Tポイント投資とは?メリットや注意点、口コミ評判を解説!SBI証券とSBIネオモバイル証券はどっちがおすすめ?

Tポイントで投資ができることと聞いて、今調べているところですね?

ヤフーカードなどを活用し、普段のお買い物でたまったTポイントを投資にも使えるって聞くと、とても魅力に感じますよね。

しかし、投資をしたことがない方にとっては

  • 投資の知識なんかないし難しそう…
  • 損したら嫌…本当に儲かるの?

などなど、たくさん気になることがありますよね。

そんなあなたにTポイント投資はとってもおすすめ

ポイントなので、投資に失敗してもポイントが減るだけ!あなたの資産は一切減りません

加えて、普段の消費で手に入るポイントがあなたの将来の資産に変わるのです!

特に、のような方にはとってもおすすめです!

おすすめな人

  • Tポイントの使い道に困っている方
  • 将来に向けて、投資の勉強をしたい人

この記事ではTポイント投資ができるサービスやメリット注意点、口コミ・評判まで徹底解説します。

加えて、Tポイント投資は現在、

の2つありますが、どっちがオススメかも解説します。

この記事を読めば、あなたがTポイント投資を本当に始めるべきかを判断できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. Tポイント投資とは?

Tポイント投資とは、Tポイントで株式や投資信託などの金融商品を購入できるサービス。

現在Tポイント投資できるサービスは下記のようになっています。

株式とは、株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証券のこと。買った企業の株主に慣れて、優待や配当金を受け取ることができます・

投資信託とは、株や債券の運用を運用会社にお願いする金融商品。投資が得意な人にお金を預けて代わりに運用してもらうイメージですね。銘柄を選んで購入するだけで、あとは運用会社が株や債券を運用してくれるので、投資初心者におすすめの金融商品と言われます。

しかしTポイントで投資できるって聞いても投資に変わりないので、なんだか損しそう・・・と感じますよね。

そこでTポイント投資を解説する前に、投資の基本について簡単にチェックしていきましょう。

2. まずは、投資の基本を確認しよう!

投資初心者にとって、最低限把握しておきたい投資の基本は以下の3つ。

投資の基本一覧

  • 安く買って高く売る
  • 長期・積立・分散の資産運用
  • 余裕資金で投資しましょう!

それぞれ解説していきますね。

(1)安く買って高く売る

皆さんが考える最もオーソドックスな形ではないでしょうか?

ある資産を安く買って値上がりしたら売ります。

その差額が利益です。

しかし、これだと

  • 相場を読むなんてできないから勝てる気がしない
  • 絶対損するやつじゃん

と思いますよね。その通りです。なので、初心者の方にはこの投資手法はオススメしていません

そこで弊サイトから提案するのは「長期・分散・積立の資産運用」です。

(2)長期・積立・分散の資産運用

長期・積立・分散の資産運用は、これから資産形成を行いたい初心者に最適な運用手法です。

長期・積立・分散の資産運用は、その名の通り

  • 長期投資
  • 積立投資
  • 分散投資

から構成される運用手法です。

この長期・積立・分散の資産運用は、過去20年間のデータによりしっかりと資産形成できることが証明さてています。(引用:平成27事務年度金融レポートP53

上記は金融庁が作成した、資料によると、1995年から20年間にわたり「長期・積立・分散の資産運用」を継続できた場合、国内外の「株式」「債券」だけに同様の投資を行った場合や、定期預金だけで積立を行った場合よりも、利益を上げることに成功しています。

時間を味方につけて、コツコツと資産を作っていく運用手法です。

詳しくは「金融庁も推奨する長期・分散・積立投資とは?」で解説しているので、こちらも合わせてご覧くださいませ。

(3)余裕資金で投資しましょう!

最後に最も大事なことも伝えておきます。

投資以前に、目の前の生活がまず大事ですよね。

なので、普段の生活に必要な資金から、余ったお金を投資の元手にしましょう

普段の生活費に加えて事故や病気などのトラブルに備えた上で、余った資金で投資しましょう。

自分のライフスタイルを確認する時のポイントは、

  • 無駄使いしていないか
  • もっと収入を増やすことはできないか

の2点。

無理矢理投資の資金を捻出するのではなく、どうやったら投資の資金を作れるかとう考え方を身につけましょうね!

3. Tポイント投資をおすすめする5つのメリット

それではTポイント投資のメリットについて解説していきます。

Tポイント投資を提供しているのは、SBI証券とSBIネオモバイル証券の2サービスあります。

そこでまず、Tポイント投資自体のメリットをご紹介したのちに、SBI証券とSBIネオモバイル証券でTポイント投資を行うメリットも紹介していきたいと思います。

Tポイント投資を利用するメリットは5つ!

Tポイント投資のメリット一覧

  • 投資初心者でも気軽に始められる!
  • 使い道に困ったTポイントで資産を築ける!
  • Tポイントのみで投資できるので、実質元手ゼロで始められる!
  • リターンが現金!
  • 他のTポイントサービスのTポイントも使えるのでどんどん投資できる!

それぞれ詳しくみていきましょう。

投資初心者でも気軽に始められる!

Tポイント投資は、1ポイントを1円単位で換算し最低1ポイントから金融商品が購入可能。

つまりTポイントを1ポイントでも持っていれば、Tポイント投資が始められます

とてもハードルが低いですね。

さらに肝心の金融商品も、お手頃な価格で購入できるようになっています。

SBI証券の投資信託は最低100円から、SBIネオモバイル証券の株式も500円程度から株を購入することができます。

したがって、お手頃な金融商品をTポイントで購入できることから、投資初心者にとって気軽に始められます!

Tポイントのみで購入できるので実質元手ゼロで投資できる!

Tポイントで金融商品を購入する際、金額の一部はもちろんなんと全額で購入可能

つまり、たくさんTポイントをお持ちの方なら、実質元手ゼロで投資ができちゃいます

投資は運用額が投資した額より小さくなる本元割れというリスクを伴います。

しかしTポイントだけで投資すれば、仮に本元割れが発生してもポイントは減りますが、現金が減るわけではありません。

リスクに対する恐れを大幅に軽減できるのが、Tポイント投資の魅力です。

使い道に困ったTポイントで資産を築ける!

ポイントをためたとしても、使うか迷ってしまうことが多いと思います。

ポイントだけ購入できるものがあっても、結局ため続けてしまったこともあるのではないでしょうか?

しかし、Tポイント投資なら“消費”ではなく“投資”でポイントを使うので、普段なら使って終わりだったポイントが将来より大きな資産として返ってきます

いつ使うか?という悩みが解消されつつ、将来の資産を築けることが可能ですよ!

リターンが現金!

Tポイントを使ってるとはいえ、株式や投資信託という本物の金融商品を購入します。

もちろん売れば、リターン分を含めちゃんと現金で返ってきます

普段のお買い物のついでにもらったTポイントが現金になるので、これはもはやお金の錬金術ですね。

他のTポイントサービスのTポイントも使えるので、どんどん投資できる!

(引用:Tサイト-提携先一覧

Tポイントは全国のいろんなお店でためることができます

通常のポイントサービスだと、ポイントを提供している会社の関連サービスでしかためることができません。

一方、Tポイントならいろんなお店が加盟しているので、Tポイントユーザーならザクザクと貯められます。

少しでもたまったらスグに投資にまわして、お得に将来の資産を築いちゃいましょう!

Tポイント投資を行うメリットを知ったところで、SBI証券、SBIネオモバイル証券それぞれでTポイント投資を行うメリットも解説していきます。

 SBI証券でTポイント投資を行うメリット

Tポイント自体のメリットを理解したところで、次はそれぞれのTポイント投資サービスのメリットについて見ていきましょう。

こちら「SBI証券で投資信託をTポイント投資で購入するやり方!メリットや注意点も解説!」でより詳細に解説していますが、SBI証券でTポイント投資をするメリットを3つのポイントにまとめると次のようになります。

SBI証券のメリット一覧

  • 100円分程度のTポイントで投資信託が購入できる!
  • 取引に応じてTポイントがもらえる!
  • 口座開設だけで100Tポイントがもらえる

それぞれ順番に見ていきましょう!

100円分程度のTポイントで投資信託が購入できる!

SBI証券で取り扱っている投資信託の多くは、最低100円から販売されています。

もちろん100円だけ購入する場合でもTポイントで購入できます

缶ジュースと同じくらいの金額で金融商品をTポイントでも購入できるので、とても気軽に始められますね。

取引に応じてTポイントがもらえる!

Tポイント投資は、SBI証券の「Tポイントサービス」の一つとして提供されています。

Tポイントで投資できるだけでなく、購入した銘柄の金額や年率、手数料に応じてTポイントがもらえます

投資信託の場合は、購入した銘柄の年間の運用率(増えたお金)に応じたTポイントが付与されます。

Tポイントサービス名Tポイントの種類獲得Tポイント数
国内株式手数料マイレージ
(国内株式現物取引)
Tポイント

スタンダードプラン手数料及び現物PTS取引手数料の
月間の合計手数料の1.1%相当のポイント

投信マイレージ
(投資信託保有残高)
Tポイント対象投資信託の月間平均保有額が、
1,000万円未満のお客様に年率0.1%相当のポイント
1,000万円以上のお客様に年率0.2%相当のポイント
金・プラチナ・銀マイレージ
(金・プラチナ・銀取引)
Tポイント

スポット取引手数料、および積立買付手数料の
月間合計手数料の1.0%相当のポイント

新規口座開設期間固定Tポイント一律100ポイント
国内株式入庫Tポイント1回の移管入庫につき100ポイント
(異名義からの移管は対象外)

上記の表を確認すると、ほとんどの投資信託は年率0.1%のTポイントが付与されます。

これはTポイントで購入した金額分も含まれます。

全額Tポイントで購入しても、年率に応じたTポイントももらえます

口座開設だけで100ポイントがもらえる

SBI証券は初めて口座開設を行なった方向けに、Tポイント100ポイントを付与するキャンペーンを実施しています。

先ほども申し上げた通り、SBI証券は最低100円から購入できる投資信託をたくさん取り揃えているので、開設後にもらったTポイントをそのまま利用することができます

SBI証券口座を開設するだけでスグにTポイント投資を始められますね!

ただし、もらえるTポイントはSBI証券でのみ使える期間固定ポイントであることと、口座開設後にもらう手続きをする必要があります。

SBIネオモバイル証券でTポイント投資を行うメリット

次にSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)でTポイント投資をするメリットを見ていきましょう。

メリットを3つのポイントに絞ると以下の通り。

SBIネオモバイル証券のメリット

  • 500円分程度のTポイントで株式購入できる!
  • 月額制なので取引手数料が都度発生しない!
  • 毎月200Tポイントがもらえるので、実質月額手数料無料

それぞれ詳しく見ていきましょう。

500円分程度のTポイントで株式購入できる!

SBI証券が投資信託を購入できる一方、SBIネオモバイル証券は株式をTポイントで購入できます

取り扱い銘柄にもよりますが、おおよそ500円から株式が販売されています。

投資信託よりも少し高いのは、株式は通常100株単位(単元株)で販売されているからです。

例えば、100株5万円なら1株500円になります。ネオモバでは、1株から購入できるので、少額投資が可能なのです。

しかしSBIネオモバイル証券なら大金を用意する必要なく、かつTポイントだけで株式を購入できるので、気軽に投資を始めることができます!

月額制なので取引手数料が都度発生しない!

金融商品を購入する際、通常は取引手数料が発生ます。これは取引する度に発生するので、取引頻度が高くなるほど手数料もたくさん発生します。

しかし、SBIネオモバイル証券なら月額200円(税抜)支払うだけで、月500,000円までなら無料で何度でも取引可能

手数料を気にせず取引ができるので、心理的に楽です。

毎月200Tポイントがもらえるので、実質月額手数料無料

月額サービスって聞くと少し始める抵抗を抱いてしまうかもしれませんが、代わりに毎月200ポイントのTポイントをもらうことができます

ネオモバの月額料金は最低200円なので、合算すれば実質無料でサービスを利用できます!

もちろん、もらったTポイントで株式を購入できます。

ここまで費用を気にせず株式を購入できるのはとってもお得ですね!

4. Tポイント投資を利用する前に知っておくべきに5つの注意点

Tポイント投資にはメリットがたくさんある一方で、注意したいポイントもあります。

こちらもまずはTポイント投資自体のデメリットを解説した上で、SBI証券とSBIネオモバイル証券それぞれのデメリットを解説していきます。

以下の点を抑えると、よりお得にTポイント投資が利用できますので、ぜひチェックしてみてください!

Tポイント投資の注意点一覧

  • 本元割れするリスクがあ
  • 「期間固定ポイント」に注意
  • NISA口座は現在利用できない

本元割れするリスクがある

Tポイントで投資信託が購入できるとはいえ「投資」には変わりありません

運用額が投資した額より下回る「本元割れ」には必ず注意しましょう。

しかし、仮に本元割れしたとしても、Tポイントで投資しているならポイントは減りますが、現金が減ったわけではないので心理的に多少楽なので良い点です。

ただ、投資である以上は本元割れのリスクを考えながら投資していきましょう。

「期間固定ポイント」に注意

ネオモバイル証券毎月もらえる200ポイントやSBI証券のTポイントサービスでもらえる一部のTポイントは、「期間固定ポイント」としてもらえます。

期間固定ポイントは利用期限があり、各サービス内でしか利用できないTポイント

通常ポイントのように他のサービスで使えたり、利用期限が長くないので、期限がいつまでなのかをしっかり確認しましょう!

NISA口座が利用できる場合もある!

Tポイント投資では、NISA口座も利用できます。(SBI証券のみ)

NISA口座とは、課税対象である投資のリターンを非課税にできる口座。

基本的に投資で得たリターンは、その20.315%を税金として納める必要があります。

例えば、年間100,000円の利益をあげたとしても、20,315円分が税金として差し引かれ、実質の利益は79,685円しか得られません。

しかし、NISA口座で購入すれば非課税になるので、100,000円がそのままリターンとして得ることができます!

NISA口座のは、現行NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAなどがありますが、その全てでTポイント投資が利用できるわけではないので注意しましょう。

SBI証券でTポイント投資を行う前に知るべき注意

それでは各サービスのデメリットをチェックしていきましょう。

詳しくはこちら「SBI証券で投資信託をTポイント投資で購入するやり方!メリットや注意点も解説!」でも解説していますが、SBI証券の注意点をまとめると次のようになります。

SBI証券の注意点

  • Tポイント投資できるのは金額指定の投資信託のみ
  • 「買付手数料」と「信託報酬」に注意
  • 使えるTポイントに制限がある
  • つみたてNISA口座は利用できない。

それぞれ見ていきましょう!

Tポイント投資できるのは金額指定の投資信託のみ

Tポイント投資で一番注意したい点です。

投資信託の購入方法はいくつかありますが、Tポイントが利用できるのは金額指定のみ

毎月決まった日時に積立購入ができる積立買付や、口数を指定して購入する口数買付は利用できません

冒頭で資産形成には、長期・積立・分散が大事だと言いましたが、これを守って投資するには、定期的にログインして購入手続きを行う必要があります。

本来、投資信託でコツコツ将来の資産を築きたいなら、SBIの投信積立が一番便利。毎月指定した日時に指定した金額で自動で買付を行ってくれるからです。

まだ、投信積立には対応してないので少々不便ですね。

「買付手数料」と「信託報酬」に注意

投資信託において、必ず知っておくべきことが

  • 買付手数料
  • 信託報酬

それぞれ投資信託を購入するのなら知っておきたい手数料です。

買付手数料

その名の通り、投資信託を購入する際の手数料のこと。

しかし、ネット証券大手であるSBI証券では、一部の投資信託は手数料無料の「ノーロード」で買付が可能です。

投資信託を購入する際はノーロードの商品を購入すると良いかもしれませんね!

信託報酬

投資信託は運用会社にお金を預けて、自身の代わりに運用してもらいます。

いわば、投資の得意な友人にお金を渡して代わりに増やしてもらうようなものです。でも、運用してくれるのですから、ちょっとは代行料をあげないのは不憫ですよね。

いわば、これが投資信託でいう信託報酬に当たります。

信託報酬は、資産をファンドへ預けている限り永遠に発生します。

注意したいのが、購入した商品の資産が減ったとしても信託報酬を支払う必要があることです。なので、できれな信託報酬が低いものを選びたいところ。投資信託を購入する上で必ず確認しましょう。

ちなみに、最近の投資信託には、信託報酬が0.1%前後のとても低い銘柄もたくさんあります。

投資初心者の方は信託報酬が低い銘柄を選択してみるといいでしょう。

しかし、信託報酬が低い=運用成績が高いわけではないので注意が必要です。

使えるTポイントに制限がある

Tポイントで購入するには、通常ポイントと各サービスから付与される期間固定ポイントの2種類しか使えません

さらに他のサービスで得た通常ポイントを使うには、お持ちのTカード番号を登録する必要があります

モバイルTカードしかお持ちでない方は、たまっているTポイントは利用できません。

なぜなら、モバイルTカードではTカード番号が確認できないためです。

つまりTポイント投資をしたいなら、リアルTカードを発行する必要があります

私もさっそくTポイント投資をしたいと思ってTカードを登録しようとしましたが、Tカードをアプリでしか発行してなかったので登録できませんでした。

しぶしぶTカードを発行して登録せざるを得なかったです。これはちょっと不便ですね。

 SBIネオモバイル証券でTポイント投資を行う前に知るべき注意点

次にSBIネオモバイル証券の注意点を見ていきましょう。

注意点は以下の通りです。

SBIネオモバイル証券の注意点

  • サービス利用料が月額である→しかし実質無料
  • NISA・iDeCoは利用できない。

サービス利用料が月額である→しかし実質無料

ネオモバは取引手数料を無料にした代わりに月額制にしました。

そのため、ネオモバで全く取引をしない人でも最低金額の200円(税抜)が毎月取られます

一見デメリットに思いますが、月額料金を払っていれば毎月200Tポイントが付与されます。

つまり、合算すればほぼ実質無料と言えるでしょう。

NISA・iDeCoは利用できない

SBIネオモバイル証券は、NISAやiDeCoに対応していません。NISAについては、先ほどご説明しましたね。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、60歳まで定期的にお金を拠出して、金融商品に積立投資をしていきます。そこで発生した利益には税金がかからず、加えて拠出した額は全額所得控除という税制優遇を受けられる国の制度です。

一般的に、利益の20.315%が税金として徴収されます。しかし、NISAやiDeCoを使えば税金分も利益にできるのでお得ですが、NISAやiDeCoには対応していません。

NISAには、つみたてNISAやジュニアNISAなどもありますが、SBIネオモバイル証券は対応していません。

5. Tポイント投資を始めるべき人は?

ここまで魅力や注意点を見てきましたが、結局どのような人がTポイント投資をおすすめできるのでしょうか?

ズバリ、Tポイント投資がおすすめできる方は以下のような人

おすすめな人

  • Tポイントの使い道に困っている方
  • 将来に向けて投資の勉強をしたい人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

おすすめな人①:Tポイントの使い道に困っている方

Tポイントたくさんお持ちだと、使い方に困っているのではないでしょうか?

Tポイントだけでお買い物できる時があるけど、結局使わずにためてしまうことが多いはず。

そんな消費先としてTポイント投資はおすすめです。

Tポイント投資は、ポイントを“消費”するのではなく“投資”なので、使ったTポイントは将来あなたの資産として返ってきます。

SBI証券の投資信託は最低100円からも購入できます。

Tポイント投資は、1ポイント1円から全額Tポイントで購入できるので、毎月100ポイントたまる方なら、実質本元ゼロで投資が始められます。

ためたTポイントをどんどん使えば、将来の資産がどんどん増えるので、積極的に活用していきたいですね!

おすすめな人②:将来に向けて投資の勉強をしたい人

将来に向けて、資産を作っていくために投資が大事ってよく聞くけど、なかなか一歩を踏み出せない。。。

そんな悩みを抱えている投資初心者のあなたにTポイント投資はおすすめ

ポイントだけで投資を始めるので、お財布からお金を出す必要がありません。そのため、本元割れのリスクをあまり気にせず、投資を始めることができます。

投資について学びたいと考えていても、損はしたくないですし、沢山のお金が必要だと思ってしまいがちですよね。

しかし、ポイント投資ならポイントだけで気軽に投資を始めつつ投資家としての一歩を踏み出せます

ポイント投資は、Tポイント投資以外にも、楽天証券で楽天スーパーポイントで株式と投資信託(ETFを含む)を購入できるサービスもあります。

6. SBI証券とSBIネオモバイル証券はどっちがおすすめ?

SBIネオモバイル証券とSBI証券の比較表
サービス名SBIネオモバイル証券
(ネオモバ)
SBI証券
取引手数料なしあり(売買ごとに発生)
サービス利用料月額200円(税抜)〜なし
Tポイントで購入できる
金融商品
  • 国内株式〔単元株、S株(単元未満株)〕
  • 国内上場ETF

投資信託

NISA対応×

つみたてNISA対応×

×

左右にスクロールできます

結論から言いますと、どちらも利用するのが良いでしょう。

ただ、ここで議論になってくるのは、投資信託と株式投資のどっちの方がいいのかという点だと思います。

一般的に、投資信託の方が初心者向けと言われていますが、それは必ずしも当てはまりません。

例えば、株であれば、自分が好きなや好きな商品を作っている企業に500円から投資できるので、より親近感がわきやすいという考え方もできます。

投資信託は少額から分散投資ができて、リスクを抑えて投資できるので、初心者向きかもしれませんが、どのような運用をしているのかがわかりにくいという印象があります。

初めて投資信託を選択する画面を見た人は、わけのわからない文字が並んでるだけにしか思わないでしょう。

そんな方は、知っている企業や商品が視覚でわかるネオモバの方が良いかもしれません。

いずれにせよ、Tポイント投資は現金ではなく、あくまで初心者の勉強用という側面が強いので、どちらも利用してみるのが良いと思います。

口座開設だけならどちらも無料なのですから。

7. Tポイント投資の口コミ・評判を徹底調査!

Tポイント投資を始めてみたいと思っても、実際利用している人の声が気になりますよね。

そこで、Tポイント投資を始めた方の口コミ・評判を徹底調査して参りました!

利用者の声を聞いて、より安心してTポイント投資を始めてみましょう。

ネオモバの月額性がよい!

ポイ活でためたポイントを有効活用

ポイントを余裕金と捉えて将来の資産に!

遊び感覚で投資ができる!

8. Tポイント投資の気になるFAQ

さて、Tポイント投資に興味が湧いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、次のような点が気になりませんか?

  1. 通常ポイントと期間固定ポイント、どっちが先に使われるの?
  2. 購入をキャンセルしたらポイントは戻ってくる?
  3. 投資信託の信託報酬っていつ引かれるの?
  4. SBI証券やネオモバが倒産したらお金は戻ってくるの?

順に回答していきますね。

Q1. 通常ポイントと期間固定ポイント、どっちが先に使われるの?

期間固定ポイント→通常ポイントという順番で利用されます。

Q2. 購入をキャンセルしたらポイントは戻ってくる?

約定前の取引に限り、取引のキャンセル後Tポイントは返ってきます。

ただし、キャンセルした時点で有効期限が切れたTポイントはそのまま失効されます。

Q3. 投資信託の信託報酬っていつ引かれるの?

毎日支払います。

表示は年率でされますが、毎日計算されて、信託財産から差し引かれて基準価額が計算されます。

Q4. SBI証券やネオモバが倒産したらお金は戻ってくるの?

基本的には、分別管理という決まりがあるので、原則問題はありません。

また、万が一でも1000万円までなら投資者保護基金が必ず補償します。

お客さまにお預けいただいておりますご資産(有価証券やお金)は、当社が保有する資産(有価証券やお金)と、金融商品取引法に基づき、明確に分けて管理しております(分別管理)。
したがって、万が一、当社が破綻したとしましても、お客さまからお預りしているご資産は確実に返還されます。

 しかし、顧客分別金信託のタイムラグや、万が一の事故などにより、お客さまの資産を完全に返還ができない場合、または返還に著しく日数を要する場合には、投資者保護基金が対応します。(詳細は参照欄「顧客資産の分別管理」をご確認ください。)

(引用:SBI証券)

9. Tポイントを効率良くためる方法は?

せっかくならTポイントを沢山ためて投資に使いたいと思いますよね!

Tポイント投資をためる一番の方法は、あなたの生活で常日頃からTポイントを意識することでしょう。

「あ、Tポイントカード使えるな!」と思ったら直ぐに取り出したりすると良いでしょう。

また、クレジットカードはヤフーカードを使うことをオススメします。

ヤフーカードなら100円につき1ポイントのTポイントが還元されるので、クレカ決済をするたびにザグザグTポイントがたまっていきます。

また、ヤフーカードを大人気のスマホ決済アプリ「PayPay」の支払い元として設定すれば、ポイント還元に加えて3%分のPayPay残高も還元されてお得ですよ!

で解説しているので、気になる方はぜひご参照ください。

10. キャンペーンを利用してお得にTポイント投資を始める方法

それでは最後にキャンペーンを活用して、Tポイント投資の始め方を確認しましょう。

  1. SBI証券のキャンペーンと口座開設
  2. SBIネオモバイルのキャンペーンと口座開設

(1)SBI証券のキャンペーンと口座開設

現在SBI証券では、期間中にキャンペーンエントリーすれば、20人にTポイントがなんと100万ポイントプレゼントされるキャンペーンを実施中。

こちらのキャンペーンにエントリーした上で、お得にTポイント投資を始めちゃいましょう!

まず最初に下記のタブを押して、SBI証券を開き次にこちらキャンペーンを使ってSBI証券を5分で1番お得に口座開設する方法!画像で解説!」の記事を開くことで説明方法を見ながら開設できるのでオススメです。

(2)SBIネオモバイル証券のキャンペーンと口座開設

SBIネオモバイル証券では残念ながら現在キャンペーンを行っておりません。

しかし、毎月200Tポイントももらえるので、Tポイントで株を買いたい人は、ぜひこの機会に初めてみてはいかがでしょうか?

まず最初に下記のタブを押して、SBIネオモバイル証券を開き次にこちらキャンペーンを使ってSBIネオモバイル証券(ネオモバ)を1番お得に口座開設する方法!」の記事を開くことで説明方法を見ながら開設できるのでオススメです。

まとめ

Tポイント投資とは、SBI証券SBIネオモバイル証券で投資信託や株式をTポイントで購入できるサービス。

最低100円から、購入金額の全額をTポイントで購入できるので、実質元本ゼロで投資をすることができます。

そのため、Tポイントで投資は投資初心者でもリスクを気にせず、手軽に投資を始められます。

今まで投資を始めるのを諦めていた方は、これを機にTポイントで投資家デビューをしてみませんか?

消費でためたポイントをあなたの将来の資産に変えましょう

その際、この記事が参考になれば幸いです。

 

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*