仮想通貨とは|初心者にもわかりやすいように3つのポイントで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仮想通貨って、どうゆうものなの?と気になっていますね。

仮想通貨とは、インターネット上に存在するお金のこと。紙幣はありませんが、日本円やドルと同じ「法定通貨」となっています。

「なんとなく危なそう」と言うイメージを持っている人もいるかも知れませんが、実は銀行のシステムより安全性が高いとも言われているんです。

そのため、しっかりと学んで仮想通貨を始めれば、資産が増えることはあっても、大きく減ることはありません。

この記事では、「仮想通貨とは何か」について、専門用語を省いてわかりやすく解説。この記事を読めば、仮想通貨について一通り分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

1.仮想通貨とは

仮想通貨とは、「インターネット上でやり取りができる通貨全般のこと」を言います。暗号通貨と呼ばれることもありますが、仮想通貨と意味は同じです。

仮想とは、「仮定しての想像」という意味。一般的な現金は物質としての実態がありますが、仮想通貨は、インターネット上に存在しているお金なので、姿、形、色、何もかもが想像上のモノです。

「仮想通貨=ビットコイン」というイメージを持っている人も多いですが、これは間違い。ビットコインは1000種類以上存在する仮想通貨の一部にすぎません。

「仮想通貨=ビットコイン」と思われるようになったワケ

では、なぜ仮想通貨=ビットコインというイメージがあるのか、それはまずビットコインが近年の仮想通貨ブームの発端であるからです。

仮想通貨という概念自体は、オンラインゲームの中で使える独自の通貨や、特定のサイトで使えるポイントのように昔からありましたが、ビットコインの台頭が現在の仮想通貨のあり方に影響を与えることになりました。ある種ビットコインを基に現在ある様々な仮想通貨が生み出されていると言えるからです。

仮想通貨の中でも少し特別な存在である、ビットコインですが、ビットコインではない別の仮想通貨を「Alternative Coin(代替コイン)」の略で「アルトコイン」などと呼ばれているほど、ビットコインは存在感の大きな仮想通貨です。こちらについては、後ほど代表的な種類をいくつか紹介します。

まずは、仮想通貨の特徴について見ていきましょう。

2.仮想通貨を語る上で外せない3つのポイント

仮想通貨を語る上で外す事のできないポイントは次の3つです。

ポイント1 : 法定通貨との換金性

ポイント2:  みんなで価値を決める信頼性

ポイント3:  みんなで監視する安全性

1つずつ説明していきます。

ポイント1 : 法定通貨との換金性

法定通貨との換金性とは、法定通貨から仮想通貨、仮想通貨から法定通貨に交換できる事を言います。

法定通貨とは、法的に決済手段として認められている通貨のこと。日本では、日本円のみが法定通貨になっています。

オンラインゲームの中で使われるお金や電子マネーは、課金やチャージ機能を使って、実際のお金である「円」や「ドル」から交換する事ができます。しかし、逆にゲームの中で稼いだポイントや、一度チャージした電子マネーは現金に戻す事ができません。

それと比較して、仮想通貨は、現金を仮想通貨に変える事ができますし、仮想通貨から現金に戻す事もできます。これが1つ目のポイント「法定通貨との換金性」になります。

仮想通貨と電子マネーの違い

しばしば仮想通貨と電子マネーを混同しすることがあります。

違いは、次の表より説明します。

電子マネーはあくまで、円やドルという法定通貨の姿、形を一時的に変えたものにすぎません。財布に入っている500円玉が携帯やSuicaなどのカードの中に入っただけです。

一方で、仮想通貨は、ドルや円とは、また違った新しい通貨です。

また、友人同士のやりとりで、「この間借りていた500円をSuicaで返すね」という事はできませんよね?電子マネーは支払いができるのは基本的にはお店や鉄道会社など管理者が定めた場所になります。一方で仮想通貨はお互いに仮想通貨を保管する準備さえ整っていれば自由に送金する事ができます。

ポイント2  みんなで価値を決める信頼性

仮想通貨と法定通貨の最大の違いは、非中央集権であることです。日本円は、日本銀行が発行し、日本国自体への信頼が通貨の価値を決めています。これは他の国のドルや、中国元であっても同様です。つまり、国への信頼によって通貨の価値が決まります。

しかし、仮想通貨には、誰かが管理するという概念はなく、みんなで管理して、みんなで価値を決めるという特徴があります。

考え方としては、お店で売っているモノはある程度、決まった価格ですが、オークションで売っているモノはみんなで値段を決めていき、最適な価格になりますね。あのような感覚で考えてもらえた大丈夫です。

ポイント3  みんなで監視する安全性

仮想通貨にはブロックチェーン(分散化技術)という仕組みが使われているため、安全性がとても高いんです。

この技術は簡単に言うと、みんなでお互いの取引を監視して、不正や改ざんがないのかを確認する事のできる技術。世界中の人に見られている中で悪い事はできませんし、したとしてもすぐにバレますね。

このシステムは、改ざんやハッキングがほぼ不可能だと言われているほどです。

3.仮想通貨でできること

ひとえに仮想通貨と言っても、それぞれの通貨によって様々な特徴を持って生み出されているので、できることや用途は異なりますが、一般的な仮想通貨でできること3つを挙げていきたいと思います。

1つ目:決済の手段

まず、仮想通貨は現金と同じ通貨なので、商品やサービスの決済手段として使うことができます。

実際、DMM.comや、東京の飲食店では仮想通貨で支払いできるようになっています。

数年後には皆が当たり前のように仮想通貨で支払いを行う日が来るかもしれません。

2つ目:海外送金

仮想通貨であれば、海外送金の手数料をかなり少額に抑えることができます。

・仮想通貨による送金:600 円程度(0.0005 BTC) ※Coincheckにおける相場(2017/12/03時点)

・一般通貨による送金:2000円~6000円程度

現在の通貨で海外にお金を送る際には高額な手数料が発生します。例えば、ドル圏以外の国に海外送金する場合、日本円から一度ドルに両替し、ドルからその国の通貨に両替をするといった流れが必要であるからです。一方で仮想通貨であれば、その通貨をそのまま送ることができるので手数料をかなり少額に抑えることができます。

3つ目:投資対象

そして、最後に投資、投機の対象として利用できます。仮想通貨の保持者のうち95%以上が現在上記の2つの利用目的ではなく、投資目的で保有していると言われています。その理由は、今後の将来性を無限に秘めており、現在も価格が上昇し続けると言われているからです。ていることがあり、どんな投機対象よりも価格変動が激しいことも要因の1つです

4.仮想通貨を始めるべき6つの理由

次に仮想通貨をいますぐ始めるべき理由は6つあります。

理由1.今後の通貨になり得る可能性がある

仮想通貨は、今後の社会において、現在の法定通貨にとって変わる存在になり得るということです。つまりは、いま皆さんが日常で当たり前のように円を使ってガムを買っているのが数年後には当たり前のように仮想通貨で購入する日が来るかもしれません。

そんな社会が来るのであれば、早めにその通貨を持っておいた方が良さそうですよね。

理由2.爆発的に価値が上昇する可能性がある

仮想通貨の値上がりは今や誰もが予想できない早さで上がり続けています。

これは、経済学でいう需要と供給の話ですが、みんなが欲しいと思えば値段は上昇しますね。先ほどあげたオークションの例の通り、仮想通貨を買っておくべきだと皆が思えば思うほど価値や値段は上がっていきます。

今後の保有のためにも、価値が上昇する前に買っておく事は大切ですし、投機対象として、安く買って値上がりした時に売るということもできます。これ以上値上がりしないうちに買っておきましょう。

理由3.発行上限が決まっているので、希少性が増す

ほとんどの仮想通貨は発行上限が決まっています。つまりは埋蔵量の決まっている金と同じように考える事ができます。

無限に発行することのできる現在の法定通貨は、供給量が増えれば、価値が下落しますが、仮想通貨は上限が決まっているので、仮想通貨を使い人が増えるほど希少性が高くなり、値段は上がります。

だからこそ、今のうちに買っておくべきなのです。

理由4.値動きが高い通貨が多い

仮想通貨はいま、誰もが予想できない早さで値段が上昇しています。

それは他の投機対象とは比べものにならないくらい、1日、1週間で何倍にも価格が上昇します。そのため、長期ではなく、短期投資を行いたい人にもとてもオススメの金融商品になります。

理由5.少額からの取引を行う事ができる

投機対象として、仮想通貨は非常に安い値段から取引を行う事ができます。

FXなどは数万円からとも言われていますが、仮想通貨は取引所によっては1000円などの少額から始める事もできます。リスクを嫌って投資になかなか手を出せない人にとっては初めの第一歩としてオススメです。

理由6.365日24時間取引ができる。

また、世界中の人が同じ仮想通貨を取引するため、取引できる時間は36524時間可能です。仕事や学業で忙しくても、家に帰ってから少し時間があれば取引を行っていけます。忙しい人にもオススメです。

5.仮想通貨にはどんな種類があるのか

これだけは押さえておきたい3つの通貨

仮想通貨の種類は、1000種類にも登ると言われていますので、全てを把握する事はできません。ここではこれだけは知っておきたいBIG3をご紹介します。

(1)ビットコイン

上であげましたが、これは何が何でも仮想通貨から切り離す事のできない仮想通貨界の王様とも言ってよいでしょう。いわずと知れた世界最初の仮想通貨で2009年に生み出されたから現代までで価値が220万倍にも膨れ上がっている通貨です。

(2)イーサリアム

イーサリアムは2013年に設計が始められ、2015年ごろから日本の仮想通貨取引所で取引がスタートしました。イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトという技術を利用している点が挙げられます。

ビットコインの場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。この技術により、安全性の高い取引が可能になります。

(3)リップル

リップルはビットコインの欠点を補うために開発されたとも言われており、これまでの時間のかかる送金時間、割高な手数料を改善するために世界的にネットワークを拡大することを行っています。

この特徴に目をつけた世界的に大手の銀行を始め多くの銀行がリップルのネットワークに参画しています。日本の最大手銀行、東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明した20173月から価格が高騰し約6倍近くの値上がりを見せ大きな注目を集めました。

6.仮想通貨を始めるには

仮想通貨を始めるには、次の2つのことが必要です。

・仮想通貨を手に入れる

・仮想通貨を保管する

皆さんが初めてお金を手に入れた時の事を思い出しましょう。

それはおそらく幼少期の頃にお母さんやお父さんの手伝いをして、お小遣いをもらった時だと思います。お小遣いをもらったら、貯金箱に入れたり財布にいれたりしましたよね。その流れと同様に仮想通貨生活を始めていきます。

ステップ1.仮想通貨の手に入れ方

まず、どのように仮想通貨を手に入れるのでしょうか。

その方法は大きく分けて5つあります。

1:販売所で買う

2:取引所で買う

3:誰かに送ってもらう。

4:マイニングで手に入れる

5:ポイントサイトなどで手に入れる。

特に、簡単なのが12です。

販売所と取引所の違いですが、販売所は業者や企業から購入する。取引所は皆さんと同じように仮想通貨を取引したい人同士で売買するためのプラットフォーム上で取引をするという違いがあるだけです。ただ値段や取引量の差があります。手数料や、価格などは各取引所や販売所を比較してから決めましょう。

3の誰かに送ってもらう、は普通のお金を友達に渡したり、お小遣いをもらう感覚で、仮想通貨を友人や家族に送金することができるので、いつか「この間の飲み会代返して」「仮想通貨で送るね!」という会話が当たり前になるかもしれません。

4のマイニングですが、仕組みが複雑なので簡単にいうと、仮想通貨の取引が正常に行われる為のお手伝いをして、そのお手伝い代として仮想通貨をもらうという方法です。誰がお手伝いをするのかというと、世界中の人々で誰でも行うことができますが、それを行う為には時間や電気代などが発生することも知っておかなければなりません。

5のポイントサイトで手に入れるですが、これはアンケートに答えたら現金がもらえたり、ポイントがもらえるといったサービスと同じようなものだと考えてください。何か登録したりすると仮想通貨がもらえることがあります。

ステップ2.仮想通貨の保存方法

仮想通貨を手にいれたら次は、どこに保管するかですが保管場所はウォレットと呼ばれています。銀行では銀行口座、現金では財布、仮想通貨ではウォレットです。

多くの取引所では、取引所内にオンラインウォレットがあるので、そこに保管する事が一番簡単な方法です。もちろんその他にウォレットの種類がありますが、初心者はそのまま取引所で管理するのが、購入、管理までスムーズなのでオススメです。

7.仮想通貨に危険はないのか?デメリットやリスクについて

仮想通貨はよいことばかりでしょうか、いいえ、デメリット、リスクもあります。一般的に仮想通貨には4つのリスクがあります。

リスク1.価格変動リスク

これは言わずもがな、どんな投機対象にも言えることですが、価格がどう変わっていくのかをリスクとして捉える必要はあります。特に仮想通貨やビットコインは1日で30万円暴落したり、上昇することもあります。気づけば大損ということもありえます。

リスク2.信頼リスク

仮想通貨自体の信頼度に関するリスクです。ポイントでも挙げたとおり仮想通貨の信頼性や価値はみんなで決めるものです。今はビットコインが一番価値のあるものとして信頼されていますが、新しい通貨の台頭により、信頼度が失われることもあります。

リスク3.取引所リスク

仮想通貨を保管する場所や取引する場所が取引所ですが、仮に外部のハッカーなどにハッキングされた際などは大きな損失となりえるでしょう。現に2013年に起きたマウントゴックス取引所で内部の不正取引により500億円相当のビットコインが消失した事件も起きています。

リスク4.管理リスク

ウィレットを取引所ではなく自分のPCやスマートフォンで管理する際に、そのPCやスマートフォンをハッキングされることや、それを開くためのパスワードを忘れてしまうなどの管理リスクがあります。

結論:こんな人におすすめ

たしかに、仮想通貨には上であげたようなリスクがあり、必ずしも安心な金融商品とはいえないでしょう。それでも総合的に見て、注意点をしっかりと抑えていけば今後成長していく可能性を秘めているからこそ始めるなら今しかありません。一つ一つ注意して取引できる人ならどんな人でも手を出していけると思います。

まとめ

仮想通貨を扱うにはメリットとデメリットがあります。特にデメリットであるリスクを無視して、取引を開始することは大きな賭けであるといえるでしょう。しかし、仮想通貨という概念が世間に広まりつつあるいま、世界中の人々が乗り遅れまいと参入していることも事実であり、今後も益々価格は上昇していくことでしょう。

損をしたくないという気持ちは誰でもあることですが、少額からでも取引を開始できる仮想通貨ですので、是非始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*