくさい!」という方は、スマホがiOS端末(iPhoneやApple Watchなど)なら、Apple Payが利用できます。

iOS端末に楽天カードを登録することで、QUICPay払いが可能です。

QUICPay払いにすると、クレジットカードを登録したスマホをかざすだけで支払いができるので、とても便利!

利用するときは定員さんに「QUICPayで支払います」と言えばいいだけです。

登録も簡単で、楽天カードのアプリから簡単に行えます。

ただし、Apple Payが利用できるのは「日本国内で販売されたiPhone 7と店舗」「アプリケーション内」「Safariの中のウェブサイト上」などの条件があります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

⑥ 楽天銀行と併用で普通預金金利が一般の40倍

楽天銀行の口座開設を持っている方は、楽天カードの引き落とし口座を「楽天銀行」にすることで、預金金利が大手銀行の約40倍程になります。

大手銀行の金利割合が0.001%なのに対して、楽天銀行の預金金利は0.04%。

適用条件は、楽天カードの引き落としがある27日(土日祝の場合は翌営業日)にちゃんと引き落としがされた場合の翌月1ヶ月間です。

また、引き落とし口座を楽天銀行にすることで、SPUでもポイントがアップします!

楽天カードを発行する際に、楽天銀行の口座も同時に開設すると良いでしょう!

楽天証券利用の方は「マネーブリッジ」の方がお得!

しかし、楽天銀行は楽天証券と連携することで金利が大手銀行の100倍程度(年0.01%)になる「マネーブリッジ」があります。楽天証券を利用している方はチェックしておきましょう!

マネーブリッジについてはこちらから公式情報をご覧ください。

⑦ 利用限度額は最大100万円

楽天カードの利用限度額(ご利用可能枠)は、最大100万円と高めです。

しかし、これはあくまで最大であって、申請時の信用度によって変化します。

ちなみに100万円以上に増枠することも可能で、その上限は300万円です。

しかし、上限増枠の申請は入会6ヶ月後となっています。

⑧ 楽天ふるさと納税でお得に寄附できる!

楽天ふるさと納税をする際に、楽天カードを使用するのはとてもオススメです。

ふるさと納税は実質2000円で好きなものが手に入る制度!利用しない手はありませんね。

ふるさと納税について知りたい方はこちら「ふるさと納税とは?仕組みや手続きを日本一わかりやすく解説しました」の記事を参考にしてください。

楽天ふるさと納税では、楽天市場で買い物をするのと同じように、自治体への寄附ができます

楽天市場を利用するのと同じなので、SPUが適応されます。つまり、ふるさと納税で最大15倍の還元率を実現できるのです!

SPUとの併用でポイント還元が2000ポイントを超えることも珍しくないので、ふるさと納税を行うとむしろ利益が出るという驚きの状態になることも

⑨ 審査に通りやすい!(という噂?)

楽天カードは、審査の通りやすいカードと言われています。

楽天カードは18歳以上であれば誰でも申し込めます。(※高校生は除く)

専業主婦やアルバイト、パート、大学生でも申し込めます。

果たして審査の通りやすいという情報は本当なのでしょうか?

結論を申し上げますと、分かりません。というのも、楽天カード側が明確な審査基準を明らかにしていないからです。

しかし、年収が少ないアルバイトや私の周りのフリーランスの方々も、問題なく楽天カードを発行できているので、審査基準が低いことは確かなようです。

楽天カードユーザーは1600万人以上。つまり、日本人の5人に1人は持っていると考えていいでしょう。社会人なら所持率はより高まります。そのため、年収や家庭環境が並の水準なら発行は可能だと推測します。

結論!楽天ユーザーは必須、メリット多めの高機能カード!

ここまでのメリットをまとめると、楽天カードは楽天ユーザーなら絶対必須のカード。加えて、持つべきメリットが多い高性能なカードだとわかります。

もう一度メリットを振り返りましょう!

下記は、私が使ってるときに「これは外せない!絶対に知っておいて欲しい!」と感じたのを厳選したものです!

使って良かったメリットまとめ

  • 利用するだけで楽天ポイントがザクザクたまる
  • 楽天ペイの利用で還元率1.5〜2%!お得なキャッシュレスを実現!
  • キャンペーンでポイントが定期的にドカンとたまる
  • 楽天市場での買い物が超お得に!
  • 楽天関連サービスと組み合わせると還元率がグーンとアップ

下記は、客観的に判断して楽天カードの優れたメリットと判断したものです!

利便性の高さまとめ

  • カードのデザインが多くて選ぶのが楽しい
  • ポイントカード・楽天Edyがカードと一体だから楽!
  • 2回払い時とボーナス払いは手数料無料
  • 楽天e-NAVIや楽天カードアプリで利用額の管理が楽
  • Apple Payに対応(※iOSユーザーのみ)してるので決済がスムーズ!
  • 楽天銀行との併用で普通預金金利が40倍に!
  • 利用限度額は最大100万円だからたくさん使える!(審査によって上下あり)
  • 楽天ふるさと納税でお得に寄附できる!
  • 審査に通る可能性が高い!

楽天のサービスを利用しない方にとってはメリットが低く思うかもしれませんが、逆にお得な楽天サービスに足を入れるきっかけになるカードとも言えます。

楽天カードの公式サイトはこちらから↓

さて、メリットばかりの楽天カードですが、デメリットはないのかと気なる方もいるのではないでしょうか?

ここからは、デメリットを見ていきましょう!

3. 楽天カードのデメリット

ここからは、楽天カードのデメリットを紹介します。

基本的には対処できるデメリットなのですが、場合によっては取り返しのつかないものもありますので、しっかりチェックしておきましょう!

デメリットは主に、2種類に分けられます。

  • 追加オプションに関するデメリット
  • その他、機能的なデメリット

それぞれしっかり確認していきましょう。

(1)追加オプションに関するデメリット

追加オプション面のデメリットは次の2点です。

① ETCの利用に年540円かかる

② 郵送の利用明細が有料

① ETCの利用に年540円かかる!

楽天カードは追加機能として、楽天ETCカードが申し込めますが、ETCカードの年会費は540円(税込)です。

楽天ETCカードのメリットは、高速道路利用でも楽天スーパーポイントが貯まること。(100円につき1ポイント)

「じゃあ540円分の元を取ろうとすれば、年間54000円(還元率が1%なので)分の高速利用をするの?」と思うかもしれませんね。

しかし、メリットでお話したように、楽天カードはいろんな方法でポイントを貯められるので、楽天市場などを利用していれば、540ポイントはすぐにたまります。

ちなみに、年会費を無料にしたい場合は、楽天ゴールドカード(年会費税込2160円)以上の楽天カードにするか、楽天PointClubでプラチナ会員以上になれば無料となります。しかし、プラチナ会員以上になるのは難しくないので、楽天サービスをよく利用する方はETCカードの年会費はすぐに無料となるでしょう。

② 郵送の利用明細が有料

楽天カードの利用明細を郵送で送ってもらう場合は、有料になります。1回につき82円(年間984円)

明細書はネットでも見れますが、手元で管理したい人にとってはデメリットですね。

こちらも楽天ゴールドカード(年会費税込2160円)以上の楽天カードにすれば、無料となります。

(2)その他、機能的なデメリット

機能的なデメリットを解説します。

① 海外旅行傷害保険が利用付帯

② メールがたくさん来る

① 海外旅行傷害保険が利用付帯

楽天カードには、補償内容の海外旅行傷害保険がついています。

クレジットカードには海外旅行保険が自動付帯されていることもありますが、楽天カードの場合は、利用した場合に付帯されます。(利用付帯)

利用付帯の場合、出国前に必ず下記の条件を満たす必要があります

自宅から出発空港までの交通費の例”

  • 成田空港行きの成田エクスプレス乗車代
  • 自宅から最寄り駅までのバス乗車代
  • 自宅から空港までのタクシー代
  • 地方空港から成田空港までの航空券代 etc

“海外旅行代金の例”

  • 渡航先への航空券
  • 旅行代理店で予約した海外パックツアー料金 etc

※詳しくは、公式サイトからご確認ください。

自動付帯の場合は、カードを持っているだけで適応されるので、自動付帯の方が良いです。

ちなみに、楽天プレミアムカード(年会費税込10800円)以上の楽天カードにすることで、自動付帯となります。

プレミアムカードにすると補償額が大幅に上がったり、国内空港ラウンジ・海外空港ラウンジが共に無料になるので、毎年海外旅行に行かれる方にはオススメです。

②メールがたくさん来る

楽天カードを利用すると、広告メールが毎日大量に来ます。

利用に関する重要なメールはまだしも、広告関連メールは基本必要ない人がほとんど。

対策としては、楽天e-NAVIにログインして、会員情報の変更でメール配信を停止させることです。

それでも、

  • Web明細へ切替のお願い(郵送明細を利用している場合のみ)
  • 支払い金額
  • 口座振替日
  • ポイント獲得
  • リボに変更しませんか

これらのメールは必ず来ます。特にリボ払いはしつこい印象を受けます。

利用する上で必要なメールなので、仕方はありませんね。

デメリットまとめ

デメリットをまとめます!

<追加オプションに関するデメリット>

ETCの利用に年540円かかる
→楽天ゴールドカードかプレミアム会員以上で無料に!

郵送の利用明細が有料
→楽天ゴールドカード以上で無料に!

 

<その他、機能的なデメリット>

海外旅行傷害保険が利用付帯
→楽天プレミアムカード以上で受動付帯に!

メールがたくさん来る
→ある程度は減らせるが、絶対に来るので我慢しましょう。。。

デメリットに加えて、私が楽天カードを使っていて困った事例もありますので、そちらもご紹介します。

これから楽天カードを作る人の参考になると思います。

ETC利用料と利用明細のデメリットをなくすことができて、楽天市場のポイント還元がさらにお得になるカードとして楽天ゴールドカードがあります。特に楽天市場を利用している方は楽天ゴールドカードの方がオススメです!詳しくは、こちら「愛用してわかった楽天ゴールドカードのメリット!楽天カードとどっちを契約すべきかも解説!」をご覧ください!今なら10,000ポイントがゲットできるキャンペーンも実施中

4. 私が実際に陥った楽天カードでの失敗事例3つ!

私は楽天カードをメインカードとして利用していますが、その利便性が故に、何回か困ったことになりました。

そのことについて3点ご紹介したいと思います。

  • 失敗1:ポイントをゲットすることばかり考えて、いらない物を買っちゃった・・・
  • 失敗2:気づいたらポイント期限が過ぎてた・・・
  • 失敗3:利用限度額を落としすぎて、高い買い物ができなくなった・・・

失敗1:ポイントをゲットすることばかり考えて、いらない物を買っちゃった・・・

ポイントをもらうことばかり考えてはいけません!

楽天カードを利用する一番のメリットは、楽天スーパーポイントが大量にゲットできること。

本当にザクザク貰えます!あまりに貯まりやすいので「もっとポイント貯めたいから、楽天市場の高ポイント商品だけを狙って買いまくろう!」「キャンペーン中でポイントが10倍!!今が買いどきだっ!」とついつい思ってしまいます。

しかし、だからと言ってポイントをもらうことばかり考えてはいけません

特に、キャンペーンでもらえるポイントの条件は「楽天のサービスに新規入会&利用」というものが多いです。

必要ないのに新規入会することで、もらったポイント以上のお金を支払うなど、本末転倒です。

ポイントをもらう代わりに何を求められるのか、ちゃんと検討する習慣を身につけましょう。

失敗2:気づいたらポイント期限が過ぎてた・・・

期間限定ポイントの期限をしっかり確認しましょう

楽天スーパーポイントの有効期限は、基本的に1年間です。

対して厄介なのが、SPUなどで獲得できる期間限定ポイントです。

基本的に楽天カードの利用におけるポイントは、通常利用以外で付与される全てのポイントは期間限定ポイントと認識した方がいいでしょう。

期間限定ポイントの有効期限は40〜45日程度なものも多く、早めに使わないとすぐに失効してしまいます。

そのために「気がついたらポイントが消えていた・・・」ということがありました。

せっかくたくさんポイントがもらえるのに、失効してしまうと全く意味がありません。

したがって、定期的にポイント利用を心がける必要があります

失敗3:利用限度額を落としすぎて、高い買い物ができなくなった・・・

楽天カードには、月ごとにご利用限度額(ご利用可能枠)があります。

限度額は20〜30万円など、ある程度は高くすることをオススメします。

私は「誰かに不正利用されたら嫌だし、使い過ぎないように制限しよう!」と思い、カード発行後すぐに限度額を10万円に落としました。

問題が起こったのは、楽天市場でポイントが20倍の高額商品(12万円相当)を2回分割払いで買おうとしたときです!

「2回分割で手数料がかからないし、一回分は6万円だから限度額10万円にも引っかからないはず!」と思っていましたが、限度額に引っかかりました。分割する前の金額も限度額の対象となります。

支払いを楽天カード以外のクレジットカードにするとSPUが適応されないので、ゲットできるポイントがドンと下がってしまいます。そこで限度額のアップをしようと「e-VAVI」にアクセスしてみましたが、なんとカードに入会後、限度額のアップは半年間不可なのです・・・

ご利用限度額は、ある程度高くしておくことをオススメします。

私の失敗まとめ!

ポイントをもらうことばかり考えない!

期間限定ポイントの期限はしっかり確認する

ご利用限度額はある程度は高くする!

楽天カードを利用する際は、この3つはしっかり押さえといてくださいね!

5. よくあるQ&Aで気になる疑問点を解消しよう!

さて、これから楽天カードの登録をしようとお考えの方は、次のような点が気になりませんか?

・カードの締め日と支払日(引き落とし日)っていつ?

・カードが盗難・紛失したらどうするの・・・

・カードが不正利用されたらどうしよう・・・

・カードを解約したくなったらどうすればいいの?

それぞれ見ていきましょう。

Q1. カードの締め日と支払日(引き落とし日)っていつ?

カード利用の締め日は月末

楽天カードの支払日は、翌月27日(土日祝の場合は翌営業日)です。

ただし、楽天市場でのカード利用のみ、締日は毎月25日となります!

楽天市場で26日~月末までにご利用した分は、翌々月27日に支払いとなるので注意しましょう!

他のクレジットカードを利用する場合でも言えますが、ちゃんと支払日を確認した上で、口座にお金を用意しておきましょう。

Q2. カードが盗難・紛失が起きたらどうするの・・・!

クレジットカードで一番怖いのが、盗難紛失が起こること。

そうならないのが理想ですが、万一に起こった場合はカード盗難保険が適用されます。

盗難紛失が判明したら、すぐに専用ダイヤルに連絡して必要な手続きを行います。

保険適用条件は、連絡した日から60日前までさかのぼり、それ以降での不正利用があった場合です。

Q3. カードが不正利用されたらどうしよう・・・

不正利用も怖いですよね・・・

まず前提として、楽天カードはセキュリティが高いカードですので、不正利用のリスクは低いです。

楽天カードは「不正利用検知システム」を導入しています。具体的には、カードの取引ごとに不審な点がないか 24時間365日の監視体制でモニタリングを行い、不正利用の早期発見に注力するシステムです。

しかし、絶対に不正利用がないとは言い切れません!カード情報は、必要なとき以外は他人に教えないようにしましょう!

不正利用が発覚したら、すぐにコンタクトセンターに連絡しましょう!

※不正利用と思っても、自動で課金される設定にしていたりと「自分に責任がある」場合も多いそうです。焦る気持ちもわかりますが、それが不正利用か自分自身でしっかり判断することも必要です!

Q4. カードを解約したくなったらどうすればいいの?

楽天カードの解約は簡単です。

楽天カード解約センターに電話をすればいいだけです。

しかし、解約前に「公共料金や携帯電話などの支払方法の変更は完了しているか?」や「楽天カードの支払いはすべて完了しているか?」など、しっかり確認した上で電話をするようにしましょう!

詳しくは公式の「楽天カードご解約前のご案内」をご覧ください。

6. キャンペーンを使って楽天カードを1番お得に申し込む方法!

現在、楽天カードではさまざまなキャンペーンが行われています。

その中には、キャンペーンのエントリーまでに期限が設けられているものもあるので、上手く活用しましょう!

ここでは、現在行われている楽天カードのキャンペーンから必ずエントリーすべきお得なキャンペーンを紹介しておきます。ここを抑えておけば、あとで後悔せずにすみます。

2019年3月現在、一番お得なのは次の2つのキャンペーンの組み合わせです!

このキャンペーンを利用すれば、5,000〜20.000円相当のポイントが手間なくもらえるので、ぜひ活用しましょう!

ここではそれぞれのキャンペーンについて詳しく解説しておきます。

新規入会&利用で5000ポイントプレゼントの概要

「新規入会&利用で5000ポイントプレゼント」キャンペーンは、楽天カードに入会し、実際に利用するだけで5,000ポイントをゲットできるキャンペーンです。

具体的な流れは下記の通り。

お申し込みをして、楽天カードが家に届いた後「楽天e-NAVI 」で受取り申請を行います。

すると5日後に+2000ポイントゲットです!

さらにカードを利用して、申し込み日の翌月末までにもカードショッピングを1回以上利用すれば、3000ポイントをゲットできます。

注意点としては新規入会特典の2000ポイントは通常ポイント(期限一年)、一方でカード利用特典の3000ポイントは期間限定ポイントであることです。(期限は付与から翌月末まで程度)

スタートボーナスキャンペーンの概要

スタートボーナスキャンペーンは、楽天のサービスを初めて使うごとに1,000ポイントをゲットできるキャンペーン。

例えば

・楽天銀行の口座開設で1,000ポイント

・楽天市場の初回利用で1,000ポイント

などです。

対象になるのは初回利用のサービスだけなので、楽天サービスを使ったことがない人ほどポイントをたくさんゲットできます。

ポイントをゲットするには、エントリーが必要なので注意してくださいエントリーはキャンペーンの公式ページ『スタートボーナスキャンペーン』にアクセス→エントリーをクリックでOK!

サービスによってポイント獲得条件は違うので、よく確認しましょう。

キャンペーンを合わせれば6000ポイント以上を獲得!

もうお気付きの方もいるでしょうか?

「新規入会&利用で5000ポイントプレゼント」キャンペーンの適応条件は、カードショッピングを1回以上利用することです。

つまり、スタートボーナスキャンペーンにエントリーして、楽天市場でカードショッピングを行うことで+1000ポイントがゲットできます。

これだけで、6000ポイント以上をゲットです!すごくお得ですよね!

ここからは、楽天カードを失敗せず契約するための方法を3つのSTEPにまとめましたので、参考にしてくださいね。

STEP1. 公式サイトから申し込む

まずは、下記から公式サイトにアクセスし「カンタン申し込み」を押しします。

「楽天IDを持っているか」と聞かれるので回答しましょう。過去のIDを作っていて、ポイントをすでにも持っている方は、そのIDで申し込むことをオススメします。また、IDを持っていなくても問題なく登録できます。

STEP2. 項目に入力する

カード発行はとても簡単、入力していけばいいだけです。

しかし、中には少し気をつけるべき点もありますので、そこのみ解説します。

楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせについて

100ポイントもらえるので「受け取る」にしても良いですが、メールが多くなって少々困ります。

しかし、メールマガジンは後に「楽天e-NAVI」で停止できるので問題ありません。

それすらめんどくさい方は、「受け取らない」にしましょう。

自動リボサービス申し込み

「申し込まない」を強く推奨!

リボ払いは上手く使えば、お得になることもありますが、自動リボはオススメできません

リボ払いとは、月々の支払い額を一定にする返済方法です。

分割支払いと似ていますが、分割支払いは分割回数で手数料が変わってきます。リボ払いの場合は、支払い残高に対して手数料が一定となります。ちなみに、楽天カードの手数料率は15%です。しかも、この手数料は毎月かかる点に注意です。

例えば、リボお支払いコース10,000円で10万円を返済していきます。

1ヶ月目の支払い額:10万÷10(月々の支払い)+10万(残金)×15%(手数料)=11,500円

2ヶ月目の支払い額:10万÷10(月々の支払い)+9万(残金)×15%(手数料)=11,350円

3ヶ月目の支払い額:10万÷10(月々の支払い)+8万(残金)×15%(手数料)=11,200円

となります。一般的にはこのように支払額が徐々に少なくなって行きます。

しかし!今回のケースは買い物が一個の場合なので問題ではありませんが、自動リボにしてしまうとリボ残高が増え続け、その分手数料も増えていきます

そのため、自動リボはオススメしません

ちなみに、自動リボ解除は楽天カードの「楽天e-Navi」からできます。

ETCカード

ETCは、年会費540円かかります。

しかし、楽天ゴールドカード以上にするか、プラチナ会員以上になれば、年会費が無料になります。楽天カードをよく使う予定なら、プラチナ会員にすぐになれますので、ETCを申し込んでも良いでしょう。

Edyオートチャージ設定

Edyを楽天カードに付帯させるのはオススメですが、Edyをそれほど使う予定のない方は「申し込まない」で良いでしょう。

<この後>
暗証番号の入力、会社登録、運転免許証の確認、お支払い口座情報の入力を完了させ「お申し込みを完了する」を押せば終了です。
審査が開始され、審査に受かると、一週間後にカードが届きます!

STEP3. カード利用&キャンペーンにエントリー

「新規入会&利用で5000ポイントプレゼント」キャンペーンの適応には、カードの利用が必要です。

なんでも良いですが、スタートボーナスキャンペーンの適応となるサービスで楽天カードを利用するようにしましょう!

最後に、スタートボーナスキャンペーンにはエントリーが必要です!忘れないうちに、キャンペーンにエントリーしておきましょう。

まとめ

楽天カードは、利用するだけでも永年無料から100円に付き楽天スーパーポイントが1ポイント還元されるクレジットカードです。

しかし、他の楽天サービスなどと併用することで、もらえるポイントが激増します。

特に楽天市場で利用することで、その真価は発揮されます。それがSPUです。

このように楽天カードは、ただ利用するだけではなく、いかに楽天のサービスや楽天と提携している店舗・サービスと併用するかがポイントになります。

逆に言えば、ただ楽天カードを利用するだけの場合は、メリットがそこまで大きくないので、他のクレジットカードを使う方がお得な場合があります。

また、楽天カードのメリットを受けたい場合は、楽天サービスに統一するように工夫することをオススメします!

楽天のサービスは、利用するだけでも非常に便利なサービスです。それに加えて、ポイントもたくさんもらうことができるので、これ以上お得な使い方はありません。

ご自身の生活スタイルを見直してみて、楽天のサービスや楽天と提携している店舗・サービスが多かったり、楽天のサービスを利用した方がお得になる場合は、ぜひ楽天カードを利用しましょう!

この記事が参考になったのなら幸いです。

お申し込みはこちらから可能です!

 

ちなみに、楽天市場を利用している方は楽天ゴールドカードの方がオススメです!詳しくは、こちら「愛用してわかった楽天ゴールドカードのメリット!楽天カードとどっちを契約すべきかも解説!」をご覧ください!今なら8,000ポイントがゲットできるキャンペーンも実施中です。

 

コメントはこちらからどうぞ!

*