ロボアドバイザー「投信ロボ」を利用する前に知っておくべき全知識

「投信ロボ」についてお調べ中でしょうか?

投信ロボは、岡三オンライン証券株式会社が提供するロボアドバイザーです。

簡単な質問に答えるだけで、投信ロボがオススメの資産配分と銘柄を選定。投信ロボを利用し、投資を開始することで資産を効率的に増やすことができます。

しかし、初心者にはウェルスナビなど完全お任せできるタイプのロボアドバイザーの方が便利なこともあります。

ここでは、投信ロボのメリットとデメリットを解説。この記事を読めば、投信ロボのことは全て分かります。ぜひ、参考にしてください。

1. 投信ロボとは?

あなたに合った投資アドバイス 投信ロボ 岡三ファンドロボ お客さまの年齢やリスク許容度。投資期間に応じて最適なポートフォリオを投資アドバイスロボットがお伝えするシミュレーションです。

投信ロボは、岡三オンライン証券株式会社が提供する「アドバイス型のロボアドバイザー」です。

簡単な質問に答えるだけで、投信ロボがあなたにオススメの資産配分と銘柄を選定してくれます。投信ロボにオススメされた通りに投資を開始すれば、お金を着実に増やすことができるのです。

2. 投信ロボをおすすめする6つの理由

投信ロボをオススメする理由は、次の6つです。

  • サイトがとても分かりやすい
  • モーニングスター社のデータを利用
  • 投資を1つの銘柄提案に絞ることもできる
  • 診断は無料
  • 確定申告が必要ない
  • NISA口座で利用できる

理由1. サイトがとても分かりやすい

投信ロボのサイトはとても分かりやすいです。アドバイス型のロボアドバイザーの中で、一番分かりやすいと言っても過言ではありません。

投資初心者に合わせた、丁寧な作りになっています。

理由2. モーニングスター社のデータを利用

投信ロボは、投資信託の世界的レーティング会社「モーニングスター社」のデータを利用しています。

そのため、客観的に投資信託を選定することが可能です。

理由3. 投資を1つの銘柄提案に絞ることもできる

投信ロボでは運用するファンドをバランスファンド1本に絞ることもできる。

投信ロボで投資を行う投資信託は、1つに絞ることもできます。1つに絞ることで、複数のファンドの運用状況を確認する必要がなくなります

1本だけと聞くと心配するかもしれませんが、1つの投資信託で株式や債券などさまざまな金融資産に投資を行うバランス型投資信託なので、リスク分散を行った着実な運用を行えます

理由4. 診断は無料

投信ロボの診断は無料です。変な登録も必要ありません。

ホームページからいつでも無料で利用できます。

理由5. 確定申告が必要ない

投信ロボでの診断結果に満足すれば、そのまま岡三オンライン証券で口座開設を行うことができます。

その運用口座が「源泉徴収ありの特定口座」なら、運用益が出ても確定申告の必要はありません

年間の利益が20万円以下(所得がない方は38万円以下)の場合、一般口座でも確定申告は不要です。

理由6. NISA口座で利用できる

はじめてのNISA(少額投資非課税制度)

投信ロボは投資一任型のサービスではないので、NISAやジュニアNISAなどの口座でも利用できます

NISA口座で運用を行えば、運用益が全て非課税となるので、投信ロボと組み合わせて利用することで、抜群の相性を発揮します。

3. 投信ロボのデメリット

ここは要チェック

投信ロボには、いくつかデメリットがあります。それは次の点です。

  • あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!
  • 手数料が不透明
  • 積立投資の設定ができない
  • ポートスォリオのズレを直してくれるとは限らない

3-1. あくまでアドバイスのみ、運用は本人で!

投信ロボは、あくまで投資に関するアドバイスのみを行います。それを実行するのは投資家本人です。銘柄の売りどきも、投資家本人が判断する必要があります。

アドバイスだけ受けて、あなたが何もしなければお金は増えません。

ウェルスナビ」や「THEO」など、運用の全てをロバアドバイザーが行ってくれるサービスもあるので、少々面倒であるといえます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3-2. 手数料が不透明

投信ロボが提案する投資信託の手数料は、高いものから安いものまでさまざまです。

そのため、手数料が不透明だと言えます。投資初心者にとっては、その投資信託が本当に良いものなのか判断しにくいというデメリットがあります。

3-3. 積立投資の設定ができない

投信ロボでは、積立投資の設定はできません

積立投資とは「量(口数)」を購入していく投資方法です。積立投資を行うことにより、相場状況に一喜一憂せず、リスクを抑えた資産形成が可能となります。

積立投資を設定できる投信工房などのロボアドバイザーもあるのでデメリットです。

岡三オンライン証券自体には「投信積立サービス」があります。

3-4. ポートフォリオのズレを直してくれるとは限らない

投信ロボで選ばれる銘柄の中には、自動でポートフォリオのズレを直してくれない銘柄も数多くあります

例えば、株式50%、債券50%が理想の資産配分だったとします。しかし、銘柄によって利益や損失が発生します。これを修正しないといつのまにか株式75%、債券25%といったように資産配分比率が変わってしまうのです。

これを元に戻す調整が着実な資産運用には必要なのです。とくにバランス型投資信託で、このような調整が行われないものには注意が必要です。

ポートフォリオのズレを自動で直してくれる投信工房などのロボアドバイザーもありますので、デメリットと言えます。

4.結論: 投信ロボはこんな人におすすめ!

こんな人にオススメ!

投信ロボは、ロボアドバイザーによるアドバイスを聞きながら、ある程度自由に投資を行いたい投資初心者の方におすすめです。サイトが非常に見やすいので、投資初心者の方は利用してみることをオススメします。

もし、投資の全てをロボアドバイザーに任せて、ほったらかしでお金を増やしたい方には「ウェルスナビ」をオススメします。

運用成績も優秀で「源泉徴収ありの特定口座」を利用すれば、確定申告も必要ありません。お金を預ければ、後は勝手にお金を増やしてくれます。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

5. 投信ロボを利用する前に知っておきたいこと

投信ロボを利用して、実際に資産運用を始める前に知っておいた方がいい事をご紹介します。

5-1. 投資で絶対に資産が増えるとは思わないように!

投資には、常に元本割れ(損益が出る)リスクがあります。

いくら優秀なロボアドバイザーといっても、将来の相場状況を正しく判断することはできません。

しかし、長期投資を行うことによってこの元本割れリスクを軽減できます。元本割れを防ぎたいときは長期的な目線で投資を行うようにしましょう。

5-2. お得なキャンペーンを実施中

お友達紹介で、3000円プレゼント 紹介し方にも 紹介された方にも

投信ロボを提供している、岡三オンライン証券では随時お得なキャンペーンを開催中。

キャンペーンを利用して、お得に資産運用を始めましょう。

まとめ

投信ロボを使って投資を行う際に知っておくべき事を解説しました。

投信ロボはロボアドバイザーによるアドバイスを聞きながら、ある程度自由に投資を行いたい投資初心者の方にオススメのロボアドバイザーです

サイトがとても分かりやすく、診断だけなら無料なので投信ロボを一度試してみることをオススメします。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*