【2018年12月】楽天ペイを使ってわかったメリットと3つの注意点

楽天ペイを使ってみたいけど、実際どうなの?と思っていませんか。

楽天ペイはスマホだけでお支払いできるサービス。

クレジットカードと違って、サインをする必要がないため手軽かつスピーディにお支払いができます。

しかもクレジットカードを使うよりもポイントが溜まりやすいため、私はすっかりメインで使うようになりました。

そこでこの記事では、楽天ペイの使い方からおすすめポイントまで詳しく解説します。

2,000~20,000円相当のポイントがもらえるお得なキャンペーンも紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

楽天ペイの店舗導入を検討している人は、『楽天ペイは店舗導入すべき?比較でわかったメリットとデメリットを解説』の記事をご覧ください。

1.楽天ペイとは

楽天ペイは、スマートフォンを使って支払いするサービス。

全国のローソンを始め、さまざまな店舗で使うことができます。

残念ながら今のところ「楽天ペイさえあれば、どこでも支払える!」と言えるほど加盟店が多くありません。

しかし次のようなメリットがあるため、現在では楽天ペイがあるところでは楽天ペイを使うようになりました。

楽天ペイのメリットまとめ

  • クレカよりもポイントがザクザクたまる
  • 財布を持ち運ばなくて良い!
  • クレカよりも支払いがスピーディ
  • 期間限定ポイントも効率よく使える

使い方もとっても簡単!

最初は「失敗したらどうしよう。。」などと心配していましたが、使いなれると「クレカよりいいじゃん!」となりました。

なので、まずは使い方について見ていきましょう。

2.楽天ペイの使い方

楽天ペイの使い方は大きくわけて、3つあります。

3つの中で実際に使うことになるのは、バーコード決算とQR読み取りの2つです。

ここではこの2つの支払い方法について見ておきましょう。

(1)バーコード決算

バーコード決算は、楽天ペイのアプリに表示されたバーコードを店員にみせて決算する方法です。

わずか1秒で支払いが完了するので、コンビニで買い物するときに重宝しています。

楽天ペイを起動すると表示されるバーコードを店員に見せると、店員がバーコードを読み取ります。

すると、楽天ペイのアプリにお支払い金額が表示されるので、スワイプすれば支払い完了。

約1秒で決算ができてしまいます。なので基本的にはこの支払い方法を選択すると良いでしょう。

(2)QRコード読み取り

QRコード読み取りは、あなたの楽天ペイアプリで、お店のQRコードを読み取って決算する方法です。

お支払いのときに「楽天ペイのQRコード読み取りでお願いします」と店員さんに伝えると、店員さんがQRコードをみせてくれます。

それをあなたの楽天ペイアプリで読み取れば、OK。表示された金額を確認してスワイプすればお支払い完了です。

こちらも簡単にお支払いができますが、よりスピーディなのはバーコード決算だと言えますね。

3.楽天ペイを使ってみて良かったところ

ここからは、具体的な楽天ペイの良かったところを見ていきましょう。

メリット1.財布を持ち運ばなくて良くて便利!

財布って意外と重たいので、コンビニなどちょっとした買い物に出かけるときに持ち運ぶの面倒だなって思いませんか?

財布を裸で持ち歩くのもよくないし、かといってわざわざカバンを用意するのも。。

そんなとき楽天ペイをがあれば、スマートフォンだけを持って行けばいいので、とっても身軽です。

正直、最初は「本当に大丈夫かな。。」と財布も持ち歩いていましたが、慣れてくるとコンビニくらいならスマホだけ持って行くようになりました。

しかも、小銭を探したり受け取ったりする必要もないため、とにかく快適です。

コンビニに行くことが多い人なら、楽天ペイはお世辞なしで便利だと言えます。

メリット2.とにかく簡単!クレカよりもスピーディ

クレジットカードって、「カバンから財布を出して、カードを探して、サインして」とお支払いするまでに結構手間がかかりますよね。

スピードだけで考えれば現金で払ったほうが安い場合もあります。

しかし、楽天ペイなら支払いは一瞬で完了します!

楽天ペイでの支払いは、スマホのアプリを開いて、バーコードを見せるだけ。

クレジットカードのように、店員のカード操作を待ったり、パスワードを入力したり、サインをするという手間が必要ありません

使いなれると「早く全店舗に導入されないかな。。」と思うほど、快適に支払いができます。

メリット3.ポイントざくざくたまる

楽天ペイを使うと、クレジットカード単体よりもポイントがたまります

私はポイントを貯めるのも使うのも苦手なタイプなのですが、楽天市場やラクマで使えるためそこそこ活用しています。

活用すると言っても、積極的に貯めるわけではなく、勝手に貯まったポイントを消費している程度です。

しかし楽天ペイを使えば、より効率的かつ手間なくポイントが貯まっていきます。

このように楽天ペイを使うだけでより多くのポイントが貯まるため、面倒なことが苦手な人にもぴったりです。

もちろん、貯まったポイントはコンビニなどの支払いで使うこともできるので、貯めておいて損はありません。

コンビニではポイントの3重取りも可能

もし、ポイントを積極的にためている人なら、楽天ペイはさらにおすすめです。

なぜなら、下記の3つ全てのポイントを集めることができるからです。

  1. 楽天ペイなら200円につき1ポイント
  2. 楽天ペイに登録したクレジットカードポイント
  3. dカードやPontaカードの提示で、dポイントPontaポイントも貯まる

このように、コンビニ利用ではポイントが3重に貰えるので、ポイントがガンガンたまります。

期間限定ポイントの消化もできる!

使ってから驚いたメリットに、期間限定ポイントを消費できることがあります。

楽天では期間限定ポイントがもらえることってありますよね。

でもポイントのためにわざわざ買い物するのも。。と思って活用できていなかった人も多いのではないでしょうか?

楽天ペイを使えば、コンビニなどの買い物で期間限定ポイントを賢く消費できます

オンラインショッピングでもポイントが貯まる

実は楽天ペイは、オンラインショッピングでも使うことができます。

クレカ情報をいちいち入力する必要はありませんし、通常のクレジットカードよりも多くポイントが貯まります。

楽天ペイが使えるサイト一覧に掲載されている提携サイトで商品を購入するときに、楽天ペイを使えば、通常の2倍でポイントが貯まります

現在、提携されているサイトは、5,000サイト以上あるので、使い勝手も悪くありません。

提携サイト例

  • ラクマ
  • TOHOシネマズ
  • 無印良品
  • JINS
  • BUYMA
  • ドミノピザ
  • 大阪王将
  • ドクターシーラボ
  • DMM.com
  • 109シネマズ
  • 【参考】楽天ペイ|使えるサイト一覧から抜粋

より快適でより賢く買い物ができるので、オンラインショッピングを頻繁に活用する人にはとくに向いていると言えますね。

メリット4.使える店舗が多い

楽天ペイ以外にもキャッシュレスサービスはいくつか登場しています。

しかし、使える店舗がまだまだ少ないのが全体的な課題です。

残念ながら楽天ペイもどこでも使えるほど加盟店は多くありませんが、他のサービスより使えるお店が比較的多いといえます。

なので、とりあえずQRコードを使って決算がしてみたい人には、楽天ペイが向いています。

4.楽天ペイの改善点と注意点

ここまでは楽天ペイの良いところについて見てきました。

でも実際に使うときに注意すべき点もあります。

  • 電波がない環境では使えない
  • セルフペイは使わない方が良い
  • 支払い上限金額がある

どれもそれほど問題になることはありませんが1つずつ見ておきましょう。

注意点1.電波がない環境では使えない

楽天ペイでのお支払いには通信量が発生します。

そのため電波が全くない環境や通信制限にかかって速度が遅くなっている状態だと、QRコード決算がうまく読み取れない可能性があります。

筆者は格安SIMを使っているのですが、今のところ支払いができなかったことはありません。なので基本的には大丈夫だと思いますが、最初のうちは念のために財布を携帯しておいても良いかもしれません。

注意点2.セルフペイは使わない方が良い

楽天ペイにはセルフペイという決算方法がありますが、これは使わない方が良いでしょう。

セルフペイは、あなたが楽天ペイの画面から支払う店舗を検索し、支払い内容を入力して店員に確認してもらうことでお支払いをする方法です。

ただ、金額を間違えてお支払いしてしまうと、取り消すためにカスタマーセンターに連絡する必要があります。

しかも支払いに時間がかかってしまうので、使う必要はないといえます。

注意点3.支払い上限金額がある

お店によって楽天ペイを使って決算できる金額の上限が決まっています。

店舗によって上限金額は違いますが、ここではローソンの場合を見てみましょう。

“1回あたりの支払い上限(ローソンの場合)”

  • コード決算:4,000円
  • その他  :最大50万円

楽天ペイ|よくある質問から抜粋

※その他の決算は、「クレジットカードの上限」と「会員ランク」によって変わります。

主にコンビニで使うバーコード決算の上限は、4000円です。そのため、高額の買い物はできないことを覚えておききましょう。

また、その他の店舗やオンラインショッピングで、バーコード決算以外を使うとき、上限は最大で50万円まで。会員ランクによって、支払える上限金額が変わってくるのも注意が必要なポイントです。

5.楽天ペイはこんな人におすすめ!

ここまでは楽天ペイの良いところと悪いところを見てきました。

メリットとデメリットから考えると、楽天ペイはとくにこんな人におすすめです。

楽天ペイがおすすめな人

  • 荷物を軽く外出したい人
  • 楽天ポイントをためている人
  • 楽天カードを使っている人
  • コンビニをよく利用する人

加盟店舗はまだ多くありませんが、手軽さやスピードはクレジットカードよりも断然優れています

ポイントもすごくよく溜まるので、楽天ポイントを集めている人にはぜひおすすめです。

6.楽天ペイを1番お得に使う方法

現在、楽天ペイではさまざまなキャンペーンが行われています。

その中には、初回ダウンロードからキャンペーンのエントリーまでに期限が設けられているものもあるので、上手に活用するのがポイントです。

また、登録するクレジットカードによってポイントの貯まりやすさも異なります。

ここでは、現在行われている楽天ペイのキャンペーンから必ずエントリーすべきお得なキャンペーンを紹介しておきます。

2018年11月現在、一番お得なのは次のキャンペーンです。

楽天ペイのキャンペーンまとめ

スタートボーナスキャンペーンはかなり太っ腹で、2,000~10,000円相当のポイントがほとんど手間なく貰えるので、ぜひ活用しましょう!

ここではスタートボーナスキャンペーンについて詳しく解説しておきます。

スタートボーナスキャンペーンの概要

スタートボーナスキャンペーンは、楽天のサービスを初めて使うごとに1,000ポイントをゲットできる恐ろしいキャンペーンです。

例えば、

・楽天カードの登録で5,000ポイント

・楽天銀行の開設で1,000ポイント

・楽天市場の初回利用で1,000ポイント

などなど。

対象になるのは、初回利用のサービスだけなので、楽天サービスを使ったことがない人ほどポイントをたくさんゲットできます。

私はかなり楽天のサービスを使っていましたが、それでも5,000ポイントは獲得できました。

キャンペーン対象のサービスは20種類もあるので、楽天をよく使う人でもポイントはゲットできるはずです。

エントリーはキャンペーンの公式ページ『スタートボーナスキャンペーン』にアクセスしてエントリーをクリックするだけ

サービスによってポイント獲得条件は違うので、よく確認して賢くポイントをもらいましょう。

ここからは、楽天ペイを失敗せず利用するための方法をまとめておくので、ぜひ参考にしてください。

step1.アプリをダウンロードする

まずは、下記公式サイトからアプリをダウンロードします。

Android:Google Play

iOS:App Store

アプリをダウンロードすると、ログイン画面が表示されるので、楽天IDでログインしましょう。

楽天IDを持っていない人は、楽天ペイのアプリで作れます。

step2.楽天カードで登録する

ログインが完了したら、お支払い元の設定を行います。

次のような画面が表示されるので、「新しいカードを登録」をタップして、お手持ちのクレジットカードを登録しましょう。

新しいカードを登録

このとき、楽天カードを持っている人は、楽天カードを支払い元に登録しておくのがオススメです。

楽天カードを登録しておけば、

  • クレジットカードのポイント:100円につき1~1.5ポイント
  • 楽天ペイのポイント:200円につき1ポイント

と、ポイントがたくさんもらえます。

もし、楽天カードを持っていない人は、今ならスタートボーナスキャンペーンで5,000ポイントもらえるのでこれを機に作ってみるのもオススメです。

“楽天カードを持っていない場合”

楽天カードを持っていない場合、お手持ちのクレジットカードを登録しておきましょう。ただし、楽天会員のランクがレギュラー会員の場合、登録できるのは楽天カードのみなので注意が必要です。その場合、楽天市場など関連サービスで「合計200ポイント以上獲得、ポイント獲得回数が2回以上」の2つの条件を満たすと、シルバー会員になれるので、約10,000円の買い物を楽天市場で2回行いましょう。

 新規カード情報の追加をタップ

次に新規カード情報の追加をタップして、楽天ペイで使うクレジットカードを選択します。

上記画面が表示されたら、「国内決算用クレジットカード情報」を選択し、次に進みます。

クレジットカード情報の入力

国内決算用クレジットカードの入力を選択し、必要な情報を入力すれば、楽天ペイが使えるようになります。

これらの情報が入力できれば、晴れて楽天ペイを使える状態に!

あとは、店舗で支払うだけです。

step3.店舗で支払う

ローソンなどの店舗で楽天ペイを使う場合は、

(1)「楽天ペイでお願いします」と伝える

(2)「支払い方法は?」と聞かれるので、「バーコード(またはQR等)で」と伝える

(3)店員の案内に従って、バーコードを見せる(or QRコードを手元のスマホで読み取る)

(4)決算金額を確認して終了

となります。

最初は戸惑うかもしれませんが、やってみると簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

“店舗払いでは1回払いのみ対応”

店舗払いでは、分割払いやボーナス払いはでません。オンラインショッピングでは、分割払いの支払回数は、3~24回の中から選択できますが店舗では、翌月翌月1回払いとなることを覚えておきましょう。

step4.キャンペーンにエントリーする

最後に、忘れずにキャンペーンにエントリーしておきましょう。

楽天ペイのキャンペーンは、ワンクリックでエントリーできるため手軽ですが、忘れるとポイントをもらえなくなってしまいます。

登録したら忘れないうちに、キャンペーンにエントリーしておきましょう。

今回紹介した楽天ペイキャンペーン

そのほかのキャンペーンは『楽天ペイのキャンペーン一覧』からご確認ください!

まとめ

楽天ペイは、支払いがとても簡単になるスマートフォンアプリ。

アプリだけで支払いができるので、財布を持ち運ぶ必要がなくとっても快適です。

通信環境によってはスムーズに決算ができないこともありますが、基本的にめちゃくちゃ早いのでオススメです。

楽天カードを登録しておけば、クレジットカードで支払うよりもポイントがザクザクたまるので、積極的に活用してみてください。

スポンサーリンク

 

コメントはこちらからどうぞ!

*