TRON(トロン)を購入できるおすすめの取引所はココ!買い方まで詳しく解説

Tronの取引所や買い方をお探しですか?

TronはTwitterで話題になりがちな仮想通貨で、取引したいと思っている方も少なくはないと思います。

日本の取引所に上場が期待されていますが、現在国内取引所では扱っていないので、海外取引所を選ばなくてはいけません。

しかし、海外取引所は取引所によって特徴が異なったり、日本人には使いづらいところもあります。

ここでは、Tronのおすすめの取引所を3つのポイントで徹底比較していきます。

<追記>

Tronの取引所は原則として海外の取引所です。

海外取引所の使用は全て自己責任となります。セキュリティや税金の面などを考慮するとあまりオススメはできません。それでもよい方のみトレードしてください。

1.Tronとは?

中国のICOであるTRON(トロン)は「エンターテイメント特化の分散型ストレージプラットフォーム」です。簡単に言うと、世界中の個人クリエイターを支援するプラットフォーム構築を目指しています。

今後クリエイターが増加することもあり、ますます注目される仮想通貨の1つであると言えます。

Tronを購入できる取引所は海外に5カ所以上ありますが、国内にはありません。

結論として、バイナンスがおすすめのTron取引所になります。


Tron取引所の中で、とくに取引高が大きい主要な取引所5つを比較していきます。

対象となる取引所は、次の5つです。

・Bitfinex(ビットフィネックス)
・Binance(バイナンス)
・Cryptopia(クリプトピア)
・Coinnest(コインネスト)
・Bit Z(ビットゼット)

2.Tronが購入できる取引所を比較!

ここでは取引所の違いが分かりやすいように、比較表を作りました。

この表でスペックを比較した結果、もっともおすすめだと言えるのはバイナンスです。「なぜ、そう言えるのか」取引所選びで比較すべき3つのポイントで見ていきましょう。

取引所選びで比較すべき3つのポイント

取引所選びで比較すべき重要なポイントは、次の3つです。

ポイント1.取り扱い通貨、取引ペアが多いので取引しやすい

ポイント2.取引割合が大きく、流動性が高いので安心できる

ポイント3.日本語、アプリが充実していて使いやすい

それぞれ、順番に比較しながら見ていきましょう。

通常、取引所選びには手数料の違いが大切なポイントですが、今回の取引所はあまり差がないので除きます。

国内取引所と比較しても、手数料がかなり安いのが海外取引所の魅力の1つです。

ポイント1.取り扱い通貨、取引ペアが多いので取引しやすい

取引所選びの1つ目のポイントは、取引通貨と取引ペアの豊富さでしょう。

仮想通貨に限らず、日常のショッピングをするときも同じお店でいろいろな商品が買える方が便利ですよね。コンビニとかAmazonのようなイメージです。

さらに、そのお店で購入するときに「日本円現金だけなのか」「それともクレジットカードが使えるのか」「財布に何が入っているのか」によって、交換のために利用したい通貨は異なります。

なので、できるだけみんなが持っていて、手に入れやすい通貨が利用できる通貨であれば便利です。

取引通貨数

各取引所の取引通貨数を比較すると、Cryptopiaが圧倒的に多く、次いでバイナンスとなります。

取引通貨が多ければ、Tronだけでなく他の通貨も一緒に取引できます。複数の取引所を使わずに、ここだけでやりとりできるのは楽ですよね。

取引ペア

Tronの取引に使えるペアは、多くの取引所でBitcoinが主流になっています。しかし、「バイナンス」「Bit Z」「Bitfinex」だと、イーサリアム(ETH)も使えるので非常に便利です。

Bitcoinと比べて、イーサリアムは国内取引所からの送金手数料が安く、送金速度も早いので、「国内取引所→海外取引所」とスムーズなやりとりができます。

一方で、Coinnestは韓国ウォンのみの取り扱いなので、日本人には少々使いづらいかもしれません。

ここのポイントでは、「バイナンス」が最もおすすめといえるでしょう。

ポイント2.取引割合が大きく、流動性が高いので安心できる

仮想通貨の取引は、買いたいとき、売りたいときに自由に取引できるわけではなく、必ず相手がいないと成り立ちません。Tronを買いたいときは売ってくれる人、売りたいときには買ってくれる人がいないといけないので、取引割合の高さが大切です。

また、単純に世界中の人が使っているか、世界に10人しか使ってないのであれば、大勢が使っている方が安心できますよね。逆にあまり使われていない取引所は「何かよくない部分があるのかな?」と疑ってしまいます。

取引割合はバイナンスが世界中の半数を占めており、ついでCoinnestが並びます。

わずか5%しか取引されていないBit ZやBitfinexなどではなく、無難にバイナンスCoinnestを使った方が安心できますし、取引は成立しやすいと言えるでしょう。

ポイント3.日本語、アプリが充実していて使いやすい

取引所を選ぶときに日本語対応しているのか、そしてアプリがあるのかも重要なポイントです。

日本語が対応しているか

仮想通貨取引では、普段使わない英語が使われることが頻繁にあります。英語の意味を誤認識してしまうと、取引を間違って損失を生むこともあります。

そのようなトラブルに巻き込まれないように、日本語対応している取引所の方が安心です。

アプリがあるか

アプリがあると便利なのが、突然の値動きの際に対応できることです。

例えば、移動中にふとTronが暴落しているのを見たときに「買いどきだ!」「売りどきだ!」と思っても、アプリがなければわざわざブラウザを開いて取引しないといけません。そんなときに限って値動きのスピードが早く、取引画面を開いたときにはもう「タイミングを逃してしまった」なんてことがあります。

取引所の中で日本語が使えるのはバイナンスだけ。さらに、アプリが充実しているのはバイナンス、Bit Z、Bitfinexになります。

ここのポイントで見ても、バイナンスがおすすめの取引所と言えるでしょう。

3. 結論!Tronの取引は断然バイナンスがおすすめ

Tronを購入するなら、バイナンスがおすすめです。

取引高が世界で一番多く、日本語やアプリ対応など、総体的に見てもバイナンスだと言えるでしょう。

取引割合2位のCoinnestは取引ペアが韓国ウォンのみなので取引しにくい、その他の取引所は取引割合が少ないのでおすすめできません。

4.バイナンスをもっともお得に契約する方法 

バイナンスは2017年1月にリリースしてから、急速に取引量、登録者を増やしている仮想通貨取引所です。主要な仮想通貨ならほとんどバイナンスで購入できるので、お早めに登録を済ませておきましょう。

バイナンスは世界最大の取引所です。

IOTAのようなすでに時価総額が高い通貨だけでなく、今後ポテンシャルのある通貨も扱っているのでできるだけ早く登録しましょう。

登録はバイナンスの公式サイトから簡単できます。迷うことはあまりないと思いますが、詳しい登録方法は、『仮想通貨取引はここで決まり!バイナンスをおすすめする3つの理由』の記事で解説しているので参考にしてください。

5.Tronをバイナンスで購入する方法

バイナンスからTronを購入する方法をご説明します。

Step1:Tron取引所に移動する

Tron取引所に移動するには、URLから選択します。下記のように、XRPをイーサリアムで購入する場合は、XRP_ETHとしましょう。

Tronの場合は、TRX_ETHとすれば取引所へ移動します。

Step2:取引を行う

購入する場合

通貨を購入する場合は、まず①に「購入価格」、②に「購入したい数量」を打ち込みます。

その際に、①の購入価格は「現在の相場」や実際に売りに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定しましょう。

ちなみに、海外の取引所では日本円で仮想通貨が買えません。なので、日本の取引所で買った仮想通貨を海外の取引所に送る必要があります。国内取引所としておすすめなのは、Zaifかビットバンクです。詳しくは、『仮想通貨の取引所を比較してわかった1番のおすすめはコレだ!』の記事をご覧ください。

売却する場合

通貨を売却する場合は、まず③に「売却価格」、②に「売却したい数量」を打ち込みます。

その際に、③の売却価格は「現在の相場」や実際に買いに出されている価格、過去成約した価格などを参考に設定しましょう。

取引所の下の画面に、24時間以内の取引履歴が表示されます。

ここの取引状態が「Filled」「成約」となっていれば取引完了です。逆に、現在の依頼に残っている状態は取引待ちなので、待ち続けるか取引価格を変更するなど行います。

Step3:取引が終了したら安全なウォレットに移そう

取引が終わればそのまま放置しておくのではなく、必ずに安全なウォレットに移しましょう。

仮想通貨のウォレットを選びで失敗しないために知っておくべき全知識」の記事では、安全に資産を管理する方法についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

Tronを購入できる取引所は海外にいくつもありますが、比較した結果断然バイナンスと言えるでしょう。

他の通貨であれば、おすすめの取引所に悩むことがありますが、Tronに限っては一目瞭然で誰にとっても使いやすい取引所であると言えます。

また、バイナンスは近日日本へ進出してくるというウワサもあるので、今のうちに取引を開始しておきましょう!

  

マネとも公式SNSもやっています

コメント

     

    コメントはこちらからどうぞ!

    *