Kyashを使ってわかったメリットと重要な注意点!評判や使い方も紹介!

Kyashについてお調べ中ですね?

Kyashは「本人確認不要」「登録1分」で、すぐにVISAカードが使えるウォレットアプリです。

運営会社が行ったアンケート (2018年8月)では、なんと利用満足度95.4%!多くのユーザーが満足して使っていると分かります。

最大の特徴はキャッシュバック(ポイント還元)1%で、ポイントが最大4重取りもできること!しかし、セキュリティについて注意すべきアプリでもあります。

この記事では、Kyashについて分かりやすく解説。さらに、一番お得な使い方も紹介していきます。ぜひ 参考にしてください。

1. Kyashとは?

Kyashとは、スマホを使って支払いをするアプリの一つです。

同じようなアプリとして、「LINE Pay」や「Yahoo!ウォレット」などがあります。

これらのアプリとKyashの最大の違いは、本人確認なしでVISAカードが使えることです。

本人確認なしで使えるだけでもメリットですが、実際にKyashを使っている私が感じた「とくに良かったKyashのメリット」は以下の通りです。

Kyashのメリットまとめ

  • VISAカードなので、普段使いができる
  • キャッシュバック(ポイント還元)1%!
  • クレジットカードチャージなら、ポイント2重取り確定
  • 利用金額の管理が楽

「VISA」なのでクレジットカードと同じように感じますが、Kyashの方が断然使いやすくて、お得です。

まずは、Kyashは具体的にどのように使うのか見ていきましょう。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

2. Kyashの使い方

Kyashの使い方には「バーチャルカード」と「リアルカード」の2つがあります。

どちらもVISAカードとして使えます。

それぞれの具体的な使い方を見ていきましょう。

バーチャルカード

バーチャルカードは、インターネットで決済するときに利用します。

クレジットカードと同じように、「カード番号」「カード名義」「カード有効期限」「セキュリティコード」を入力するだけ。Amazonや楽天市場はもちろん、ライブのチケット購入やメルカリまで幅広く使えます

ここで注意したいのが、カード名義です

一般的なクレジットカードだと、購入時に自分の名前を入力しますよね。しかし、Kyashで支払う場合は「KYASH MEMBER」というカード名義にする必要があります。 入力するとき間違えないようにしましょう。

ちなみに「ネットでクレジットカードを利用するとき、直接入力が面倒。。。。」という人でも、アプリから簡単にカード情報をコピーペーストできます。

アプリを開いて、表示されるカードをタップすると、カード情報が表示されます。それぞれのカード情報をタップするだけでコピーできるので、そのままECサイトの「カード情報入力画面」にペーストすることができます

リアルカード

リアルカードとは、実店舗で使えるカードです。

利用するには「発行申請」をする必要があります。1〜2週間後に郵送で届きます

リアルカードは、VISA加盟店で利用可能です。クレジットカードが扱えるお店なら基本的にVISAを取り扱っているので、いろんな店舗で利用ができますよ。

ただし、暗証番号の入力が必要な店舗の場合、直筆サインが求められます。Kyashは暗証番号の登録がないので、その代わりの本人確認手続きです。

直筆サインが面倒な方はリアルカードは使わず、バーチャルカードのみの利用で良いでしょう。

Kyashのチャージ方法

Kyashは、事前にお金をチャージすることで利用できます

Kyashのチャージ方法は、以下の通りです。

手動チャージ

  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATMペイジー
  • コンビニ
  • クレジットカード

自動チャージ

  • クレジットカード

オススメは、断然クレジットカードでのチャージ!なぜなら、チャージの手間がほぼないからです。

銀行やコンビニでのチャージは「必要な金額だけチャージできる」というメリットがありますが、専用端末やレジでの手続きが面倒です。また銀行ATMペイジーだと、大手銀行や一部地方銀行に限られます

一方でクレジットカードチャージはスマホだけでチャージが完了。クレジットカードでも、必要な金額だけチャージできる機能があります。

使い方は「事前にKyashにクレジットカードを登録し、お好みのチャージ方法を選ぶだけ」です

手動チャージは、画面の「カードチャージ」から、1,000円単位でチャージしたい金額を入力して「チャージ」をタップすれば完了です。
自動チャージは、決済時にKyashの残高が足りなくても、必要な金額だけクレジットカードから自動チャージされ、そのまま決済してくれます。

自動チャージの注意点は、クレジットカードを登録すると自動で設定されることです。自動チャージをしたくないときは、事前に自分でチャージをしておくか、カードを登録しないようにしましょう

しかし、それでも私は自動チャージをオススメします。

スマホ一台で完結するとはいえ、残高が切れるたびにチャージするのも面倒だからです。また、どれくらい利用したか履歴をすぐにチェックできるのもポイントですね。

3. Kyashを使ってみて良かったところ

それでは、具体的なKyashのメリットについて説明していきます。

Kyashのメリット一覧

  • VISAカードとして使えるから、利用の幅が広い!
  • お買い物価格の1%ポイント還元でスグに使える!
  • クレジットカードでチャージなら、2重取り確定!
  • 送金・請求機能が使える!
  • 年会費・手数料無料!
  • 利用額が一目ですぐにわかる!
  • 外部アプリとの連携も充実!

順に見ていきましょう!

メリット1. VISAカードとして使えるから、利用の幅が広い!

KyashはVISAカードとして利用できるので、普段のクレジットカードとほぼ同じように使えます

VISAという国際ブランドなので、クレジットカード決済ができるお店なら、ほぼ確実に利用できます。

さらにKyashは、GooglePay」やQUICPayにも対応

おサイフケータイ対応のAndroidスマホなら、カードすら出さずにスマホで決済できるので利用の幅がグッと広くなります。

ただし、GooglePayやQUICPayでお支払いした場合はポイントは還元されないので注意しましょう。

メリット2. お買い物価格の1%ポイント還元でスグに使える!

Kyashの魅力は、リアルカードの場合誰でも1%のキャッシュバック(ポイント還元)があります。

利用した金額の1%が、そのままKyashポイントとして付与。1ポイント=1円でKyash残高にチャージできます。

一方、バーチャルカードの還元率は0.5%(小数点未満切り捨て)

このような点から、Kyashを利用するならリアルカード発行が必須ですね。

ポイントの使い方は、Kyashポイントを残高にチャージするだけ。スグにVISAが扱える店舗で利用できますよ!

(補足)いつポイント還元されるの?

公式によると、キャッシュバックの時期は下記の通りと記載されています。

  • 売上確定タイミングにてポイントが確定し還元されます。
  • 売上未確定の場合、ポイント未確定のままとなります。
    (引用:Kyash公式

つまり、お店へのお支払いが確定した時にポイントが還元されるということです。

お店によりますが、最速ならお支払い当日にポイントが還元されますよ。

ポイントの付与状況は、アプリでスグにチェックできます。

ちなみに、キャッシュバック金額は一回のお買い物価格の1%分の合計となります。小数点以下は切り捨てです。

またバーチャルカードを利用した場合の還元率は0.5%なので、利用したお店によって還元率が異なることに注意しましょう。

▼11,000円のお買い物
11,000 × 0.01 = 110 → 110ポイント

▼198円のお買い物
198 × 0.01 = 1.98 → 1ポイント

▼この場合のポイント還元合計

110+1=111ポイント

メリット3. クレジットカードでチャージなら、2重取り確定!

Kyashはクレジットカードでチャージできるため、ポイントの2重取りが可能です!

例えば、Kyashに楽天カードを登録し、1,000円のお買い物をしたとしましょう。

楽天カードのポイント還元率1%+Kyashリアルカード利用1%」なので、この場合実質2%の還元が実現します。

さらにKyashはVISAカードでもあるので、各種スマホ決済アプリとの連携すれば三重取り、ポイントカードも利用すれば驚異の4重取りが実現できます!

詳しくは後ほど「最大4重取りも可能⁈Kyashの一番お得な使い方」で説明します。

メリット4. 送金・請求機能が使える!

Kyashは、個人間の送金と請求ができます。飲み会の割り勘や旅行代金の立て替えなど、面倒な支払いを事前に一度に済ませて後日スマホで送金・請求することが可能です。

具体的なやり方は、アプリトップ画面下の「送金・請求」から行います。

アプリ内に登録している連絡先から選択するだけで簡単にできますが、もし連絡先が分からない場合は「QRコード」や「リンクの作成」でも行えます。

送金金額は一度に最大10万円、請求も一度に最大人数10人まで。上限を超える場合は、回数を分けて行う必要があります。

メリット5. 年会費・手数料無料!

「ここまで便利なKyashなら、年会費・手数料が高いんじゃ。。。」 と思うかもしれませんね。

Kyashは、利用にかかる費用が無料です!

無料で本人確認もナシでVISAカードが使え、しかもポイント還元も受けられるのでどんでもない太っ腹ですね。

メリット6. 利用額が一目ですぐにわかる!

このように便利かつ無料で使えると、ついつい使いすぎてしまいますよね。

でもKyashは、どれくらい利用したか簡単に確認できるので安心です。さらに、お買い物をした瞬間から反映されるので、いつ何に使ったのか、スグに確認できます。

メニューの「履歴」をタップすれば、当月の利用金額が一目で確認できます。

さらに「いつ」「どこで」「いくら」使ったのか、一つひとつの買い物についても細かく確認することが可能です。

過去の利用金額も月ごとに確認できます。

クレジットカードだと履歴の更新に時間がかかる場合があるので、リアルタイムでお金の管理ができるのは、とても嬉しい機能ですね。

メリット7. 外部アプリとの連携も充実!

「でも、Kyashだけ管理できても意味ないよ。家計全体で管理できないの?」
って思いますよね。

なんとKyashは家計簿アプリ「マネーフォアード」など、外部アプリとの連携機能も充実しています。

主に外部連携できるアプリは以下の通り。

家計簿アプリはもちろん、ポイント交換サービスや売上金をKyash残高にチャージできると、連携できるサービスがたくさんありますね。

実際に私もPolcaを利用して支援を募った際、支援金をKyashに即チャージでき、スグに支援金を使うことができたので、とても助かりました!

4. 使ってわかった、Kyashの注意点

ここからは、Kyashを利用する上での注意点を説明していきます。

使ったからこそ分かった部分もありますので、利用前にぜひチェックしてくださいね。

Kyashの注意点一覧

  • 月々の上限が低く、カード自体に利用限度額がある
  • キャッシュバック対象外もある
  • リアルカードが使えないパターンがある
  • 一度送金したら取り消せない!
  • クレカの明細から使用用途がわからない
  • 連携できるクレジットカードはVISAとMasterのみ

大事なのでしっかり理解しておきましょう!

知っておけば、より安心して使えます!

注意点1. 月々の上限が低く、カード自体に利用限度額がある

これがKyash最大のデメリットですね。

バーチャルカードの1回のご利用限度額は3万円リアルカードの場合は5万円と大きなお買い物ができません。 さらに、月の利用限度が12万円と制限されています。

極めつけは、カード自体の利用限度は100万円です。

カードの期限は5年間ですが、月に5万円使うだけでも2年ほどで上限100万円を超えてしまいます。

もし利用限度額に達した場合は、Kyash VISAカードを更新することで引き続き利用できます。そのときは会社から通達が届くので、その指示に従いましょう。

限度額一覧

  • 1回の利用限度額(バーチャルカード)→3万円
  • 1回の利用限度額(リアルカード)→5万円
  • 月の利用限度額→12万円
  • カードの上限額→100万円

しっかり押さえておきましょう!

注意点2. キャッシュバック対象外もある

残念ながらキャッシュバック対象外があります

対象外一覧>

・売上未確定のままのお取引
・Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い
・交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
・鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
・モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
・税金のお支払い
・ふるさと納税、税金各種
・公共料金のお支払い(Kyash Visaカードがご利用いただけない場合もございます。)
・寄付金のお支払い
・金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
・また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
・郵便局の販売サイトでのお支払い
・造幣局の販売サイトでのお支払い
・代金未回収が発生しているお取引
・本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

(引用:公式サイト

とくに注意したいのがSuicaのチャージでしょうか

Suicaを含めた電子マネーへのチャージはキャッシュバック対象とはなりません。

しかし制限がありながらも、便利なのは間違いないので使い分けがポイントになりますね

コンビニなどの普段使いではとっても相性が良いでしょう!

注意点3. リアルカードが使えないパターンがある

VISAカードとして使えるKyashですが、ネットと実店舗ともに使えないケースがあります。

リアルカードがつかえないケース

  • 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
  • 一部の月額・継続契約の利用料金 ガソリンスタンド
  • 高速道路通行料金 航空会社・航空券 ホテル(ホテル内の店舗)
  • レンタカーのご利用料金
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金
  • nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
  • 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
  • 4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
  • ICチップの読み取りが必要な加盟店
  • オフライン加盟店 海外の実店舗

先日実家近くのスーパーでKyashを使おうとしたのですが、決済できませんでした…。

おそらく、オフラインでのカード決済だったのが原因でしょう。

したがって、「KyashはVISAカードとして扱えるから」とリアルカードを過信せず、保険としてクレジットカードや現金もしっかり持っておきましょう

注意点4. 一度送金したら取り消せない!

送金機能ですが、一度送金相手を間違えてしまうと取り消しができません

送金するときは、ちゃんと相手を確認してから送金しましょう!

また送金・請求については、運営会社が直接関係しているわけではありません。トラブルの対応はしてくれないので注意です!

ただリンク作成での送金の際、相手が送金を受けないまま72時間経てば、受理されない場合は自動取り消しされます。

注意点5. クレカの明細から使用用途がわからない

https://platform.twitter.com/widgets.js

支払いをKyashにすると、設定しているクレジットカードの明細は「KYASH」という表記で統一されます。

この場合、用途を確認するにはKyashを開く必要があるので少々面倒です。

ただマネーフォワードなど提携している家計簿アプリなら明細が詳細に表示されますので、「何に使ったっけ・・・」ということはありません。

家計簿アプリなら、Kyashに限らずいろんなお支払い方法を一括で管理できるので、気になる方はぜひ以下の記事をチェックしてみてください。

注意点6. 連携できるクレジットカードはVISAとMasterのみ

クレジットカードと連携させることで真価を発揮するKyashですが、紐づけられるブランドがVISAとMasterのみ。

AMEXやJCB等は連携できません。

主要なブランドは使えるとはいえ、JCBが使えないのは痛いですね…。

5. 最大4重取りも可能?Kyashの一番お得な使い方

ここから、Kyashを一番お得に使う方法について説明していきます。

ズバリ!Kyashが一番お得に使える方法はコチラ!

Kyashの一番お得な使い方

クレジットカードをKyashに連携→スマホ決済アプリやECサイト等の独自還元がされるサービスでお支払い

詳しく説明していきますね!

サービスによっては、3重取りも可能!

先ほども説明したように、クレジットカードチャージの場合、次の2つが適用されるので、2重取りが確定します。

2重取りのパターン

  • Kyashへチャージ(クレジットカード通常利用のポイント還元
  • Kyashで決済(金額の1%のポイント還元

しかしこれだけではもったいない!さらにポイントをもらうことができますよ!

ポイント還元が適用されるサービスにKyashを紐づけて利用しましょう!

これにより

3重取りのパターン

  • Kyashへチャージ(クレジットカード通常利用のポイント還元)
  • Kyashで決済(金額の1%のポイント還元)
  • 各種サービスのポイント還元

このように、ポイント3重取りが実現します!

現在、3重取りが可能なサービスには以下のようなものがあります。

  • 楽天Pay(200円で1ポイント)
  • PayPay(PayPayボーナス)
  • Origami Pay(お支払い金額の3%割引) 
  • Amazon(100円で1ポイント)
  • モスカード(3,000円以上の入金で1%のポイント還元)
  • スターバックスカード(50円で1ポイント)
  • ドトールバリューカード(2,000円以上チャージで5%〜の還元、商品購入100円で1ポイント)
  • Yahoo!ウォレット(100円で1ポイント)

<補足>Kyash残高はどのタイミングで引き落とされるの?

「スマホ決済アプリにKyashを紐づけて、コンビニで支払った際に、その瞬間にKyashの残高は減るのでしょうか?」という質問がありましたのでお答えしますと、一回一回の決済毎にKYASHの残高は減ります

一ヶ月分まとめて引かれるというわけではございません。

3重取りも甘い!夢の4重取りを実現!

3重取りでも終わりません。場合によってはなんと驚異の4重取りも実現しますよ!

パターンは下記の通り!

4重取りのパターン

  • Kyashへチャージ(クレジットカード通常利用のポイント還元)
  • Kyashで決済(金額の1%のポイント還元)
  • 各種サービスのポイント還元
  • 各種ポイントカード(基本1%)

基本的には3重とりと同じですが、追い打ちとして「dカード」「Ponta」「Tカード」など、主要のポイントカードが使えるお店で利用すれば、4重取りの実現です!

4重取り具体例をご紹介!

例えば、楽天カードを紐づけたKyashを楽天Payアプリと連携させて、コンビニのお支払い時に各種ポイントカードを提示してお支払いができます。

ポイントカードは決済とは別に行われるので、楽天Payと同時に提示できます。

したがって 『楽天カード(1%)+Kyash(1%)+楽天Pay(0.5%)+各種ポイントカード(基本1%)』で4重取り3.5%の還元率を実現です!

さらに2019年10月から2020年6月まで、「キャッシュレス・消費者還元事業」という政府の政策により、対象店舗でキャッシュレス決済すれば2%か5%のポイント還元等が受けられます!

したがって、うまく活用すれば10%近い還元を受けられますよ!

キャッシュレス・消費者還元事業について詳しく知りたい方は「【必見!】キャッシュレス・消費者還元事業とは?対象は?図解でわかりやすく解説します!」で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

このようなパターンは限らず、いろんなお得な使い方があると思いますので、あなた自身でKyashを使った「最強の還元率」を探してみてくださいね。

6. 口コミ・評判からわかったセキュリティリスクについて!

ここまで、Kyashのメリットや注意点などを見てきました。「実際に使ってみたい…!」と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、少しだけ待ってください!

弊サイトは実際に使ってみてレビューするだけでなく、SNSを駆使し徹底的にKyashを利用している人の意見をリサーチしました。

すると、便利さやキャッシュバックの高さを賞賛する意見が多くあった一方で、セキュリティ面を懸念する口コミや評判も多くあることを確認しました。

そこで最後に、これらの意見を踏まえて「Kyashとどのように付き合っていくべきか」を解説します。

まずは良い口コミから見てみましょう!

良い口コミ

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

このように、好意的な意見が非常に多いのがKyashの特徴。普通に使う分には、とっても便利なアプリです。

しかしながら、次のような口コミも。。。

懸念点を指摘する口コミ

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

一時期、自動チャージのエラーがあったようですが、こちらは復旧しているようです。

バグ報告や不正利用されたという口コミも見受けられました。

重要!Kyashとの付き合い方

以上の口コミから「Kyashは確かにお得だけど、セキュリティに関してはまだ不十分であるアプリ」というのが今のKyashに対する客観的な評価でしょう。

Kyash自体はとっても良いサービスだと思いますが、リスクがあることをしっかり理解した上で使いましょう

紛失・盗難・不正利用対策は?

便利なKyashですが、リアルカードも含め「紛失・盗難・不正利用にあったら・・・」と心配ですよね。

もし紛失・盗難・不正利用にあった場合は、Kyashアプリですぐ利用停止ができるので実行しましょう!

アプリの起動後、カードをタップして、一番下の「カードを一時ロックする」をオンにすれば完了です。

ただし、リアルカードも含めてバーチャルカードも利用できなくなるので、注意してください。

もし、リアルカードの盗難・紛失が原因で再発行したい場合は、メニューの「アカウント」をタップし、「お問い合わせ」画面から、Kyashへ問い合わせをしてください。

https://platform.twitter.com/widgets.js

3Dセキュア対応のクレジットカードと連携しよう!

もう一つのセキュリティ対策として、紐づけるクレジットカードを3Dセキュアに対応したものを紐づけることです。

3Dセキュアとはクレジットカードの本人確認機能です。クレジットカード発行元によって名前が異なりますが、総称して「3Dセキュア」と呼ばれています。

楽天カードやヤフー!カードなど、主要なクレジットカードは全て3Dセキュア対応しているので、もしクレジットカードと連携してKyashを使いたい場合は対応しているものを選びましょう。

Kyashアプリから新しいクレジットカードを登録する際、3Dセキュアの認証が完了していないカードは認証手続き画面へ自動的に移動します。

Kyashアカウントのパスワードを入力して認証を完了させましょう。

7. 登録1分で利用可能!Kyashの登録方法

それでは、Kyashの登録方法について解説していきます。

バーチャルカードだけの利用ならば、ダウンロード1分で利用開始できます!

バーチャルカードの登録方法から解説していきます。

バーチャルカードの登録方法

①アプリダウンロード

まずは、Kyashのアプリをダウンロードしましょう!

<ダウンロードはこちらから可能です>

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

②新規登録

Facebookかメールアドレスで新規登録を行います。 基本的には、Facebookをおすすめします。

理由は、友達がKyashを使っている場合、送金・請求の際アドレス帳が表示されるからです。簡単に送金・請求が行えるので、便利ですよ。

③必要事項を入力

「本名」「ユーザー名」「メールアドレス」「ログインパスワード」を入力し、「次へ」をタップします。本名が正しいか確認されるので、「はい」を選択して進みましょう。

次に生年月日を入力して、登録完了です。

④SMS認証

最後にSMS認証です。 携帯電話番号を入力し、SMSで届いた番号を入力しましょう。

⑤リアルカードの発行の有無

このままリアルカード発行の手続きに進めますが、後からでも手続き可能なので、好きなときに発行してください。

⑥バーチャルカード利用開始!

これでバーチャルカードの発行は完了です!ここまでたったの1分でできます。

リアルカードの発行

最後にリアルカードの発行の方法です。

トップ画面の「アカウント」メニューをタップし、「リアルカードを申し込む」をタップしましょう。

「名前」「メールアドレス」「住所」「携帯電話番号」を入力し、「内容を送信」をタップすれば完了です!

おおよそ、1〜2週間後に届きますアプリでリアルカードの有効化の手続きをして、利用可能になります。

まとめ

Kyashは、誰でも簡単にVISAカードが使えるウォレットアプリ。

無条件でできるキャッシュバック(ポイント還元)1%と、クレジットカードや他のアプリと連携することで、最大ポイント4重取りが可能になります。

しかし、セキュリティが不十分な点もあるので、利用するときは注意しましょう!

上限はあるものの、たくさんキャッシュバックをもらえて、お得に生活できます!

この記事が参考になったのなら幸いです。

<ダウンロードはこちらから>

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

  

マネとも公式SNSもやっています

コメント

  1. ksgfish より:

    はじめまして。
    サイトを見て楽天ペイにkyashのリアルカードを登録したのですが、いざ店で利用しようとしてバーコードを読んでもらうと、利用できませんと表示されてダメでした。
    楽天ペイアプリのバーコード画面にはちゃんとkyashリアルカードが表示されているのですが、店によって使える店と使えない店があるのでしょうか?

    ちなみに、念のため支払い元の設定を確認すると、現在選択中の表示はkyashリアルカードに付いていますが、左端の緑の○印(選択マーク)は別途登録している楽天カードに付いています。

    1. マネとも!編集部 より:

      マネとも!管理人でございます。
      私の方で利用してみましたが、正常に利用できましたので設定に不備があるのではと思います。
      まず、Kyashの方で、クレカ登録およびオートチャージ設定が正常にできているかをご確認くださいませ。
      また、これ以上のご質問は誠の申し訳ございませんが、Kyashの運営元(https://support.kyash.co/hc/ja/requests/new)に聞くのがもっとも良いかと思います。
      よろしくお願いいたします。

  2. Richy より:

    こんにちは、非常にためになるページをありがとうございます。
    残念ながら、モバイルスイカは、6000円以上でも現在は対象外のようです。涙

    ※モバイルSuicaへのチャージ、購入について2019年2月3日0時以降のお取引より対象外となります。
    2019年2月2日までの6,000円以上/回のお取引で、2019年2月末日までに売上が成立している場合のみ対象となります。

    https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360001458607-キャッシュバックについて

    1. マネとも!編集部 より:

      マネとも!管理人でございます。
      こちらこそ、お読み頂きありがとうございます。

      また、情報提供感謝いたします。
      該当する箇所を記事へと反映させました。
      今後とも、有意義な情報提供を心がけます。

  3. marty より:

    マネとも!編集部 殿

    とても分かり易い記事をまとめて下さり、ありがとうございます。
    それでもし情報がございましたらご教示いただけると有り難いのですが、
    じつは自分の知り合いはクレカを所有しておらず、スマホの格安SIMを利用できれば月額使用料金を抑えられる訳ですが、やはりこのような支払いに Kyash は対応していないのでしょうか?
    この点に関して何か情報がございましたらご返答いただけると助かります。
    以上、宜しくお願い致します。

    1. マネとも!編集部 より:

      マネとも!編集部です。
      ありがたいお言葉が励みになります。

      頂きましたご質問に回答いたします。
      確かに、仰ることもわかりますが、コチラの公式ページでも記載されてる通り、携帯代等の継続支払いには対応していないようです。
      何卒、ご了承くださいませ。

  4. arms より:

    楽天payは3dセキュア対応カードしか登録できないので
    Kyashと紐付けできないですよね?

    前はできたのかな?てか私はなにか勘違いしてる?

    1. マネとも!編集部 より:

      arms様
      当記事をお読みいただきありがとうございます。
      マネとも!編集部です。ご質問にお答えいたします。
      おっしゃる通り、楽天ペイは3Dセキュア対応のカードのみ登録できます。
      しかし、2019年6月17日以降に登録されたKyashは3Dセキュア対応しています。
      まずは、お持ちのKyashの登録日を確認してみてください。
      何卒、よろしくお願いいたします。

      1. arms より:

        お返事ありがとうございます
        やはり最新版の楽天ペイでは3Dセキュア必須になったので新規登録できないみたいですカード登録の時に3Dセキュアのパスワード入力求められます

        前バージョンで登録済みの人は最新版でも使えるようですが
        恐らく一旦紐付けるカードを変更してKyashに
        元に戻す際には弾かれると思います
        後Kyash自体は3Dセキュア未対応です
        公式のFAQにも明言されています
        2019年6月17日のやつはkyashにチャージするカードの3Dセキュアに対応しただけです

        1. マネとも!編集部 より:

          マネとも!編集部です。
          お返事ありがとうございます。
          完全にこちらの不備で、混乱させてしまい申し訳ありませんでした。

          こちらでも確認した結果、Kyashの3Dセキュアは、Kyash自体が対応したのではなく、連携するクレジットカード・デビットカードが対応したということです。したがって、現時点で楽天ペイにKyashに登録は不可能ですね。

          ちなみにですが、アップデート前にKyashを登録した場合、現バージョンでも使えます。登録解除してまた登録する場合は、不可能だと考えられます。

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*