ロボアドバイザー

ウェルスナビでNISAは利用できるの?つみたてNISAとも徹底比較!

ウェルスナビでNISAが利用できるのかお調べ中でしょうか?

また、ウェルスナビと「つみたて(積立)NISA」の違いについて、気になっている人もいるかもしれませんね。

結論から言いますと、ウェルスナビはNISA口座で利用できません。また、つみたてNISAとウェルスナビはどちらが良いとは一概には言えません。向いている人が違うからです。

ここでは、ウェルスナビとNISAについて解説。また、つみたてNISAとの違いも明らかにした上で、ウェルスナビがどのような人に向いているのかを解説します。

この記事を読めば、ウェルスナビとつみたてNISAのどちらを利用すればいいのか分かり、納得してウェルスナビを検討できます。

スポンサーリンク

1. ウェルスナビはNISA口座で利用できるの?

ウェルスナビ公式には、以下のような記述があります。

NISAのご利用はできません。 
当社のサービスは最低投資額を設定させていただいていること、年2回のリバランスが実施されることの2点から、年間累計の買い付け金額がNISAで上限となっている120万円を超えることが多いと想定されるためです。(引用:ウェルスナビ公式)

このため、ウェルスナビをNISA口座で利用することはできません。

2. そもそもNISAってどんな制度?

そもそも、NISAとはどのような制度なのでしょうか?おさらいしておきましょう。

NISA(少額投資非課税制度)とは、NISA口座で投資した商品で利益が出ても、税金を取られないという制度

一般的に投資で利益が出た場合、利益に対して20.315%の税金がかかります。

しかし、NISA口座で運用する場合は税金がかかりません。つまり非課税となるのです。

これは、かなり大きなメリットですよね?しかし注意点もあります。

2-1. NISAのデメリットを徹底解説

ここは要チェック

非課税という大きなメリットがあるNISAですが、デメリットもあります。それは次の2点です。

  1. NISAの種類によって、年間の上限額が変わる
  2. 利益が上がり続ける銘柄に投資する必要がある

順に見てきましょう。

デメリット1:NISAの種類によって、年間の上限額が変わる

NISAには「現行NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、それぞれのNISAごとに年間の投資可能上限額が決まっています。

また、NISAの種類ごとにNISA口座を利用できる期間も決まっています。

各NISAの特徴を表にまとめましたので、ご覧ください。

NISAの種類年間投資上限額口座利用ができる期間
NISA120万円5年間
つみたてNISA40万円20年間
ジュニアNISA80万円5年間

上限があるという点に注意が必要です

デメリット2:利益が上がり続ける銘柄に投資する必要がある

NISA口座では、長期的に利益があがる銘柄に投資する必要があります。

まず、利益が非課税なので、そもそも利益が出ていないとNISAの意味がありません。また、損益通算もできません

一般的に口座で損失が出た場合、他の口座の利益と相殺させることができます。(損益通算)

NISAでは、この損益通算ができません。

例えば、ある口座で100万円の利益、NISA 口座で40万円の損失が出たとしましょう。損失が出たのがNISA口座でない場合、100万円から40万円を引いた60万円に対して約20.315%の税金が課されます。(損益通算ができる)

しかし、40万円の損失がでたのがNISA口座の場合は、100万円に全てに対して約20.315%の税金が課されるのです。

つまり、NISA口座では確実に利益を出すことが求められます

3. ウェルスナビとつみたてNISAはどっちがおすすめ?

NISAのメリット・デメリットについておさらいできたでしょうか?

中には「NISAの方が向いているかも?」と思った人もいるかもしれませんね。

つみたてNISAの投資額は、毎年40万円が上限です。また、つみたてNISAの口座を開設すれば、20年間非課税で運用することができます。

ウェルスナビも長期投資を前提とするサービスなので似ているように思えますが、どちらが向いているというのは人それぞれなので、一概には言えません

ウェルスナビとつみたてNISAの特徴を比較する表を作ってみたので、見比べてみてください。

 ウェルスナビつみたてNISA
投資の知識必要なしある程度必要
投資方針ほったらかしでOK自分で投資を行う
年間上限額上限なし年間40万円まで
投資可能期間上限なし最大20年間
投資対象ウェルスナビが自動的に選ぶ
長期投資に最適な海外ETF
国の選定基準を満たした
投資信託とETFから選択
手数料

最大1.04%
※長期割適応時

選択した金融商品によって異なる
最適投資金額10万円100円

上記の表を踏まえて、ウェルスナビとつみたてNISAがそれぞれどのような人におすすめなのか解説します。

3-1. ウェルスナビはこんな人におすすめ!

ウェルスナビは、次のような人におすすめです。






特に注目したいウェルスナビのメリットは

  • ほったかしで投資できる点
  • 正しい投資を長期に渡って最小限のストレスで継続できる点

です。

そのため、投資の知識が全くない投資未経験者にオススメの投資方法です。

加えて、「投資の勉強がめんどくさい人」や「仕事が忙しい人」にもおすすめです。

一方、「自分でコストを抑えて投資をしたい!」という人は、無理に利用する必要はないでしょう。 

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3-2. つみたてNISAはこんな人におすすめ!

つみたてNISAは、次のような人におすすめです。






つみたてNISAのメリットは「コストを抑えた長期投資ができる点」でしょう。

そのため、投資の知識があって、かつ利益を最大限に求めた投資を実践したい人に最適です。

しかし、ウェルスナビのように、ほったらかしでの投資はできません。投資銘柄の選定から、投資した後の調整まで全てを自分で行う必要があります。

まとめ 

いかがでしょうか?ウェルスナビはNISA口座では利用できません

ウェルスナビとつみたてNISAは向いている人が違うので、どちらが良いとは一概には言えません

そこでおすすめする方法としては、まずはウェルスナビで投資の感覚を掴んでみて、知識がついたら「つみたてNISA」に移行する方法です。このようにすれば、後々失敗することは少ないでしょう。

このままでいいや!と感じたら、そのままウェルスナビを利用し続けてもいいでしょう。

ウェルスナビが行うのは、当時合理性に基づいた、長期・分散・積立の資産運用なので、しっかり継続すれば将来の資産形成には役立つはずです。

ウェルスナビが本当に信頼できるロボアドバイザーなのか気になる人はこちらの記事も参考にしてみてください。

【取材あり】実績評判に騙されないで!WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットと3つの注意点

「ウェルスナビって本当に使うべきサービスなの?」とお調べ中ですか。 ウェルスナビは利用者No.1のロボアドバイザーサービス。放ったらかしで資産運用ができると好評です。 しかし、良い評判はたくさん耳にす ...

続きを見る

あなたに一番あった投資方法が見つかることを願っています。

タイアップ専用窓口は、こちらをクリック↓

スポンサーリンク

  • マネとも!ってどんなサイト?

マネとも!

Our Vision「人生を豊かにする手伝いを〜Enrich Lives〜」/ マネとも!は、読者様がお金に心配せず、自分らしく生きていけるように、事業者様からもヒアリングをしながら、本当におすすめできるプロダクトのみをご紹介するサイトです。

-ロボアドバイザー

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.