ウェルスナビのリスク許容度はどれがおすすめ?徹底比較しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェスナビにはリスク許容度1〜5までの診断結果があります。どのリスク許容度で投資を行えばいいのかお困り中でしょうか?

また、そもそもリスク許容度とは何なのか気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から言いますと、診断結果のリスク許容度があなたに一番適しているのでその設定のままウェルスナビを契約した方がいいでしょう。

この記事では、ウェルスナビのリスク許容度について徹底解説。リスク許容度ごとの運用実績や変更方法も解説。

この記事を読めば、納得してリスク許容度の選択ができます。

1. リスク許容度とは?

そもそもリスク許容度とはなんなのでしょうか?

ウェルスナビ公式サイトには以下のように書かれています。

投資において「リスク」とは「不確実性」という意味で使用されます。リスク許容度とは、中長期的な資産形成を目指すにあたり、どの程度の不確実性を受け入れるかを示したものです。(引用:ウェルスナビ公式)

わかりやすく解説しますと「あなたはどのくらいの損失なら耐えられますか?」ということです。

例えば、100万円を投資していたら、1日で50万円まで減ってしまったとします。この時あなたはこの状況に耐えられますか?

もし耐えられないのでしたら、これはリスク許容度を超えていると言えます。

つまり、ウェルスナビのリスク許容度診断は「どのくらいの損失までなら投資を継続できるのか?」ということを投資家に聞いているのです。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

1-1. なぜリスク許容度の診断を行うのか?

リスク許容度の意味は理解できたけど、そもそもなんでこの診断を行うの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

結論から言いますと、リスク許容度の診断を行わないと長期投資を実践できないからです。

投資を成功させる秘訣は長期投資を行うことです。

以下の図をご覧ください。

上記はウェルスナビ公式サイトで公開されている「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

時にはリーマンショックやチャイナショックなどの金融危機もありました。しかし、影響は一時的なもので、最終的には元の水準に回復します。加えて、グラフは右肩上がりです。

つまり、長期投資さえ行えば、市場は伸びるので高確率で利益を出すことができるのです。

しかし、大多数の投資家がこの長期投資を実践することができません。

1-2. なぜ長期投資を実践できないのか?

理由は明白です。リスク許容度を超えた投資を行うと価格が下落しているときに売ってしまうからです。

例えば、リーマンショックのような金融危機が訪れ、100万円の投資金が50万円まで急落したとします。

リスク許容度を超えているとこの時点で怖くなって売ってしまうのです。

売ってしまたらその時点で長期投資はストップです。資産が減った状態で利確になるので、結果損失となります。

そのため、どの程度まで値下がりに耐えられるかを確認しておかなければ、長期投資を継続できなくなるのです。

よって、リスク許容度の診断は絶対に行わなければなりません。

2. 各リスク許容度ごとに運用実績を比較

ロボアドバイザーの運用実績

ロボアドバイザーを比較してわかった1番のおすすめはこれだ!』の記事でも、ウェルスナビをおすすめしていますが、気になるのはその運用実績ですよね。

ウェルスナビではリスク許容度診断の際に過去の運用実績のシミュレーション結果を見ることができます。

ここでは、2008年に100万円を入金し2017年までの運用したシミュレーション結果をリスク許容度ごとに比較します。

結論から言いますと、一番成績がよかったのはリスク許容度4です。

それでは、リスク許容度1から順番に見ていきましょう。

リスク許容度1

2008年から2017年末までの運用実績は合計+46%となっています。

リスク許容度1では最も低リスクの運用を行うので、2008年にリーマンショックを経験していますが、29%程度のマイナスでおさまっています。

リスク許容度2

2008年から2017年末までの運用実績は合計+56%となっています。

リスク許容度2も比較的低リスクの運用を行うので、2008年にリーマンショックを経験してもが、34%程度のマイナスでおさまっています。

リスク許容度3

2008年から2017年末までの運用実績は合計+59%となっています。

リスク許容度3は平均的なリスクで運用を行います。2008年のリーマンショック時には39%程度のマイナスとなっています。

リスク許容度4

2008年から2017年末までの運用実績は合計+60%となっています。

リスク許容度4は高めのリスクで運用を行います。2008年のリーマンショック時には44%程度のマイナスとなっています。

リスク許容度5

2008年から2017年末までの運用実績は合計+56%となっています。

リスク許容度5は最も高いリスクで運用を行います。2008年のリーマンショック時には48%程度のマイナスと最も下がりました、

結論!リスク許容度4が一番!

以上の結果から、リスク許容度4の運用実績が一番良いです。

しかし、将来の運用実績を予測するのはプロでも不可能です。リーマンショックという金融危機を経ても全ての運用実績でプラスとなっているので、長期投資を行えば、どのリスク許容度でも利益をだせると考えられます。

3. おすすめのリスク許容度は?

一番運用実績が良かったのはリスク許容度4でした。ではリスク許容度4が一番おすすめなのでしょうか?

結論から言いますと、あなたの診断結果におけるリスク許容度で投資を始めることを強くおすすめします。診断結果のリスク許容度があなたに一番適していると断言できます。

ウェルスナビで投資を行うなら、長期投資を行うことが鉄則です。

運用実績が高いリスク許容度に変更するのもいいですが、金融危機が起こった時に耐えられなくなってウェルスナビを解約してしまうでしょう。

そうなってしまっては今まで投資してきた分が水の泡です。

ウェルスナビで投資を行う際はリスク許容度診断の結果に従うことを強くおすすめします。

4. リスク許容度の変更方法を解説!

リスク許容度を変更したいと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

あまりオススメはしませんが、変更すること自体は簡単です。

変更方法を順にご説明いたします。

ウェルスナビの公式サイトからログインを行い、ナビゲーションを開きましょう。

そして、「詳細設定」をクリック。

上記のような画面が出てきますので、リスク許容度をお好みの数値に変更。

プランを決定」を押せば変更が完了します。

スマホでウェブを開く場合やスマートフォンアプリからも変更が可能です。

基本的な動作は上記と同じになります。

平日の20時までにリスク許容度を変更すると、通常その日の深夜にポートフォリオが再構築されます。

しかし、冒頭でも述べましたが、リスク許容度を変更すると長期投資を実践できなくなる恐れがあるので、基本的にはおすすめしません

5. ウェルスナビの運用実績をあげるにはどうすればいいの?

リスク許容度の変更に興味を持たれたということは、どのように運用すればウェルスナビの実績をあげられるのか気になったからではないでしょうか?

ウェルスナビの実績を上げるために必要なのは、リスク許容度を変更することではありません。

結論から言いますと、次の2つの投資方法を実践すれば、かなりの確率で運用実績を上げられます。

  1. 長期投資を行う
  2. 積立投資を行う

順に見ていきましょう。

5-1. 長期投資を行いましょう

冒頭でも述べましたが、着実に運用実績を伸ばしたいのなら長期投資を行いましょう。

投資理論的には保有する期間を長くすれば長くするほど、最初の時点より価格が上がっている可能性が高くなります。

近年ではギリシャ危機やリーマンショックなどの金融危機もありましたが、影響は一時的なもので、いづれ元の水準に回復しています。

そして、長期投資を確実に実践するために必要なことがリスク許容度診断なので、リスク許容度を変更することは基本的におすすめしません

5-2. 積立投資を行いましょう

積立投資も必ず実践しましょう。

積立投資とは、毎月定額の投資金をコツコツと積立ていく投資方法。言わば金融商品の「量」を増やして行く投資方法です。

投資のタイミングを気にする必要がなくなるので、高値掴みのリスクを回避することができます。

また景気が落ち込んだ時にも同額分を買い増すので、将来相場が上向きとなった時に元の水準に回復するのが早いというメリットもあります。

ウェルスナビには自動積立の機能がありますので、少額からでもいいので、必ず設定するようにしましょう

一回設定してしまえば、毎月口座から自動で引き落としてくれるので楽です。

ウェルスナビについてもっと知りたい方は、『ウェルスナビを契約する前に知っておくべき全知識』の記事をご覧ください。

まとめ

ウェルスナビのリスク許容度について解説しました。

どのリスク許容度で運用しようか迷っている人は、診断結果に従うことをおすすめします。

ウェルスナビで長期投資(10年以上)と積立投資を実践できてこそ、将来の大きな資産に繋がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントを残す

*