【取材あり】実績評判に騙されないで!WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットと注意点

「ウェルスナビって本当に使うべきサービスなの?」とお調べ中ですか。

ウェルスナビは利用者No.1のロボアドバイザーサービス。放ったらかしで資産運用ができると好評です。

しかし、良い評判はたくさん耳にするけれど、実際にお金を預けるのはちょっと不安ですよね。

私も半信半疑でウェルスナビを使い始めましたが、使ってみて分かったのは、ネットの評判や実績記事にあるように「放置してがっぽり儲かる!」と言うのは間違いであること

正しくメリットとデメリットを知っておかなければ、損をした気分になってしまいます。

このことから、今後も本当に使い続けて大丈夫なのか?本当に読者におすすめして良いのか?などの疑問もありました。

そこで実際に、ウェルスナビを運営しているウェルスナビ株式会社に出向き、事業者の方から本当に信頼できるサービスなのかを見極めるために取材を敢行

事業者が直接読者にご紹介!ロボアドバイザー「ウェルスナビ」とは?想いまで伝えます!

お任せで投資ができると評判のウェルスナビ(WealthNavi)をこれから利用しようと検討しているところでしょうか? 自分の大切な資産を預けるのですから、しっかり納得して利用したいですよね。 そこで、 ...

続きを見る

-インタビュー記事からの抜粋-

お客さまが将来の資産形成をする上での、パートナー、伴走者としてウェルスナビを選んででいただければと思います。

仕事をして、退職をして、年金で生活するという一生を考えますと、老後をどうするかというのは、大切な問題だと思います。つまり、今働いているうちから備えていきましょうというのが、多くの人にとって必要な資産運用だと思います。

その前提にたったときに、長期でリスクを抑えながら運用する長期積立分散の資産運用。これが一番良いと。そして、この長期積立分散の資産運用を一番手軽にできるのがウェルスナビだと自負しています。

そして、私の投資実績と客観的見解、取材で得られた情報を通して、ウェルスナビは次のような人に最適なサービスであるとわかりました。

オススメな人

  • 投資を勉強する時間がないので全てをお任せしたい
  • 老後に向けて、資産形成したい
  • 金融経済に興味関心を持てるようになりたい
  • 自己投資や家族との時間を優先したい

この記事では、なぜこのように言えるのかを「ウェルスナビ」の良いところや残念なところにも触れながら解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビは、2016年にウェルスナビ株式会社がサービス開始したロボアドバイザー。

現在、人気No.1のロボアドバイザーとなっています。

人気の秘密は、投資するときに時間や手間のかかる「資産運用方針の決定・銘柄の選定・売買・メンテナンス」をすべて自動でしてくれること

放ったらかしで資産運用できるので、忙しいビジネスマンや主婦の方に大人気です。

私はウェルスナビとTHEO(ウェルスナビの競合ロボアドバイザーサービス)の両方を使っていますが、

・「個人にカスタマイズ」してくれる点や操作のしやすさではTHEO。

節税対策など資産形成向けのサービスが充実しているのがウェルスナビ。

と感じました。 

THEOは、利用者の50%がほぼ投資未経験者なのに対して、ウェルスナビは72%が投資経験者です。

経験者からも選ばれているということなので、迷ったときはウェルスナビから初めてみると良いかもしれません。

まずはそんなウェルスナビの運用実績についてみてみましょう。

WealthNaviの詳細情報
企業名 ウェルスナビ株式会社
サービス開始日 2016/7
投資対象の詳細 世界のETF
ファンド 7種類
ロボアドバイザータイプ 投資一任運用型
運用手数料 預かり資産の1%(税抜年率)
運用手数料割引 有り:最大10%OFF(長期割適応時)
最低投資金額 10万円
トータルコスト 手数料1%(税抜)+ ETF経費(最大0.14%/税抜)

2.ウェルスナビの利回りは?気になる運用実績を公開!

私は2017年11月上旬からウェルスナビを使い始めました。

最初の入金金額は10万円。その後、コツコツと積立投資をしています。

※積み立て投資とは、毎月一定額を決まった日に投資すること。

毎月末の時価評価額とトータル収益率は下記のとおりです。

現在(2020年9月30日)のトータル運用実績:6.08%

過去の運用実績一覧表
2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
1月末の実績 8.50% -2.96% 3.13%  
2月末の実績 0.17% 1.07% -0.06%  
3月末の実績 -12.16% 1.10% -3.96%  
4月末の実績 -4.62% 4.21% 0.01%  
5月末の実績 -0.64% -3.14% 0.01%  
6月末の実績 2.21% 1.55% -0.01%  
7月末の実績 5.18% 1.76% 2.78%  
8月末の実績 9.93% -1.11% 2.78%  
9月末の実績 6.08% 1.18% 3.21%  
10月末の実績  運用中 5.11% -4.60%  
11月末の実績   6.71% -1.62% 1.29%
12月末の実績   8.26% -9.60% 2.91%

2018年前半は米国の長期金利上昇、2018年後半は米中貿易戦争などの影響でマイナスになりました。

しかし、2019年度は+17%以上と絶好調でした。

2020年はコロナウイルスの影響もあり、相場は大きく-20%程度まで下落しましたが、順調に回復してきており、9月現在は絶好調な運用実績です。

今後も一時的にマイナスになることは考えられますが、基本的にはこのまま放置する予定です。

なぜなら、5年以内の短期だと損失が出やすい傾向があり、20年の長期で運用した場合、損失を出した人はほぼいなかったことが金融庁のレポートで明らかになっているからです。(参考:平成27事務年度金融レポートP52

また、1992年からのウェルスナビ資産運用シミュレーションをご紹介します。(当初100万円、毎月3万円を積立投資)

(引用:ウェルスナビ公式)

上記のように、一時期に金融危機などで運用実績が下がることがあっても、いずれは元の水準に戻っています

というのも、企業を経営するのは人だからです。

大変なことがあっても人はそれを乗り越えようと頑張るので、株価はいずれあるべきところに回帰します

なので、これからウェルスナビを使う予定がある人は、10年以上の長期で考えると失敗しにくいと思います。

運用経過は定期で更新していきますね。

3.なぜ、ウェルスナビをおすすめするのか?

私がウェルスナビをおすすめするのは、以下8つの理由からです。

ウェルスナビをおすすめする理由

  • 初心者には難しいプロセスを全て自動化してくれる
  • 金融経済に興味関心を持つきっかけになる
  • 節税機能「DeTAX(デタックス)」がある
  • 海外ETFで世界に分散投資できる!
  • 長期投資の心強い味方!積立投資が自動でできる!
  • ライフプラン機能で老後に必要なお金がわかる!
  • 確定申告が必要ない!
  • 振込手数料0円!お得で便利なクイック入金が使える

それぞれ、順番に見ていきましょう。

理由1. 初心者には難しいプロセスを全て自動化してくれる

ウェルスナビは投資に関わるプロセスをほとんど全て自動化しています。そのため、投資経験がない初心者でも、手軽かつ安心して資産運用できます。

例えるなら、金融に詳しい友達にお金を預けて、あとはお任せでやってもらうようなイメージです。

ロボアドバイザーを使わずに自分で投資しようとすると、

  • 膨大な知識を学んで資産運用方針を立て、
  • 時間をかけて投資する銘柄を選び、
  • 円をドルに変換したりタイミングを見て売買し、
  • 定期的なメンテナンスをする

といったことが必要になります。このような投資をするには膨大な知識と時間が必要なので、金融系の仕事についていない人だと、ちょっと始めにくいですよね。

ウェルスナビはこれらを自動化しているので、たった3つのステップで資産運用を始めることができます。

初心者はポートフォリオ作りで失敗する。。

単に資産運用といっても年齢や投資目的によって、ポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)は違います。ポートフォリオが適切に作れないと、自分の意図に反してハイリスクハイリターンな運用になってしまい、失敗することもあります。

ポートフォリオとは、どのような銘柄をどれくらい投資するべきか投資銘柄の構成バランスのこと。

資産運用では、資産の種類や地域を分散させることが重要です。

なぜなら、すでに成長しきっている企業だけに投資をすると、新しいテクノロジーの登場で株価が下がってしまったり、あまり利益が出ないことがあります。一方、新興国だけに投資するのもリスクが高すぎます。

そしてこれがとにかく大変なんです。。。

単純に有名ブランドの銘柄選んでしまうと手数料が高かったり、投資が途中で打ち切られたり、失敗することが少なくありません。

そこで、数ある銘柄から、

・株価指数を確認して市場全体をカバーできているか

・資産運用をずっと続けられる純資産総額は十分か

・コストパフォーマンスが良いか

などを自分で確認して、投資する銘柄を選ぶ必要があります。

本業でもない限り投資初心者の人がこれらをやるのは簡単ではありません。

ウェルスナビの場合

ウェルスナビは、あなたのリスクに対する考え方(リスク許容度)を診断し、最適なポートフォリオを提案してもらうことができます。

例えば、リスクを取ってリターンを得たい人には、価格変動が大きい株式が中心の値上がり重視になり、低リスク思考の人には、債権や金など価格変動が少ない銘柄が中心になるイメージですね。

ウェルスナビでは、厳密な調査を行い下記7つの銘柄を選定。これらの銘柄を組み合わせて個人のポートフォリオを作っています。

  • 米国株(VTI)
  • 日欧株(VEA)
  • 新興国株(VWO)
  • 米国債権(AGG)
  • 金(GLD)
  • 不動産(IYR)
  • 現金

例えば、VTIは米国のアップルやマイクロソフトなど、超有名企業の株が組み込まれている銘柄。VWOは中国のアリババなど、新興国23ヶ国の有望企業の銘柄が含まれています。

ウェルスナビでポートフォリオを作るために必要なのは「年齢・年収・金融資産額・毎月の積立額・資産運用の目的・株価が下落したら?」の6つの質問に答えるだけ。

特別な知識は必要なく、1分ほどで完了します。

ウェルスナビは、このように本来面倒な資産運用方針を立てたり、ポートフォリオを作るのを自動化させています。なので、6つの質問に答えて開設した口座に入金すると、あとはウェルスナビが自動で資産を運用してくれるので手間がかかりません。

自動でポートフィリオのズレを直してくれる(リバランス)

安定してお金を増やしていくためには、理想的な資産配分をキープするためのメンテナンス(リバランス)が不可欠です。

例えば、資産運用をスタートしたときに「資産を株式に60%、債権に40%に投資」とポートフォリオを作ったとしましょう。

始めたときのポートフォリオで運用を続けられたらいいのですが、銘柄によっては大きく利益を出したり、損失を出したりします。

損失を出さないためには、定期的にメンテナンスし、資産配分を元の状態に戻すことが重要なのですが、自分でこれをやろうとすると、かなりの知識と労力が必要になります。

その結果、自然とポートフォリオ比率は変化してしまいます。ウェルスナビではこれを自動的に修正してくれるのです。

つまり、手間も時間もかからず、理想的な資産バランスを維持し、利益をあげやすい状態にキープしてくれるんです。

本来であれば自分で調節しないといけないので、自動化してもらえるととても助かりますね。

理由2. 金融経済に興味関心を持つきっかけになる!

ウェルスナビは、誰でも簡単に将来のための資産形成を始めることができます

投資は実際にやってみないとわからないことが沢山あります。

実際にウェルスナビを始めてみると、日々のニュースや株価をチェックするようになり、より金融経済に興味関心が持てるようになります。

私も今では、個別株なども投資するようになりましたが、最初のきっかけはウェルスナビです。ウェルスナビから、金融経済に興味関心を持つようになり、そこで得られた知識は日々の仕事や生活に活かされています。

理由3. 節税機能「DeTAX(デタックス)」がある

ウェルスナビには「DeTAX(デタックス)」という節税機能があります。

配当やリバランスなどによって生じる税負担を、含み損を実現し相殺することにより翌年以降に繰り延べるサービスです。
実際の適用の可否はお客様のポートフォリオ組入銘柄の損益状況に依存し、税負担を必ず繰り延べることを保証するものではありません。
(引用:ウェルスナビ公式サイト

わかりやすく説明すると、その年の税金負担を先延ばしにして、税金を少なくする機能です。

※毎年必ず適応されるわけではなく、あくまでウェルスナビが税金を減らせると判断した場合のみ適応されます

DeTAXってどれくらいの効果があるの?

実はこの機能が意外にすごく、ウェルスナビ株式会社CEOの柴山さんはインタビューで次のように答えています。

運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

この原理を詳しく説明します。

利益(年間の分配金と売却益)が資産の2〜3%だとします。

もしDeTAXによって税金負担全額を相殺できた場合、一般的に売却益にかかる税率は20%ですから、利益2%×20%=0.4%。同様に利益3%×20%=0.6%

つまり、DeTAXによって手数料が実質0.4~0.6%ほど安くなるケースもあるということです。

短期的には小さなメリットかもしれませんが、長期でウェルスナビを利用するほど、軽減が積み重なっていき、本来は税金で取られるはずだった多くの資産を守ることができます

理由4. 海外ETFで世界に分散投資できる!

ウェルスナビは、海外の証券取引所に上場されている投資信託(海外ETF)で世界中に分散投資を行います。そのため、着実な資産運用を行うことができます。

海外ETFで投資を行えば低コストで世界中に分散投資ができるので、ロボアドバイザーでの資産運用に最も適した金融商品なのです。

日本の経済は年間1%以下の成長率ですが、世界経済は平均で年間3%以上成長しています。

つまり、世界を1つの国と捉えて世界中に分散投資を行えば、世界経済の成長メリットを享受できるのです。そのため、海外ETFに投資を行うことで、日本だけに投資を行うよりも着実に資産運用を行え、着実なリターンが見込めます

理由5. 長期投資の心強い味方!積立投資が自動でできる!

ウェルスナビなら、積立投資を自動で行うことができます。

積立投資とは、毎月に同額ずつ金融商品を購入していく投資方法です。言わば「量(口数)」を購入していく投資と言えます。定期的に積立投資を行うことにより、購入価格の高掴みなどのリスクを抑えた資産形成が可能となります。

自動積立の設定をスマホやPCで行えば、毎月自動で預金から資金を引き落とし最適な銘柄を買い付けてくれます。(最低1万円から)設定したら放置しておけばいいので、相場の状況によるストレスがありません。

積立投資の効果を詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビで積立はすべき?積立金額はいくらがいいの?徹底解説!」の記事を参考にしてください。

長期・積立・分散投資の重要性

そもそも投資で資産を増やすためには、「長期・積立・分散」投資が重要だと言われています。

家計が安定的な資産形成を行うためには、長期・積立・分散投資を促していくことが有効と考えられる。

引用:(平成28事務年度金融レポートP61

まず、20年以上保有すると収益がプラスになる傾向があるため、長期投資は有効です。また、積立投資は購入価格(平均取得購入)を低く抑える効果があるため、必ず行うべきでしょう。

また、WealthNaviは海外ETFで世界に分散投資を行います。

言わば、WealthNaviは、この資産形成に有効な「長期・分散・積立投資」を自動で行うサービスとも言えます。

長期投資をより続けたくなる「長期割」で手数料がより安く!

加えて、WealthNaviはあなたの長期投資を応援するために「長期割」という手数料の割引サービスを行っています。

50万円以上を運用している場合、長期で続けていると最大で0.9%まで手数料が安くなります。

長く続けようと考えている方はとってもお得になります!

理由6. ライフプラン機能で老後に必要なお金がわかる!

ウェルスナビには、退職時までに「老後資金」を蓄えておくことをサポートしてくれる「ライフプラン」機能があります。

退職時や年金の受給年齢、退職後の支出を入力すると、必要な老後の金額がわかります

ウェルスナビでどのように投資していけば、しっかり老後に備えることができるのかがわかります。

※ライフプラン機能は、ウェルスナビの口座開設を行なった後、アプリをダウンロードすることで利用できます。

理由7. 確定申告が必要ない!

ウェルスナビで口座を開設する際に、特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば基本的に確定申告を行う必要はありません

ウェルスナビが自動的に税金の計算や納付を行ってくれるからです。

ちなみに、ウェルスナビは海外ETFで運用を行っているために、配当金が日本と米国で二重課税されています。そこで、外国税額控除という控除を適用すれば配当に対する余分な税金を取り戻すことができます。(別途、確定申告の必要あり)

※運用金額が多額でなければ、外国税額控除を適用する必要性は低いですが、気になる方は税理士やお近くの税務署にお聞きください。

ウェルスナビの税金について詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビで確定申告は必要?税金関連(特定口座や外国税額控除)を徹底解説!」を参考にして下さい。

理由8. 振込手数料0円!お得で便利なクイック入金が使える

クイック入金とは、銀行のインターネットバンキングから24時間365日ウェルスナビの運用口座に入金できるサービス。

ウェルスナビは下記のサービスからクイック入金を行えば、手数料がかかりません

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

クイック入金を使えば、振込手数料がゼロ円になるだけでなく、入金後即ウェルスナビの運用口座に反映されます。

※出金するときの手数料は、いずれの場合も無料です。また、通常の振込も可能です。

4.ウェルスナビのデメリットと注意点

ウェルスナビについて契約する前に知っておくべきデメリットは次の5つです。

デメリット一覧
  • 手数料が少し高め
  • 始めるのに10万円必要
  • 短期的な高利益は見込めない
  • NISAに対応していない
  • 為替相場の影響を受ける

また次のような注意点もあります。

注意点一覧
  • 一時的に元本割れする可能性がある
  • 企業の倒産リスク

 

どれも使うのを避けるべき致命的な欠点ではありませんが、しっかり抑えておくことで納得して利用できますので、ご確認ください。

デメリット1.手数料が少し高め

ウェルスナビのサービス利用手数料は、預かり資産額の評価額の1%(年率、消費税別)。また、運用する金融商品に0.11〜014%のコスト(信託報酬)がかかります。

もし、ロボアドバイザーに頼らず投資ができる人なら、約1%の手数料は高いと思うかもしれません。

しかし、投資初心者や仕事が忙しい方にとっては約1%の手数料は妥当だと言えます。なぜなら、ウェルスナビで行っているのと同様の投資をしようとすると、買い付けの度に為替手数料が別途かかったり、ややこしい手続きが必要だからです。

具体的には、1%の手数料の中には下記の手数料がほぼ全て含まれています。

(引用:ウェルスナビ公式)

ウェルスナビなら、将来の資産形成に適した、堅実な資産運用である「長期・分散・積立」投資を全て自動化してくれます。

資産運用をお任せすることで、将来のお金に対する不安から解放され、家族との時間がより豊かになると考えると約1%の手数料は悪くないと言えます。

ウェルスナビの手数料についてより詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビの手数料は高いの?いつ支払われるの?計算方法まで徹底解説!」の記事を参考にして下さい。

デメリット2. 始めるのに10万円必要

ウェルスナビを始めるには10万円が必要になります。

投資初心者にとって10万円は少々ハードルが高いなと感じるかもしれませんね。

そんな方には、「WealthNavi for ネオモバ」の利用をオススメします。1万円からWealthNaviを始めることができます

しかし、WealthNavi for ネオモバの利用にはSBIネオモバイル証券の口座開設が別途必要になるので注意してください。また、後ほど紹介する太っ腹なキャンペーンも適応されないので、一番お得に始めたい人にはオススメできません

WealthNavi for ネオモバは、気軽にウェルスナビを始めたい人におすすめです。

WealthNavi for ネオモバについて
wealthnaviforneomoba-eyecatch
WealthNavi(ウェルスナビ)for ネオモバとWealthNaviとの違いは?どっちがオススメ?

『WealthNavi(ウェルスナビ) for ネオモバ』についてお調べ中ですね。 とくに『WealthNavi for ネオモバ』と本家『WealthNavi』の違いや、どちらがオススメorお得なの ...

続きを見る

デメリット3.短期的な高利益は見込めない

短期投資にウェルスナビは向きません。

そもそも、ロボアドバイザーは長期的な資産形成に適したサービス

そのため、短期的に大きなリターンを狙おうと思っている人には、FXや仮想通貨などが向いています。

短期投資とは、短い期間の値動きを読んで「安値で買って高値で売る」ことを目指した投資スタイルです。

1日〜数ヶ月単位で、今後の値動きを読んで投資をするため、読みが「当たったり」「ハズレたり」するのが短期投資の特徴。「今が買いだ!」とか「利益確定のために売ろう」という言葉は短期投資のときに使う言葉ですね。

残念ながらウェルスナビは、短期的な値動きを予測するロボアドバイザーではありません。

どちらかというと、日々の動きは意識せず、5~20年後に資産が増えるように長期投資を行います。

経済成長がマイナスになったのは、ここ50年でリーマンショック後の2009年のみ。その他は毎年3%ずつ成長しています。

資産価値は毎日のように上下変動しますが、ウェルスナビは短期投資のように「安く買って高く売る」ことで利益を得るのではなく、長期的な経済の上昇から利益を得ることを目指します

なので、長期で資産形成を考えている人には心強いパートナーとなりますが、短期で利益を上げたい人には向いていません。

デメリット4.NISAに対応していない

ウェルスナビは、NISA(少額投資非課税)に対応していません。これはウェルスナビに限らず、投資一任型ロボアドバイザー(完全放置できるタイプ)共通のデメリットです。

NISA(少額投資非課税制度)とは、NISA口座で投資した商品で利益が出ても税金を取られないという制度です。簡単に言えば、NISAを利用すれば、ロボアドバイザーを使うよりも手数料や税金を安く抑えられることもあります。

ただし、NISAでは自分で銘柄を選んだり、資産比率を調整したりする必要があるため、投資の知識がある程度は必要になりますので注意してください。

その点では、まずウェルスナビで投資を始めてみて、慣れてきたらNISAに移行している方もいらっしゃるようです。

関連記事
ウェルスナビでNISAは利用できるの?つみたてNISAとも徹底比較!

ウェルスナビでNISAが利用できるのかお調べ中でしょうか? また、ウェルスナビと「つみたて(積立)NISA」の違いについて、気になっている人もいるかもしれませんね。 結論から言いますと、ウェルスナビは ...

続きを見る

デメリット5. 為替相場の影響を受ける

ウェルスナビは海外ETFで投資を行うため、為替相場の影響を受けます。結果、円建てとドル建てで利益が変わってきます。

為替相場は短期間でも変動し続けます。この為替相場を予測することはプロの投資家でも至難の技と言われています。

えっじゃあどうすればいいの?と思うかもしれませんが、この為替相場の影響を最小限にするための方法があるのです。「積立投資」です!

積立投資とは、毎月定額の投資金をコツコツと積立ていく投資方法。積立投資を行えば、為替相場に左右されない投資を実現できるのです。

ウェルスナビにはこの積立投資を自動で行ってくれる機能があります。ウェルスナビを利用する際は自動積立の機能を利用することを強く推奨します。

ウェルスナビと為替相場の関係性や積立投資の効果について詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビの運用実績は円建て・ドル建てどちらで見ればいいの?」の記事を参考にして下さい。

ここからは知っておいたほうが2つの注意点についても見ていきましょう。

注意点1. 一時的に元本割れする可能性がある

実績の項目でも紹介しましたが、ウェルスナビ では一時的に元本割れを起こす可能性があります。

実際に、弊サイトも実績も新型コロナウイルスの影響で大きくマイナスとなりました。(現在は大きなプラスです。)

ロボアドバイザーは長期的な資産形成を目的としているために、それは将来の糧だと受け取って、一時的な損失を受け入れる姿勢が必要です。

また、積立投資の観点からは、下がれば底値で沢山の銘柄数を買い込むことができ有利だということも知っておきましょう。

注意点2. 企業の倒産リスク

企業の資金力を考えるとほぼあり得ないですが、ウェルスナビを運営しているウェルスナビ株式会社の倒産リスクもあります。

心配になりますが、会社が倒産しても基本的には全ての資産が戻ってきます

まず、日本投資者保護基金との契約で「1000万円までなら資産を返金すること」が公表されており、そのため、投資額が1000万円以下なら100%倒産してもお金が戻ってきます。

万が一、当社が破綻し、さらに分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客様の資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います。(引用:ウェルスナビ公式)

ちなみに、投資してる金融商品(海外ETF)は、世界最大規模の証券預託機関であるDTC(The Depository Trust Company)で管理されているので、安心です。

また、投資に行われていないウェルスナビ が預かっている一部の現金資産についても三井住友銀行、みずほ信託銀行およびりそな銀行に信託保全されているため問題ありません。

つまり、たとえ企業が倒産してもあなたの資産が返ってこないこないことはほぼあり得ません

5.ウェルスナビの評判は?

ウェルスナビは面倒な手続きを自動でやってくれるので、初めてロボアドバイザーを使う人に間違いなくおすすめできます。

しかし、本当に使いやすいのか、資産を増やすことができるのか気になりますよね?

そこで、ウェルスナビの評判や運用実績をご紹介します。

・運用益ってどう?
・本当に、完全放置で大丈夫?
・ウェルスナビのへ不満や不安

それぞれ順番にみていきましょう。

(1)運用益ってどう?

とくに目立ったのは、着実に資産が増えているという意見です。

 

 

(2)本当に、完全放置で大丈夫?

(3)ウェルスナビのへ不満や不安

6.ウェルスナビは、こんな人におすすめ!

ここまでウェルスナビの良いところと残念なところを見てきました。

私が思うに、ウェルスナビが向いている人と向いていない人は、次のように分けられると思っています。

ウェルスナビが向いている人 ウェルスナビが向いていない人
  • 投資を勉強する時間がないので全てをお任せしたい人
  • 老後に向けて、資産形成したい人
  • 金融経済に興味関心を持てるようになりたい人
  • 自己投資や家族との時間を優先したい人
  • 時間が十分にある若い人
  • 借金をたくさん抱えている人
  • 約3ヶ月分生活できる貯金がない人
  • 短期でお金を増やしたい人 

まず、「時間が十分にある若い人、借金をたくさん抱えている人、約3ヶ月分生活できる貯金がない人」には向いていません。

ここまで見てきた通り、ウェルスナビは自動で投資ができるので、「お金はあって投資したいけど、投資を勉強する時間がない。家族との時間も大事だしなぁ。」という人に向いています

また、若い人にとって一番大切なのは、自己投資です。しかし、将来のお金も心配ですよね?自己投資と資産運用を両方やるのは時間もないしハードルが高いです。

そんな方にも、ウェルスナビはおすすめ。資産運用はウェルスナビにお任せし、将来のお金の不安を解消。自分自身は本を買ったりビジネスの失敗経験を積むなど、自己投資に全力投球することができます。。

ちなみに、借金を抱えている人の場合、ウェルスナビの利益よりも借金の手数料の方が大きくなる可能性があります。ウェルスナビは短期的に稼げるわけではないため、この状態だと実質的に投資できていない状態になってしまうので、先に借金を返してしまうのが良いでしょう。

最後に、ある程度の貯金があると良いです。

投資は無理にするものではありません。生活ができなくなって、結局ウェルスナビから取り崩すことになると、本末転倒になってしまいます。

特に「老後のための資産を作りたいけど、忙しくて投資をする時間がなくて。。と言う人にウェルスナビはぴったりです!

それでは最後に、ウェルスナビのキャンペーンを紹介しておきますね。

7.キャンペーンで1番お得にウェルスナビを契約する方法

ここからは、ウェルスナビを1番お得に申し込める手順を説明しておきますね。

口座開設自体は無料で最短3分で完了します。また、オンラインで本人確認ができるので、郵便物を受け取る必要もなく、口座開設は最短翌営業日に完了し、すぐに投資ができます

手順1.タイアップキャンペーン専用窓口から申し込む

2020年9月現在、ウェルスナビを1番お得に申し込む方法は「サービス公開4周年記念キャンペーン」を使うことです。

2020年9月現在実施中のキャンペーン

  サービス公開4周年記念キャンペーン
(タイアップVer)
 
内容
  • 1000円プレゼント
    →弊サイト限定タイアップ特典
  • 最大5万円プレゼント
条件

 当サイトから申し込み
30万円以上の入金

エントリー締切 2020年9月30日23:59 

当サイト「マネとも!」はウェルスナビ株式会社とタイアップキャンペーンを実施しています。当サイトからウェルスナビに申し込み限定で現金1000円がプレゼントされます!

更に、サービス公開4周年記念キャンペーンで、更に+1000円プレゼント!

今始めるだけで、計2000円の現金がプレゼントされます。

ちなみにウェルスナビは、「WealthNavi for SBI証券」や「WealthNavi for ネオモバ」といったサービスから申し込むこともできます。

しかし、これらのサービスから申し込むと、手数料が安くなる長期割が使えないなどのデメリットがあります。そのため、ウェルスナビの公式サイトから申し込むのが1番お得ですし、プレゼント金も桁違いです!

キャンペーンがどれくらいお得かをチェックしたい方へ
必読
キャンペーンを使ってウェルスナビを1番お得に始める方法!9月更新

ウェルスナビのキャンペーンについてお調べ中でしょうか? お得に申し込むためには、キャンペーンをうまく使うことが大切です。 この記事では、キャンペーンを利用すればどれほどお得なのか?その詳細情報について ...

続きを見る

手順2.無料診断をしてリスク許容度を確認する

申込ページには「無料診断」と「口座開設」がありますが、無料診断で「リスク許容度」と「運用計画」を確認しておきましょう。

5つの質問に答えることで、あなたがどれくらいリスクを許容できるか(リスク許容度)を診断し、最適な資産運用のポートフォリオを提案してくれます。

どのリクス許容度がいいのかなぁと迷うかもしれませんが、ウェルスナビを使うときは診断結果通りに運用するのがおすすめです。

無理に高いリスク許容度にしてしまうと、「下落時に耐えられなくなって解約してしまったけど、長期投資していれば利益が出てたのに。。」と失敗してしまうことがあります。

リスク許容度は後から変更することも可能なので、まずは自分の傾向と合っている診断結果通りに運用するのがおすすめです。

詳しくは、『ウェルスナビのリスク許容度はどれがおすすめ?

手順3.源泉徴収ありの特定口座を選ぶ

診断結果に納得したら、基本情報の入力を行います。

このとき、ウェルスナビが資産運用するための口座を選択するのですが、確定申告をしたくない方は「特定口座(源泉徴収あり)」にしておきましょう。

「特定口座(源泉徴収あり)」では、簡単に言うとウェルスナビ株式会社があなたの代わりに税金の計算や納付を行ってくれます。

年間の利益が20万円以下の場合は確定申告が必要ないため、少額投資の場合は「源泉徴収なしの特定口座」にした方が良いこともあります。

しかし、少額から始めても長期で投資していると総資産額が100万円を超えてくるケースが多いと思いますので、基本的には「特定口座(源泉徴収あり)」を選んでおくのが良いでしょう。

口座開設の手続きが終了したら、2~3日後に登録した住所にハガキが届きます。

※オンラインで本人確認が完了する「クイック本人確認」を利用した場合、ハガキではなく登録完了のメールが最短翌営業日に届きます。基本的にはこちらを推奨します。

手順4.入金後、忘れずにエントリーする

口座開設が完了したら、ウェルスナビ口座へ入金を済ませ、キャンペーンにエントリーを行いましょう。

すぐ下にあるボタンから公式サイトに飛び、 「キャンペーンにエントリーする」をクリックして、キャンペーンにエントリーしましょう。3ヶ月分の手数料がキャッシュバックされます。加えてタイアップ特典で1500円のプレゼントも!約3ヶ月後、口座に振り込まれます。

このエントリーを期限内にできないと、プレゼント金を貰えないことがあるので注意が必要です!

また、銀行振込をするとき「三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・住信SBIネット銀行・ソニー銀行・イオン銀行」なら、振込手数料0円で振り込むことができますよ。

【補足】積立投資を利用しましょう

ウェルスナビは毎月金額を指定すれば自動で積み立てるサービスがあります。

このサービスは、毎月の資金に余裕があれば利用するのがオススメです。

積立投資によって得られるメリットはとても多いのです。毎月1万円からでもいいので積立設定を行い、積立投資を行いましょう。

ウェルスナビを最もお得に契約する方法が知りたい方はこちら「キャンペーンを使ってウェルスナビを1番お得に始める方法!」も参考にしてくださいね。

弊サイトはウェルスナビ株式会社に取材を行っております。こちら「事業者が直接読者にご紹介!ロボアドバイザー「ウェルスナビ」とは?想いまで伝えます!」の記事も合わせてご覧ください。

まとめ

ウェルスナビは、ポートフォリオの提案から国際分散投資、リバランスなど、将来の資産形成に適した、堅実な資産運用をおまかせできる世界水準のロボアドバイザー。No.1の顧客数が信用できるサービスであることを証明しています。

長期割など、あなたの資産形成を長い目で応援してくれるサービスも充実しています!

ウェルスナビに資産運用をお任せすることで、お金に対する不安から解放され、その時間を家族との触れ合いや、自己投資などに回せるようになります

実際に私も、将来の資産形成への不安はウェルスナビにお任せして、日々の仕事や趣味に熱中しています。

ぜひ、下記に当てはまる方はウェルスナビの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

オススメな人

  • 投資を勉強する時間がないので全てをお任せしたい
  • 老後に向けて、資産形成したい
  • 金融経済に興味関心を持てるようになりたい
  • 自己投資や家族との時間を優先したい

利用するときは、お得なキャンペーンを活用してくださいね。

合わせて読みたい記事一覧

ウェルスナビのお得なキャンペーン情報
必読
キャンペーンを使ってウェルスナビを1番お得に始める方法!9月更新

ウェルスナビのキャンペーンについてお調べ中でしょうか? お得に申し込むためには、キャンペーンをうまく使うことが大切です。 この記事では、キャンペーンを利用すればどれほどお得なのか?その詳細情報について ...

続きを見る

なぜ積立投資をすべきなのか?
wealthnavi-tsumitate
ウェルスナビで積立はすべき?積立金額はいくらがいいの?徹底解説!

ウェルスナビで積立投資をした方がいいか、検討中でしょうか?または、積立額をいくらにしようか迷っているところかもしれませんね。 積立投資は、さまざまなところでおすすめされる投資方法ですが、ちゃんと納得し ...

続きを見る

ウェルスナビの手数料について
ウェルスナビの手数料は高いの?いつ支払われるの?計算方法まで徹底解説!

ウェルスナビの手数料についてお調べ中でしょうか? 手数料は投資を行っている間ずっと支払うものなので、安い方がいいですよね。 結論から言いますと、ウェルスナビの手数料は投資初心者にとっては妥当な手数料で ...

続きを見る

  • マネとも!ってどんなサイト?

マネとも!

Our Vision「人生を豊かにする手伝いを〜Enrich Lives〜」/ マネとも!は、読者様がお金に心配せず、自分らしく生きていけるように、事業者様からもヒアリングをしながら、本当におすすめできるプロダクトのみをご紹介するサイトです。

-ロボアドバイザー

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.