ロボアドバイザー

ウェルスナビはどこで口座開設するのがお得?ソニー銀行、横浜銀行、JAL、ANAなど

ウェルスナビ(WealthNavi)はウェルスナビ公式(直販申し込み口)の他にも

  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • WealthNavi for ANA
  • WealthNavi for イオン銀行
  • WealthNavi for 横浜銀行
  • WealthNavi for JAL
  • WealthNavi for TOKYU POINT
  • WealthNavi for auじぶん銀行
  • WealthNavi for 東京海上日動
  • WealthNavi for ODAKYU
  • WealthNavi for 東京スター銀行
  • WealthNavi for 三菱UFJ銀行

などたくさんの種類があり、どこが一番お得かどうか迷うと思います。

前提として、ウェルスナビはどこかの窓口で運用を開始したら、他の窓口からは口座開設できないという注意点があります。ちなみに、どこの窓口から運用を開始しても、運用内容に違いはありません

これを踏また上でウェルスナビ株式会社の直販申し込み口」が最もオススメです。

この記事ではなぜこう言えるのかについて丁寧に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1. ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口(公式)が最もお得な理由

(ウェルスナビ直販申し込み口の画像)

私が「ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口」が最もオススメする理由として下記があります。

  1. 長期割があるから
  2. キャンペーンを適応して1番お得かつ気軽に始められるから

(1)長期割について

長期割とは、長期的にウェルスナビにて積立投資を利用し続けることで、手数料が最大0.11%(現金部分を除く、年率、税込)割引となるサービスです。

ウェルスナビの基本手数料は1.1%(現金部分を除く、年率、税込)ですので、こちらを適応することで、最終的には0.99%(現金部分を除く、年率、税込)になります。

これは直販にしか導入されていません

50万円以上なら0.01%ずつ、200万円以上なら0.02%ずつ、最大0.90%(税込0.99%)まで手数料を割引

(2)キャンペーンについて

タイアッププログラム 1,000円プレゼント

ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口」では他では行なっていないキャンペーン(プログラム)があります。

キャンペーン一覧

  • 当サイト経由で現金1,000円プレゼント「タイアッププログラム」:期限なし
  • 最大15,000円プレゼント!「積立開始プログラム」:期限なし
  • 最大10万円プレゼント!「冬の資産運用応援キャンペーン」:2023年2月28日まで
  • 最大5,000円プレゼント!新規ご利用プログラム:期限なし
  • 友達紹介プログラム:期限なし

注目すべきは、当サイトからの新規口座開設+入金で1,000円がプレゼントされるマネとも×ウェルスナビ タイアッププログラムです。

ウェルスナビを始める際はこのプログラムの適応を強く推奨しています。

ウェルスナビを始める場合、多くの方は最低投資金額の10万円程度から様子を見ると思います。

ウェルスナビの手数料は預かり資産の1.1%(年率、税込)。仮に10万円で資産運用を開始すると約1,100円が年間の手数料となります。

しかし、キャンペーンで1,000円が手に入るので、このケースの場合1年目の手数料を大幅に削減できます。

マネとも!管理人
お試しで始めたいのに手数料がかかるのは嫌だなという人でも、この方法なら気軽に始められますね。

適応は自由ですが、同時に自動積立を設定して「積立開始プログラム」も利用すれば最低500円がプレゼントされるので、さらにお得です

積立開始プログラム、最大15,000円プレゼント

ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口」のキャンペーン詳細や実際の口座開設については下記で丁寧に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

↓キャンペーンと始め方の詳細を知る↓

お得に申し込む
キャンペーンを使ったウェルスナビの1番お得な始め方!口座開設方法も図解で丁寧に説明!

続きを見る

\当サイトからの口座開設で現金1,000円プレゼント/

キャンペーンを使ってウェルスナビ直販で口座開設する

【無料】口座開設は最短3分で完了

2. 直販以外のウェルスナビの口座開設窓口別に特典を紹介

基本的には、ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口」が最もオススメですが、他の窓口の特典が魅力的に感じる方もいらっしゃるかもしれないので、ご紹介します。

大きくは、

  • WealthNavi直販
  • ネット銀行系
  • ポイントが貯まる系
  • 大手銀行系

に分けられます。

窓口一覧特典
WealthNavi(直販)長期割がある
優秀なキャンペーン
ネット銀行系
WealthNavi for 住信SBIネット銀行資産評価額に応じて、引出手数料と振込手数料の無料回数が増える。
WealthNavi for ソニー銀行資産評価額に応じて、Sony Bank WALLETのキャッシュバック率や振込手数料等の優遇特典を受けられる。
WealthNavi for auじぶん銀行資産評価額に応じて、Pontaポイント倍率アップや振込手数料等の優遇特典を受けられる。
ポイント系
WealthNavi for JAL資産運用の開始や資産評価額に応じて、マイルがたまる。
WealthNavi for ANA資産運用の開始や資産評価額に応じて、マイルがたまる。
WealthNavi for TOKYU POINT資産運用の開始や資産評価額に応じて、TOKYU POINTがたまる。
WealthNavi for ODAKYU資産運用の開始や資産評価額に応じて、小田急ポイントがたまる。
WealthNavi for AEON CARDイオンカードによるクレカ積立額に応じて、WAON POINTがたまる。
大手銀行系
WealthNavi for イオン銀行特になし
WealthNavi for 横浜銀行 横浜銀行に口座を持っている場合、振込手数料無料で証券口座への入金が可能。
WealthNavi for 東京スター銀行特になし
WealthNavi for 東京海上日動特になし
WealthNavi for 三菱UFJ銀行特になし
WealthNavi for 千葉銀行特になし
WealthNavi for 十六銀行特になし

まず、ネット系や大手銀行系は引き出し手数料や振込手数料無料などの優遇処置を受けられるのでいいとは思いますが、運用に対して影響を与えるような要素ではありません

また、ポイント系の還元率は、マイルに関して投資金額に対する0.06%(年率)となっています。例えば、WealthNavi for JALに100万円投資している場合は、年間で600マイル貯まります。

一見お得に見えますが、WealthNavi(直販)の長期割の最大割引率は0.11%(年率、税込)ですので、こちら方が最終的にはお得になります。

一方で、TOKYU POINTや小田急ポイントは年率0.12%と長期割より高い還元率ですが、用途が限定されるポイントなのがデメリット。

また、イオンカード(WAON POINT)については0.5%が還元ですが、あくまで積立金額の0.5%という点に注意が必要です。

この点を考慮すると、下記特徴があるウェルスナビ株式会社の直販申し込み口が最も気軽に始められるのでオススメと言えます。

  • 長期割がある
  • 優秀なキャンペーン

↓キャンペーンと始め方の詳細を知る↓

お得に申し込む
キャンペーンを使ったウェルスナビの1番お得な始め方!口座開設方法も図解で丁寧に説明!

続きを見る

\当サイトからの口座開設で現金1,000円プレゼント/

キャンペーンを使ってウェルスナビ直販で口座開設する

【無料】口座開設は最短3分で完了

ウェルスナビの口座開設窓口比較まとめ

全ての口座開設窓口を比較すると、ウェルスナビ株式会社の直販申し込み口が最も気軽に始められるので弊サイトではオススメしています。

ただ、条件等によっては他の窓口が良いと感じる方もいらっしゃると思いますので、最終的にはあなたの心地よい範囲で選ぶのが良いと思います。

↓キャンペーンと始め方の詳細を知る↓

お得に申し込む
キャンペーンを使ったウェルスナビの1番お得な始め方!口座開設方法も図解で丁寧に説明!

続きを見る

\当サイトからの口座開設で現金1,000円プレゼント/

キャンペーンを使ってウェルスナビ直販で口座開設する

【無料】口座開設は最短3分で完了

 

ロボアドバイザーのキャンペーン情報一覧
知識ゼロからほったらかしで資産形成ができる「ロボアドバイザーの最新のキャンペーン情報」をまとめました。1,000円が簡単に貰える当サイト限定タイアップ特典も掲載中!
詳しくはこちら

 

  • この記事を書いた人

マネとも!管理人

5年以上の検証結果をベースに構築した運用戦略で安定的に運用中(つみたてNISAやロボアドバイザー、ソーシャルレンディングなど) | Twitterでは、投資中の不安解消に徹底コミット!失敗しにくい資産運用の方法を発信中
⇒当サイトの理念について

-ロボアドバイザー