ロボプロとウェルスナビ比較!どっちが優秀?併用投資で検証しました

株式会社FOLIOが提供するROBOPRO(ロボプロ)とウェルスナビ株式会社が提供するウェルスナビはサービスの違いがわかりにくく、どっちが良いか迷います。

この記事では、実際に両方に投資もしている私が、以下の観点から比較しながら解説していきます。

  • どちらのサービスがあなたに適しているのか
  • 両サービスの特徴、メリット、デメリット
  • 迷った際のオススメの投資方法
マネとも中の人

ROBOPROに4年以上、ウェルスナビに6年以上投資しています。古参ユーザー独自の見解を踏まえ、当記事では実際に私が行なっている併用運用についても解説します。

目次

当記事は投資に関連する一般的な情報提供を目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資される際はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いいたします。

1. 比較!ROBOPRO(ロボプロ)とウェルスナビはどっちを利用すべき?

それぞれのロボアドバイザーは運用コンセプトが違うために、一概にどちらが優れていると断言は出来ません。

どちらを利用すべきかを考える上で最も重要なのは、お互いの運用目的の違いを知ることです。

ROBOPROとウェルスナビの違いを比較して、下記のように選ぶを失敗しにくいでしょう。

おすすめの選び方
  • 相場に合わせた運用で、効率的に好パフォーマンスを期待したい
    ROBOPRO
  • 自分に適したリスク許容度安定的に資産運用をしたい
    ウェルスナビ

下記はROBOPROとウェルスナビの違いをまとめた表です。

ROBOPROウェルスナビ
AIの活用
リターンへの期待度
値動きの大きさ相場の状況によって変動個人のリスク許容度によって変動

ROBOPROはAIの力で将来予測を行い、市場の変化に合わせて頻繁に資産配分の比率を変えることで、どのような相場に対しても常に好パフォーマンスを出すことを目的としています。

そのため、損失を許容できるリスク範囲は常に変化しますが、“効率的な運用で好パフォーマンスを期待したい”という方にROBOPROは適しています

一方、ウェルスナビは、自分がどれくらいのリスクなら許容できるか(リスク許容度)を診断し、それに合わせた資産運用を愚直に行います。

なぜ個人のリスク許容度が重要かと言いますと、ライフスタイルや年齢、職業、資産額によって、許容できる損失リスクが異なるため、リスク許容度を超える運用を行うと資産運用を継続できなる可能性があるからです。

そのため、ウェルスナビはとるべきリスクの値を個々人に最適化し運用を行うので、”自分に適したリスク許容度安定的に資産運用をしたい“方におすすめです。

どんな相場に対しても
好パフォーマンスの運用

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

2. 【毎月更新】両方に投資した最新の運用実績を公開!

冒頭でも申し上げましたが、私は両ロボアドバイザーに実際に積立投資をしています。

マネとも中の人

これから始めようと考えている方はどのような実績推移になるかの参考になると思います。

筆者がROBOPROに4年投資した運用実績(2024年6月2日更新)

私はROBOPROサービス提供開始の翌日(2020年1月16日)から最低投資金額の10万円で投資を始めました。

その後、積立機能が実装されたので、2021年6月から毎月1万円をコツコツと積立投資をしていきました。

現在の投資元本(61万円)に対する運用実績は、+37.4%(22万円以上の利益)です。

<私の現在の運用実績>

現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度2020年度
1月末26.8%18.05%15.60%9.04%-1.18%
2月末29.9%17.80%16.23%9.79%-2.87%
3月末33.7%18.4%22.67%13.28%-7.79%
4月末36.5%20.6%21.69%17.34%-3.33%
5月末37.4%21.2%18.17%20.15%-0.06%
6月末運用中25.4%17.41%17.65%0.66%
7月末25.8%22.54%16.92%3.90%
8月末26.7%20.4%17.00%2.99%
9月末23.9%16.9%14.13%1.43%
10月末24.4%24.1%19.52%1.24%
11月末28.3%20.5%16.64%2.38%
12月末24.4%13.3%16.75%5.15%

私の実績推移まとめ
  • 最初の5ヶ月間だけマイナス
  • 5ヶ月目以降は一切元本割れすることなく常に安定した運用
  • 結果的に年率平均利回り約7%
マネとも中の人

私は年率4%以上の利回りを期待してROBOPROに投資しているので、期待通りの運用成果です。

AI投資と聞いて不安がありましたが、かなり安定的に利益を出してくれます

どんな相場に対しても
好パフォーマンスの運用

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

筆者がウェルスナビに6年投資した運用実績(2024年6月1日更新)

私は2017年11月に10万円からウェルスナビで投資を始めました。

毎月1万円(最初のうちは毎月2万円)をコツコツ積立投資しています。

現在の投資元本(109万円)に対する運用実績は、+77.96%(84万円以上の利益)

<私の現在の運用実績>

現在の資産配分(投資銘柄一覧)を表示する

<私の過去の実績推移表>

スクロールできます
2024年度2023年度2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度
1月末56.74%34.57%34.56%18.04%8.50%-2.96%3.13%
2月末65.12%35.70%32.21%21.70%0.17%1.07%-0.06%
3月末71.41%34.76%38.81%28.40%-12.16%1.10%-3.96%
4月末74.02%39.41%41.54%31.24%-4.62%4.21%0.01%
5月末77.96%40.13%35.74%34.19%-0.64%-3.14%0.01%
6月末運用中49.18%33.65%34.85%2.21%1.55%-0.01%
7月末52.98%36.46%33.62%5.18%1.76%2.78%
8月末51.32%35.83%35.83%9.93%-1.11%2.78%
9月末47.80%28.48%31.77%6.08%1.18%3.21%
10月末45.45%37.11%39.69%3.30%5.11%-4.60%
11月末52.66%39.68%36.31%13.10%6.71%-1.62%1.29%
12月末52.61%26.93%40.44%16.89%8.26%-9.60%2.91%

私の実績推移まとめ
  • 運用開始から3年(36ヶ月)のうち、月末実績がマイナスだった月は12回あった
  • 運用開始から4年目以降は元本割れなし
  • 結果として、年率平均利回り約10%以上
マネとも中の人

一時的な損失はありましたが、続けることで、大損や失敗することなく好調な運用パフォーマンスとなっています。

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

ここからは、それぞれのロボアドバイザーの特徴やメリット、デメリットを簡単にまとめていきますね。

3. ROBOPRO(ロボプロ)の特徴、メリット、デメリット

株式会社FOLIOが提供するROBOPROはAI(人工知能)を運用アルゴリズムに導入したロボアドバイザー。

市場の変化に合わせてポートフォリオ(資産配分)を月ごとにダイナミックに変化させ、リターンの最大化を目指します。

通常のロボアドバイザーは投資している商品の比率自体はそれほど大きく変わらないのに対して、ROBOPROでは、その比率が毎月大きく変わるのが特徴です。

ROBOPROの詳細情報
運営企業名株式会社FOLIO
サービス開始日2020/1
投資対象の詳細世界のETF
ファンド8種類
運用手数料預かり資産の1.1%(年率、税込)
運用手数料割引運用資産の時価評価額の3,000万円を超える部分については年率0.50%(税別、税込0.55%)
最低投資金額10万円

ROBOPROのメリットとデメリット

ROBOPROには具体的には次のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
相場の状況に合わせて資産配分を自動で調整してくれる
常に高パフォーマンスを期待できる
下落相場に強い
税金の最適化をしてくれる
始めるのに10万円必要
ご自身に合わせたリスク許容度で運用できない

最大の特徴は、下記の点です。

市場に合わせて資産配分を臨機応変に変更する

・どのような相場に対しても好パフォーマンスが期待できる

ROBOPROは、景気循環に合わせた最適な資産配分の調整を行います。

例えば、

相場の上昇局面時は攻めの資産配分

・暴落時には守りの型に資産配分

変更して資産の下落を防ぎます

これが可能なのは、AIの市場予測を活用しているからです。

一般的なロボアドバイザーは、同じ銘柄に同じ比率で投資し続けるため、「上昇局面だけに強い」「下落局面だけに強い」という一定の特徴しか持ち合わせていません。

一方で、ROBOPROは相場の局面に応じて、自動で資産配分を変えることで、どのような相場に対しても好パフォーマンスが期待できるようになっています。

マネとも中の人

もちろん、AIの予測で資産配分を変えるのは怖いとも感じますね。

ROBOPROは一般的なロボアドバイザーでも活用されている伝統的な金融工学に基づきリスクをコントロールしているので、AIのせいで大損失ということにはなりにくいので安心できます。

ロボプロの仕組みまとめ
  • 40種類以上の先行指標をAIに学習させながら、
  • AIにグローバルな市場におけるインデックスの将来価格を数ヶ月単位で予測させ、
  • 伝統的な金融工学の理論を加えて、リスクをコントロールした上で、
  • 投資配分の変更を”毎月”行い、好パフォーマンスを目指す
先行指標とは

全体としての景気変動に先行して変動する指標のこと。主に銅価格などがこれに該当。

ウェルスナビが一人ひとりに合わせた資産運用をしてくれるのに対して、ROBOPROは市場の変化に合わせて運用することが目的なので一人ひとりに合わせた運用をしてくれるわけではありません。

とにかく、好パフォーマンスを期待したいという方に適したロボアドバイザーです。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

どんな相場に対しても
好パフォーマンスの運用

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

4. ウェルスナビの特徴、メリット、デメリット

ウェルスナビの特徴まとめ
  • 投資の知識不要!全自動のおまかせ投資サービス
  • 個人に最適なリスクで安定的な資産運用ができる
  • 2年以上の利用者の94%がプラスの運用実績(2024年3月末時点)
  • 5年以上の利用者の91%以上の方が+20%以上の運用実績(2024年3月末時点)
  • 筆者も実際に6年以上投資して+77.96%の運用実績(2024年6月1日更新)

投資する際、時間や手間のかかる「資産運用方針の決定・銘柄の選定・売買・メンテナンス」をすべて自動でしてくれるので、忙しい人でもほったらかしで将来のための資産運用を始められます

また、数あるロボアドバイザーの中でも預かり資産残高1.2兆円(※1)かつ運用者数39万人以上(※2)、それぞれロボアドバイザーNo.1(※3)でもあります。

※1 2024年5月10日時点
※2 2024年3月31日時点の運用者数
※3 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年12月時点)

マネとも中の人

NISA制度にも対応しており、NISA口座を開設することで、利益に対する税金課税なし(非課税)で運用することもできます。

【ウェルスナビ概要】

企業名ウェルスナビ株式会社
※東証グロース市場上場企業(7342)
サービス開始日2016/7
投資するファンド約8種類
預かり資産手数料
1.1%
(現金部分を除く、年率、税込)
投資商品の手数料年率0.08〜0.13%
※ETFの信託報酬
手数料割引
50万円~200万円未満:6か月毎に-0.01%
※200万円以上 :6か月毎に-0.02%
(年率,税込)
最低投資金額1万円
最低積立金額1万円〜
NISA対応
入金手数料クイック入金対応の場合無料
<クイック入金対応銀行一覧>
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・住信SBIネット銀行
・ソニー銀行
・イオン銀行
・auじぶん銀行
出金手数料無料
確定申告の有無不要(源泉徴収ありの特定口座の場合)
スマホアプリあり(iOS/Android)

ウェルスナビのメリットとデメリット

ウェルスナビには主に下記のようなメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
全て自動で資産運用をしてくれる
少額(1万円)から投資ができる
ご自身のリスク許容度に合わせて、安定的な資産運用ができる
税金の最適化をしてくれる
NISAに対応している
短期の利益は狙えない

最大のメリットは個人に最適化したリスクを管理し、安定的な資産運用ができる点です。

利益に対する税金がゼロになるNISA口座でも投資することができるので、資産を税金から守りながら堅実に増やす”資産形成における軸”としておすすめなサービスです。

一方で、短期での運用実績は期待できません。

あくまで、長期(数年以上)でコツコツと資産を作っていくことを目的としています。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

5. どっちもいい感じで迷うなら併用もおすすめ!理由を解説

ここまで、両者の違いを解説してきました。

おすすめの選び方
  • 相場に合わせた運用で、効率的に好パフォーマンスを期待したい
    ROBOPRO
  • 自分に適したリスク許容度安定的に資産運用をしたい
    ウェルスナビ

どちらがいいかと迷う方には併用で運用する手法もおすすめです。

ROBOPROをウェルスナビと併用投資することで、より安定的なリターンを期待できます。

実際に、筆者もこれを期待しROBOPROへ投資しています。

この根拠として、ウェルスナビ株式中心のみの資産配分を提供している中、ROBOPROは全く別のアプローチをとっている点にあります。

 ROBOPROの6月資産配分の特徴

スクロールできます
ROBOPROウェルスナビ
※リスク許容度5
米国株0%39.0%
日欧株0%33.9%
新興株0%12.1%
債券36.3%5.0%
30.0%5.0%
不動産33.6%5.0%

今月のROBOPROの資産配分は、「債券、金、不動産」のみに投資した資産配分となっています。

ROBOPROの直近6ヶ月の投資配分の推移を見る

市況の変化に合わせるために、ROBOPROは投資配分の変更を基本的に月一回行っています。これによって、今の相場に最適なポートフォリオ(投資配分)に更新されます。

2024年6月の運用方針について

今月の運用方針まとめ

米国債券と金を計7割弱保有し警戒感を高めながらも、不動産の反発に期待している。

具体的には下記の運用方針をとっています。

運用方針一覧
  • 前月と比べて市場全体への警戒感を高めている
  • 株式と比較して割安感が相対的に高まっている不動産を組み入れた
  • 不動産の反転上昇を期待している
  • 中東情勢の動向等にも注意が必要な環境であるため、安全資産とされる金や米国債券も保有
  • 結果として、不動産の上昇に期待しつつ、市場全体への警戒感を一定程度高めた投資配分

安定的な資産運用を期待する手法

安定的に資産形成をするために理想的な資産運用は下記と考えています。

理想的な資産運用
  • 市場が下落する際は、下落を抑制(リスクが低い)
  • 市場が上昇する際にはその恩恵を受けられる

そのために、ウェルスナビと異なった運用アプローチを行うROBOPRO」を併用し投資することで

  • 下落局面での下落幅(リスク)を抑えつつ、
  • 上昇局面でも好リターンを期待できる

と考えています。

あくまで個人の考えであり、当運用手法は将来の運用成果を保証するものではありません。

どのように併用を開始したらいい?

ロボアドバイザーで資産形成を行う上では、基本的に

  • 毎月お金のやりくりがしやすい
  • 高値掴みリスクを軽減させる効果がある

という特徴がある積立投資がオススメな投資手法です。

しかし、最初から両方に積立投資をするのは金銭や心理的に厳しい方も多いと思います。

個人的におすすめするのは下記の方法です。

おすすめの始め方
  1. ROBOPRO・・・一括投資(最初に投資して積立投資を行わない運用手法)を少額から始め、とりあえず様子を見る
  2. ウェルスナビ・・・資産形成のベースを作るために積立投資を毎月1万円〜行う

ROBOPROで、はじめは積立投資をしなくてもいいと考える理由として、積立投資を行わなくても、資産配分を相場に合わせて組み替えるので、下記メリットが期待できるからです。

  • 他の投資との分散効果を常に期待できる
  • 一括投資でもある程度の運用実績が期待できる

後者に関しては実際、積立投資をしていなかった方がリターンが見込めた事実があります。

マネとも中の人

私はROBOPROのサービス開始から積立投資をしていますが、実際は積立投資をしていた場合より、一括投資をした方が運用実績は好調でした。

<より詳しく知りたい方向けの参考記事>

どんな相場に対しても
好パフォーマンスの運用

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

ROBOPRO(ロボプロ)とウェルスナビの比較まとめ

ウェルスナビとROBOPROの違いとどちらがいいかについて解説しました。

まず、そもそもの運用スタイルが全く異なるということを知った上で、下記のように選ぶと失敗しにくいでしょう。

おすすめの選び方
  • 相場に合わせた運用で、効率的に好パフォーマンスを期待したい
    ROBOPRO
  • 自分に適したリスク許容度安定的に資産運用をしたい
    ウェルスナビ

加えて、当記事では併用した際の期待メリットについてもご紹介させていただきました。

当記事が参考になりましたら幸いです。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

どんな相場に対しても
好パフォーマンスの運用

※サービス概要やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

↓お得な始め方の詳細を知る↓

ここからの口座開設で
現金1,000円プレゼント

※サービス内容やキャンペーン条件は
公式サイトで必ずご確認ください。

免責事項

本サイトにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。情報の掲載にあたっては品質管理に努めておりますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。金融商品及びサービスの最新の情報は公式サイトにて必ずご確認ください。金融商品取引を行う際は、お取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等の書面の内容をしっかりお読みいただき、商品の特徴やリスク、取引の仕組み、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の判断と責任にて行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

感想等をシェアしていただけると幸いです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次