用語集

投資における「リスク」とは?

投資における「リスク」とは、投資から期待されるリターンに対する不確実性や、損失を受ける可能性を指します。

主要なリスクの種類には、市場リスク、信用リスク、流動性リスクなどがあります。

  • 市場リスク・・・市場の変動による影響を受けるリスク
  • 信用リスク・・・投資先が債務不履行になるリスク
  • 流動性リスク・・・投資を容易に現金化できないリスク

投資リスクを管理する方法として、分散投資があります。これは、異なる資産クラスや地域に投資することで、特定のリスクを分散し、リターンを安定させる戦略です。また、投資家は自身のリスク許容度に基づいて投資ポートフォリオを調整することが重要です。リスク許容度は、個人の財務状況、投資目標、投資期間などによって異なります。

投資のリスクには適切に対応することが求められ、それには市場動向の理解とともに、持続的なリスク評価と調整が不可欠です。リスク管理の効果的な手法には、リスク評価ツールの利用や、専門家による助言が含まれます。

投資における「リターン」とは?

投資における「リターン」とは、投資から得られる利益のことです。

リターンには、資本利得(株価の上昇などによる利益)と配当収入(株式や不動産などから得られる定期的な収入)の二つの主要な形態があります。

投資のリターンを評価する際には、リスクの程度も重要な考慮事項です。高リスクの投資は高リターンの可能性を持ちますが、損失のリスクも同様に高くなります。投資のリターンを評価するためには、リターン・オン・インベストメント(ROI)、内部収益率(IRR)などの指標が用いられます。これらの指標は、投資の経済的効果を測定するために設計されており、効率的な投資決定の助けになります。

現代ポートフォリオ理論

現代ポートフォリオ理論(MPT)は、投資のリスクとリターンのバランスを最適化するためのフレームワークです。

この理論は、ハリー・マルコウィッツによって1952年に提唱されました。

現代ポートフォリオ理論の核となる概念は分散投資であり、異なる資産クラスにまたがる投資を通じて、特定の市場リスクを軽減します。

現代ポートフォリオ理論はまた、効率的フロンティアという概念を用いて、与えられたリスクレベルで最大のリターンを生み出す資産の組み合わせを示します。これにより、投資家は自身のリスク許容度に基づいて最適なポートフォリオを選択することができます。

ただし、現代ポートフォリオ理論は市場が効率的に機能するという仮定に依存しているため、市場の非効率性や予測不可能なイベントが理論の限界を示すこともあります。

目次