ウェルスナビ とウェルスナビ forSBI証券の違いはなに?気になるポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェルスナビ for SBI証券についてお調べ中ですね。

さて、あなたはウェルスナビとウェルスナビ for SBI証券の違いやどちらがお得なのか気になっているのではないでしょうか?

ウェルスナビは、数あるロボアドバイザーの中でも人気NO1のサービスです。

しっかりと納得した上で、どちらがいいのか判断したいですよね?

結論から言いますと、ほとんど同じ機能なのですが、少々異なる点もあるのでしっかり押さえておきましょう。

ここでは、ウェルスナビ for SBI証券について徹底解説。この記事を読めばウェルスナビとの違いがわかり、納得してどちらを選択すべきか判断することができます。

ぜひ、参考にしてください。

1.ウェルスナビ for SBI証券とは?

ウェルスナビ  for SBI証券は、ウェルスナビが開発した投資一任運用型のロボアドバイザーをSBI証券でも取引できるサービスです。

最大の特徴は、投資におけるほぼ全てのプロセスを自動化していること。

前提として、ウェルスナビとウェルスナビ  for SBI証券では、使用する上での違いはほとんどありません。ロボアドバイザーの特徴である「自動積立」や「投資対象」などは同じものになっています。

次章では、ほとんど似たものですが、存在している違いについてご説明していきます。

SBI証券の公式サイトは下の画像をクリック↓

2.ウェルスナビ for SBI証券 とウェルスナビの違いは?

ウォルスナビ for SBI証券とウォエルスナビの違いを表にまとめてみました。

違いは主に下記の4つになります。

  1. 最低投資額
  2. 長期割
  3. ログイン方法
  4. 各種サービス

それぞれ、順番に見ていきましょう。

ポイント1. 最低投資額

違いの1つ目が最低投資額です。

最低投資額とは、文字通り最低「いくらから」投資・運用ができるかを表しています。

ウェルスナビは10万円であるのに対して、ウェルスナビ for SBI証券の場合は30万円となっています。

もちろん、これは手数料ではないので、20万円分損をするという事ではありません。

投資ですので、20万円分のリターン・リスクに影響を与える事になるでしょう。

ポイント2. 長期割

長期割とは、資産運用を行う期間が長ければ長いほど、決められた額まで手数料が割引される仕組みになっています。

ウェルスナビでは長期割を行っており、ウェルスナビ for SBI証券では行っていません

長期割を行っているウェルスナビでは、最大0.9%まで手数料が減額されていきます。

ポイント3. ログイン方法

ログイン方法の違いがあります。

通常の「ウェルスナビ」であれば、ウェルスナビ公式HPからのみログインすることができますが、「ウェルスナビ for SBI証券」の場合は、ウェルスナビ公式HP及びSBI証券公式HPからもログインすることができます。

口座開設は、「ウェルスナビ for SBI証券」の場合、「SBI証券」で開設した後に「ウェルスナビ」に登録することとなります。

ポイント4. 各種サービス

「ウェルスナビ」と「ウェルスナビ for SBI証券」では、利用できるサービスに違いがあります。

「マメタス」と「対面コンサル」それぞれのサービスについて見ていきましょう。

マメタス

マメタスはウェルスナビで利用できるサービスで、買い物をしたお釣りで少しづつ資産運用ができるサービスになっています。

このサービスの最大の特徴は、投資や、積立で途中で挫折してしまった人や難しい知識が必要かと尻込みしてしまう人にはおすすめのサービスですね。

対面コンサル

対面コンサルとは、ウェルスナビ for SBI証券を利用しているお客さんが、直接専門家の人と資産運用について相談できるサービスです。

現在のところ、SBIマネープラザ、系ファイナンシャルプランナー会社・ガイアと富山、東京、神戸などで「投資信託相談プラザ」を展開する独立系ファイナンシャルアドバイザー会社・Fanなどが連携しており、コンサルティングしてもらえるらしいです。

「WealthNavi for SBI証券」の対面サービス開始のお知らせ
~ガイア、ウェルスナビとの業務提携により資産運用におけるネットとリアルの融合を促進~

「WealthNavi for SBI証券」の対面サービス提供のお知らせ
~Fan、ウェルスナビとの業務提携により資産運用におけるネットとリアルの融合を促進~

SBI証券・SBIマネープラザ・ウェルスナビの3社連携を開始 
資産運用におけるネットとリアルの融合を推進

3.ウェルスナビ for SBI証券のデメリット

ここは要チェック

上であげたウェルスナビと比べて、ウェルスナビ for SBI証券がデメリットになる点をご説明します。

  1. 始めるには最低30万円必要
  2. 長期割がない
  3. マメタスがない

3-1.始めるには最低30万円必要

ウェルスナビで運用を開始できる最低金額は30万円からです。

ロボアドバイザーの中には、1万円から投資できるTHEOや公式から直接経由で申し込めばウェルスナビでも10万円から投資を開始できるので、最低金額は高めです。

なので、少ない資産で始めていきたい人には少しハードルが高く感じてしまいますね。

3-2.長期割がない

前提として、ロボアドバイザーは長期的な資産形成に適したサービスと言われており、ウェルスナビの長期割はロボアドバイザーの特徴と相性の良いサービスだと言えるでしょう。

1%と0.9%の差はどのくらいかというと、100万円を投資に運用している場合1%であれば10,000円ですが、0.9%であれば9,000円とおよそ1,000円差があることになります。

この額が大した事ないのか、大切なのかは人によりますが、どうせならお得な方がいいでしょう。

3-3.マメタスがない

マメタスはお買い物で余ったお金を有効活用することで少額から簡単に投資に回す事ができることから、投資というハードルが高いと感じる人にとっては非常に良いサービスだといえます。

なので、マメタスがない事も1つのデメリットだと言えるでしょう。

4.ウェルスナビ for SBI証券の評判は?

ウェルスナビ for SBI証券の口コミ・評判ですがあまり良い口コミが見つかりませんでした。

悪い口コミとしては、ウェルスナビと比較して「長期割がないこと」「30万円が最低投資額」「マメタス」がないことなどが挙げられています。

長期割がない

最低投資額が30万円必要である

あら・・・これSBI証券の方でウェルスナビ始めたら30万必要なのか?

— 狐姫@エンプラ提督/艦N/アズレン (@9jgcp61) 2017年11月15日

マメタスが使えない事

次はマメタス for SBI証券が始まるのを期待!ウェルスナビさんお待ちしております。#マメタス #WealthNavi #SBI証券 #ウェルスナビ pic.twitter.com/kXgKYYLCCC

— mttdsk (@mttdsk) 2018年1月22日

口コミから判断すると「ウェルスナビ for SBI」よりも「ウェルスナビ」の方が評判が良いようです。

 

5.ウェルスナビ for SBI証券 はこんな人にオススメ

こんな人にオススメ!

ウェルスナビ for SBIは次のような人におすすめです。

  • ロボアドバイザーで30万円以上運用する予定である。
  • ある程度投資の経験もあるが、資産運用についてプロのコンサルタントに相談をしてみたい。

その理由としては、ウェルスナビ for SBIでは、投資最低額が30万円であることや、マメタスがない事からあまり初心者や資産を持っていない人には向いていないこと。

そして、実際にSBI証券との連携などで専門家に対面で資産運用の相談を受けるというサービスがあるからです。

逆に、投資初心者で投資できる金額も10万円程度が良い人は「ウェルスナビ」を使う事がおすすめだといえるでしょう。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

6.ウェルナビ for SBIを契約する前に知っておくべき3つのこと

ウェルスナビ for SBIで実際に資産運用を行う前に知っておいた方がいい事を紹介します。

知ってるか知らないかで将来の資産額に影響が出るかもしれません。

順に見ていきましょう!

6-1.投資で絶対に資産が増えるとは思わないように!

投資には常に元本割れ(損益が出る)リスクがあります。

いくらウェルスナビ for SBIが優秀なロボアドバイザーだと言っても、将来の相場状況によっては資産が減ってしまうことあります。

しかし、長期積立投資を行うことによってこの元本割れリスクを軽減することができます。

(引用:ウェルスナビ公式サイト

上記は「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

短期的にはマイナスもありますが、長期的には金融危機を経験しても運用成績がプラスとなっています。

元本割れを防ぎたいときは長期的な目線で投資を行いましょう。

6-2.積立投資を利用しましょう

ウェルスナビ for SBI証券は毎月金額を指定すれば自動で積み立てます。

このサービスは毎月の資金に余裕があれば利用することをオススメします。

積立投資によって得られるメリットはとても多いのです。

毎月1万円からでもいいので積立設定を行い、積立投資を行うことをオススメします。

積立投資の効果を詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビで積立はすべき?積立金額はいくらがいいの?徹底解説!」の記事を参考にしてください。

6-3.キャンペーン情報は要チェック!

キャンペーン情報は、逐一チェックしておかなければなりません。

こちらはすでに終了しているキャンペーン情報になりますが、キャンペーン期間中であれば投資最小額が10万円と気軽に始められるようになっていました。

現在は残念ながら終了してしまっていますが、今後また新しいキャンペーンが出てくるかもしれないです。本サイトでも新しいキャンペーン情報があればすぐに反映できるようにしていきますのでぜひ参考にしてください。

まとめ

ウェルスナビ for SBI証券は、多少の違いはあれど、ほとんどが同じサービスとなっているため使用している状況ではあまり差はないといえます。

特に大きな違いは、投資最低額が30万円であること、長期割がないことや、ウェルスナビにあってウェルスナビ for SBI証券にないサービスがあります。逆にウェルスナビ for SBI証券独自のサービスもあるので、ぜひご自身の状況に応じてどちらを使い始めるかを決めてみてください。

SBI証券の公式サイトはこちらから見ることができます。

Campaign_tieup_300-250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*