ステラコインの取引所はどこがおすすめ?3つのポイントで徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ステラコインの取引所についてお探しですか?

ステラコインは時価総額上位にくる注目の仮想通貨で、世界中で取引を行うことができます。

取引所は、しっかりと吟味したうえで使用していかないと、言語面でトラブルになったり、煩わしい作業が増えたりします。

結論から行って、ステラコインを購入するならKrakenがおすすめです。

ここではそのおすすめする理由について説明します。

1つ目が安く購入できる
2つ目が日本円を入金できる
3つ目が日本語とアプリが対応している

詳しく説明していきます。

1.ステラコインとは?

ステラコインは、2014年に公開され、現在時価総額8位の仮想通貨です。

ステラを語るうえで外せないのがリップルの存在です。その理由は、ステラは当初リップルを基に開発され、使用用途として「大きな手数料をかけずに、簡単に送金ができる」仕組みという面では同じです。

大きな違いは、リップルが「法人向け取引」を目的としていることに対して、ステラは「個人向け取引」を目的にしています。

数年後私たちの生活で、ステラを使用する日も遠くはないかもしれません。

なので、今のうちステラを取引しておきましょう。

ステラを購入できる取引所は現在国内にはなく、世界に4つ以上あります。

主要な取引所は以下のとおりです。

2.ステラコインが購入できる取引所を比較!

ここでは、取引所の違いがわかりやすいように、比較表を作りました。

これらの表でスペックを比較した結果、もっともおすすめだと言えるのはKrakenです。

なぜ、そう言えるのか取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.やすく購入できるか

ポイント2.日本円を使えるのですぐに取引できるか

ポイント3.アプリや日本語が使えるか

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

ポイント1.やすく購入できるか

取引所を選ぶうえで始めに注目するのは「お得に購入できるか」です。

これは、仮想通貨にかかわらず、誰もが少しでも安く購入したいと思うはず。

購入価格を決めるポイントとして「取引手数料」があります。

各取引所ごとの手数料を表にまとめて比較してみました。

まず、前提として、これらの取引所は海外取引所でして、平均3~5%の取引手数料と言われる国内取引所と比較してどこも低い手数料になっています。

なので、0.25%でも0.1%でもそこまで大きな差はありません。どこでも安く取引できます。

ただし、Krakenはいま、取引手数料無料となっていますので、一番安く取引できると言えるでしょう。

ポイント2.日本円を入金して、すぐに取引できるか

海外取引所を使うさいに一番手間になるのは、おそらく日本円を入金できないからではないでしょうか。日本円を使えないので、まず日本円が使える国内取引所で通貨に変えてから、送金しなければならないというステップがあります。

しかし、Krakenは4つのうち唯一「日本円」を入金して、取引ができます。

スムーズな取引やわずらわしい作業を必要としないのでKrakenはおすすめといえるでしょう。

ポイント3.アプリや日本語が使えるか

取引手数料がやすくとも、使いづらい仕様がなければ意味がありません。

例えば、取引画面が全て英語の場合は、日本人にとって使いづらさの1つかもしれません。

また、スマフォアプリがなければ、忙しい人が移動中に取引することもできませんね。

ここでは「日本語対応有無」「アプリの有無」について比較していきます。

日本語対応

日本語対応できる取引所は、バイナンスとKrakenがあります。

ただし、バイナンスは一時的に?日本語のの対応ができないようになっています。

日本語が使えない場合、英語で使用しないといけませんが、仮想通貨特有の英語など使われており、あやまった操作をしてしまうこともあります。

なので、日本語対応できる取引所を選ぶことが大切です。

アプリの有無

多くの取引所でアプリは対応していますが、i OS/Android両方を使える取引所を選ぶことが大切ですね。

アプリはどこでも、取引するために必要な機能です。とくに、価格変動が激しい仮想通貨取引においてアプリは必需品となるでしょう。

3. 結論!ステラコインはKrakenがおすすめ

以上の評価から、ステラコインを取引するにはKraken(クラーケン)が最もおすすめです。

その理由は、手数料がやすい日本円や日本語が使え、日本人にとって使いやすいことです。

一方で

バイナンスは日本語が通常使えますが、現在使えないことや他の取引所に共通していえますが、日本円入金できない点で、krakenに劣ります。
BittrexPoloniexは日本語も日本円も対応していないので初心者には向いてないと考えられます。

4.Krakenをもっともお得に契約する方法

現在登録に関するお得な情報は発表されていません。

ただし、今なら取引量が無料ですので、登録および取引はお早めに!!

登録は公式HPから

5.まとめ

リップルが世界的に注目を浴び、12月から価格が高騰しました。

そのリップルと似た性質をもつステラコインは個人間で使えるリップルコインのようなものなので、これから益々注目される仮想通貨でしょう。

Krakenでは、手数料がやすく、日本語対応、日本円入金可能と大きな長所をもっている取引所なのでぜひ使い始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*