ウェルスナビで積立はすべき?積立金額はいくらがいいの?徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェルスナビで積立投資をしたほうがいいか検討中でしょうか?また、積立額をいくらにしようか迷っているところかもしれませんね。

積立投資は様々なところでおすすめされる投資方法ですが、ちゃんと納得して積立投資を行いたいですよね?

結論から言いますと、ウェルスナビでは積立投資を行うことを強く推奨します。積立投資を行わなければ、ウェルスナビを利用する意味がないと言っても過言ではありません。

ここでは、なぜウェルスナビで積立投資を行うべきかについて解説。また、毎月いくらずつ積立投資を行えばいいのかも解説。

この記事を読めば、納得してウェルスナビで積立投資を行うことができます。

1. 積立投資をすべき3つの真実!

結論から言いますと、ウェルスナビでの積立投資を行うことを強く推奨します。積立投資を行うからこそ、将来大きな資産を手にすることができると言っても過言ではありません。

積立投資とは、毎月1日など投資時期を決め、同時期に同額分の投資を行なっていく投資方法です。言わば、「口数」を積立ていく投資方法です。

【積立投資のイメージ】

(引用:ウェルスナビ公式)

積立投資は「ドルコスト平均法」とも言われています。

積立投資には以下の3つのメリットがあります。

  1.  投資の成績に一喜一憂しない
  2.  為替相場の影響を最小限にできる
  3. 上昇局面で大きな利益を出せる

順番に見ていきましょう。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

1-1.投資の成績に一喜一憂しない

積立投資では「毎月1日に1万円を投資」というように投資タイミングを決めるので相場の状況を見極める必要がありません

例えば、一点集中で投資した後に大暴落してしまうと大ショックですよね。人によっては立ち直れなくなります。

しかし、積立投資を行えば、このような心配をする必要はありません。毎月定額を積立てるだけなので相場の動向に左右さることがありません。

積立投資は心理的に優しい投資方法なのです。

1-2.為替相場の影響を最小限にできる

ウェルスナビで積立投資を行うことで為替相場の影響を最小限にすることができます

ウェルスナビは海外ETF(海外の証券取引所に上場されている投資信託)に投資を行います。そのため、以下の図のように円で実績を見た場合(円建て)とドルで実績を見た場合(ドル建て)で実績が変わってきます

また、次のグラフは2017年12月における為替相場(円とドル)の推移になります。

このように、12月という短期間でも為替相場は変動し続けます。また、この為替相場の動きを予測することはプロでもほぼ不可能です。

この為替相場の影響を最小限にできるのが「積立投資」です。

積立投資では、毎月定額の投資金をコツコツと積立ていくので為替相場に左右されない投資を実現できるのです。

ウェルスナビと為替相場の関係性についてより詳しく知りたい方はこちら「ウェルスナビの運用実績は円建て・ドル建てどちらで見ればいいの?」の記事を参考にして下さい。

1-3.上昇局面で大きな利益を出せる

積立投資では、金融危機時などの大きな下落相場でも同様の金額の口数を購入します。このような下落局面では価格が大きく下がるので、たくさんの量を買い込むことができます。そのため、相場が上場した時に一気に利益を上げることができます。

ここで、この積立投資の効果を実証するために、以下の金融商品A(仮)の値動きを使って検証したいと思います。

 

上記の値動きを使って以下の2パターンを比較します。

  • 1月、2月、3月、4月、5月にそれぞれ1000円ずつ投資を行い6月に売却。(積立投資あり)
  • 1月に5000円分投資を行い6月に売却。(積立投資なし)

6月の売却時にどのくらいの差が生じたのでしょうか。月ごとの購入口数と売却金額を求めたのでご確認ください。

積立投資あり/なしの両方とも合計投資額は5000円なので利益は出ていますが、積立投資を行っているのとそうでないのとでは、売却価格に2倍の差が生じました。

このように、積立投資を行えば下落相場の際に大量に買い込むことができ、その後相場が上場した時に一気に利益を上げることができるのです。

2. 積立投資のデメリット

ここは要チェック

一見万能そうに見える積立投資ですが、デメリットはないのかと気なりますよね?デメリットはあります。それは次の2点です。

  • 中長期的に上昇する金融商品に投資する必要がある
  • 長期投資を行わないと大きな効果を発揮しない

詳しく見ていきましょう!

2-1.中長期的に上昇する金融商品に投資する必要がある

せっかく積立投資を行っても、最終的に引き出した時点での合計金額が投資額を下回っていては意味がありません

そのため、積立投資では中長期的に値上がりする金融商品に投資を行わなくてなりません

中長期的に右肩上がりになる金融商品とは何か?

それはズバリ!世界経済です。

実は世界経済は平均で年間3%以上成長しています。

もちろん、金融ショック時には年間の成長率がマイナスになることもありますが、平均すると年間3%前後成長しています。

なぜ、世界経済は成長し続けるのかというと、それは経済力を表す計算式が「人口×生産性」であることに由来しています。

世界はこれからも人口も増え続け、テクノロジーの発展により生産性も上がります。よって、世界を1つの国と捉え世界中に分散投資すれば、中長期的に利益をあげられる可能性が高いのです。

ウェルスナビでは、主に以下の銘柄で世界に分散投資を行っています。

(引用:ウェルスナビ公式サイト

このため、積立投資の中長期的に値上がりする金融商品に投資を行わなくてならないというデメリットはあまり問題になりません。

2-2.長期投資を行わないと大きな効果を発揮しない

積立投資だけを行なっていれば問題ないかというと、決してそのようなことはなく、積立投資は長期的に継続するものだという考え方が必要です。

積立投資は投資する時期を分散することで大きく損をする確率を減らしていますが、逆に言えば短期的に大きく利益を上げる確率も減らしているのです

以下の図をご覧ください。

(引用:ウェルスナビ公式サイト

上記はウェルスナビ公式サイトで公開されている「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

注目すべきは1995年のあたりです。一時的に損失が出ていることがわかります。しかし、長期で見たときは大きな利益をあげています。

つまり、積立投資は長期で行う必要があります。具体的には10年以上と考えましょう。

しかし、しっかりした過去の実績データがあることから、積立投資で長期投資を継続すれば利益を出せる確証があるとも言い換えられます。

結論!基本的には積立投資をすべき!

基本的に、ウェルスナビでは積立投資を行うことを強く推奨します。

積立投資を行うことで、投資の成績に一喜一憂せず、為替相場の影響を最小限に抑え、金融危機もチャンスに変えることができます。

また、ウェルスナビは世界に分散投資を行っているので中長期的に利益をあげれる可能性が高く、積立投資との相性もバッチリです。

しかし、ウェルスナビで投資を行う以上、長期的に利用することが求められます。この点は、あなたがどのような資産形成をしたいのか、照らし合わせながら考えてみてください。

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3. 積立投資の設定方法を解説

さて、ウェルスナビで積立投資をしようと思ったのではないでしょうか?

長期的な目線で大きい資産を築きたいのでしたら、積立投資は行うようにしましょう!

ウェルスナビには自動積立の機能があります。一回設定してしまえば、毎月口座から自動で引き落としてくれるのでとても楽です。

積立投資の設定は、ログイン後「積立」から設定できます。

少額からでもいいので、必ず設定するようにしましょう

ボーナス月などに追加投資を行うこともできるのも嬉しいですね。

3-1.積立額はいくらにすればいいの?

毎月の積立額をいくらにすればいいか気になる人もいるでしょう?

ウェルスナビでは毎月1万円から積立投資を行うことができます。

積立投資の効果を最大限に引き出そうと思えば、最初に投資を始めた金額と同額の積立を行うのがいいでしょう。

しかし、ウェルスナビの投資最低額は10万円。毎月10万円の出費はキツイですよね?

結論から言いますと、あなたの生活の負担とならない程度の金額ならいくらでもいいでしょう。1万円でも大丈夫です。

大事なことは積立金額でなく、投資を長期的に継続できる環境です。投資で生活が苦しくなるのなら、投資金を作ることから始めましょう。

3-2.積立額の変更はできるの?

変更は簡単です。

ログイン後「積立」をクリックし「変更する」を押します。

「毎月の積立額」から金額を変更しましょう。

金額を変更したら、下にスクロールして「変更内容を確認する」を押せば完了です。

解約も簡単!

積立を解約したい場合は、下のボタンを押しましょう。

4. ウェルスナビで積立投資をする際に知っておくべきこと!

ここでは、ウェルスナビで積立投資をする際に知っておくと得することをご紹介。

それは次の3つです。

  1. 積立投資で手数料は取られない
  2. 積立金は引き落としは複数日から選択可、また入金後3日営業日後に反映される
  3. 積立額は2万円以上でないと買付が行われない※条件あり

順番に見ていきましょう。

4-1.積立投資で手数料は取られない

積立の際に手数料が取られると心配になっている人もいるかも知れませんね?

結論から言いますと、基本的に積立投資に手数料はかかりません。

※ほぼ全ての銀行に対応しています。

4-2.積立金は引き落としは複数日から選択可、また入金後3日営業日後に反映される

積立したお金がいつ口座に反映されるのか気になる人もいるかも知れませんね?

引き落とす日時は、毎月6.12.20.26.末日から選択することができます。

また銀行口座から引き落とされると3営業日後にウェルスナビの運用口座に振り込まれます。

4-3.積立額が2万円以上でないと買付が行われない※条件あり

公式サイトには、以下のようにあります。

・追加入金後の資産評価額が25万円未満
 →追加入金により現金部分が資産評価額の8%以上(目安)となると追加投資を行います。
・追加入金後の資産評価額が25万円以上
 →追加入金により現金部分が2万円以上(目安)となると追加投資を行います。(ウェルスナビ公式

つまり、25万円以上投資をしている人は積立額が2万円以上でなければ、ETFの買い付けが行われない点に注意が必要です。

つまり、初期投資金額が大きく、かつ毎月積立投資を行たい人は積立額を2万円以上に設定することをおすすめします。

5. ウェルスナビとつみたてNISAはどっちがおすすめ?

積立投資を聞くと、中にはつみたてNISAを思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

つみたてNISAの口座を解説すれば、投資額は毎年40万円を上限に20年間非課税で運用することができます。

中には「つみたてNISA」の方がウェルスナビよりいいんじゃなの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

結論を言いますと、ウェルスナビとつみたてNISAのどちらが向いているというのは人それぞれなので一概には言えませんが、あなたが投資初心者ならウェルスナビをオススメします!

ここで、ウェルスナビとつみたてNISAの特徴を比較する表を作ってみたので、見比べてみてください。

上記の表を踏まえてウェルスナビとつみたてNISAがそれぞれどのような人に向いているのかを解説します。

5-1. ウェルスナビはこんな人におすすめ!

ウェルスナビは次のような人におすすめです。







ウェルスナビのメリットは「ほったかしで投資できる点」「正しい投資を長期に渡って最小限のストレスで継続できる点」です。

そのため投資初心者に最適な投資方法です。

加えて、「投資の勉強がめんどくさい(知識がない)人」や「仕事が忙しい人」にもおすすめです。

一方、「自分で投資をしてみたい!」という人は無理に利用する必要もないでしょう。 

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

5-2. つみたてNISAはこんな人におすすめ!

つみたてNISAは次のような人におすすめです。







つみたてNISAのメリットは「コストを抑えた長期投資を実践できる点」でしょう。

よって、投資の知識があってかつ利益を最大限に求めた投資を実践したい人に最適です。

しかし、ウェルスナビのようにほったらかしでの投資はできません。投資銘柄の選定から、投資した後の調整まで全てを自分で行う必要があるので、投資初心者向けの投資方法とは言えません。

6. ウェルスナビの積立キャンペーン

現在ウェルスナビではお得なキャンペーンを実施中。

キャンペーン期間中に、「積立投資開始キャンペーン」にエントリーし、3回連続で自動積立による入金を行うと、最大3,000円がもらえます

こちらの記事ではウェルスナビのキャンペーン情報について丁寧に解説しています。

キャンペーンを利用することで、一年目の手数料をほぼ半額に抑えることができるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしょうか?

ウェルスナビの積立について解説しました。

積立投資は長期の資産形成に非常に効果的な投資方法なので、出来るだけ行うようにしましょう。

また、毎月の積立額は私生活に影響のない範囲で設定してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

     

    コメントを残す

    *