ウェルスナビでNISAは利用できるの?つみたてNISAとも徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェルスナビでNISAが利用できるのかお調べ中でしょうか?

また、ウェルスナビとつみたて(積立)NISAの違いについて気になっている人もいるかもしれませんね。

結論から言いますと、ウェルスナビはNISA口座で利用できません。また、つみたてNISAとウェルスナビはどちらが良いとは一概には言えません。向いている人が違うからです。

ここでは、ウェルスナビとNISAについて解説。また、つみたてNISAとの違いも明らかにした上で、ウェルスナビがどのような人に向いているのかを解説します。

この記事を読めば、ウェルスナビとつみたてNISAのどちらを利用すればいいのかがわかり、納得してウェルスナビを検討できます。

1. ウェルスナビはNISA口座で利用できるの?

ウェルスナビ公式には以下のような記述があります。

NISAのご利用はできません。 
当社のサービスは最低投資額を設定させていただいていること、年2回のリバランスが実施されることの2点から、年間累計の買い付け金額がNISAで上限となっている120万円を超えることが多いと想定されるためです。(引用:ウェルスナビ公式)

このため、ウェルスナビをNISA口座で利用することはできません。

2. そもそもNISAってどんな制度?

そもそもNISAとはどのような制度なのでしょうか?おさらいしておきましょう。

NISA(少額投資非課税制度)とは、NISA口座で投資した商品で利益が出ても税金を取られないという制度です。

一般的に投資で利益が出た場合、利益に対して20.315%の税金がかかります。

しかし、NISA口座で運用する場合は税金がかかりません。つまり非課税となるのです。税金がかからないということは確定申告も必要ありません

これはかなり大きなメリットですよね?しかし注意点もあります。

2-1. NISAのデメリットを徹底解説

ここは要チェック

非課税という、大きなメリットがあるNISAですが、デメリットもあります。それは次の2点です。

  1. NISAの種類によって、年間の上限額が変わる
  2. 絶対に利益を上げる必要がある

順に見てきましょう。

デメリット1:NISAの種類によって、年間の上限額が変わる

NISAには「現行NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、それぞれのNISAごとに年間の投資可能上限額が決まっています。

また、NISAの種類ごとにNISA口座を利用できる期間も決まっています。

各NISAの特徴を表にまとめましたのでご覧ください。

NISAの種類年間投資上限額口座利用ができる期間
NISA120万円5年間
つみたてNISA40万円20年間
ジュニアNISA80万円5年間

上限があるという点に注意が必要です

デメリット2:絶対に利益を上げる必要がある

NISA口座では、絶対に利益を上げる必要があります。

なぜなら損益通算ができないからです。

一般的に、ある口座で損失が出た場合、他の口座の利益と相殺させることができます。これを損益通算ができると言います。

NISAではこの損益通算ができません。

例えば、ある口座で100万円の利益、NISA 口座で40万円の損失が出たとします。損失が出たのがNISA口座でない場合、100万円から40万円を引いた60万円に対して約20.315%の税金が課されます。(損益通算ができる)

しかし、40万円の損失がでたのがNISA口座の場合は100万円に全てに対して約20.315%の税金が課されるのです。

つまり、NISA口座では確実に利益を出すことが求められます

3. ウェルスナビとつみたて(積立)NISAはどっちがおすすめ?

NISAのメリット・デメリットについておさらいできたでしょうか?

中にはNISAの方が向いていかも?と思った人もいるかもしれませんね。

ウェルスナビはよくNISA制度の中でも「つみたてNISA」をいう制度と比べられ議論になります。

つみたてNISAの投資額は毎年40万円が上限です。また、つみたてNISAの口座を開設すれば20年間非課税で運用することができます。

ウェルスナビも長期投資を前提とするサービスなので似ているように思えますが、どちらが向いているというのは人それぞれなので一概には言えません

ウェルスナビとつみたてNISAの特徴を比較する表を作ってみたので、見比べてみてください。

上記の表を踏まえてウェルスナビとつみたてNISAがそれぞれどのような人におすすめなのか解説します。

3-1. ウェルスナビはこんな人におすすめ!

ウェルスナビは次のような人におすすめです。







ウェルスナビのメリットは「ほったかしで投資できる点」「正しい投資を長期に渡って最小限のストレスで継続できる点」です。

そのため投資初心者に最適な投資方法です。

加えて、「投資の勉強がめんどくさい(知識がない)人」や「仕事が忙しい人」にもおすすめです。

一方、「自分で投資をしてみたい!」という人は無理に利用する必要もないでしょう。 

ウェルスナビの公式サイトは下の画像をクリック↓

3-2. つみたてNISAはこんな人におすすめ!

つみたてNISAは次のような人におすすめです。







つみたてNISAのメリットは「コストを抑えた長期投資を実践できる点」でしょう。

よって、投資の知識があってかつ利益を最大限に求めた投資を実践したい人に最適です。

しかし、ウェルスナビのようにほったらかしでの投資はできません。投資銘柄の選定から、投資した後の調整まで全てを自分で行う必要があるので、投資初心者向けの投資方法とは言えません

まとめ 

いかがでしょうか?ウェルスナビはNISA口座では利用できません

ウェルスナビとつみたてNISAは向いている人が違うのでどちらが良いとは一概には言えません。

そこでおすすめするのは、まずはウェルスナビ投資の感覚を掴んでみて、知識がついたらつみたてNISAに移行する方法です。このようにすれば、後々失敗することは少ないでしょう。

ほったらかし投資が楽だなぁと感じたらそのままウェルスナビを利用し続ければいいでしょう。

ウェルスナビが行うのは正しい資産運用なので、継続しても問題ありません。

ウェルスナビが本当に信頼できるロボアドバイザーなのか気になる人はこちら「ウェルスナビのデメリットを解説!本当におすすめできるの?」の記事も参考にしてみてください。

あなたに一番あった投資方法が見つかることを願っています。

タイアップ専用窓口は、こちらをクリック↓
Campaign_tieup_300-250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*