SBI証券のロボアドバイザーは利用すべき?実績や口コミ・評判を解説!

SBI証券のロボアドバイザーについてお調べ中ですね。

SBI証券で利用できるロボアドバイザーは全部で以下の3つあります。

  • ウェルスナビ for SBI証券
  • THEO+SBI証券
  • SBI-ファンドロボ”FundRobo”

結論からいうと、基本的にはSBI証券経由ではなく、ウェルスナビはウェルスナビ公式からの登録、THEOはTHEO+ JALの利用がオススメだと言えます。

なぜ、「そう言えるのか」その理由と、「どのような人にSBI証券のロボアドバイザーがおすすめなのか」説明していきます。

1. SBI証券のロボアドバイザー一覧

SBI証券のロボアドバイザーの種類は次の3つあります。

  • ウェルスナビ for SBI証券
  • THEO+SBI証券
  • SBI-ファンドロボ”FundRobo”

順に特徴を見ていきましょう!

1-1. ウェルスナビ for SBI証券

ウェルスナビはウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザー。SBI証券とも連携しているので信頼感は抜群です。(ただし、SBI証券で利用できるNISA口座ではウェルスナビ fo SBI証券は利用できないので注意してください。)

ウェルスナビのアルゴリズムには、ノーベル賞理論を採用。顧客一人がどれだけリスクを取れるかを判断し、顧客に最適な国際分散投資を実現しています。

透明性にも徹底的にこだわり、運用実績や投資アルゴリズムを公式サイトから閲覧可能です。また、最短で申し込み当日に口座開設ができ、20時までの受付で当日買付が可能。クイック入金にも対応しています。

最も顧客目線がしっかりしているロボアドアドバイザーと言えます。

“ウェルスナビの詳細”

提案できる資産の組み合わせ:5通り
最高利回り(2017年度): 16.2%(リスク許容度5)
利用手数料: 3000万円まで年率1%(税抜)/3000万円を超える部分は年率0.5%(税抜)
金融商品に対する手数料: 0.11%〜0.14%(税抜)
最低運用資産:10万円
参照: ウェルスナビ公式サイト 関連記事|ウェルスナビを契約する前に知っておくべき全知識

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

1-2. THEO+SBI証券

THEOは、お金のデザイン株式会社が運営するロボアドバイザーです。

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な銘柄を自動で選定。その後、THEOにお金を預けると自動で投資を行います。その後の調整も代行してくれます。

また、2017年からSBI証券•住信SBIネット銀行と業務提携したことで信頼感がアップ。ただし、SBI証券で利用できるNISA口座ではTHEO+ SBIは利用できないので注意してください。

1万円から投資できるのが魅力です。

“THEOの詳細”

提案できる資産の組み合わせ:231通り
最高利回り(2017年度): 12.9%
利用手数料: 3000万円まで年率1%(税抜)/3000万円を超える部分は年率0.5%(税抜)
最低運用資産:1万円
参照: THEO公式サイト
関連記事|THEO(テオ)を契約する前に知っておくべき全知識|お金のデザイン

1-3. SBI-ファンドロボ”FundRobo”

SBI-ファンドロボは、株式会社SBI証券が提供するアドバイス型のロボアドバイザーです。国内5000本の投資信託から、あなたに最適なものを選んでくれます。

注意点としては、ウェルスナビやTHEOのようにお任せでは投資を行なってくれません。投資を行うのはあなた自身です。

提案する質問に答えることで、SBI-ファンドロボがオススメの投資商品を選定してくれます。

NISA口座を開設するならメリット豊富なSBI証券で

ファンドロボでは、SBI証券のNISA口座でも利用することができます

NISA口座で運用を行うと、運用で得た利益が全て非課税となるので、お得に利用できるといえるでしょう。

“SBI-ファンドロボの詳細”

提案できる資産の組み合わせ:?通り
参照: FundRobo公式サイト
関連記事|知らないと損!SBIのファンドロボを利用する前に知っておくべき全知識

SBI証券の公式サイトは下の画像をクリック↓

2. SBI証券からロボアドバイザーを利用すべきか?

結論から言いますとSBI証券経由でのロボアドバイザー利用はおすすめしません。

なぜなら以下の理由があるからです。

  • ウェルスナビは公式から直接申し込んだほうがお得
  • THEOはTHEO+ JALが一番お得

順に詳しく説明していきます。

2-1.ウェルスナビは公式から直接申し込んだほうがお得

ウェルスナビとウェルスナビ for SBI証券の大きな違いは、「最低投資額」、「長期割」の有無などですが、基本的に投資額30万以下で運用を始めたい方はwealthnavi for SBIではなく、wealthnaviを利用することをおすすめします。

wealthnavi-tieup-august

また、弊サイトは現在ウェルスナビとのタイアップキャンペーンを行なっており、当サイト経由で申し込むことで現金1500円がプレゼントされます。

詳しくはこちら『キャンペーンを使ってウェルスナビを1番お得に始める方法!』の記事をご覧ください。

2-2.THEOはTHEO公式が一番お得

基本的にTHEOとTHEO+SBIの間での違いはありません。

強いて言うならすでにSBI証券の口座を持っていれば口座開設までの時間が短くなるという点です。

THEOを申し込むのであれば現在キャンペーンを行なっているので「THEO公式」がオススメだと言えます。

詳しくは「キャンペーンはあるの?THEOをもっともお得に契約する方法!」を参照して下さい。

結論!基本的にSBI証券からロボアドバイザーを利用すべきではない!

最もお得に契約したいのであれば、SBI証券からロボアドバイザーを契約する必要はありません

3. このような人にはSBI証券からロボアドバイザーを使うのもおすすめ!

しかしながら、SBI証券からロボアドバイザーを申し込むのがオススメの人もいます。

具体的には以下のような人はSBI証券から申し込むのが良いでしょう。

  • つみたてNISAやiDeCOなどの銘柄選びに利用したい人
  • 後々は自力で投資しようとしている人
  • すでにSBI証券で投資を行なっている人

今後の利用方法と相談しながら考えてみてくださいね。

3-1. つみたてNISAやiDeCOなどの銘柄選びに利用したい人

ウェルスナビ・THEO・SBI-ファンドロボはどれも合理的な判断であなたに最適な銘柄を選んでくれます。ウェルスナビとTHEOでは、そのまま投資一任契約を結べば自動で投資を行なってくれます。

一方、ロボアドバイザーで自動投資を行なわず、診断結果だけを利用するという方法もあります。

投資後の非常に面倒な調整をあなた自身で行う必要はありますが、診断結果の銘柄やポートフォリオを利用して自力で投資を行うのも良いでしょう。

特に「つみたてNISA」や「iDeCo」の銘柄選びにはとても役立ちます。

3-2. 後々は自力で投資しようとしている人

ロボットアドバイザーは投資初心者にとって、投資の入り口、つまり投資勉強には最適です。

後々、ロボットアドバイザーで学んだことを生かしながらより深い知識を身につけたいと思ってる人にとっては SBI証券口座をいまのうちに開設しておくと、自分で取引するようになった際に便利だと言えるでしょう。

3-3. すでにSBI証券で投資を行なっている人

すでにSBI証券の口座を持っている人は、THEOやウェルスナビの口座解説にのためにSBI証券に登録という手間を取る必要がありません。

キャンペーン利用などを考えず、手っ取り早く始めたい人にはおすすめです。

4. ウェルスナビforSBI証券とTHEO+SBI証券を徹底比較

さて、これからSBI証券経由でロボアドバイザーを利用しようとしている人の中には「wealthnavi for SBI」と「THEO+ SBI証券」のどちらを利用すべきか悩んでいる人もいるかもしれませんね。

結論から言うと初期投資金額が30万円以上ならウェルスナビforSBIがおすすめです!

その理由を以下の4点で比較しながら見ていきましょう!

  1. 2017年の運用実績
  2. 手数料
  3. 使いやすさ
  4. DeTAX機能の有無

(1)2017年の運用実績

将来の成績を完璧に予測することはできませんが、過去の運用実績が良い方が今後も成績を伸ばせる可能性が高いと考えられます。

公式サイトに掲載されている運用実績をもとに、2017年度を比べると平均運用実績はウェルスナビの方がいいです。

<引用元一覧>

WealthNaviの運用実績(ウェルスナビ公式サイト)

THEOの運用実績(お金のデザイン公式サイト)

また、当サイトでもウェルスナビとTHEOの同時期から同額の投資を行っているので比べて見ましょう!

【ウェルスナビ】当サイトの運用実績(2018年8月8日付)

まずは、ウェルスナビの運用実績を見てみましょう!

wealthnavi-performance

円建てでは2.00%。ドル建てでは2.42%という運用実績になります。

円建てとは、円換算で〇〇%見て利益が出たという見方です。

【THEO】当サイトの運用実績(2018年8月8日付)

お次はTHEOです。

theo-performance

上記は円建ての運用実績になります。運用パフオーマンスは1.48%。

ウェルスナビは2.00%だったでウェルスナビの方が優秀ですね。

上記はドル建ての運用実績になります。運用パフオーマンスは1.83%。

ウェルスナビは2.42%なのでこちらもウェルスナビの方が優秀です。

よって総合的に現在はウェルスナビの方が運用実績が良いです

(2)手数料

手数料が安いかどうかは重要なポイントです。

上記の図のように運用期間が長くなるほど、手数料による差が開いていくので手数料は安いに越したことはありません。

結論から言いますと、手数料はTHEOの方が安いです。

手数料には2つあります。

  • サービス利用手数料
  • 投資信託の運用にかかるコスト

サービス利用手数料は同じですが、THEOはサービス利用手数料に投資信託の運用にかかるコストが含まれています。

よって、手数料はTHEOの方が安いです。ただその差は微々たるものです。

(3)使いやすさ

※上記はウェルスナビ公式とTHEO公式の比較図、クイック入金はSBI経由の場合同条件

ロボアドバイザーの使いやすさを決める重要なポイントは次の4つ。

  • 完全放置でも投資ができる
  • スマホアプリがあり、使いやすい
  • 出金の際に制限がない
  • 現金化までのスピードが早い

投資には手間をかけたくないですよね。できれば、完全放置でも問題ない方が気楽です。

またアプリで気楽に運用実績を確認できる方がいいですし、入金も簡単に済ませられた方がいいです。加えて、出金依頼から出金までが早いの方が緊急時に安心できます。

結論から言いますと、ウェルスナビの方が使いやすいです。

特に注目すべきは以下の2点の利便性です。

  • アプリの使用感
  • 出金可能額の制限

順に見ていきましょう!

アプリの使用感

ウェルスナビとTHEOは共にスマホアプリがあります。(THEOはiOS版のみ)

スマホアプリからいつでも運用実績や出金などを行うことができます。

スマホアプリの利便性を比較するとウェルスナビの方が優秀です。

ウェルスナビのスマホアプリは2段階認証によってセキュリティロックをかける事ができるので安全性が高いです。

出金可能額の制限

ウェルスナビには、出金の際に制限がありません。好きな金額を出金することができます。

しかし、THEOには制限があります。

公式サイトには次のような記載があります。

一度にお引き出しいただける金額に限度はありませんが、当社では出金可能金額を出金後の時価評価額が10万円を下回らない範囲に設定させていただいています。10万円を下回る運用金額では購入できるETFの数が限定され、期待する分散投資効果が得られない場合があるためです。口座の残高が10万円を下回る場合は、口座解約扱いとさせて頂く場合があります。
引用:THEO公式サイト

例えば、THEOに20万円預けている場合、10万円までしか出金できないということです。

全額を引き出したい場合は、THEOを解約する必要があります。これは大きなデメリットです。

(4)DeTAXの有無

ウェルスナビには「DeTAX(デタックス)」という特別な機能があります

「DeTAX(デタックス)」は、税金の負担を先送りしてくれるサービス。

DeTAXにより税金を減らすことが可能です。

この機能はTHEOにはありません。

結論!投資金額が30万円以上ならウェルスナビforSBIがおすすめ!

  1. 2017年の運用実績
  2. 手数料
  3. 使いやすさ
  4. DeTAX機能の有無

上記4点を比較すると、運用実績がよく、使いやすく、DeTAX機能があるので、初期投資額30万円が負担でないのなら、ウェルスナビ for SBIを選ぶのが良いでしょう。

5. SBI証券のロボアドバイザーの評判・口コミ

SBI証券のロボアドバイザーの評判、口コミを「ウェルスナビ for SBI証券」「THEO+ SBI証券」「SBIファンドろぼ証券」それぞれ順に見ていきましょう。

(1)ウェルスナビforSBI証券の評判・口コミ

ウェルスナビ for SBI証券では、ウェルスナビ公式と比べて不満点を指摘する口コミが多く見られました。

ウェルスナビそのもの対する評価は軒並み高い感じです。

長期割がないことに関する懸念

最低投資額が30万円必要である

あら・・・これSBI証券の方でウェルスナビ始めたら30万必要なのか?

— 狐姫@エンプラ提督/艦N/アズレン (@9jgcp61) 2017年11月15日

マメタスが使えない事

口コミから判断すると「ウェルスナビ for SBI」よりも「ウェルスナビ」の方が評判が良いようです。

(2)THEO+SBI証券の評判・口コミ

THEO+ SBI証券も同様に、通常のTHEO、もしくはTHEO+ JALとの比較がされています。

THEO+SBIにはメリットがない?

THEO+JALに乗り換える人もいるようです。

THEOにはTHEO+ JALと言うサービスがあり、それが一番お得な契約方法となっています。そのため、THEO+ SBI証券を無理に利用する必要もないと言うのが現状です。

詳しくはこちら「THEO+ JALってどんなサービス?THEO(テオ)とどっちがおすすめ?」の記事をご覧ください。

口コミから判断すると「THEO+ SBI」よりも「THEO+JAL」の方が評判が良いようです。

(3)SBI-ファンドロボ”FundRobo”の評判・口コミ

目立った口コミはありませんでした。

6. ロボアドバイザーを利用する前に知っておいた方が良いこと!

これからSBI証券のロボアドバイザーを利用しようとしている人や投資を始めようと思っている人に知っておいたほうが良いことをご紹介します。

それは以下の3点です。

  1. 投資には常に元本割れリスクがある!
  2. 余剰資金で投資をしましょう!
  3. 積立投資をしましょう!

当たり前のこともありますが、今一度確認しておきましょう。

6-1. 投資には常に元本割れリスクがある!

投資には常に元本割れ(損益が出る)リスクがあります。

いくらウェルスナビ for SBIが優秀なロボアドバイザーだと言っても、将来の相場状況によっては資産が減ってしまうことあります。

しかし、長期積立投資を行うことによってこの元本割れリスクを軽減することができます。

(引用:ウェルスナビ公式サイト

上記は「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

短期的にはマイナスもありますが、長期的には金融危機を経験しても運用成績がプラスとなっています。

元本割れを防ぎたいときは長期的な目線で投資を行いましょう。

6-2. 余剰資金で投資をしましょう!

投資は余剰資金で行うということです。余剰資金とは生活に関係のない、今すぐには使わないお金です。

投資において一番大事なことはお金を増やすことではなく、「お金を減らさないこと」です。

最悪無くなってもいいと割り切れるお金で投資をしましょう。

6-3. 積立投資をしましょう!

ウェルスナビ for SBI証券は毎月金額を指定すれば自動で積み立てます。

このサービスは毎月の資金に余裕があれば利用することをオススメします。

積立投資によって得られるメリットはとても多いのです。

毎月1万円からでもいいので積立設定を行い、積立投資を行うことをオススメします。

積立投資の効果を詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビで積立はすべき?積立金額はいくらがいいの?徹底解説!」の記事を参考にしてください。

まとめ

SBI証券の口座内で利用できるロボアドバイザーについて解説しました。

基本的に、SBI証券でロボアドバイザーを利用するメリットは少なく、以下の条件にあてはまる人以外はウェルスナビであれば、通常のウェルスナビを、THEOであればTHEO公式からの申し込みをおすすめします。

SBI証券から利用するのがおすすめなのは、

  • つみたてNISAやiDeCOなどの銘柄選びに利用したい人
  • 後々は自力で投資しようとしている人
  • すでにSBI証券で投資を行なっている人

です。ぜひ、ご自身の条件に合わせて選んでみてください。

 

コメントはこちらからどうぞ!

*