ウェルスナビ(WealthNavi)とSUSTEN(サステン)を比較!どっちがよい?特徴・運用実績の違いを解説!

ウェルスナビ SUSTEN 比較 アイキャッチ

WealthNavi(ウェルスナビ)」や「SUSTEN(サステン)」など、投資の運用を自動で行ってくれるサービス(ロボアドバイザー)。その利便性の高さから、投資初心者や、投資に時間を割けない多忙な人に人気となっています。

しかし、人気ということは知っていても、「ウェルスナビ」と「SUSTEN」は何が違うのか、そもそもロボアドバイザーとは具体的などんなものなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

まず、ロボアドバイザーを利用すれば投資を行う上での大半の作業が不要になります。

その上で、「ウェルスナビ」と「SUSTEN」を下記のスタイルで選ぶことで、自分1人では実現できない投資を長期的に行うことができるようになります。

この記事では、ロボアドバイザーについての基礎知識だけでなく、「ウェルスナビ」と「SUSTEN」を徹底比較して判明したそれぞれの強みの紹介に加え、弊サイトのスタッフが実際に利用した投資実績を公開します。

最後まで読めば、あなたにとって適切なロボアドバイザーを選べるようになるでしょう

1. ロボアドバイザーとは

「ウェルスナビ」と「SUSTEN」を比較する前に、そもそもロボアドバイザーとはどんなサービスかおさらいしましょう。

ロボアドバイザーは、どのような金融商品を買うかの計画(ポートフォリオ)、実際の運用をおまかせできるサービスを指します。

大きく分けて、

  • 投資アドバイスのみをする「アドバイス型」
  • 運用を代行する「投資一任型」

に分かれています。

投資計画を立てる上で非常に有効なのは、専門家の分析や集積されたデータによって導かれた運用アルゴリズムです。とはいえ、優れた運用アルゴリズムはこれまで富裕層や機関投資家など、一部の層だけが使えるものでした。

ロボアドバイザーはテクノロジーの発展に伴い、プロだけが使えた最新の運用アルゴリズムを誰もが使えるようにした画期的なサービスと言えます。

ロボアドバイザーの最大のメリットは、投資の手間が圧倒的に少なくなることです。投資の初心者でも、お金さえ預ければ良いので、気軽に始めることができます。比較的少額から始められるのも良い点です。

デメリットとしては、短期的に利益を上げるのには向いていない点です。ロボアドバイザーの運用アルゴリズムは基本的に長期資産形成を目的に設計されています。

また、投資である以上は元本割れのリスクも存在します。そのため、投資は余裕資金で行うのが賢明です。

ロボアドバイザーがどういったものなのか分かったところで、この後は人気のロボアドである「ウェルスナビ」と「SUSTEN」について具体的に紹介します。

2. ウェルスナビ・SUSTENとは【基本情報】

ロボアドバイザーにも様々なサービスが存在していますが、今回は「ウェルスナビ」「SUSTEN」の二つ。これらがどういったサービスなのか、具体的に紹介します。

前提として、どちらのロボアドバイザーも将来の資産形成に役立つことは間違いありません。なぜなら、どちらも「長期・分散・積立」という資産運用の考えの基づいて作られているからです。

「長期・分散・積立」とは、将来の資産形成において有用とされている考え方で、日本の金融庁にも推奨されています。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは

ウェルスナビは2016年7月にウェルスナビ株式会社が提供を始めた投資一任型のロボアドバイザー。

最も人気のサービスで、多くのユーザーがWealthNaviで投資を行っています。

資産運用に用いているアルゴリズムや手数料などの情報はすべてウェブ上で公開され、透明性が非常に高いことが人気の理由の一つです。

【取材あり】ウェルスナビの評判・口コミは?メリット・デメリットや実績
【評判/取材あり】ウェルスナビは怪しい?投資してわかった実績・メリット・デメリットを口コミ!

「基本的に何もしなくていい」とCM等でも話題の全自動資産運用サービス、ウェルスナビ(WealthNavi)。 誰でも簡単に資産運用ができるというのはとても魅力的です。 その一方で、「金融の専門知識はい ...

続きを見る

<ウェルスナビの概要>

運営会社 ウェルスナビ株式会社
運用可能金額 最低10万円〜
運用手数料 預かり資産の1.1%(年率,税込)+ETF経費
※現金部分を除く
※3000万円を超える部分は0.55%(税込)
手数料割引 最大で0.99%(年率,税込)まで割引
※50万円~200万円未満:6か月毎に-0.01%
※200万円以上 :6か月毎に-0.02%
自動積立金額 最低1万円〜
確定申告 不要(源泉徴収ありの特定口座の場合)

SUSTEN(サステン)とは

SUSTENのイメージ画像

SUSTEN(サステン)は、ベンチャー企業である株式会社sustenキャピタル・マネジメントが運営するロボアドバイザー。

最大の特徴は、手数料に完全成果報酬型(プロフィットシェア型)を採用している点。運用資産が過去最高益を更新しない限りは手数料が発生することはありません。

そのため、手数料負け(損失時にも手数料を取られる)を気にすることなく、気軽に始められるのが特徴です。

諸経費は年率0.02~0.09%程度 (信託銀行に支払う受託者報酬やETF経費など)

【実績公開】SUSTEN[サステン]の評判は?手数料無料(成果報酬型)おまかせ投資のメリットとデメリットを口コミ!

SUSTEN[サステン](以下、SUSTEN)について気になっていますね? SUSTENは、株式会社sustenキャピタル・マネジメントが運営する"おまかせ投資"のサービス。 顧客はSUSTENにお金 ...

続きを見る

<SUSTENの概要>

運営会社 株式会社sustenキャピタル・マネジメント
運用可能金額 最低10万円〜
運用手数料 完全成果報酬型(プロフィットシェア型)+諸費用
※諸経費は年率0.02~0.09%程度
(信託銀行に支払う受託者報酬やETF経費など)
手数料割引 投資評価額に応じて変動あり
自動積立金額 最低1万円〜
確定申告 不要(源泉徴収ありの特定口座の場合)

3. ウェルスナビとSUSTENの違いを徹底比較

ここまで、ウェルスナビとSUSTENはどちらも信頼のおける投資一任型ロボアドバイザーサービスであることをお伝えしました。とはいえ、2つのサービスのどちらを選べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

結論から言うと、

と言えます。

ここからは、ウェルスナビとSUSTENの違いを下記9点で徹底比較し、それぞれのサービスがどんな人に適切なのかを明確にしていきます。

  1. 運営会社
  2. 最低投資可能金額
  3. 手数料
  4. 金融商品
  5. 自動積立投資機能
  6. 節税機能
  7. 運用手法
  8. 確定申告
  9. 自動リバランス機能

1. 運営会社

ウェルスナビの運営会社であるウェルスナビ株式会社は2016年起業の東証マザーズ上場している金融機関。

資本金は17億6,147万1,125円。※2021年1月20日。

現在預かり試算残高は5000億円以上(※2021年7月13日時点)と大人気です。

一方の、SUSTENを運営する金融機関は2019年起業の株式会社sustenキャピタル・マネジメント。

資本金は10億585万円(※資本準備金を含む、2021年7月1日時点)​。

預かり資産残高は不明。上場はしておらず、ベンチャー企業となっています。

信用度という面では、ウェルスナビ株式会社の方が客観的に優れています。

2. 最低投資可能金額

一般的にロボアドバイザーには、投資をする上での最低金額が設定されています。最低金額が低いほど気軽に投資しやすくなります。

ウェルスナビとSUSTENともに、初期投資最低額は10万円です。

3. 手数料

ロボアドバイザーを利用するにあたり、手数料は軽視できないポイントです。なぜなら、ロボアドバイザーは長期的な投資での利用を前提に設計されているからです。

長期投資における手数料の差

上図のように、わずかな差でも、5年以上の長期利用を考えると合計手数料は大きく変わります。ちなみに、ウェルスナビとSUSTENの手数料体型は大きく異なります。

それぞれの手数料についてみていきましょう!

ウェルスナビの手数料

ウェルスナビの手数料は預かり資産の1.1%(年率,税込)

利益があるかないかに関わらず、必ず定期的に手数料が徴収されます。

ただし、ウェルスナビには長期で利用すれば手数料安くなる長期割があります。(最大で年率0.99%まで軽減)

SUSTENの手数料

一方で、SUSTENの手数料は完全成果報酬型(プロフィットシェア型)。

運用資産が過去最高益を更新しない限りは手数料が発生することはありません。

例えば、1年後の運用評価額が100万円だった場合、利益が出ている時のみ手数料が徴収され、利益が出ていなければ手数料は徴収されません。

利益が出た場合、利益に対して、1/6〜1/9の手数料が発生します。

成果報酬の料率は投資評価額に応じて変化し、下記の通りです。

最高評価額 手数料
80万円未満 超過利益×1/6
80万円以上、200万円未満 超過利益×1/7
200万円以上、500万円未満 超過利益×1/8
500万円以上 超過利益×1/9

手数料という側面では、SUSTENの方が安くなる可能性が高いと考えられます。

4. 金融商品

ウェルスナビとSUSTENで扱う主な金融商品は、「海外ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)」となっています。

海外ETFはその名のとおり投資信託の一つであるため、多数の銘柄で構成されています。そのため、リスクを分散した投資を行えるのが特徴です。

ウェルスナビでは7銘柄。SUSTENでは恐らくそれ以上の銘柄に分散投資しています。

※銘柄数が多いからといって運用実績が良いかは別問題ですので注意しましょう。

5. 自動積立投資機能

長期的な投資では毎月少しずつ資金を追加投入する積立投資が重要です。この投資手法は「ドルコスト平均法」とも呼ばれ、資産形成に有効な資産運用手法として有名です。

しかしながら、毎月自分の手でお金を振り込んでいくのは想像以上に手間がかかります。自分で投資するとタイミングを見計ろうとしてなかなか投資できなかったり、めんどくさくて途中で投資を辞めてしまう可能性も考えられるでしょう。

そこで、ロボアドバイザーには毎月数回、一定の積立額を銀行口座から引き落とす「自動積立投資機能」が搭載されています。

ウェルスナビとSUSTENどちらにもあります。

入金に手数料はかからず、手続きはオンラインで簡単に済ませることができます。また、積立金額も1万円から設定できます。特定月のみの積み立てを設定することも可能です。

例えば、ボーナスが入る月だけ入金も可能。無理なく柔軟に投資を続けられるようになっています。

自動積立投資において、SUSTENでは毎月26日に自動的に引き落とされます。

一方、ウェルスナビでは毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から自由に引き落とし日を選択できます。また、月の引き落とし回数を1回〜5回など、自由に増減できる点でも優れています。

6. 節税機能

投資で利益を上げた場合、避けては通れないのが税金の支払いです。ウェルスナビにはDeTAXという節税機能があります。税金の負担額が一定を超えた場合、翌年以降に繰り越される仕組みです。

SUSTENにも「税効果最適化機能」という名前で備わっています。

7. 運用手法

ウェルスナビとSUSTENのベースとなる手法は前述したように金融庁でも推奨されている「長期・分散・積立」です。

長期投資が有用な理由は、時期によって価格の上がり下がりの激しい投資において、短期集中で資金を投入すると一気に資産を失うリスクがあるからです。長期投資で投資するタイミングを分散させれば、リスクを時間で分散させることができます。

また、ウェルスナビとSUSTENは海外ETFで運用されます。その投資対象はウェルスナビでは世界50か国。投資先をひとつの国の企業に絞ると政治情勢などの国家的な問題がリスクとなります。そのリスクを避けるためにも、数十カ国を投資対象とする海外分散投資が行われています。

「長期・分散・積立」について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

金融庁も推奨する長期・分散・積立投資とは?最適なオススメの投資方法まで解説!

近年、年金に頼った生活設計だけでは資金不足になる可能性があるので「長期・分散型の資産運用」を行いましょう!と金融庁も主張しています。 基本的に、投資で絶対もうかるという確証はありません。なぜなら、リス ...

続きを見る

以上のように、ウェルスナビとSUSTENは「長期・分散・積立」にの資産運用をベースとしていますが、SUSTENにはこれに加えて、「景気独立型戦略」として上場デリバティブ取引も行います。

先物もポートフォリオに入れているおまかせ運用は日本にこれまで無くSUSTENの強みです。

<SUSTENの運用戦略>

景気独立戦略とは、行動経済学の理論等に基づいた非伝統的な投資手法。各資産の配分は、市場動向や経済情勢に合わせて機動的に調整され、買い持ちだけでなく売り持ちも組み合わせるロング・ショート戦略

(引用:SUSTEN公式サイト)

これにより、景気後退時にも強い運用を目指しています。

まとめると、ウェルスナビは「長期・分散・積立」に忠実に従っており、年間3%以上の成長率を持つ世界経済の成長率と同等+αの成長を狙っています。一方で、SUSTENでは基本を守りながらも、景気独立戦略も組み入れ+αの運用実績を狙う運用手法を取っています。

※どちらの運用手法が優れているというわけではありません。事実、ウェルスナビは高い運用実績を維持しています。

8. 確定申告

ウェルスナビとSUSTENは両方とも、口座開設のときに「源泉徴収ありの特定口座」を選択すれば、確定申告を行う必要はありません。

※会社員でも年収2,000万を超えていたり、副業での収入が20万以上などの人は、別途確定申告が必要です。

ちなみにウェルスナビは海外ETFで運用を行っているため、配当金が日本と米国で二重課税されています。そこで、「外国税額控除」という控除を適用すれば、配当に対する余分な税金を取り戻すことができます(別途、確定申告の必要あり。)

配当金への税率は、米国では10%、日本では20.315%です。米国で10%支払い、残った利益から日本の20.315%支払う必要があります。そこで外国税額控除を適用すれば、米国内で課税された分の還付を受けることができます。配当金の額面が多くなるほど効果が強まるので、確定申告を行うのはウェルスナビを利用する上で重要といえます。

9. 自動リバランス機能

「長期・積立・分散」の資産運用において、資産の組み合わせであるポートフォリオを常に最適な状態に保つことが重要です。投資する資産の組み合わせのバランスを整える(リバランスする)ことで、10年以上の長期投資をする中で発生するリスクを調整することができます。

ロボアドバイザーは、このポートフォリオを自動でリバランスする機能を搭載。ウェルスナビとSUSTENでもこの自動リバランス機能は採用されていますが、実施される頻度が異なります。 ウェルスナビでは原則として半年に1回、SUSTENではリバランスをより高頻度で実行。

※リバランスの回数が運用実績にどれくらいの影響があるかは未知数です。あくまで理想的な資産運用を維持するための施策に過ぎません。

ウェルスナビとSUSTENの比較まとめ

ここまで、ウェルスナビとSUSTENの機能を比較してきました。改めてまとめて確認してみましょう。 

  WealthNavi(ウェルスナビ) SUSTEN(サステン)
サービス提供会社 ウェルスナビ株式会社 株式会社sustenキャピタル・マネジメント
最低投資可能金額 10万円 10万円
基本手数料 1.1%(税込) 完全成果報酬型
手数料割引 長期割(最大10%OFF) 投資評価額に応じて変動あり
金融商品 海外ETF 海外ETFおよび先物
自動積立機能 あり:支払い回数カスタム可 あり:支払い回数は月1回のみ
節税機能 DeTAX 税効果最適化機能
運用手法 基本に忠実。
年間3%+αの成長を目指す。
基本を大切にしつつ、
景気独立戦略を組み入れ+αの成長を目指す。
確定申告 不要
※源泉徴収ありの特定口座
リバランス頻度 原則として半年に1回 高頻度

4. ウェルスナビとSUSTENの運用実績を比較

ここまでウェルスナビとSUSTENの機能を比較してきました。どちらも魅力的な機能が備わっていましたが、実際に自分のお金で資産運用するとなると、確実に運用実績を出してくれるロボアドバイザーを選びたいですよね。

そのようなときは、公開されている機能のデータやサービス内容では分からない、実際の運用実績が気になるところです。

そこで、弊サイトでは実際にウェルスナビとSUSTEN双方で資産運用を行い、その投資実績を公開します。

※あくまで過去の運用実績なので、将来の運用を保証する訳ではありません。

※ウェルスナビのみ積立投資を実践。

ウェルスナビの運用実績(2017年11月〜2021年9月)

ウェルスナビ 運用実績

現在の運用実績は35.83%。

※ウェルスナビのリスク許容度5で運用

SUSTENの運用実績(2021年2月〜2021年9月)

SUSTEN 運用実績

※SUSTENの理想追求タイプで運用

現在の運用実績は1.4%。

弊サイトでは、ウェルスナビの方が長く運用していることから当然優秀な運用実績となりました。

※個人の運用コースによって成績は変わります。(ウェルスナビは5パターン、SUSTENは36パターン)今後の相場状況によって運用実績は変わる可能性があります。

5. ウェルスナビ・SUSTENどちらを選ぶべきか

ここまでウェルスナビとSUSTENを比較してきました。改めてそれぞれの概要について振り返ったのち、最後にウェルスナビとSUSTENがそれぞれどういった人に向いているのかご紹介します。

ウェルスナビとSUSTENの共通点
  • 運用の全てを任せられる
  • 運用における基本は「長期・分散・積立」
  • 投資開始金額は10万円から
  • 税金の負担軽減機能がある
  • リバランスも自動で行う
ウェルスナビとSUSTENの違い

 

 

  • ウェルスナビの運営は上場企業。SUSTENの運営はベンチャー企業。
  • ウェルスナビの手数料は年率1.1%(税込)。SUSTENは完全成果報酬。
  • 運用手法がウェルスナビでは基本に忠実、SUSTENでは景気独立戦略を取り入れている。
  • ウェルスナビの方が柔軟に自動積立の引き落とし日をカスタムできる
  • ポートフォリオのリバランスの頻度はSUSTENの方が高い

以上のようになりました。

まず前提として、どちらのロボアドバイザーもしっかりとアルゴリズムが組まれていますので、長期的に堅実な投資を機能的に続けることができます。これにより着実な資産形成を望めるでしょう。

その上で選ぶなら、ウェルスナビ株式会社は実績ある上場企業ですので人気No.1の信頼で選ぶなウェルスナビ

手数料割引の関係から、とにかく手数料を抑えたい、成果報酬が良いという型はSUSTENが向いているでしょう。

今回紹介したウェルスナビとSUSTENの詳細については、以下を参考にしてください。

【取材あり】ウェルスナビの評判・口コミは?メリット・デメリットや実績
【評判/取材あり】ウェルスナビは怪しい?投資してわかった実績・メリット・デメリットを口コミ!

「基本的に何もしなくていい」とCM等でも話題の全自動資産運用サービス、ウェルスナビ(WealthNavi)。 誰でも簡単に資産運用ができるというのはとても魅力的です。 その一方で、「金融の専門知識はい ...

続きを見る

【実績公開】SUSTEN[サステン]の評判は?手数料無料(成果報酬型)おまかせ投資のメリットとデメリットを口コミ!

SUSTEN[サステン](以下、SUSTEN)について気になっていますね? SUSTENは、株式会社sustenキャピタル・マネジメントが運営する"おまかせ投資"のサービス。 顧客はSUSTENにお金 ...

続きを見る

<余談>ウェルスナビとSUSTENは共存可能な可能性も!

ウェルスナビとSUSTENのどっちがいいか迷っているという方に最後のアドバイスです。

実はこの2つのロボアドバイザーは共存できる可能性があります。弊サイトもこれを狙ってダブルで投資をしています。

それはSUSTENの景気独立型ポートフォリオにあります。

<SUSTENのポートフォリオ一覧>

景気独立型は、景気に連動しにくい絶対収益型のタイプと公式サイトでは記載されていることから、景気独立型ポートフォリオは景気に左右されにくい運用が可能だと推測されます。

実際に、SUSTENも上級者向けに、ウェルスナビが行っているようなインデックス投資(世界経済の成長率に連動される投資手法)と併用することの有用性を公式ブログ等で説いています。

(引用-日本初の完全成果報酬型おまかせ資産運用サービス「SUSTEN(サステン)」の一般公開-PRTIMES)

SUSTENの景気独立型なら、例えばウェルスナビと併用させれば、長期でリターンを最大化させられる可能性があります。

弊サイトが「景気独立型」の最もリスクが高いポートフォリオにて投資を開始したことにはこのような理由があります。

最後に、この記事があなたの参考になりましたら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マネとも!編集部

「誰もがお金の心配をせず自分らしく生きていける世界」を目指して、お金に関する情報提供を行っています。Twitterでは管理人が絶賛ツイート中。インスタグラムでは会話形式で楽しくお金の勉強できる投稿をしています。

-ロボアドバイザー

Copyright© マネとも! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.