仮想通貨のウォレット選びで失敗しないために知っておくべき全知識

仮想通貨のウォレットについてお調べですか?

仮想通貨を始める人が最初に決めるべきなのは、「購入した仮想通貨をどこに保存するか」を決めることです。大切な資産である仮想通貨を安全に保管して、かつ使い勝手に良いウォレットはどれなのでしょうか?

たくさん種類があるウォレットの中から、あなたにとって一番良いものを見つけてみましょう。

1.仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨(暗号通貨)の「財布」や「銀行口座」のことです。

現金の場合は財布に入れたり、銀行の口座に預けますよね。では、実体のない仮想通貨は、どのように預けるのでしょうか?

答えは「仮想通貨アドレス」と「秘密鍵」の2つを保管します。

 

仮想通貨アドレス」は、1つ1つのウォレットを区別するための「口座番号」のこと。「秘密鍵」は、ウォレットに暗号通貨を入出金(送金・受け取り)するのに必要な「暗証番号」と理解すれば、分かりやすいでしょう。

この仮想通貨アドレスと秘密鍵を「どこに保管するか」によって、ウォレットの種類が異なります。

2.ウォレット4つの種類

一般的に利用されている仮想通貨のウォレットは、次の4つの種類です。ここでは、特徴が分かりやすいように比較表を作りました。

初心者におすすめなのは「オンラインウォレット」です。

ここからは、ウォレットの特徴をそれぞれ解説していきます。

2-1.オンラインウォレット

オンラインウォレットは、「秘密鍵」をインターネットのサーバー上に保管します。オンラインウォレットは大きく分けて2つありますが、とくにおすすめなのは「取引所内のオンラインウォレット」です。

(1)取引所内のオンラインウォレット

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、取引所にて購入することが多いです。取引所で購入した通貨は、そのまま取引所内で保管してくれます。

日本最大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、Coincheck(コインチェック)でも、もちろん取引所内でウォレットを作成できます。

しかし、コインチェック取引所内のウォレットがハッキングされたこともあり、取引所内のウォレットはおすすめできません。

驚愕!コインチェックが460億円分のNEMを補償!事件の原因とウォレットの重要性!

(2)保管専用のオンラインウォレット

保管専用のオンラインウォレットは、取引所ではなく、単なるウォレットです。そのため、ユーザーは自分の所有する仮想通貨を安全に保管できる可能性があります。

最も人気なウォレットがBlockchainです。日本語対応もできるので、日本人の多くが利用しています。また、秘密鍵はユーザーが自分で管理するため、安全性に優れている点が評価されています。

どちらもオンライン上にあるため、さまざまなデバイスで利用できたり、PCやスマートフォンが故障しても仮想通貨を失うことはありません。

開設や管理も手軽にできるため、初心者にもっともおすすめのウォレットです。

メリット

  • 取引所との連携が高いため、仮想通貨売買から保管までが楽
  • オンラインなので、さまざまなデバイスで利用できる
  • 口座開設や設定が楽
  • PCやデバイスが壊れたり、紛失しても問題がない

デメリット

  • ハッキングや、不正取引の被害にあう可能性がある
  • 取引所やサービス会社が潰れたときは仮想通貨がなくなる可能性がある            (※マウントゴックス取引所の内部不正取引など)
  • パスワードの紛失など安全面に不安あり

セキュリティ対策は万全にしておきましょう。外部からのハッキングはかなりのリスクなので、ウィルス対策が行われているPCを使うことをオススメします。また、公共のWi-Fiを使用するときも、注意が必要です。 

2-2.ローカルウォレット

ローカルウォレットは、自分が所有するデバイスに保管する方法です。例えば、PC上に保管するデスクトップウォレットや、スマートフォンに保管するモバイルウォレットなどがあります。

これらはサービスを提供しているアプリをダウンロードして、アプリで保管します。

ローカルウォレットの保管の仕組みには、ブロックチェーンすべてを保管する「完全版」と一部のみを保管する「簡易版」があります。

「完全版」をダウンロードできるサービスでは、Bit coreというサービスが有名です。「簡易版」ですと、Copay(コペイ)やAirbitz(エアービッツ)といったサービスがあります。

メリット

  • 取引所やサービス提供企業の倒産による影響はない
  • インターネットにつながなくても使用できる
  • 自分で管理するので、オンラインウォレットと比較して安全性が高い

デメリット

  • 完全版の場合、ダウンロードに数十時間、数十GBの容量を使用する可能性がある
  • 使用デバイス(PCやモバイル)が壊れた場合、仮想通貨を失う可能性が高い
  • スマホやPCの紛失
  • パスワードを忘れたときは、再発行できずに二度と取り出すことができなくなる                               (オンラインウォレットの場合は、提供企業が再発行してくれることがある)

オンラインでなくとも、セキュリティ管理は細心の注意が必要です。とくに、インターネットにつないでいる場合はウィルス感染する可能性があるので、対策はしっかりとしなければいけません。また、いくらセキュリティ対策を万全にしても、PCやスマホなどのデバイスを失っては、元も子もありません。

さらに、オンラインウォレットは忘れても再発行してくれますが、ローカルウォレットはパスワードを忘れてしまうと二度と取り出せなくなります。

2-3.ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは「秘密鍵」を電子データにした後、「紙」に印刷して保管します。ウェブ上やデバイス上にダウンロードすることはありません。まるで本物の貨幣のようなイメージですが、紙にQRコードを印刷して保管します。

ペーパーウォレットにも、サービスを提供している団体があります。最大手はbitaddress.orgが提供しているペーパーウォレットです。

メリット

  • オンラインやPCデバイスと比べてセキュリティが高い
  • 取引所やサービス提供企業の倒産による影響はない

デメリット

  • 通常の紙幣と同様に、火災や紛失の恐れがある
  • 紙が劣化した場合、QRコードが読み取れなくなり、使用できない場合がある
  • 残高確認が面倒になる
  • 印刷する作業が手間になる

 

通常の紙幣と同等に考えてもらって良いので、紛失や盗難されない場所に保管することが重要です。火災などの災害や、紙自体が劣化しないように丁重に扱いましょう。

2-4.ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、PCやスマホ、ウェブ上ではなく、専用のデバイスに保管する方法です。イメージとしては、USBメモリや外付けハードディスク内に保管します。

有名なハードウェアウォレットはTREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャー・ナノ)、KeepKey(キープキー)などがあげられます。

メリット

  • 取引所やサービス提供企業の倒産による影響はない
  • オフラインで管理できる
  • ハッキングの恐れが少ない
  • PCがウィルス感染してもハードウェア自体が侵される恐れがないため、安全性が高い

デメリット

  • 購入費用が高い
  • 紛失や破損の恐れがある
  • 破損し、リカバリーできても、修復に時間がかかる

デバイス自体が壊れたり紛失すると、コインを失ってしまう可能性があります。そのため、取り扱いには細心の注意を払いましょう。

2-5.初心者にはオンラインウォレットがおすすめ

安全面と利便性という観点で考えた場合、初心者にオススメのウォレットはオンラインウォレットです。

ペーパーウォレットは印刷や紙自体のコストがかかります。また、ハードウェアウォレットは購入価額が高いからです。ローカルウォレットは便利ですが、セキュリティ対策が不十分な場合があります。

その点オンラインウォレットは、ある程度信用性の高いオンラインウォレットサービスであり、少額取引であれば、利便性で最も優れているといえるでしょう。

ただし、取引価格が100万円以上高額になってくると、安全性が高い「ハードウォレット」を使うと良いでしょう。

3.初心者におすすめのウォレット3選

初心者にオススメのウォレットを3つご紹介します。

基本的に、どのウォレットもビットコインを扱うことができるものです。とくに、ビットコインから取引を始める方々は必見です!

3-1.Blockchain(オンラインウォレット)

Blockchainは、取引所とは別に保管専門のオンラインウォレットです。日本語対応で日本人が多く利用しているだけでなく、ビットコイン、イーサリアムを購入したい場合は、Blockchainが提携している取引所と簡単に取引ができます。

バックアップはBlockchainですが、秘密鍵は自分で管理するので、安全面としてはセキュリティが優れていると言われています。

3-2.Copay(コペイ)(ローカルウォレット)

ローカルウォレットの中でおすすめなのが、Copayです。まずCopeyの特徴として、日本語での利用が可能である「簡易版のローカルウォレット」になります。値段は無料であり、アプリもあるので、モバイル、デスクトップ両方で使用できます。

共有ウォレットが利用できるので、家族間や企業内といったグループでも、同じウォレットで管理ができます。

3-3.bitaddress.org(ペーパーウォレット)

ペーパーウォレットの最大手は、やはりbitaddress.orgになります。ペーパーウォレットの特色上高額の取引を行う場合は、bitaddress.orgがオススメです。

bitaddress.orgでは12カ国語に対応でき、日本語も使えます。ウォレットはデスクトップ上で作成し、秘密鍵は自分で管理できるので、安全面にも優れています。

まとめ

仮想通貨を始めるには、まずウォレットを持たなくてはいけません

少額取引や、初心者の人には管理専用の「Blockchain」がオススメになります。

いずれ仮想通貨を高額取引する場合などに備えて、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットを利用することは大切ですが、取引価格よりもハードウェアの購入価格が高くなるなど、元も子もないことにならないように気をつけましょう。

いずれにしろ、仮想通貨の管理リスクは仮想通貨上における4大リスクの一つに数えられるます。管理には細心の注意を払いましょう。

  

マネとも公式SNSもやっています

コメント

     

    コメントはこちらからどうぞ!

    *