SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判・口コミは?メリット・デメリットまとめ

SBIネオモバイル証券は、少額で国内株式やFXができる証券サービス。

国内株式は数百円、FXは5円(米ドル/円)から取引でき、Tポイントも1ポイント=1円として投資に使えるのが一番の魅力です。

「これから投資や資産運用を始めるのに、どのサービスを使ったら良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにSBIネオモバイル証券はピッタリ!

特に、普段からTポイントを貯めていて、これから投資や資産運用を始めたい方におすすめです。

この記事では、サイト管理人も利用しているSBIネオモバイル証券のメリットやデメリット、すでに使っている方の評判、口コミを解説します。

最後まで読めば、SBIネオモバイル証券についての理解が深まり、自分が利用すべきサービスかどうかを的確に判断できます。

お得なキャンペーン情報や図解を交えた口座開設方法までご紹介していますので、これから投資や資産運用を始めたい方は、ぜひご参考ください。

1.SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券とは、大手ネット証券の「SBI証券」と、Tポイントサービスを提供している「CCCマーケティング」が共同で設立した、投資初心者向けの証券会社です。

最大の特徴は、少額で国内株式やFXが取引でき、Tポイントも投資に使えること。

国内株式は数百円から、FXは5円(米ドル/円)から取引できます。

さらに、1ポイント=1円単位でTポイントが使え、全額Tポイントで投資することも可能です。

その他にも、

  • ネオW(日経平均を当てるサービス)
  • 1株からのIPO(新規公開株式)
  • ロボアドバイザー(完全おまかせ投資)

も利用できます。

SBIネオモバイル証券の概要
企業名 株式会社SBIネオモバイル証券 (第一種金融商品取引業者)
設立企業 ・株式会社SBI証券
・CCCマーケティング株式会社
投資可能な金融商品 ・国内株式〔単元株、S株(単元未満株)〕
・ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」
・FX  
・ひとかぶIPO
取引手数料 基本無料
主な特徴 ・Tポイントで株式投資ができる
・TポイントでFXができる
・株式投資は500円前後から可能
・FX取引は5円(米ドル/円)からできる
・ロボアドバイザーによる完全お任せ投資が利用できる
・スマホに最適化された快適な画面
・ネオWというギャンブルゲームを遊べる
サービス利用料 月額220円(税込)〜
※クレジットカード支払いのみ
スマートフォンアプリ あり

※詳細は公式サイトをご覧ください。

2.SBIネオモバイル証券のメリット

私が実際に利用してみて実感した、SBIネオモバイル証券のメリットは以下の7つです。

メリット一覧
  • Tポイント投資で現金ゼロでも始められる
  • 少額から国内株式やFXができて気軽に始められる
  • 取引手数料がかからない
  • 毎月200Tポイントが受け取れて手数料が実質無料
  • 単元株に達したらちゃんと株主優待も受け取れる
  • 確定申告の必要がない
  • ロボアドバイザーで完全放置の資産運用ができる
  • 1株からIPO投資に参加ができる

SBIネオモバイル証券は、手軽かつお得に始められるにもかかわらず、本格的な投資ができるサービスです。

また、投資を始める際に気になる確定申告も行う必要がありません。

メリット①:Tポイント投資で現金ゼロでも始められる

SBIネオモバイル証券でTポイント投資

SBIネオモバイル証券の1番の魅了は、Tポイントで投資が出来ること。

普段のお買い物でもらったTポイントは、そのままYahoo!ショッピングなどで使っていた方も多いでしょう。

しかし、SBIネオモバイル証券なら、現金を使わなくてもTポイントで投資ができます。

つまり、現金がなくでもTポイントで手軽に投資を始められるのです。

もちろん!Tポイントで購入した金融商品を売れば、ポイントが現金になります。

今まで現金で投資するのが怖かった方でも「ポイントなら・・・」と、気軽に始められます。

メリット②:少額から国内株式やFXができて気軽に始められる

SBIネオモバイル証券で少額投資できる

SBIネオモバイル証券で投資できる金融商品は、以下の3つ。

  • 国内株式
  • FX
  • ひとかぶIPO

特に、国内株式は1株から、FXは1通貨から取引できます。

従来の国内株式は単元株(100株)以上、FXだと最低1,000通貨からでないと取引できず、ある程度の資金を用意する必要がありました。

しかし、SBIネオモバイル証券なら、国内株式は数百円、FXなら5円(米ドル/円)から始められます。

もちろん、どちらも全額Tポイントで取引可能です。

まとまった資金が用意できない20代〜30代の若い世代の方でも、気軽に投資を始めることができるのです。

メリット③:取引手数料がかからない

SBIネオモバイル証券は取引手数料がかからない

投資や資産運用では、いかに手数料を抑えるかが重要です。

少しでも手数料が安ければ、その分のお金を運用に回せるからです。

SBIネオモバイル証券は、そんな取引手数料は0。一切かかりません。

毎回手数料を気にする必要はなく、好きなだけ取引ができます。

その代わり、取引金額に応じた月額費用が発生する仕組みとなっています。

取引金額 月額料金
0円~50万円 220円(税込)
〜300万円 1,100円(税込)
〜500万円 3,300円(税込)
〜1,000万円 5,500円(税込)
以下、100万円ごとに1,100円(税込)が加算

メリット④:毎月200Tポイントが受け取れて手数料が実質無料

取引金額に応じて、月々の費用が決まるということを理解しておきましょう。

SBIネオモバイル証券では毎月Tポイントがもらえる

SBIネオモバイル証券では、月間の取引が50万円未満の場合、220円(税込)の月額費用が発生します。

その代わり、取引金額に関わらず、毎月200ポイント分のTポイントが付与されます。

つまり、月に50万円までの取引なら、実質無料(厳密には20円)で利用できるということです。

資金が無くても、毎月もらえるTポイントですぐに始められます。

ただし、もらえるTポイントはSBIネオモバイル証券のみで使える期間固定Tポイントであることに注意しましょう。

メリット⑤:単元株に達したらちゃんと株主優待も受け取れる

SBIネオモバイル証券では株主優待も狙える

国内株式の魅力の1つとして、株主優待があります。

ただ、株主優待をもらうには、最低でも100株以上を保有しておく必要があります。

「SBIネオモバイル証券は1株単位で取引するから、株主優待は貰えないんじゃないか」と思っている方がいると思いますが、ご安心ください。

SBIネオモバイル証券でも、1つの銘柄を100株以上保有していれば、単元株保有と見なされて株主優待がもらえます。

気になる銘柄をコツコツ買い続けて100株保有を目指す、という方法もあります。

さらに、SBIネオモバイル証券には「定期買付サービス」があります(※アプリのみのサービス)。

毎回注文を出す必要がなく、一度設定すれば毎月自動的に買付注文を出してくれます。

まとまった資金が無いけど株主優待は欲しい方にとっても、SBIネオモバイル証券は便利なサービスと言えるでしょう。

メリット⑥:確定申告の必要がない

金融商品で利益(譲渡益)を得た場合、利益に対して20.315%を納税する義務があります(注1)。

給与などの本業以外で得た利益なので、自身で納税するための確定申告が必要です。

しかし、SBIネオモバイル証券の口座開設時に「ネオモバにおまかせ(源泉徴収ありの特定口座)」を選択すれば、確定申告は不要です。

SBIネオモバイル証券が、あなたの代わりに納税の手続きをしてくれますので、難しい確定申告を気にせず気軽に利用できますよ。

メリット⑦:ロボアドバイザーで完全放置の資産運用ができる

SBIネオモバイル証券でロボアドバイザーWealthNaviが使える

SBIネオモバイル証券では、ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」も利用可能。

ロボアドバイザーとは、投資を完全お任せで行ってくれるサービスです。

簡単な診断を行ってお金を預けるだけで、ロボアドバイザーが自動であなたに最適な資産運用を行ってくれます。

WealthNaviは、預かり資産3,900億円超、利用者数24万人(2021年4月現在)と、日本トップクラスのロボアドバイザーです。

そんなWealthNaviを、SBIネオモバイル証券と合わせて利用ができます。

自分で取引もしたいけど、将来に向けて長期的な運用もしたい方に、おすすめできるサービスです。

「WealthNaviについてもっと知りたい!」という方は、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせてご参考ください。

【取材あり】ウェルスナビの評判・口コミは?メリット・デメリットや実績
【取材あり】ウェルスナビの評判・口コミは?メリット・デメリットや実績

「基本的に何もしなくていい」とCMでも話題の全自動資産運用サービス、ウェルスナビ(WealthNavi)。 誰でも簡単に資産運用ができるというのはとても魅力的です。 その一方で、「金融の専門知識はいら ...

続きを見る

メリット⑧:1株からIPO投資に参加ができる

SBIネオモバイル証券では、1株からIPO投資をすることができます。(通称「ひとかぶIPO」)

IPOとは、新規上場株式を意味して、株式が日本の証券取引所に上場する前に銘柄を購入できる投資方法です。

基本的に上場後に大きな値上がり益を期待できることからIPO株は別名「お宝株」とも言われています。

一般的には、IPO投資は100株単位でしか行うことができず、ある程度の現金が必要です。

ですが、SBIネオモバイル証券では1株という少額からこのIPO投資にチャレンジすることができます

※IPO投資を行うには別途抽選に申し込む必要があります。

3.SBIネオモバイル証券のデメリット

私が実際に利用して「これは事前に知っておきたい」と思ったSBIネオモバイル証券のデメリットは、以下の5つです。

デメリット一覧
  • 月額でサービス利用料がかかる
  • NISA、iDeCoには対応していない
  • ロボアドバイザーの手数料割引がない
  • 期間限定のTポイントがある
  • FXの利用にはFX口座の開設が必要
  • ネオWはオススメしない

あらかじめデメリットを理解しておけば、自分がSBIネオモバイル証券を利用すべきか、明確に判断できるでしょう。

また、SBIネオモバイル証券をより賢く使うことができます。

デメリット①:月額でサービス利用料がかかる

SBIネオモバイル証券は、取引手数料が一切かかりませんが、その代わり取引手数料に応じた月額利用料が発生します。

取引金額 月額料金
0円~50万円 220円(税込)
〜300万円 1,100円(税込)
〜500万円 3,300円(税込)
〜1,000万円 5,500円(税込)
以下、100万円ごとに1,100円(税込)が加算

一度も取引していない場合でも、必ず220円(税込)の利用料を支払わなければいけません。

しかし、SBIネオモバイル証券では毎月200Tポイントが付与されます。

もらったTポイントを毎月ちゃんと投資すれば、実質無料で利用ができるということです。

ちょっとだけ利用したい方でも、毎月の利用料を気にせず使うことができますよ。

デメリット②:NISA、iDeCoには対応していない

SBIネオモバイル証券で取り扱う金融商品は、NISA、iDeCoいずれも対応していません。

NISAとは?
NISA口座で運用した金融商品で得た利益を、非課税にできる国の制度(注2)。

iDeCoとは?
60歳まで定期的にお金を拠出して積立投資を行い、得た利益は非課税かつ、拠出した額の全額が所得控除を受けられる国の制度(注3)。

どちらも、長期的に資産運用するなら積極的に利用したい制度ですが、SBIネオモバイル証券では対応していません。

しかし、同じSBIグループの「SBI証券」なら、NISAとiDeCo、どちらも利用可能です。

もし、NISAとiDeCoを始めたい方は、SBI証券の口座も開設しておきましょう。

SBI証券について詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しています。

SBI証券の評判はどう?口コミで分かったメリット・デメリット解説
SBI証券の評判はどう?口コミで分かったメリット・デメリット解説

680万人以上の人が利用する最大手のネット証券であり、投資の初心者から経験者まで幅広い層から人気と評判のSBI証券。 しかし、これから投資や資産運用を始めたい方にとっては、SBI証券が人気と言われても ...

続きを見る

以下の記事では、それぞれの違いやおすすめの人を解説しています。SBIネオモバイル証券とSBI証券の違いを知りたい方は、合わせてご参考ください。

SBIネオモバイルとSBI証券の違い
SBIネオモバイル証券とSBI証券の違いは?どっちがおすすめか徹底比較

SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)とSBI証券、どちらも同じ「SBI」が入っていて、どんな違いがあるか分からずややこしいですよね。 SBIネオモバイル証券は、少額で国内株式やFXに投資できる証券 ...

続きを見る

メリット③:ロボアドバイザーの手数料割引がない

SBIネオモバイル証券では、ロボアドバイザーWealthNaviを一緒に利用できる「WealthNavi for ネオモバ」があります。

通常のWealthNaviでは最低でも10万円の資金が必要ですが、WealthNavi for ネオモバなら最低1万円から投資できます。

ただし、運用額や期間に応じて手数料が割引される制度のあるWealthNaviとは違い、WealthNavi for ネオモバには、手数料割引制度がありません。

もしWealthNaviも本格的に利用したいという方は、本家のWealthNaviで口座開設しておく方が断然お得です。

デメリット④:期間限定のTポイントがある

SBIネオモバイル証券では、毎月必ず200ポイントのTポイントが付与されます。

ただし、このTポイントはSBIネオモバイル証券のみで使える期間固定Tポイントです。

通常のTポイントとは異なり、有効期限が比較的短く、Yahoo!ショッピングのような他サービスでは利用できません。

付与されたら、なるべく早く使うようにしましょう。

デメリット⑤:FXの利用にはFX口座の開設が必要

SBIネオモバイル証券でFXを始めたい方は、別途FX口座の開設が必要です。

SBIネオモバイル証券の口座開設した状態は、国内株式とひとかぶIPOのみ取引可能

FXも含めて、他のサービスを利用したい場合は、別途手続きが必要です。

審査によっては、SBIネオモバイル証券でFX口座を開設できない可能性があることを理解しておきましょう。

デメリット⑥:ネオWはオススメしない

遊び的な要素としてSBIネオモバイル証券では「ネオW」というギャンブルゲームを遊ぶことができます。

具体的には1週間後の日経平均株価が「あがる」、「さがる」、「かわらない」のどれかに予測して掛け金を支払います。

実際にその通りになるとお金が倍になるというギャンブルです。

1口=200円からチャレンジすることができ、当たれば資産が2倍になります。

ただし外れたら資産が10分の1になります。

基本的にリスクが高すぎるのでオススメしません。

4.SBIネオモバイル証券の評判・口コミ

「SBIネオモバイル証券について分かったけど、他の利用者の意見が知りたい」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、SBIネオモバイル証券の実際の評判や口コミを徹底調査しました。

良い評判、悪い評判、いずれの声を集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

SBIネオモバイル証券の良い評判・口コミ

以上の投稿を踏まえると、少額で取引できることから、単元株(100株)目指して毎月コツコツ買っている方が多いですね。

今まで使い道に困っていたTポイントを、効率的に使えて嬉しいという方もいます。

自分に合った使い方ができることが、SBIネオモバイル証券の隠れた魅力と言るでしょう。

SBIネオモバイル証券の悪い評判・口コミ

一方、ある程度慣れた方の中には、成行注文しかできないことや米国株が無いのがデメリットと感じている方が多いです。

初心者向けのサービスゆえに、経験者からすると痒いところに手が届かないということでしょうか。

また、取引頻度が少なくて、毎月220円(税込)の利用料を支払うのが損だと感じている方もいます。

投資や資産運用の最初の入り口として、SBIネオモバイル証券を利用するのがベストかもしれませんね。

5.SBIネオモバイル証券のキャンペーン

SBIネオモバイル証券は、毎月お得なキャンペーンを開催しています。

せっかくなら、少しでもお得に投資を始めたいものです。

ここでは、SBIネオモバイル証券が開催しているキャンペーンをまとめました。

気になるキャンペーンをチェックして、お得にSBIネオモバイル証券を始めましょう。

キャンペーン①:【6・7月限定】取引するほどポイントがもらえるキャンペーン

キャンペーン期間中の合計取引数量&エントリーでポイントがプレゼントされるキャンー円。

もらえるポイントは【基本通貨ペア】と【2倍もらえる通貨ペア】の2種類あります。

基本通貨ペア:
ユーロ/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、人民元/円、 韓国ウォン/円、香港ドル/円、NZドル/米ドル、米ドル/カナダドル、米ドル/スイスフラン、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル、 ユーロ/NZドル、ユーロ/スイスフラン、ポンド/豪ドル、 ポンド/スイスフラン、豪ドル/NZドル、豪ドル/スイスフラン

2枚もらえる通貨ペア:
ポンド/円、豪ドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、NZドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル

キャンペーン②:FX口座開設+1取引で最大2,000ポイントプレゼントキャンペーン!

キャンペーン期間中にFX口座を開設し、取引期間中に、1取引でも行うと最大で2,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。

キャンペーン④:【常時開催】FX口座開設時に200Tポイントをプレゼント

5つ目は、FX口座開設で200ポイントのTポイント(期間固定)がもらえるキャンペーンです。

初めてFX口座開設した方なら、もれなく付与されます。

SBIネオモバイル証券のFXは最低1通貨から、全額Tポイントで取引できるので、口座開設してすぐに始められますよ。

また、現在のキャンペーンについてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

neomobile-campaign-eycatch
キャンペーンを使ってSBIネオモバイル証券/ネオモバFXを1番お得に口座開設する方法!7月更新

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のキャンペーンについてお調べ中でしょうか? お得に申し込むためには、キャンペーンをうまく使うことが大切です。 この記事では、キャンペーンを利用すればどれほどお得なのか ...

続きを見る

6.SBIネオモバイル証券の口座開設手順

最後に、SBIネオモバイル証券の口座開設する方法を、実際の画面を見せながら解説します。

以下の手順で、手続きを進めていきましょう。

口座開設の流れ
  • メールアドレス登録
  • 個人情報の入力
  • 本人確認書類のアップロード
  • 初期設定とクレジットカード登録

本人確認書類のアップロードまでは、順調にいけばたった5分で完了します。

手順①:メールアドレス登録

公式サイトへアクセスし「口座開設はこちら」をタップ。

SBIネオモバイル証券口座開設公式サイトクリック

メールアドレスを入力し、各項目にチェックを入れて登録しましょう。

SBIネオモバイル証券の口座開設メールアドレス登録

手順②:個人情報の入力

登録したメールアドレス宛てに、本登録のURLが記載されているので、そのままアクセスします。

基本的な個人情報を入力し、口座は基本的に「源泉徴収ありの特定口座」を選択して問題ありません。

SBIネオモバイル証券口座開設特定口座の設定

入力が完了すれば、ユーザーネームとパスワードが発行されますので、ログインして進みましょう。

手順③:本人確認書類のアップロード

ログイン後、本人確認書類のアップロードを行います。

マイナンバーカード(通知カード)と運転免許証を用意し、スマホで撮影してアップロードします。

もし、運転免許証が無い場合は、他の本人確認書類を2点用意しておきましょう。

ここまで、最短5分で手続きが完了します。

アップロードが完了すれば、数日後にSBIネオモバイル証券から登録完了のハガキが遅れてきます。

SBIネオモバイル証券口座開設通知ハガキの郵送

ハガキには、取引に必要な取引パスワードが記載されていますので、紛失しないように保管しておきましょう。

手順④:初期設定とクレジットカード登録

ハガキが届いたら再度ログインし、初期設定とクレジットカードの登録を行います。

出金口座や配当の受け取り方法など、画面の指示に従って必要事項を設定していきましょう。

最後に、月額利用料を支払うクレジットカードを登録して完了です。

200ポイントのTポイントが付与されているので、そのままTポイントを始めてみましょう。

SBIネオモバイル証券で少額投資を始めよう

SBIネオモバイル証券とは、少額で国内株式やFXを始められる証券サービス。

国内株式は一株単位で取引可能で、銘柄によっては数百円で購入できます。

FXも1銭単位で取引でき、米ドル/円ペアならたったの5円から始められます。

そして、なんといっても一番の魅力は、Tポイントで買えること。1ポイント=1円単位で、全額Tポイントで購入も可能です。

もし全額Tポイントで購入して利益を得られると、0からお金を生み出したことなります。

仮に損したとしても、元々はお買い物でもらったポイントなのでダメージは少ないです。

したがってSBIネオモバイル証券は、今まで投資や資産運用に手が出せなかった方の最初の一歩としておすすめできるサービスです。

お得なキャンペーンも開催していますので、これから投資や資産運用を始めたい方は、ぜひSBIネオモバイル証券をご検討ください。

出典
注1 No.1520 金融類似商品と税金|国税庁
注2 NISAとは?|金融庁
注3 iDeCoの概要 |厚生労働省

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マネとも!編集部

「誰もがお金の心配をせず自分らしく生きていける世界」を目指して、お金に関する情報提供を行っています。Twitterでは管理人が絶賛ツイート中。インスタグラムでは会話形式で楽しくお金の勉強できる投稿をしています。

-証券会社

Copyright© マネとも! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.