事業者が直接読者にご紹介!ロボアドバイザー「ウェルスナビ」とは?想いまで伝えます!

お任せで投資ができると評判のウェルスナビ(WealthNavi)をこれから利用しようと検討しているところでしょうか?

自分の大切な資産を預けるのですから、しっかり納得して利用したいですよね?

そこで、読者の皆様のために、ウェルスナビ株式会社に出向き、リサーチ&クオンツの吉江雅史さんにロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」についての取材を行い、実際のサービス概要について語っていただきました

これからウェルスナビ(WealthNavi)の利用を検討されている方は、実際に事業者の方から、話を伺うとより安心できると思いますので、ぜひ参考にしてください。

こちら「実績評判に騙されないで!WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットと3つの注意点」の記事先に読んでおくと、より理解しやすいでしょう。

また、執行役員牛山史朗さんにウェルスナビへの入社意図や目指す世界について対談形式でインタビューしております。こちらもご覧下さい。

【インタビュー】ウェルスナビの陰の立役者、牛山史朗執行役員が語る未来図!

初めに:この記事のポイントまとめ

  1. ウェルスナビは、長期・積立・分散の資産運用を全自動でお任せできるサービス
  2. ウェルスナビ最大のメリットは、本当に大事なことに時間を活用できるようになる点にある!
  3. ウェルスナビを活用する上での4つの大きなメリット
  4. 目指す利回りは、世界の経済成長率+1〜2%
  5. 1%の手数料には為替手数料やスプレッドも込み!今後も、ベストな手数料体系を模索!
  6. 長期割でお客様の長期投資を応援!
  7. 税金の最適化サービス(DeTAX)で、効率の良い資産運用を実現
  8. 万全のセキュリティ体制で、お客様保護を最優先に!
  9. 注意点!短期的なマイナスは失敗だと思わないで欲しい!
  10. 最後に!資産形成をする上での、パートナー、伴奏者として選んでいただきたい

取材を受けてくださった吉江雅史さん

吉江雅史
「少し、私の入社の経緯についてお話ししますと、私は2018年にウェルスナビに入社しました。それまでは運用会社でファンドマネージャー(※1)やプライベートバンク(※2)で富裕層のお客様を中心に投資のアドバイスをしてきて、その中でウェルスナビのサービスがとても良いなと感じていました。ある意味、惚れてこの会社に入ってきた感じです。」

「どこが響いたかといいますと、ウェルスナビはホワイトペーパー(※3)公開していますよね。あのホワイトペーパーが私の入社のきっかけで、こんな素晴らしいサービスを一般の方に透明性高くやっているのか、真っ当なあるべき資産運用の姿がしっかり反映されていてすごいなと。普通の人ならウェルスナビを利用するところで終わるんでしょうけど、私の場合は、本当に惚れて入ってしまったという感じです。」

「今日は、私からサービスのところをお話させていただければと思います。」

(※1)ファンドマネージャーとは・・・金融資産を運用する専門家のこと。一般的には、投資信託会社や信託銀行、保険会社などに所属し、投資家から集めた資金を運用しています。
(※2)プライベートバンクとは・・・金融機関によって提供される、一般的に富裕層を対象にした総合的な資産管理を行う金融サービスのこと。
(※3)ホワイトペーパーとは・・・企業が、世間に対して一般公開を行っている、自社の技術や商品の利点や長所をアピールする記載がなされている資料のこと。

1. ウェルスナビは、長期・積立・分散の資産運用を全自動でお任せできるサービス

「ウェルスナビは、長期・積立・分散の資産運用(※4)を全自動でお任せできる資産運用サービスです。」

長期・積立・分散投資はリスクを抑えながら、長期的に資産形成をしていくのに有効な方法で、世界の機関投資家プロや海外の富裕層も実践している運用方法です。資産運用の王道とも言われています。ウェルスナビはこの長期・積立・分散の資産運用を全自動で行なってくれるサービスです。」

「加えて、ウェルスナビはスマホだけで資産運用の全てができてしまいます。使いやすさ、便利さ、ユーザー目線にとことんこだわり抜いたサービス設計をしています。」

(※4)長期・積立・分散の資産運用とは・・・近年、急速に普及し始めた、金融庁も推奨している長期の資産形成に適した資産運用方法のこと。

どのような方に適したサービスなのでしょうか?

「ウェルスナビは、どなたにでも使っていただけるサービスです。知識やスキルが十分でない方や、自分自身で資産運用に取り組む時間がない方など。」

「さらに、資産運用よりもっと大事なことがありますよね。その人の本業だったり、ご家族だったり、恋人との時間であったりです。」

投資は我々にお任せして、本当に大事にしたいことに専念したり、投資が好きな方がいた場合には、コアとなる資産運用(※5)は我々に任せていただいて、それ以外の応援したいとか、楽しめる部分は自分でやっていただくのも良いと考えています。」

「手軽にリスクを抑えた分散投資(※6)を行いたいという方にも適していると思います。」

(※5)コアとなる資産運用・・・文字通り、コア=核となる資産運用のこと。よく、サテライト投資と言われる攻めの投資と対比で表現される。コアな資産運用で、資産をしっかり守りましょうというニュアンスの時に使われる。
(※6)分散投資とは・・・資産を複数の金融資産に分散し、ある特定銘柄の値下がりリスクを軽減する投資手法。ウェルスナビでは、6-7つの海外ETFという金融商品に分散投資を行い、世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資を行っています。

2. ウェルスナビ最大のメリットは、本当に大事なことに時間を活用できるようになる点!

「ウェルスナビを活用する一番のメリットは、全自動でお任せできるというところから考えて、投資をご自分でやられていたら当然手間暇かかるので、そこから解放されるということだと考えています。」

「そこで、空いた時間やエネルギーをお客様が使いたいように使うことができます。お仕事やご家族との時間を含めてですね。ウェルスナビで、資産運用のストレスや不安から解放されて、時間やエネルギーを別のものに振り向けて行けるようになるという点が最大のメリットだと考えています。」

3. ウェルスナビを活用する上での4つの大きなメリット!

「一番のメリットは、資産運用に関する手間暇から解放されて、他のことにエネルギーを振り向けられる点だと考えていますが、他にも押したいポイントがあります。」

「今回はこれを4つのポイントに絞ってご紹介させていただきたいと思います。」

(1)高度な資産運用

「まずは、高度な資産運用です。」

「私たちの投資は、ノーベル賞受賞者の理論に基づいたアルゴリズムで効率的に分散投資ができますよというものです。プロの方も使っている投資手法だという点がポイントですね。非常にレベルの高いことやっていますという点です。」

(2)始めやすさ

「2つ目は、始めやすさ。」

「やろうと思った時にすぐできるようにしています。6つの質問に答えるだけで、あなたに最適なポートフォリオ(※7)が導き出され、誰でも簡単に資産運用を始められます。」

「お客様がやろうと思った時に、手続きが複雑だったり説明がわかりにくなど、その都度、障害っていっぱいありますよね。我々は、6つの質問で簡単に誰でもできるようにそこのハードルを下げているのが特徴です。」

(※7)ポートフォリオ・・・株式50%、債券50%など、どの資産にどれくらいの比率で投資するかを決めた資産配分のこと。一般的に、個人に最適な資産配分は、個人の年齢やリスクに対する許容度などによって異なる。

(3)多彩な機能

「3つ目は、多彩な機能ですね。」

運用を開始した後も色々と必要なことがあります。リバランス(※8)であったり、自動積立であったり、分配金(※9)の再投資であったりと、これもまとめて自動なのがポイントです。」

「後でご説明しますが、手数料の割引サービスや税金の最適化機能も、多彩な機能という面では、特徴の1つに挙げられますね。」

(※8)リバランスとは・・・株式50%、債券50%など、予め決めた比率で複数の資産に分散投資を行う運用において、定期的にその資産の評価額の上下によって生じるズレを修正する手法のこと。
(※9)分配金とは・・・投資信託の分配可能原資とよばれる資金の中から、決算の後に、投資家に支払われるお金のことです。一般的には、効率的な資産運用においては、この分配金を再投資するのが良いと言われている。

(4)透明性の高さ

「あとは、透明性が高いという点ですね。」

「ウェルスナビでやっていることは、外からガラス張りになっていて、誰でも全てわかります。資産運用アルゴリズムの公開や手数料の体系についても非常にクリアです。」

「例えば、先ほどの、6つの質問から導き出されるポートフォリオについてのどのように導き出されるの?という心配もあるかと思いますが、ここも仕組みをホワイトペーパーでしっかり記載しています。透明性高く、お客さんにわかりやすいサービスというところも特徴の1つだと思います。」

4. 目指す利回りは、世界の経済成長率+1〜2%

「前提として、利回りについては、とても注目されるのはわかっているのですが、ウェルスナビで行なっている運用は世界全体に投資して、そこで行われている経済活動から得られる利益を自分のポートフォリオに取り込むという資産運用なんですね。なので、利回りという点においては基本的にベンチマークになるものはないんです。」

「では、具体的に儲かるの?となるかもしれませんが、世界全体に投資しているので、長期で見れば世界の経済成長率を1%から2%ほど上回ることができるもの。これが私たちの投資におけるリターンという風に考えています。例えば、年間の経済成長率が3%なら、4〜5%が期待リターンとなります。」

「根拠となる理論としては、フランスの経済学者トマ・ピケティ(※10)が「21世紀の資本」の中で、資本家にとってリスクをとって投資をするというのは、実際の経済活動、経済成長より1%から2%ほどプラスになるとおしゃっています。投資家はリスクをとって投資をしますから、その対価として、経済成長率を上回るリターンを得られるという考えです。」

(※10)トマ・ピケティ・・・フランスの経済学者で経済的不平等の専門家である。著書「21世紀の資本」は、700ページ以上の経済書にも関わらず大ベストセラーとなり、世界的に高い評価を受けた。

5. 1%の手数料にはETFと為替の取引手数料も込み!今後も、ベストな手数料体系を模索!

「手数料についても、とても注目されるところだと思っています。」

「まず、預かり資産残高の1%という手数料の中には、海外ETF(※11)と為替の取引手数料なども含まれています。この表はウェブサイトに掲載していますが、入出金や積立、リバランスなども手数料はかかりません。」

「もちろん機能面でも高いレベルものを提供していますし、手数料に見合ったものを提供しているという思いでやっています。資産運用にかけていた時間から解放されるというのも価値に含まれると思います。」

「他にも、ポートフォリオの状況を1年に1回変えたり、口座状況も半年に一度リバランス行い、積立で最適な比率に近づける積立リバランスという機能などもございます。これらの資産運用をご自身でやろうと思うとかなり難しいと思います。」

「このようなメリットを踏まえていただき、最後はお客様にご判断いただければと思っています。」

「ただ、現状は1%としてますが、未来永劫これでいきますというわけではありません。その時、その時で、ベストな手数料体系を考える必要がある思っています。資産運用サービスというのは残高が増えていけばコスト効率も変わってきます。ウェルスナビは、長期投資のサービスですので長期的にサービスを提供する義務もあります。その辺りを含め、色々なことを考えながら、ベストな手数料体系を常に模索していきたいと考えています。」

(※11)海外ETF・・・海外の証券取引所に上場されている投資信託のこと。ETF市場の発達した米国には、資産規模が大きく、流動性の高い、低コストの銘柄が数多く上場されている。

6. 長期割でお客様の長期投資を応援!

「長期割というサービスについてご紹介します。」

「長期割によって続けられた期間と金額によって最大0.9%(年率)まだ段階的に割引することができます。想いとしては、我々は、金融商品を売ったらお終いではなく、ウェルスナビを使い続けていただいて、お客様の長期投資をしっかりサポート、応援したいと考えています。」

「ただ、注意点としては、直接ウェルスナビでご契約された方のみが長期割の対象ですので、そこはご留意いただきたいと思います。」

※提携パートナーの話

7. 税金の最適化サービス(DeTAX)で、効率の良い資産運用を実現

「そもそもの大前提として、効率的な資産運用をするとなった時、税金のことを考えることは、資産運用において重要なことです。」

「資産運用においては、元本をできるだけ減らさないことが大事ですので、課税の対象を将来に繰り延べることで運用元本を減らさないで運用できるというのがDeTAXの機能です。」

「一年や二年ではその差というのは感じにくいものなのですが、20年、30年と長期の運用を私たちは考えていますので、複利の効果が出ることによって、長期的に大きな差が出てくるのかなと考えています。」

「もちろん必ず繰り延べるられるというものではないので、付加的な要素でこういった機能がありますという感じに捉えていただければと思っています」

8. 万全のセキュリティ体制で、お客様保護を最優先に!

「まず、ウェルスナビのサービスは、PCやスマホを通じてご提供しているため、システム面でのセキュリティに関しては、特に万全を期しています。例えば、ログイン時には二段階認証(※12)を採用して、不正ログインのリスクを低減させています。」

「また、ウェルスナビの破綻を気にされる方もいらっしゃると思いますが、法令を遵守し、証券会社に義務づけられている分別管理や投資者保護基金への加入により、万一、ウェルスナビが経営破綻しても、お客様からお預かりした資産を守るための仕組みが整っています。」

「今後とも、セキュリティについては、引き続き徹底していきますので、そこは我々をぜひ信頼していただければと思います。」

(※12)二段階認証とは・・・ID/パスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組み

9. 注意点!短期的なマイナスは失敗だと思わないで欲しい!

「まず、ウェルスナビは投資である以上、元本保証の商品ではありません。しかし、投資の世界にはリスクをとるからリターンを得られるという原則があります。短期的にはマイナスになることはあっても、そのリスクがあるから銀行などの元本保証の商品より期待できるリターンが高くなります。」

「また、特に注意していただきたい点ですが、イナスのリターンになった時それが失敗だと思いやめてしまうこと、それが一番もったいないことだと思っています。もっと長い目でじっくり資産運用に取り組んでいただきたいと考えています。」

最後に!資産形成をする上での、パートナー、伴奏者として選んでいただきたい。

お客様が将来の資産形成をする上での、パートナー、伴走者としてウェルスナビを選んででいただければと思います。よく我々はコアとサテライトという観点でお話しさせて抱くんですけど、資産運用の真ん中のところをぜひ我々に任せててください。

「長期で安定的な資産運用で増やしていきますという点は我々に任せていただいて、それ以外の点については、私たちも否定しているわけではないので、楽しむとか応援したいとかサテライトの投資については、ご自由にやっていただければと思います。コアな資産運用はどんなものが良いのかという点を考えに考え抜いたものが、私たちのウェルスナビです。」

「個人の資産運用のあるべき姿というのはそれほどブレがないと考えていまして、仕事をして、退職をして、年金で生活するという一生を考えますと、老後をどうするかというのは、大切な問題だと思います。つまり、今働いているうちから備えていきましょうというのが多くの人にとって必要な資産運用だと思います。」

「その前提にたった時に、長期でリスクを抑えながら運用する長期積立分散の資産運用。これが一番良いと。そして、この長期積立分散の資産運用を一番手軽に出来るのがウェルスナビだと自負しています。」

「ぜひ、沢山の方に使っていただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。」

取材まとめ

ウェルスナビ株式会社様に実際に出向き、事業者様からウェルスナビの魅力について伺いました。世論的には、大変便利だけど、手数料が少々高いと言われているロボアドバイザー。

確かに、長所・短所はありますが、資産運用の全てをお任せすることで、お金の心配から解放され、家族や自己投資などの時間に回せるという点を考えると、ロボアドバイザーは仕事が忙しい日本人にとって、最高にマッチした資産形成方法なのではないかと感じました。

全ての働く世代のことを考え、彼らがお金の心配なく、自分らしく生きられるために考え抜かれ設計されたサービス。

あなたもぜひウェルスナビで将来の資産形成を初めてみてはいかがですか?

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*