THEO(テオ)のデメリットについて解説!本当におすすめできるのか?

THEO(テオ)のデメリットについて、気になっていますよね?

THEOに投資してみたものの、デメリットが多くて後悔することは避けたいですよね。

結論から言うとデメリットはありますが、対策方法を知っていればあまり問題になりません

ここではTHEOのデメリットについて丁寧に解説。そして、数あるロボアドバイザーの中で一番おすすめするものをご紹介します。

この記事を読めば、納得してTHEOを検討できます。ぜひ参考にしてくださいね。

1. THEOのデメリットとは?

ここは要チェック

THEOのデメリットとして考えられるものを、全て取り上げてみました。

具体的には次の9点です。

THEOのデメリット

  • 自分で投資するより、手数料が高い
  • 10万円以下は出金できない
  • NISA口座に非対応
  • 短期的に爆発的な利益は見込めない
  • 入出金時に、やや時間がかかる
  • 元本割れをする可能性がある
  • 為替相場の影響を受ける
  • 倒産リスク

たくさんあって心配に思いますよね?しかしながら、これらのほとんどは問題になりません。

その理由を順に説明していきます。

1-1. 自分で投資するより手数料が高い

THEOのサービス利用手数料は、預かり資産額の評価額の1%(年率、消費税別)。

もしロボアドバイザーに頼らず投資ができる人なら、約1%という手数料は高いと思うかもしれません。しかしTHEOの場合、この約1%の手数料は妥当です。この1%には、為替手数料や自動買い付けの分も含まれています。

ロボアドバイザーに頼らずに同様の投資を行おうとすると、買付のときに為替手数料が発生したり、ややこしい手続きが必要となります。

しかし、THEOなら買付から売却まで全てを自動化してくれます。この手間を考えると、約1%の手数料は高い手数料とは言えません

THEOの手数料に関する、より詳しい解説をご覧になりたい方はこちら「THEO(テオ)の手数料は高いの?いつ支払われるの?タイミングまで解説!」の記事を参考にして下さい。

1-2. 10万円以下は出金できない

THEOの運用を開始するとき、「1万円〜」という比較的に格安で取引を始めることができます。これは競合大手のウェルスナビが10万円であるので、簡単に運用できるメリットです。

しかしながら、出金は10万円以上という決まりがあります。そのため、それ以下の金額を運用している場合は、解約するしか取り出すことはできません。

これは、10万円以上の残高がないと「THEOの考える理想的な資産配分」が構築できないためです。

1-3. NISA口座に非対応

NISA口座で運用すると、利益に税金がかかりません。そのため「できればNISA口座で運用したい」と思う人もいるでしょう。

しかし、THEOはNISA口座では運用できません。もちろん、ジュニアNISAや「つみたてNISA」の口座でも利用できません。

しかしながら、THEOと同様にお任せで運用してくれるロボアドバイザーは、全てNISA口座で利用できないのであまり問題になりません

1-4. 短期的に爆発的な利益は見込めない

THEOを含めたロボアドバイザーは、10年以上の長期投資を前提としたサービス。そのため、仮想通貨やFXのように、短期で大きな利益を上げることを目的とはしていません。

長期だと、金融危機が心配と思う人もいるでしょう。確かに最近では、ギリシャ危機やリーマンショックなどの金融危機もありました。しかし、影響は一時的なもので、いずれも元の水準に回復しています。

また、投資理論的には「保有する期間を長くすればするほど、最初の時点より価格が上がっている可能性が高くなる」のです。

上記は、THEO公式サイトで公開されている「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

「ロボアドバイザーは長期で利用するサービス」とあらかじめ知っておけば、問題はありません

1-5. 入出金時にやや時間がかかる

ウェルスナビと比較すると、THEOは「通常入金してから金融商品買い付けまで」と「出金依頼から現金化するまで」にも時間がかかってしまうので、少し使いづらい部分はあると言えるでしょう。

1-6. 元本割れをする可能性がある

THEOに限らず、投資には「元本割れ(損益が出る)リスク」があります。損をする可能性があるので、投資を怖いと思う人もいるでしょう。

しかし前項でも述べたように、長期投資を行うことによって、この元本割れリスクを軽減できます

元本割れを防ぎたいときは、長期的な目線で投資を行いましょう。

1-7. 為替相場の影響を受ける

THEOは海外ETFで投資を行うため、為替相場の影響を受けます。結果、以下のように円建てとドル建てで利益が変わってきます。

また、次のグラフは2017年12月における為替相場(円とドル)の推移です。

(引用:ロイター

このように、12月という短期間でも為替相場は変動し続けます。また、為替相場を予測することはプロの投資家でも至難の技と言われています。

この為替相場の影響を最小限にするためには、「積立投資」を実践することをおすすめします。

積立投資とは、毎月定額の投資金をコツコツと積立ていく投資方法。積立投資では定期購入を行うので、為替相場に左右されない投資を実現できるのです。

THEOには、この積立投資を自動で行ってくれる機能があります。THEOを利用する際は、自動積立の機能を利用することを強く推奨します。

THEOと積立投資についてはこちら「THEO(テオ)で積立はすべき?積立額はいくらがいいの?徹底解説!」の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1-8. 倒産リスク

どんな会社にも倒産リスクがあります。

可能性は限りなくゼロに近いですが、THEOを運営する「お金のデザイン株式会社」も同様です。

せっかく資産を増やしても「THEOの運営会社が倒産したら、資産はどうなるの?」と心配になりますよね?

結論から言うと、ほとんどの人は会社が倒産しても資産が戻ってきます

なぜなら、日本投資者保護基金との契約で「1,000万円までなら資産を返金すること」が公表されているからです。

万が一の事故などによりお客様の資産を完全に返還することができない場合(または返還に著しく日数を要する場合)には、「投資者保護基金」が対応します。この制度の下、お客さまの資産は最大1,000万円まで補償されます。
引用:THEO公式サイト

そのため、投資額が1,000万円以下なら倒産のリスクを心配する必要はありません

結論:THEOのデメリットはそれほど気にならない

いかがでしょうか?デメリットをまとめると、次のようになります。

  1. 自分で投資するより手数料が高い
    →海外ETFに投資を行うと考えると妥当な手数料
  2. 10万円以下は出金できない
    →他のロボアドサービスでは10万円以上の運用なので、10万円以上入金すれば良い。もしも、緊急でおろしたい場合は解約すれば良い。
  3. NISA口座に非対応
    →お任せできるロボアドは全てNISA非対応
  4. 短期的に爆発的な利益は見込めない
    →そもそも長期投資を前提したサービス
  5. 入出金にやや時間がかかる
    →若干各種サービスには時間がかかりますが、問題はないでしょう。
  6. 元本割れをする可能性がある
    →長期投資を行うことで元本割れリスクを軽減できる
  7. 為替相場の影響を受ける
    →積立投資を行うことで、為替相場の影響を最小限に
  8. 倒産リスク
    →1000万円までなら倒産しても安心

このように、どんな投資でも避けられないデメリットはありますが、問題にならない要素の方が多いです長期投資と積立投資を行うことで、基本は回避できます。

次はTHEOのメリットについて解説。デメリットと合わせて参考にしてくださいね。

2. THEOのメリットとは?

一方で、THEOには6つのメリットがあります。

THEOのメリット

  • 投資を全て自動化できる
  • 1万円という少額から始められる
  • 豊富な品ぞろえの海外ETFで世界に分散投資できる
  • 長期投資の心強い味方!積立投資ができる
  • AIがサポートしてくれる
  • THEOを取り囲む優秀なスタッフの気遣い!

それぞれ順番に見ていきましょう。

メリット1.投資を全て自動化できる

THEOでは手間をかけることなく常に最新・最適なポートフォリオでおまかせ運用をしてくれます。

「THEOにおまかせ」モードを利用すれば、資産運用における以下の4つのプロセスを自動で行ってくれます

  1. 資産運用方針を自動的に決めてくれる
  2. 自動で銘柄を買い付けてくれる
  3. 自動でポートフォリオのズレを直してくれる
  4. 自動でより良い銘柄に買い直してくれる

いざ投資をしようと思っても、どのように投資を始めたらいいのか迷ってしまいますよね?

THEOなら、投資における難しいプロセスを全自動でしてくれるので、投資初心者でも安心です。

メリット2.1万円という少額から始められる

テオの最低運用金額は1万円。

THEOは、ロボアドバイザー業界最低水準の1万円から投資を行うことができます

THEOと同じく人気のロボアドバイザーウェルスナビ」の運用開始額は10万円。

ウェルスナビと比較すると、どれだけ安いか分かりますよね。

少額からスタートできるので、投資初心者の方でも安心して投資ができます。

※ただしデメリットでも紹介したように、出金は10万以上でなければ行うことができません。この点にご注意ください。

メリット3.豊富な品ぞろえの海外ETFで、世界に分散投資できる

THEOでは分散投資ができます。

THEOは6000種類以上の海外ETF(海外の証券取引所に上場されている投資信託)から、あなたに最適な組み合わせを自動で選んで、投資してくれます。

海外ETFで世界中に分散投資を行うことで、着実な資産形成を行うことができます。

なぜ海外ETFで世界の分散投資を行うのかと言いますと、日本経済よりも世界経済が成長率が高いからです。

  • 日本経済の年間成長率は約1%
  • 世界経済の年間成長率は約3%

つまり世界経済に分散投資をした方が、日本だけに投資するよりも資産を増やせる可能性が高いのです

メリット4.長期投資の心強い味方!積立投資ができる

THEOでは積立投資ができます。毎月3万円を30年間積み立てると、円預金するよりも2.5倍以上資産が増える可能性があります。

THEOでは、積立投資ができる「THEO積立」というサービスを行っています。毎月の積立金額を設定すると、自動で金額分の海外ETFを買い付け、コツコツと積立てくれます。

積立投資を行うことにより、相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

積立投資ができるロボアドバイザーは少ないので、大きなメリットです。

メリット5. AIがサポートしてくれる

THEOは、AI(機械学習)が資産の下落を抑制できる数少ないロボアドバイザーです。

「ロボアドバイザー=AI(機械学習)」という認識が広がっていますが、実はこれは間違い。THEO以外のロボアドバイザーは、アルゴリズムを活用していますが、AI(機械学習)ではありません。

AIアシスト機能は、世界中のニュースやブログ・SNSなどの膨大なデータを分析し、特定の銘柄が大幅に下落するリスクがあると判断したとき、下落幅を抑制するためにポートフォリオを組み替えてくれます。

その他のロボアドバイザーはAIを搭載していないため、ユーザーの動きから値動きを予想することはできません。THEOを使う大きなメリットの一つですね。

メリット6.THEOを取り囲む優秀なスタッフの気遣い!

テオには大学教授など優秀なスタッフが在籍しています。

THEOをおすすめする理由に、運営するお金のデザインはスタッフたちの気遣いがあります。

投資初心者にも分かりやすい丁寧なホームページに加え、エンジニアやスタッフがTHEOの個人運用成績を公開したりしています。

また『ロボアドバイザーの資産運用革命』という本を発行し、ロボアドバイザーについてしっかり理解してもらう環境も整えています。

このようにTHEOのスタッフの気遣いが各所から感じることができるからこそ、THEOは安心できるのです。

2018年2月6日は世界的に大きな下落相場となりました。心配になった投資家も多いのではないでしょうか?私もその一人です。そんな中、THEOは以下のようなメールを送り、投資家を安心させてくれました。

結論:THEOはメリットが多い!

THEOのメリットについて解説しました。

メリットをまとめると次のようになります。

  1. 投資を全て自動化できる
    →投資初心者も困らず取引できる
  2. 1万円という少額から始められる
    →あまりリスクを取らずに始めることができます
  3. 豊富な品揃えの海外ETFで世界に分散投資できる
    →リスクを分散できる
  4. 長期投資の心強い味方!積立投資ができる
    →無理せず確実に投資をしていくことができる
  5. AIがサポートしてくれる
    →特定の銘柄が大幅に下落するリスクを軽減してくれる
  6. THEOを取り囲む優秀なスタッフの気遣い!
    →企業に対して安心して、資産を任せられる

このように、THEOにはメリットがたくさんあります。

私も実際にTHEOを利用していますが、満足しています。

THEOの公式サイトは画像をクリック↓
THEO

3. 投資初心者にロボアドバイザーをおすすめする理由

ここまでTHEOのデメリットとメリットについて見てきましたが、そもそもロボアドバイザーは利用すべきサービスなのでしょうか?

結論から言いますと、あなたが投資初心者なら、ロボアドバイザーは最も適したサービスだと断言できます。

なぜなら次の3つの理由があるからです。

ロボアドバイザーをおすすめする理由

  • ほったらかしでお金を増やせる
  • 投資する銘柄を中立的な立場から選んでくれる
  • そもそも人間の頭は投資に向いていない

順番に見ていきましょう。

3-1. ほったらかしでお金を増やせる

ロボアドバイザー最大の魅力は、ほったらかしで資産を増やせるところ

簡単な質問に答えることで、あなたに最適な資産配分(株式を60%、債券に40%など)と銘柄を自動で決めてくれます。その後、お金を入金することで銘柄を自動で買い付け、その後の調整までも自動で行ってくれます。

ロボアドバイザーの力を借りることで、投資の知識がなくてもプロが行っているような投資が可能となるのです。

3-2. 投資する銘柄を中立的な立場から選んでくれる

投資初心者の方は、どの銘柄を買えばいいかわからないですよね?

ロボアドバイザーは、あなたの投資に最適な銘柄を中立的な立場から選定してくれます。

一般的に、投資初心者の方は「銀行や証券会社に行って話を聞いてから、投資を開始したい」と思うのではないでしょうか?

しかしながら、彼らが正しいことを教えてくれる保証はありません。銀行なら銀行が一番得をする金融商品を提案してくる可能性が高いですし、それが商売ではないでしょうか?

ロボアドバイザーは、あなたに一番適した銘柄を中立的な立場で合理的に選定してくれます。

銀行や証券会社より信用できるとも言えます

3-3. そもそも人間の頭は投資に向いていない

投資を成功させる秘訣は、投資を続けることです。

ロボアドバイザーに任せることで、相場の状況に一喜一憂しない長期投資が可能になります。

例えば、世界中の金融資産に積立投資をしている人がいましたが、金融危機で所持銘柄の評価額が大暴落しました。

ここで、問題です。以下の3つの行動パターンのうち、その後の運用実績が最もよかったものはどれでしょうか?

  1. 暴落したが、資産運用を中断せず、継続して積立投資をし続けた
  2. 暴落した時に運用を中断
  3. 暴落した時に運用を中断し、景気が落ち着き、株価が復活してから資産運用を再開した

答えは1番「暴落したが、資産運用を中断せず、継続して積立投資をし続けた」です。

しかし、この1番の運用方法を実践できる人はほぼいません。というのも、ほとんどの人が暴落時に焦って売ってしまうからです。頭では分かっていても、実際の暴落は怖いものです。

資産運用は、長期的に継続し続けることが重要です。人間の感情を徹底的に排除するロボアドバイザーだからこそ、正しい長期投資が可能となるのです。

結論:ロボアドバイザーは投資初心者に最適なサービス

  • ほったらかしでお金を増やせる
  • 投資する銘柄を中立的な立場から選んでくれる
  • そもそも人間の頭は投資に向いていない

以上の3点から、ロボアドバイザーは投資初心者に最も適したサービスだと断言できます。

ちなみに投資中級者以上の方は、コストを抑えられるので自分で運用した方がいい場合もあります。しかし、投資を自動化してくれる手間を考えたら、経験者でも利用する価値は十分にあります

4. ロボアドバイザーは、総合的に比較しよう!

さて、中には「THEOは本当におすすめできるのか?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

どのロボアドバイザーも一長一短ですが、THEOは一万円という少額から始められるのがメリット

詳しくは『ロボアドバイザーを比較してわかった1番のおすすめはこれだ!』の記事をご覧ください。あなたに一番おすすめのロボアドバイザーが分かります。

まとめ

THEOのデメリットとメリットについて解説しました。

どんな投資でも共通のデメリットはありますが、ほとんど問題になりません。ロボアドバイザーは投資初心者におすすめのサービスで、私はウェルスナビが一番気に入っています。

THEOも、ここで解説した通りおすすめできるサービスです。AIアシスト機能など、他のロボアドバイザーにはない機能も備えています。

1万円からスタートできるので「少額から投資を始めたい」という人には、THEOがおすすめです。

公式サイトは画像をクリック↓
THEO

THEOについて、もっと詳しく知りたいという方は、『THEO(テオ)を契約する前に知っておくべき全知識|お金のデザイン』の記事を参考にしてください。知りたい情報がすべて手に入ります。
  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*