暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨(暗号資産)のウォレット選びで失敗しないために知っておくべき全知識

仮想通貨(暗号資産)のウォレットについてお調べですか?

仮想通貨を始める人が最初に決めるべきなのは、「購入した仮想通貨をどこに保存するか」を決めることです。基本的に、ほとんどの方は仮想通貨を取引所に預けたままにしていると思いますが、取引所はハッカーから絶えずハッキング攻撃を受けており、必ずしも安心とは言えません。

そこでオススメするのは、資産の一部をウォレットに預けておき、リスクの分散を行う方法です。

さて、大切な資産である仮想通貨を安全に保管して、かつ使い勝手の良いウォレットはどれなのでしょうか?

たくさん種類があるウォレットの中から、あなたにとって一番良いものを見つけてみましょう。

スポンサーリンク

1.仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨(暗号資産)の財布」のことです。

要するに、仮想通貨を保管しておいたり、使ったりするときに利用するものです。

現金の場合は財布に入れて使ったりしますよね。

ところで、実体のない仮想通貨は、どのようにウォレットに預けるのでしょうか?

答えは「仮想通貨アドレス」と「秘密鍵」の2つを利用して保管します。

 

仮想通貨アドレス」は、1つ1つのウォレットを区別するための「口座番号」のようなもの。「秘密鍵」は、ウォレットに暗号通貨を入出金(送金・受け取り)するのに必要な「パスワード」と理解すれば、分かりやすいでしょう。

ちなみに口座番号までなら他人に教えても問題ないですが、パスワードは絶対に教えないですよね?

仮想通貨におけるウォレットも同じです。仮想通貨アドレスは他人が知ってもそれほど問題はありませんが、秘密鍵は絶対に知られてはいけません。この点だけは絶対に忘れないでくださいね。

さて、ここからはウォレットの種類について解説します。

ウォレットの種類はこの仮想通貨アドレスと秘密鍵を「どこに保管するか」によって変わります。

2.ウォレットで理解したい5つの種類

一般的に利用されている仮想通貨のウォレットは、次の5つの種類です。ここでは、特徴が分かりやすいように比較表を作りました。

 取引所のウォレットWebウォレットクライアント型ウォレットペーパーウォレットハードウェアウォレット
安全性
(懸念点)
・取引所依存リスク・フィッシングリスク
・秘密鍵の流出リスク
・秘密鍵の流出リスク

・火災や紛失リスク

・ウイルス感染リスク
・紛失や故障リスク

利便性

・取引所と連携

・Web上のアプリケーションにすぐアクセスができる・Web上のアプリケーションにすぐアクセスができる・印刷やメモが必要
・残高確認が面倒
・様々なデバイスにつないで活用
コスト・送信手数料が高い・送信時にトランザクションフィーがかかる場合がある・ダウンロードが必要 ・高い

初心者におすすめなのは「クライアント型ウォレット」です。

ここからは、ウォレットの特徴をそれぞれ解説していきます。

2-1.取引所のウォレット

取引所のウォレットは、「秘密鍵」をインターネットのサーバー上に保管します。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、取引所にて購入することが多いです。取引所で購入した通貨は、そのまま取引所内で保管してくれます。

日本最大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)でも、もちろん取引所内でウォレットを作成できます。

しかし、コインチェック取引所内のウォレットがハッキングされたこともあり、取引所内のウォレットはあまりおすすめできません。補償も今後必ずされるとは限りませんので、自己管理が大事です。

驚愕!コインチェックが460億円分のNEMを補償!事件の原因とウォレットの重要性!

 

メリット

  • 取引所との連携が高いため、仮想通貨売買から保管までが楽
  • 口座開設や設定が楽
  • PCやデバイスが壊れたり、紛失しても問題がない

デメリット

  • ハッキングや、不正取引の被害にあう可能性がある
  • 取引所やサービス会社が潰れたときは仮想通貨がなくなる可能性がある            (※マウントゴックス取引所の内部不正取引など)

セキュリティ対策は万全にしておきましょう。外部からのハッキングはかなりのリスクなので、ウィルス対策が行われているPCを使うことをオススメします。また、公共のWi-Fiを使用するときも、注意が必要です。 

2-2.  Webウォレット

Webウォレットとはそのなの通りウェブ上のアプリケーションにあなたの仮想通貨を保存するウォレットです。web上のアプリに保管するので、気軽に他のサイト等で仮想通貨を使うことができ、利便性に優れています。

しかしながら、偽サイトのフィッシング詐欺などのリスクがあり利用には注意が必要です。そのため、高額の保存には向かないでしょう。

メリット

  • 秘密鍵かパスフレーズで復元可能
  • 簡単にweb上のアプリケーションにアクセスできる
  • 自分で管理するので、取引所のウォレットと比較して安全性が高い

デメリット

  • 管理は自己責任
  • インターネットに繋がってないと閲覧できない
  • フィッシング詐欺リスク

2-3. クライアント型ウォレット

クライアント型ウォレットは、自分が所有するデバイスに保管する方法です。例えば、PC上に保管するデスクトップウォレットや、スマートフォンに保管するモバイルウォレットなどがあります。

これらはサービスを提供しているアプリをダウンロードして、アプリで保管します。

秘密鍵を個人の端末で管理するので、非常にセキュリティが高いのが特徴です。

メリット

  • 秘密鍵かパスフレーズで復元可能
  • インターネットにつながなくても保管できる
  • アプリから様々なアプリケーションにアクセスして仮想通貨を利用できる
  • 自分で管理するので、取引所のウォレットと比較して安全性が高い

デメリット

  • 管理は自己責任
  • ダウンロードに時間と容量を使用する
  • 使用デバイス(PCやモバイル)が壊れた場合、仮想通貨を失うことがある
  • スマホやPCの紛失リスク

セキュリティは確かに高いですが、PCやスマホなどのデバイスの紛失リスクがあります。

紛失時でも秘密鍵かパスフレーズと飛ばれる暗号をしっかりを保管しておけば、復元は可能です。

2-4.ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは「秘密鍵」を電子データにした後、「紙」に印刷して保管します。ウェブ上やデバイス上にダウンロードすることはありません。まるで本物の貨幣のようなイメージですが、紙にQRコードを印刷して保管します。

メリット

  • アナログ管理なのでセキュリティが高い
  • 取引所やサービス提供企業の倒産による影響はない

デメリット

  • 通常の紙幣と同様に、火災や紛失の恐れがある
  • 紙が劣化した場合、QRコードが読み取れなくなり、使用できない場合がある
  • 残高確認が面倒

通常の紙幣と同等に考えてもらって良いので、紛失や盗難されない場所に保管することが重要です。火災などの災害や、紙自体が劣化しないように丁重に扱いましょう。

2-5.ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、PCやスマホ、ウェブ上ではなく、専用のデバイスに保管する方法です。イメージとしては、USBメモリや外付けハードディスク内に保管します。

有名なハードウェアウォレットはTREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャー・ナノ)、KeepKey(キープキー)などがあげられます。

メリット

  • オフラインで管理できる
  • ハッキングの恐れが少ない
  • PCがウィルス感染してもハードウェア自体が侵される恐れがないため、安全性が高い

デメリット

  • 購入費用が高い
  • 紛失や破損の恐れがある
  • 破損し、リカバリーできても、修復に時間がかかる

デバイス自体が壊れたり紛失すると、コインを失ってしまう可能性があります。そのため、取り扱いには細心の注意を払いましょう。

3.  初心者にはクライアント型ウォレットがおすすめ

安全面と利便性という観点で考えた場合、初心者にオススメのウォレットはクライアント型ウォレットです。

ペーパーウォレットは印刷や紙自体のコストがかかります。また、ハードウェアウォレットは購入価額が高いからです。Webウォレットは便利ですが、セキュリティ対策が不十分な場合があります。

その点クライアント型ウォレットは、デバイス自身で秘密鍵を管理し、他人に知られな限りは安全です。特にモバイル端末に仮想通貨を保管しておけば、残高参照や少額取引ですぐに活用できるので利便性でも優れています

まとめ

仮想通貨を始めるには、まずウォレットを持たなくてはいけません

少額取引や、初心者の人には、PCやスマホにダウンロードして扱う「クライアント型ウォレット」がオススメになります。

いずれ仮想通貨を高額取引する場合などに備えて、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットを利用することは大切ですが、取引価格よりもハードウェアの購入価格が高くなるなど、元も子もないことにならないように気をつけましょう。

いずれにしろ、仮想通貨の管理リスクは仮想通貨上における4大リスクの一つに数えられるます。管理には細心の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

  • マネとも!ってどんなサイト?

マネとも!

Our Vision「人生を豊かにする手伝いを〜Enrich Lives〜」/ マネとも!は、読者様がお金に心配せず、自分らしく生きていけるように、事業者様からもヒアリングをしながら、本当におすすめできるプロダクトのみをご紹介するサイトです。

-暗号資産(仮想通貨)

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.