とっても簡単な家計簿アプリZaim!おすすめポイントと使い方を徹底調査

突然ですが、レシートたまっていませんか?

家計簿ソフトを使っているのに、不便な点が多いと感じていませんか?

家計簿アプリ「Zaim」はレシート入力はもちろん、銀行口座やクレジットカード連携など、初めての方でも簡単に入力ができます。

外出先でも場所を選ばずにスマートフォンから利用できるので、とても便利です。しかも色々な便利機能があるので、フル活用してラクしましょう!

これから家計簿を始めたいと思っている方はもちろん、今使っている家計簿に不満がある方も、スマート家計簿Zaimにしませんか?

そこでこの記事では、Zaimの使い方からおすすめポイントまで詳しく解説します。

Zaimの口コミ情報も調べているので、ぜひ参考にしてください。

1.簡単につけられる家計簿アプリ!Zaimとは

Zaimは800万以上のダウンロード数を記録する日本最大級の人気家計簿アプリです。

テレビや新聞、雑誌で数多く紹介されています。

Zaimのメリットまとめ

  • レシート読み取りで家計簿入力が簡単!
  • 銀行やクレジットカード情報を自動的に記録!
  • PC、スマートフォン、タブレットで使える!
  • 分析・診断機能が豊富!
  • 情報はすべて暗号化され、セキュリティ対策も万全!

どのようなアプリなのか見ていきましょう。

Zaimの基本的な使い方

Zaimの基本的な使い方はとっても簡単です。家計簿の入力→確認→見直しの手順にそって説明します。

入力する

入力は紙のレシートをスマートフォンのカメラで撮影します。自動で読み取りされて記録されます。

確認する

履歴の一覧やカレンダーから支出・収入情報を確認できます。

見直しする

ホーム画面や分析画面からは予算や収入に対していくら使っているか、残りいくらまで使えるのかを知ることができ、家計の見直しに使えます。

2.Zaimのおすすめのポイント

Zaimは初めてでも続けられるよう、家計簿の仕組みを丁寧に作り込んでいるアプリです。

おすすめポイントを5つに絞り、ご紹介します。

ポイント1.レシートを撮影するだけで自動入力!

家計簿入力で何と言っても大変なのは支出の入力です。

紙のレシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで、品目や金額を自動で読み取り、お店やカテゴリも自動補完してくれます。

写真撮影だけで家計簿が完成するので、時間も手間もかかりません。レシートもたまらず、お財布もスッキリします。

ポイント!

  • レシート撮影でパシャで入力完了
  • レシートから品目・金額を自動読取

ポイント2.銀行やクレジットカードの入出金を自動連携!

連携登録すると、銀行やクレジットカードのWeb 明細から入出金記録を取得して Zaim に保存します。

銀行やクレジットカードの入出金記録をZaimの支出や収入として自動的に記録できるのです。

わざわざ公式サイトにアクセスして、Web 明細を見ながら家計簿に転記する必要が無くなります。

銀行やクレジットカード以外にも電子マネーや証券会社やamazonなどのショッピングサイトなど、幅広く連携対応されています。キャッシュレス派の時代には必須の機能ですね。

ポイント!

  • 銀行やクレジットカード情報が自動で記録できる
  • 約1500もの金融機関と連携対応済み

ポイント3.費目(品目・カテゴリ)を自由にカスタマイズ!

家計簿を入力する時は、後から支出・収入の具体的な内訳が分かるように、カテゴリに振り分けながら入力します。

Zaimのカテゴリは初期設定で一通り登録されていますが、このカテゴリを自由にカスタマイズできます。

支出・収入項目ごとに「カテゴリ→サブカテゴリ(内訳)」の2段階で設定できるので、自分ルールで具体的なカテゴリを決めている方にもばっちり対応できます。

また、Zaimでは入力時にある程度自動的にこの振り分けを行ってくれます。

例えば、携帯電話代であれば「通信」>「携帯電話料金」のように振り分けられます。

自動振り分けにより、写真撮影後に内訳設定をする必要がなく、より簡単にワンタップで家計簿入力ができるのです。

未分類や変更したいものだけを最低限、後から手動で振り分けするだけで良いので、入力の負荷を減らしてくれます。

ポイント!

  • カテゴリを自由にカスタマイズ
  • 自動カテゴリ振り分け

ポイント4.家族との共有で家系全体を把握!

PC、スマートフォン、タブレットから同じアカウントでログインすれば、どのデバイスからも共有して使用できます。

1つのアカウントで夫婦や家族の収支を記録することで、家庭全体の管理ができます。

家計状況を共有することで、家庭全体を可視化した家計の見直しを行うことができます。

また、新しい端末を購入したときのデータ移行も心配なしです。

ポイント!

  • 複数のデバイスで家族で共有可能
  • データ移行の心配なし
  • 複数アカウント対応(プレミアム(有料)会員)

ちなみに、プレミアム(有料)会員になると、複数のアカウントを作ることができ、ワンタップでアカウント切替が可能です。 こっそりと自分だけの収支を管理したい方にはおすすめです。

ポイント5.医療費控除の対象を自動で抽出!

年が明けると確定申告の季節がやってきます。税制優遇を受けるために、医療費控除やセルフメディケーション税制の申告をされている方は多いと思います。

病院や薬局の領収書をひっぱり出してきて集計したり申告書類を作成する作業、地味に大変ですよね。

Zaimでは家計簿の記録から、どちらの税制優遇を受けることができるか診断してくれます。

さらに、プレミアム(有料)会員になると、かんたん申請フォーマットを利用して、申告書類を作成できます。

申告書類作成のためだけに医療費情報を入力する必要が無く、家計簿に記録された情報から自動で作成できるので、今までに比べてかなりラクになります。

ポイント!

  • 確定申告で税制優遇が受けられるかの診断機能
  • 申告書類の作成ツール(プレミアム(有料)会員)

3.Zaimの無料・プレミアム(有料)会員とは

Zaimには無料・プレミアム(有料)会員の2種類が用意されています。

家計簿入力だけであれば無料会員でも充分使えますが、便利にそして色々な機能を使いたい場合にはプレミアム(有料)会員に加入した方が良さそうです。

無料会員とプレミアム(有料)会員の使える機能の違いを見ていきましょう。

無料会員でも△の一部機能は使用できますが、制限があります。

このように、プレミアム(有料)会員になるメリットはいくつかありますが、次の3つのポイントはプレミアム(有料)会員になるか決めるときの判断ポイントになると思います。

プレミアム(有料)会員を選ぶポイント

  • 広告が非表示
  • 銀行口座情報をリアルタイムで取得
  • 口座残高の推移をグラフ表示

とくに、銀行口座情報をリアルタイムで取得できるのは大きなメリットです。無料会員だと、情報反映までに数日かかってしまうことがあります。

プレミアム(有料)会員になっておくと、リアルタイムで口座の状況を知ることができ、お金の管理がしやすくなります。

プレミアム(有料)会員は月々300円なので、無料会員で登録してみて、使いにくいなと感じたらプレミアム(有料)会員を試してみるのが良いでしょう。

4.Zaimと人気家計簿アプリとの比較

ここからは、Zaimと人気を争う2大家計簿アプリ「MoneyForward(マネーフォワード)」「Moneytree(マネーツリー)」と比較していきましょう。

ここでは比較表を作ってみました。

この表からわかるように、Zaimは他と比べて

  • ダウンロード数が多い
  • 有料会員の月額費用が安い
  • 金融機関の連携上限数が無制限
  • データ閲覧可能期間が無制限
  • 医療費控除等の診断機能あり

という特徴があります。

なので、Zaimは安い費用でレシート読み取りや金融機関連携、家計診断や分析機能を一通り使いたい方にオススメです!

一方、色んなサービスと連携させたい人や月500円の費用が気にならないという方には、アプリの評価が高いマネーフォワードもおすすめです。

5.Zaimを使ってみた感想【口コミ・評判】

Zaimを使ってみた感想を見ていきましょう。多くの方が気になる点をピックアップして、口コミ情報を集めてみました。

Zaim レシート 読み取りってどうなの?

レシート読み取り精度はどう?

撮影でラクするつもりだったのに、写真の撮り直しばかり・・・。結局手入力した方が早いとなっては困りますよね。

これらの口コミを見ると読み取り精度はパーフェクトとはいかない様子ですね。

ただ、精度も日々向上しているようなので、期待はできそうです。

長いレシートの読み取りはできる?

ポイント十倍デーにまとめ買いとかしますよね。レシートが長すぎても撮影入力できそうです。

長尺モードで複数回にわけて撮影でき、重複項目は自動的に削除してくれるようですね。

プレミアム会員ってぶっちゃけどう?使いやすい?

プレミアム会員さんの声を聞きたい

プレミアム(有料)会員の給付金の申請ツールや複数アカウント対応は魅力的な機能のようですね。

プレミアム会員の無料キャンペーン

私もお試しキャンペーンを利用して有料機能を試してみました。

無料期間中にプレミアム会員の機能が自分にとって必須なものかどうかの検証にお使いください。

自動入力データの修正は必要?

修正はやっぱり必要なの?

自動入力されるとはいえ、自分ルールでカテゴリするには手修正が必要そうです。

修正の学習機能

修正の学習機能で入力負荷低減になりそうです。

セキュリティ面は大丈夫?

セキュリティが心配

連携機能については一元管理が出来て便利だし、クレジットカードの不正利用や二重決済のチェックに有効だと感じている反面、セキュリティに不安を感じている人が多いようです。

セキュリテイ対策は万全?

とにかく、安全に便利な機能が利用できることが一番なので、そのあたりはどのようになっているのか、とても気になります。

Zaimのセキュリティ対策への意気込みを感じます。

このようなセキュリティ強化の取り組みは好感度が上がりますね。

詳しくは公式ページ『Zaim のセキュリティへの取り組みで確認できます。今後も安全に利用できる取り組みに期待です。

使っていて不便な点を知りたい!

Zaimのヘルプを確認すると、手動で月末に支出として登録、月初に収入として残高に追加するらしいです。確かに少し面倒ですね。

クレジットカートやショッピングサイトを連携させると、必ず重複登録が発生しそう。連携登録する時に少し注意が必要ですね。

6.Zaimの登録から連携方法まで解説

ここからは、Zaimの登録から連携方法をまとめておくので、ぜひ参考にしてください。

※この解説ではAndroid端末を使用した例です。

step1.アプリをダウンロードする

スマホ、タブレットで使用する場合

下記公式サイトからアプリをダウンロードします。

Android:Google Play

iOS:App Store

パソコンで使用する場合

下記公式サイトから利用します。

公式サイト:オンライン家計簿「Zaim」

step2.ユーザー登録

ユーザー登録はメールアドレスとパスワードで新規作成するか、Facebookやgoogle+のアカウントを使用することができます。

ただし、Androidアプリの場合にはFacebookアカウントからのログインに対応していないので、メールアドレスで登録するかgoogle+アカウントを利用する方が良いでしょう。

step3.初期設定

ログインが完了したら、最低限以下の初期設定をすることをおすすめします。

  • カテゴリ設定
  • 予算設定

カテゴリ設定

メニュー「カテゴリ設定」をタップして登録しましょう。

Zaimは編集する項目ごとに「カテゴリ→サブカテゴリ(内訳)」の2段階で設定できます。カテゴリ名を変更したい場合は「編集」から、削除したい場合には「非表示」、カテゴリを追加したい場合にはフォルダボタンをタップします。

サブカテゴリ(内訳)設定も同様に設定できます。標準でかなり細かいカテゴリ設定がされているので、必要のないものを非表示するだけで設定できると思います。

予算設定

そもそも予算をいくらにすれば良いのかわからない方はバランス診断がおすすめです。

メニュー「バランス診断」をタップします。

自身の「世帯」「収入」「固定費(住宅費)」を入力するだけで、最適な予算を試算してくれます。

この試算結果を月の予算へ設定することもできるので便利です。

予算の登録は以下の2通りあります。

  • 総額のみ設定
  • カテゴリごとの設定

メニュー「月の予算」をタップして登録しましょう。

総額のみ設定の場合は、月全体の予算総額を入力します。カテゴリごとの設定の場合は、初期設定された予算を変更したいカテゴリをタップして入力します。

その他

上記以外にも、個人で出来るセキュリティ対策として起動時のパスコードロック設定や家賃や保険料などを自動で入力できる繰り返し設定はすることをおすすめします。

step4.銀行やクレジットカードの連携

次に、銀行口座やクレジットカードとの連携方法を説明します。

連携登録をするには、あらかじめご利用になりたい金融機関のオンラインバンキングやWeb明細書サービスへの登録が必要となるので、事前に確認してください。

メニュー「金融期間」をタップして登録しましょう。

銀行口座の連携

「銀行」をタップすると、連携登録できる銀行の一覧が表示されます。登録したい銀行をタップします。

銀行によって認証情報の入力内容が異なります。データの取得開始日は最長で 1年前まで指定できます。

登録が完了すると、Zaimで接続テストが行われます。

エラーや追加入力が必要な場合には赤色マークとなります。タップして再入力が必要があります。

緑色のマークになれば連携登録が完了です。

クレジットカードの連携

「クレジットカード」をタップすると、連携登録できるクレジットカードの一覧が表示されます。

登録したいクレジットカードをタップします。

金融機関によって認証情報が異なります。認証情報を登録して「連携する」をタップします。

金融機関一覧で緑色のマークになれば連携登録が完了です。

まとめ

簡単につけられる家計簿アプリZaimについて詳しくご紹介しました。

Zaimを使えばレシートからの自動入力はもちろん、銀行口座やクレジットカード連携など、とっても簡単に自動で家計簿入力ができます。

これから家計簿をつけたい方はもちろん、今の家計簿入力に不満がある方はぜひ、Zaimを活用してラクにさらに楽しく家計簿をつけてみませんか!

 

コメントはこちらからどうぞ!

*