楽ラップの手数料を解説!固定報酬型と成功報酬併用型はどっちを選ぶべき?

楽ラップの手数料についてお調べ中でしょうか?

楽ラップの手数料は少し特殊で、「固定報酬型」と「成功報酬併用型」の2種類があります。どちらのコースを選んだらいいのか迷いますよね。

また、「楽ラップの手数料は高いのか」気になっているのではないでしょうか?

結論から言いますと、手数料コースは基本的に「固定報酬型」を選ぶことをオススメします。また、楽ラップの手数料は、投資初心者にとっては妥当な金額です。

ここでは、楽ラップの手数料について徹底解説。

この記事を読めば、楽ラップの手数料については全て分かり、納得して楽ラップを検討できます。

1. 楽ラップにおける2つの手数料コースを解説

まずは、楽ラップの手数料の仕組みについて解説いたします。

楽ラップには、大きく分けて2つの手数料コースがあります。

  • 固定報酬型
  • 成功報酬併用型

順に見ていきましょう。

楽ラップの公式サイトは下の画像をクリック↓

1-1. 固定報酬型とは?

固定報酬型とは、どのような状況でも手数料が一定となるコースです。

固定報酬型は、以下の2つの手数料によって成り立っています。

  • ラップサービスの運営・管理費用
  • 組み入れる投資信託の投資運用にかかる費用

順に説明します。

(1)ラップサービスの運営・管理費用とは?

「運営・管理費用」をより詳細に分けると「投資顧問料」と「運用管理手数料」となります。

「投資顧問料」は、投資を楽ラップに任せる代わりに支払う「代行手数料」というイメージ。

「運用管理手数料」は、楽ラップがあなたの資産管理をする代わりに支払う手数料というイメージです。

「投資顧問料」は一定ですが、「運用管理手数料」は投資金額によって変動します。

(2)組み入れる投資信託の投資運用にかかる費用とは?

投資信託の投資運用費は一括して「ファンド費用」と呼ばれています。

このファンド費用には、次のような手数料が含まれます。

  • 信託報酬:投資信託を管理している企業に支払う手数用。最大0.288%(税込・年率)。
  • 信託財産留保額:投資信託を解約するときに支払う手数料。最大0.30%(概算)。

この他にも監査費用など、特別な手数料がかかるケースもあります。

結論! 固定報酬型の総手数料は年率1%前後!

楽ラップ「固定報酬型」の手数料は「ラップサービスの運営・管理費用」「組み入れる投資信託の投資運用にかかる費用」で合わせると、最大0.99%(税込・年率)となります。

しかし、信託財産留保額やファンドの運用状況など、手数料が1%を超えることもあります。

そのため、大まかには楽ラップ「固定報酬型」の手数料は年率1%前後という認識でいいでしょう。

1-2. 成功報酬併用型とは

成功報酬併用型とは、固定報酬型の「投資顧問料」を「年率0.106% → 0.054%」に下げた代わりに「成功報酬」という手数料をプラスした手数料形式です。

大きな違いは「成功報酬」という手数料なので、ここからは「成功報酬」について詳しく見ていきましょう。

(1)成功報酬とは?

成功報酬は、運用益(利益)が発生したときに「利益の5.4%が手数料」となる形式です。

例えば100万円の利益が出た場合、5.4万円が成功報酬として徴収されます。もちろん成功報酬なので、利益が出なければ徴収されません

2. 固定報酬型と成功報酬併用型はどっちがお得?

「固定報酬型」と「成功報酬併用型」について理解できたでしょうか?

では、どちらの手数料コースを選択したほうがいいのか迷ってきますよね。

結論から言いますと、「固定報酬型」を選ぶのが無難です。

以下は、楽ラップ公式が公表している比較表です。

上記を見ると、年間2%以上の運用益が出ている場合、「固定報酬型」の方がお得になります。

年間2%以上の運用益ってどうなの?

ここで気になるのは「年間2%以上の成績をあげるのは簡単なのか?」という点ではないでしょうか?

もし、毎年2%以上の運用益をあげることができたら「固定報酬型」を選んだほうが良いことになります。

結論から言いますと、全世界に分散投資を行う楽ラップにおいて年間2%の利益を上げるのは難しくないです

以下の金融庁の資料をご覧ください。

(引用:平成27事務年度金融レポートP50

上記は、世界経済のGDP推移をグラフ化したものです。見るべきは青色の線である「全世界」です。1995年〜2015年の20年間で、GDPは約2.1倍(110%増し)となっています。

要するに全世界に投資を行っていれば、年間5%前後で毎年利益をあげられたことになります。(100%÷20年=5%)

金融庁も

投資については、例えば、株式・債券、国内・国外というように投資対象を分散さ せることで、リターンがより安定する効果が得られることが指摘されている。/グローバルな分散投資を行うことにより、世界経済の成長の果実を得ることもできると 考えられる。

(引用:平成27事務年度金融レポートP50

と公表しています。(資料から直接引用)

楽ラップは、投資信託で世界中に分散投資を行っている!

楽ラップは上記の銘柄で全世界に分散投資を行うので、年間利回りが2%以下になることの方が少ないと考えられます。

ちなみに、楽ラップにおける2017年度の平均運用実績は10.8%でした。

<引用元一覧>

楽ラップの運用実績(楽ラップ公式サイト)

2%という数字をはるかに凌駕していますね!

楽ラップの運用実績に関する詳しい解説をご覧になりたい方はこちら「楽ラップの運用実績を公開!ロボアドは実績で選ぶべき?」の記事も参考にして下さい。

結論!基本的には固定報酬型が良い!

以上の結果から楽ラップの手数料コースは、基本的に「固定報酬型」にしておけば大きな失敗はないでしょう。

補足:成功報酬併用型から固定報酬型に変更はできるの?

成功報酬併用型を選択された方は、ここまで読んで「固定報酬型に変更したい!」と思ったかもしれませんね。

期間限定で、手数料コースを変更することは可能です。

公式サイトには以下のようにあります。

契約期間の途中で手数料コースを変更することはできません。
ただし、契約期間(約1年間)の「契約満了月の第1営業日から最終営業日の15時より前まで」は、手数料コースの変更受付期間として、新契約期間に対して適用する手数料コースを変更することができます。

<例>契約期間が、2017年4月1日から2018年3月31日の場合
   変更受付期間は、2018年3月1日(木)から2018年3月30日(金)の15時より前までとなります。

上記の変更受付期間中に変更のお申込みをされた後も、期間中であれば再度変更することができます。
契約満了日時点でお申込みいただいている手数料コースが、新契約期間に対して適用されます。

(引用:楽ラップ公式)

原則として、1年間は手数料を変更できないと心得ておきましょう

そのあとに、変更可能な期間が1ヶ月間あります。

3. 楽ラップの手数料は高いのか?

楽ラップの手数料は、年率で預かり資産の1%前後(税抜)です。

楽ラップの手数料は高いのでしょうか?

ツイッターなどで口コミを調べてみると「高いんじゃない?自分で投資した方が・・・」という意見も見受けられるので気になりますよね。

結論から言いますと、このツイッターの意見は的を得ています。自力で投資できる人にとって、預かり資産の1%は高めの手数料です。しかしながら、投資初心者にとっては妥当な手数料でしょう。

そもそも、自力で投資する場合とロボアドバイザーの手数料を比べるのは、少々ナンセンスな気もします。

ロボアドバイザーは、投資初心者や忙しい人でも「正しい資産運用」ができるように手助けをするサービスです。自力で投資できるのなら、ロボアドバイザーを利用する必要性はありません。

しかし、投資初心者がロボアドバイザーを使わずに資産配分を考えたり、銘柄の選定を行うのはほぼ不可能です。

楽ラップでは、投資における面倒な手間を全て自動化してくれるだけでなく、その後の調整までも代行してくれます。

この点を考慮に入れると、投資初心者にとって楽ラップの手数料が高いとは思えません。投資の入り口としては非常に良い選択肢でしょう。

一方、投資経験者は自力で投資をした方が手数料を抑えられるので、無理に利用する必要はありません。ただし、投資を自動化してくれる手間を考えたら、経験者でも楽ラップを利用する価値はあります

楽ラップの公式サイトは下の画像をクリック↓

4. 他のロボアドバイザーの手数料と徹底比較

楽ラップの手数料は、他のロボアドバイザーと比べて高いのか気になるのではないでしょうか?

結論から言いますと、他のロボアドバイザーと比べても手数料はそれほど変わりません

ここでは、人気のロボアドバイザーと楽ラップの手数料を比較しました。以下がその表になります。

比較表を見れば分かる通り、実はロボアドバイザーの手数料にはそれほど差がありません

5. 楽ラップの手数料は、いつ支払われるのか?

楽ラップの手数料は、いつ支払われるのでしょうか?いつ支払われたか分からないと不安になりますよね。

楽ラップ公式には、以下のようにあります。具体的には「固定報酬型」と「成功報酬併用型」で引き落としのタイミングが変わります。

とくに注意すべきは「成功報酬併用型」の引き落としが原則年に一回という点です。

上記のように固定報酬型は1ヶ月にごとに手数料が引き落としされますが、成功報酬併用型の場合は、13ヶ月目に一括で引き落とされます。

5-1. 楽ラップの手数料の計算方法

手数料の引き落とし時期については分かりましたが、実際にはどのような計算で引き落とし金額が決定されるのか気になりませんか?

公式サイトによると「投資顧問料」と「運用管理手数料」の計算式は以下のように公開されています。

投資顧問料の計算方法

投資顧問料の計算は、公式サイト記載を見ると以下のようになります。

契約時の時価評価額は、新規契約金額(申込金額)です。それ以降は、固定報酬が1ヶ月先取り方式のため、各計算期間(1ヶ月ごと)の前月最終営業日における運用資産の時価評価額となります。

ちなみに「投資顧問料」は、以下の金額で一定です。

運用管理手数料の計算方法

運用管理手数料の計算は、公式サイト記載を見ると以下のようになります。

契約時の時価評価額は、新規契約金額(申込金額)です。それ以降は、固定報酬が1ヶ月先取り方式のため、各計算期間(1ヶ月ごと)の前月最終営業日における運用資産の時価評価額となります。

ちなみに「運用管理手数料」は、投資金額によって変動します。

まとめ

楽ラップの手数料について解説しました。

手数料コースは「固定報酬型」を選ぶことをオススメします。

楽ラップの手数料は投資経験者にとっては高めですが、投資初心者にとっては妥当な手数料と言えるでしょう。

投資を自動化してくれる点や、正しい投資を着実に実行できる点を踏まえると、手数料以上のメリットがあると言えます。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*